2015年12月31日

2015年の振り返り

今年もあと3時間弱ですね。今年もアミーゴの皆様に、とてもお世話になりました。来年も引き続き、よろしくお願いいたします。

良い年だったと感謝しつつ、自身の振り返りを;
(1)フットボール観戦 計136試合
元日の皇后杯決勝に始まり、今日の高校サッカー選手権まで、年間目標100試合を久々に大きく上回る事が出来ました。サッカー、ラグビー、Fリーグを観戦しましたが、マイクラブのY.S.C.C.が2年連続でJ3リーグ最下位だった事が非常に悔しいです。正直に言って、心底では「楽しかったシーズンだった」とは言い難いです。

50歳を超える歳になると、ストレスを溜めてばかりでは精神的な不健康状態になる為、J3リーグ以外の楽しみを探すのですが、観戦マニアとして出会った、Fリーグのペスカドーラ町田と関東大学リーグ2部の関東学院大学サッカー部に、大きく救われました。

ペスカドーラ町田は、ホームマッチにかける気迫と執念が本当に凄まじいです。「町田市立体育館では、絶対に勝つ!」と公言し、例え消化試合であっても鬼気迫る形相で身体を張ってゴールを守り、敵ボールを狩り取ります。ペスカドーラに関わる全ての人が、「今、結果を出さないと、明日は無い」とシンクロしています。試合前や試合後は和やかな雰囲気ですが、試合中はペスカの必死さがヒシヒシと肌感覚で伝わってきます。だから、ボクは「観に来て良かった。また来よう」って、単純に思うのです(名古屋までも行っちゃったし)。

関東学院大学サッカー部は、悲願の1部昇格こそ達成出来ませんでしたが、パスをテンポ良く繋ぐ「観ていて楽しいサッカー」を今季も継続していました。個性派なタレントを多数有し、「管理され過ぎていない、意志統一された自由奔放なサッカー」を展開します。ボクのイチオシ選手はMF14三橋秀平クン(3年)。ベンチスタートが多く、後半途中から起用される事が多いのですが、独特なキープ力とドリブルで「トイメン勝負」を好む「稀有な果し合いアタッカー」。ボクはほぼ必ず、ベストヒーロー賞投票で三橋選手に投票し、メッセージ欄に「卒業したら、Y.S.C.C.でプレーしよう。勉強もしっかりね!」と記入しています。来年は4年生なので、アミーゴの皆様も要注目です(笑)。

(2)スイミング 計158,000メートル完泳
メタボ&ストレス解消に始めた水泳。目標の10万メートルをクリア。当初は「1日に300メートル泳ぐのもシンドイ」でしたが、「リキまずに、チカラを抜いて、リラックスして泳ぐ」事を学習してから、「泳ぐのが楽しい」境地に達しました。その効果でメタボも解消し、現在の体重は56kg台をキープしています。ジーンズとスーツがブカブカになっちゃったけど。。。

Danke schön für 2015.
Ein gutens neues Jahr!

ken1eagle at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月21日

テスト投稿

タブレットを使用し、カフェのWiFi経由で投稿。
ソフトキーボードに、まだ慣れてない。。。

ken1eagle at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月24日

ドイツ語検定

昨日11/23、ドイツ語検定(通称:独検)2級を受験しました。3級までは順調に合格したものの、2級は今回で3回目の受験。今回も難しかったぁ。。。

ken1eagle at 12:51|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年08月04日

テスト投稿

Nexus7よりテスト投稿。


ken1eagle at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

テスト投稿

てっっっっっっっすと









ken1eagle at 11:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月05日

日韓大学定期戦(観戦記)

DENSO CUP SOCCER 第11回日韓(韓日)大学定期戦
2014.03.29(Sat)13:30K.O @等々力陸上競技場 観衆2,561人(公式)

全日本大学サッカー選抜 6(1-0)0 全韓国大学サッカー選抜

image・仲川が冷静にPKを決めて先制ゴール

サッカーの大学日韓定期戦、デンソー・カップ。全日本大学選抜が、全韓国大学選抜に6―0で圧勝。前半は専修大学の仲川のPKで先制し、1-0で終了。後半に呉屋がハットトリックの大爆発し、6-0と圧勝した。

詳細はコチラから;
http://www.jufa.jp/_data/pdf/p_1396077457.pdf

そんなこんなで;
 2014年間観戦試合『計28試合』



2014年03月21日

東京都社会人サッカーチャンピオンシップ(観戦記)

平成26年度 東京都社会人サッカーチャンピオンシップ(東京カップ)
二次戦トーナメント一回戦 2014.03.20(NH,Fri) @駒沢補助球技場

■第一試合 09:40K.O 観衆43人(目測)
 FCコリア 3(2-1)3 <5PK3> V.F.C.東京

FCコリア_VFC東京_140321_01
・V.F.C.東京が健闘するも、PK戦で散る

 前半を2-1で折り返した時は、格上(関東リーグ)のFCコリアに分が有ると思われたが、後半はV.F.C.東京がコリアを圧倒。70分に自陣からロングフィード、単独で抜け出した選手が敵陣ボックス内で得たPKを決めて、2-2の同点に。その後もコリアマウスを脅かす際どいシュートを放ったが、コリアGKがファインセーブ。延長戦無しのPK突入となったが、コリアGKがVFC東京の2人目をストップ。5人全員が決めたコリアがPK戦を制した。

そんなこんなで;
2014年間観戦試合『計25試合』

■第二試合 11:50K.O 観衆147人(目測)
 東京23FC 9(6-0)0 青梅FC

東京23_青梅FC_140321_01
・東京23が圧勝、9ゴールの大爆発で青梅を一蹴

 現在は東京都社会人リーグに沈む青梅FC。かつては関東リーグに優勝し、関東の覇者「東京第四勢力」として君臨していた時代をボクは直に知っている。新興勢力(東京23)に挑む、古豪(青梅)の活躍に期待したのだが、その実力差は想像以上に大きかった。9-0という大差もそうだが、東京23のスタメン右SB吉田正樹とサブの伊藤竜司は共に元横浜FC、ボクも一緒に東戸塚でBBQしたぞ。東京23って、リッチなクラブな様子だ。

そんなこんなで;
2014年間観戦試合『計26試合』

2014年03月16日

2014J3リーグ第2節(観戦記)

2014明治安田生命J3リーグ・第02節 2014.03.16(Sun)13:00K.O @ギオンスタジアム
S.C.相模原 2(0-0)0 Y.S.C.C.  観衆2,183人(公式)

相模原_YSCC_140316_01
・腰の引けたサッカーなんて、私は見たくないぞ!

初めに一言;
 SC相模原は、昨季2013シーズンのJFLで新加入ながらも18勝7分9敗の勝点61で堂々の3位。JFL2年目のY.S.C.C.は、11勝6分17敗の勝点39で12位だった。昨季の成績だけを見るならば、相模原が有利だろうか。しかし、前節のJ3開幕戦で相模原はホームでツエーゲン金沢を相手に0-4で大敗。一方のY.S.C.C.はホームで苦しみながらも追い着き、秋田に1-1のドロー。両軍ともにJ3初勝利と勝点3が欲しい一戦は、Y.S.C.C.が有利に見えたが。。。

 この日の麻溝公園は快晴だが、しかし強風。横浜市内はほぼ無風だったけど、ギオンスタジアム周辺は「風の通り道」らしく、試合前から強風に加え花粉の大飛来攻撃を受けて鼻水グシュグシュ。おまけにスタジアムDJが「ヨコハマダービー!」と間違った煽りを発して、我らアウェイファンを苛立たせる。

 Y.S.C.C.は前半が風上、後半は風下に回った。失点は、後半の10分。相模原の左CK、佐野が右足で巻く様に蹴ったコーナーキックが追い風に押されるようにグイと曲がり、YSマウスのニアポスト側を直撃。GK高橋拓也がパンチングするも、そのままゴールイン。相模原が先制ゴールを奪った。

 まぁ、失点は仕方ないとして、Y.S.C.C.有馬監督の采配に疑問が残る。どうして、1-0でビハインドの場面で、ワントップFWの大泉に代えてMF友澤なのか?どうして、交代カードをフル(4枚)に使わずに、FW松田をベンチに残したのか? 結果として、シュート数14:3、スコア2-0でY.S.C.C.は完敗した。

