2011年09月20日

48回 「土着日本語」における同義語:模索への旅― 模索編:その35 かう(カウ)⇔掛ける


2011-09-20 created

 「鍵をかう(カウ)=掛ける」は、古語と断定できる言葉である。「支う・カウ」として辞書にも掲載されているにもかかわらず、関東?東京では、通じない・使用されない言葉である。辞書に掲載されていることから、正当なことだが、「支う・カウ」を方言として、掲載していない方言辞書があろう。(さらに、私見を述べれば、「鍵を交う」も認知すべきだと思う。いずれにしても、当て字であり、どちらも、そのcaseでの意味は適切に表現しているからである。)これがその分布を問題にするとき、致命的な障害になる。
 辞書に掲載されながら、東京では使用されず、古語と断定できるという所以は、何であろうか?それは、鍵*に象徴される如く、鍵の構造が時代とともに変化したからと筆者は断定する。つまり、昔の鍵は、寺院のような現存する建築物の門のそれに代表されるように、「鍵?」・「閂・カンヌキ」?のようなものにおいては、交差・×させるような仕掛けのものがあったはずである。このような場合、交差・×を、鍵を「支う・交う・カウ」との和語を使用したのであろう。カンヌキの場合には、横棒を差す・締めるとなるのかも知れないが、ここでは、追及はしない。やはり、以下の高く評価する資料では、この辺りについて類似した解説があることを今確認した。これによると、関東・東北は、カウ・カルなど「カウ」文化圏となろうか
http://www1.tmtv.ne.jp/~kadoya-sogo/ibaraki-ka.html
*:筆者も、ここで「鍵」と「錠」とを混同していることに気が付いた!錠は、鍵穴が付いている側の器具であり、鍵をそこに差し込んで、回して、錠を開閉するというのが正しい理解である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8D%B5_(%E9%81%93%E5%85%B7)
には、「混用」の項において、「鍵を『掛ける』は、本来は誤用」として、更に、深く言及・追究している。
 先ず、最初の要点は、古い形態・構造のカギは、その構造からして、「交う・カウ」が適切であった。それに対して、「掛ける」は、上記追究では、カンヌキの場合が適当となるであろうし、その見解からは、これが、回転させて締める現在一般的なそれにも継続使用されたのだろう。現代の鍵では、鍵を「閉める・締める」が最適な動詞かも知れないが、上記追究においては、これも本来は誤用としている。それは、さておいて、こうしたカギの構造の歴史的変遷が事実だとしたら、これこそ、蝸牛論(方言周囲論)が成立することが期待される。新規構造のカギが都から新たに発信・普及して行き、そのための動作としての動詞も変化して同心円状に波及するというものである。
http://hougen.atok.com/themebbs/showthemebbs.sv?start=11334&thread=11334&sid=5999ebfd71c03501
は、なかなか立派な稔りの有る議論となっている。また、ここでの情報では、分布には、蝸牛的規則性は、認められないように思われる。徳島・山口・三重・新潟あたりは、「掛ける」であろうか。共通語としての認識があるためか、方言としての情報は、多くない。九州は、今のところ、皆無であるし、中国地方も、伯耆の筆者の記憶以外は、出雲も含めてhitしない。(「出雲弁の泉」に問い合わせを出したところである) 消去法では、九州・四国・中国も、「カケル・かける・掛ける」文化圏なのかも知れない
愛知:カウ:http://2chnull.info/r/news/1296626331/1-1001

 蛇足かも知れないが、カウ音の動詞の多義性については、前回話題の「トル・とる」と異なり、同根・類義派生型とは異なる模様である。つまり、かう・買う・飼う・交う・支う・換う・代うは、同じ意味の起源語からの派生とは思えない。

Case50:「鍵をかう(カウ) 」:掛ける共通語
― 用例は、上述した通り。
― 双方は、それぞれ同根語
― カウの分布:関東・東北。伯耆:例外的?
― 「カケル掛ける」の分布:徳島・山口・三重・新潟

仮説50:「鍵をかう(カウ) 」:掛ける共通語
― 「純正日本語」
― 「蝸牛考」的視点からの説明は、微妙。強引だろうが、それに従うとの立場からは、時代的に遡及するとき、シメル⇒カケル⇒カウ(東北地方分布を推理)が可能かも知れない。これらは、カギの歴史的構造変化を反映していることを強く示唆する。

 当面は、ken1ada@yahoo.co.jpまでcommentsを!そのe-mailにより「第○回にcommentsを書き込んだので読んで欲しい!」とかの交信方法を!


ken1ada at 06:08│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 阿木人   2011年09月22日 19:05
鍵を交うは、実家の方でもよくつかいます。
2. Posted by http://www.robhalsalldesign.co.uk/   2014年03月13日 22:52
足立堅一ブログ:48回 「土着日本語」における同義語:模索への旅― 模索編:その35 かう(カウ)⇔掛ける - livedoor Blog(ブログ)
http://www.robhalsalldesign.co.uk/ http://www.robhalsalldesign.co.uk/

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
自己紹介

足立堅一

著者紹介

aaaaa




基礎から理解できる医学統計学

基礎から理解できる医学統計学

内容(「MARC」データベースより)


多変量解析入門

多変量解析入門

内容(「MARC」データベースより)
医学・薬学研究で最も重要な多変量解析手法。多変量解析の読解に必要な線形代数のキーポイントを、根底から多変量解析での応用まで解説。「重回帰分析」や「標準化」「スペクトル分解」などについても外観する。


統計学超入門

統計学超入門

内容(「MARC」データベースより)
何冊解説本を読んでも分からない、あの数式を見ると頭が痛くなる…など、統計学の学習で挫折を繰り返してきた人に向けた究極の統計学入門書。難解な数式を極力排除し、統計的なものの見方、考え方を中心にわかりやすく解説。


EBM実践のための統計学的Q&A

EBM実践のための統計学的Q&A

内容(「MARC」データベースより)
医学の実務家としてEBM(evidence‐based medicine)を実践するためには、研究論文や文献を批判的に読解する能力が必要。本物の論文を題材に、統計学的な理解や解釈ができるよう指導。医学生が対象。


実践統計学入門

実践統計学入門

内容(「MARC」データベースより)
「パラメトリック検定とノンパラメトリック検定との使い分け」「基準値問題への対処法」等、生物学的データを扱う非臨床・臨床の双方の現場で遭遇する問題を特定、警告し、その実戦的対処法について提示する。


らくらく生物統計学

らくらく生物統計学

内容(「MARC」データベースより)
統計学的な考え方、論理構築、思想を中心にわかりやすく解説した入門テキスト。医学における臨床研究を行う人々に向けて、生物統計学の基本を説く。

最新記事
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード