台風がやっと通過しました。
やっと太陽を見ることができました。

本日は横浜市の希望ヶ丘にクルリンポンの設置をしてきました。
設置の様子を撮影してきたので見てください。


最初の状況です。
当初移動する可能性があったので
厚みのある鉄板にクルリンポンを
固定し移動できるようにしておきました。
CIMG0591


クルリンポンを仮に立て穴をあける位置をマーキングします。
CIMG0592


ユニカのショートアンカー(SUS)
左:通常  右:打設されている時の状態
(コンクリートの中で下部がひらいています。) 
CIMG0600

ハンマードリルで穴をあけショートアンカーを入れました。
CIMG0595

専用の打ち棒で打設します。
CIMG0596


クルリンポンの固定
コンクリート

ゴムワッシャー(金属腐食防止)

SUS平ワッシャー(大きめのもの)

SUSスプリングワッシャー

SUSM10×30のボルト
CIMG0601
CIMG0602


設置完了しました。
かなりスッキリし転倒の恐れもありません。
CIMG0603


クルリンポンは非常に外観がよくなり
ネット収納時はポストのように見えます。

外観を良くするという理由により伊勢神宮(三重県)で採用されています。