 Y.S.C.C.は監督の采配も含めてチーム全体が、「腰の引けたサッカー」の様にボクには見えた。特に左サイドバックの25西山峻太。もし私がアルゼンチン人だったならば、西山をこう罵倒するだろう、「オカマ野郎、キン玉ついてんのか?」と。試合を通じて複数回あった、Y.S.C.C.が自陣で相手ボールを奪って反撃する場面。左サイド、フリーの状態でボールを受けた西山の前(敵陣)にはスペースがあった。しかし、西山は勝負を挑まずに立ち止まり、自軍最終ラインへバックパスに逃げる。どうして、前にボールを運ばずに、後方に下げるのか?勝負を挑まずに、安全策に安易に逃げるのか? ボクは敗戦よりも、西山の消極プレーに、心底腹が立っている。きっと、有馬監督の指示で「単独ドリブル」とか「4バック(サイドバックを含む)の上がり過ぎ」などが禁止されているのだろう。西山にしても「行きたくてもいけない、勝負したくても出来ない」指示を受けているのかも知れない。それにしても、戦う姿勢の欠如がバックスタンド席に伝わってきた。監督の指示を忠実に守るのは悪いことではないだろう、それでも西山にはもっと戦う姿勢を身体全体から発露させて欲しい。例えば、「三田、すぐに動き出して前線にスペース作れっ!」とか、「黒氏、もっと走って相手のプレスをはがせっ!」とか、西山に大声で吠えて欲しい、見方を鼓舞して欲しいのだ。そして、ここぞの場面では監督の指示を無視してでも、自らの判断と意思で、左サイドを高速ドリブルで切り崩して得意の左足でエグるようなセンタリングを蹴りこむのだ。 だって、♪オー、サイドを切り裂け、YSのシュンタ♪ なんだから。

 フットボールの醍醐味は、「トイメンとの局面勝負=究極の果し合い」だぞ。ガンバレ、西山。

■メンバー
□S.C.相模原 監督 木村哲昌
GK 01佐藤健
DF 02天野恒太 13フェアーモービー 17森本良 30大森啓生
MF 07菅野哲也(85,19鈴木将也) 33鈴木健太 22三幸秀稔 08曽我部慶太
FW 20服部康平(73,28鈴木淳) 10佐野裕哉(73,18松本祐樹)
SUB  23阿波加俊太 03工藤祐生

□Y.S.C.C. 監督 有馬賢二
GK 01高橋拓也
DF 02渡邉三城 06小澤光 31中西規真 25西山峻太
MF 08山﨑正登(89,37青田翔) 23黒氏啓介
MF 27梅内和磨(71,17三浦雄介) 10吉田明生 18三田尚央
FW 36大泉和也(64,29友澤剛気)
SUB  16己浪学 09松田康佑

■得点
 55分 1-0 10佐野裕哉(相模原)CK
 94分 2-0 22三幸秀稔(相模原)

■警告
 なし

■試合内容
 快晴だが、強風。花粉症者にはツライ、アウェイの麻溝公園陸上競技場(ギオンスタジアム)だった。
 試合前の選手紹介時に、スタジアムDJが「ヨコハマダービー」???と煽った瞬間から嫌な予感がした。
 Y.S.C.C.はアウェイ用の赤ユニフォームを初着用。一瞬、ホンダFCかと錯覚した。

00分 前半はYSが風上に陣取り、相模原がキックオフ。
06分 相模原がカウンター、拓也がセーブ。
25分 相手ボールを奪い、Y.S.C.C.がカウンター攻撃、36大泉のシュートから右CKを獲得。
45分 アディショナルタイム2分を経過し、0-0で前半終了。

46分 後半は風下に回ったY.S.C.C.のキックオフ。
53分 YSが敵陣左サイド奥へ攻め込むもシュートを打てずにボールを失うと、そこから相模原が高速カウンター。
    相模原20服部がフリーで抜け出し、GKと1対1になりかけた瞬間、CB小澤光が寸前でクリアー、右CKへ逃れる。
54分 相模原の左CK。キッカー10佐野が右足で蹴ったCKが風で押されるように急カーブを描き、ニアポスト側を強襲、GK高橋拓也のパンチングも及ばすに直接ゴールイン、相模原が先制点を奪った。1-0。

90分 その後も相模原の優勢は続く。アディショナルタイムは3分、最後の最後に追加点を奪われて、2-0で敗戦。 

そんなこんなで;
 2014年間観戦試合『計24試合』



ken1eagle at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)YSCC | 観戦記

2014年03月15日

PUMA CUP2014 準決勝(観戦記)

PUMA CUP 2014 第19回全日本フットサル選手権大会 決勝トーナメント2014.03.15(Sat)
■準決勝 第一試合 マッチNo.41 14:00K.O @代々木第一体育館 観客2,521人
 バルドラール浦安 1(1-4)11 名古屋オーシャンズ

浦安_名古屋_140315_01
・絶対王者の名古屋が圧勝で決勝戦へ進出

初めに一言;
 大方の予想通り、名古屋の圧勝だった。試合開始わずか11分で0-3となった段階で、浦安はジ・エンドだったか。浦安は得点を焦る余り、パワープレーの無理がたたり、パワープレー返しの餌食になった。ボール保持率では浦安が圧倒的に優位だが、浦安が攻めれば攻めるほど、名古屋のカウンターが炸裂する。結果として、大量失点で浦安が大敗、名古屋が圧勝した。ペスカドーラ町田の今季は残念ながら、ここで終了。ぺスカな皆様型、今シーズンお疲れ様でした。来季もまた応援に行きますね。

□得点
 03分 0-1 ラファエルサカイ(名古屋)
 07分 0-2 北原亘(名古屋)
 11分 0-3 ラファエルサカイ(名古屋)
 18分 1-3 深津孝祐(浦安)
 20分 1-4 森岡薫(名古屋)
 24分 1-5 シンビーニャ(名古屋)
 25分 1-6 シンビーニャ(名古屋)
 26分 1-7 シンビーニャ(名古屋)
 35分 1-8 北原亘(名古屋)
 38分 1-9 星龍太(名古屋)
 38分 1-10 渡邉知晃(名古屋)
 39分 1-11 室田祐希(名古屋)

試合の詳細はコチラから:

そんなこんなで;
2014年間観戦試合『計22試合』


■準決勝 第二試合 マッチNo.42 16:30K.O @代々木第一体育館 観客1,955人
 ペスカドーラ町田 1(1-1)9 エスポラーダ北海道

町田_北海道_140315_01
・北海道が大量ゴールで圧勝、決勝戦へ進出

初めに一言;
 第一試合の再生ビデオを観ている様な展開だった。町田が先制ゴールを挙げるも、北海道が逆転。追い着こうと焦る町田だったが、最後は集中の糸が切れてしまったか。。。

□得点
 09分 1-0 本田真琉虎洲(町田)
 10分 1-1 穴田涼(北海道)
 21分 1-2 上貝修(北海道)
 24分 1-3 鈴木裕太郎(北海道)
 27分 1-4 神敬治(北海道)
 30分 1-5 鈴木裕太郎(北海道)
 31分 1-6 鈴木裕太郎(北海道)
 33分 1-7 水上玄太(北海道)
 35分 1-8 鎌塚聖哉(北海道)
 39分 1-9 鈴木裕太郎(北海道)

試合の詳細はコチラから:

そんなこんなで;
2014年間観戦試合『計23試合』


2014年03月14日

PUMA CUP2014 準々決勝(観戦記)

PUMA CUP 2014 第19回全日本フットサル選手権大会 決勝トーナメント2014.03.14(Fri)
■準々決勝 第一試合 マッチNo.37 12:30K.O @代々木第一体育館 観客1,289人
 バルドラール浦安 5(4(3(0-2)3)3)3 パサジィ大分

浦安_大分_140314_01
・両軍譲らず、浦安が延長戦を制して準決勝へ進出

初めに一言;
 プーマカップという冠名称の全日本フットサル選手権大会。Fリーグクラブのみならずオープン参加と門戸を開いた「日本一を争う大会」としては、サッカーで言う「天皇杯」に当たるだろうか。その、フットサル版天皇杯の準決勝2試合が、平日金曜日の昼間にキックオフされた。ボクは所要があり有給休暇を取得して代々木第一体育館に出掛けたのだが、1000人を超える観衆が集まっていることに驚いた。平日昼間開催に集まる好き者と言えば、サッカー狂には「地域リーグ決勝大会」が頭に浮かぶだろうか。まぁ、みんなフットサルやサッカーが好きなのね。

□得点
 02分 0-1 小曽戸允哉(大分)
 06分 0-2 小曽戸允哉(大分)
 26分 1-2 高橋健介 (浦安)
 28分 2-2 鳥丸太作 (浦安)
 30分 3-2 小倉勇  (浦安)
 35分 3-3 小曽戸允哉(大分)
 43分 4-3 稲葉洸太郎(浦安)
 49分 5-3 岩本昌樹 (浦安)

試合の詳細はコチラから;

そんなこんなで;
2014年間観戦試合『計20試合』


■準々決勝 第二試合 マッチNo.38 14:45K.O @代々木第一体育館 観客1,471人
 ペスカドーラ町田 3(1-1)2 シュライカー大阪

町田_大阪_140314_01
・町田が安定した戦いぶりでリードを維持し、準決勝へ進出

初めに一言;
 ボクが心密かに応援するペスカドーラ町田。Fリーグではプレーオフ進出(リーグ戦の上位4チーム)を果たせなかったが、プーマカップでは見事なベスト4進出。しかし、Fリーグとは違い、Fiore(フィオーレ)はいなかった、、、残念。

□得点
 10分 1-0 金山友紀  (町田)
 17分 1-1 永井義文  (大阪)
 29分 2-1 本田真琉虎洲(町田)
 33分 3-1 金山友紀  (町田)
 34分 3-2 永井義文  (大阪)

試合の詳細はコチラから;

そんなこんなで;
2014年間観戦試合『計21試合』