2008年09月19日

おめでとうございます.

論文の合格発表がありました.

合格された方,おめでとうございます.

去年からの私の受験仲間のうち3人は合格でした.
自分のことのように嬉しいです.

今後は彼らとともに弁理士として一緒に頑張っていくことになると思います.

残念な結果に終わった方々もくじけずに(経験上,本当に受かりたい意思のある人なら1ヶ月くらいしたら闘志が沸いて来ると思います),初志貫徹で頑張ってください.

正しい努力は報われます.

では.

2008年02月02日

受験生応援グッズ

最近受験生応援グッズがたくさん市販されていますね.
(大学受験生が対象だと思いますが)

昔から有名な「キットカット」(きっと勝つ)や,「うカール」(受かる),「オクトパス」(置くとパス)などもあります.

私も去年は論文模試の日にエネルギー補充のためキットカット食べていました.

夜食やエネルギーの補給という実用的な面もありますが,手軽なモチベーション維持グッズとして役立ちました.

仲間から応援してもらえるとやる気が出ますが,たまには自分で自分を応援するのもアリです(笑).
「達磨」に目を入れていくとかも面白いですよ.
短答で1つ,論文で1つ,などと.

モチベーションアップにお菓子や達磨,おひとついかがでしょうか.


そういえば,法学書院さんに提出した合格体験記ですが,ペンネームはひかえて欲しいとのことなので,イニシャルで掲載されることになりました.
どれが私の体験記かはみなさんにはもう分からないでしょうが,受験のお役に立てればと思います.

2008年01月20日

合格体験記執筆中

ちょっと遅くなりましたが,今年もよろしくお願いします.

やっと新居の方にネットが開通しました.
これでコンスタントにブログをアップすることができそうです.

さて,今私の受験経験をまとめた合格体験記を書いています.
法学書院さんの弁理士受験新報に掲載していただける予定となっています.

6000字程度がノルマなのですが,筆(指?)の赴くまま書いていたらあっという間に7000字を超えてしまいました.もっとダイエットしなければ...

基本的に時間的余裕のない多忙なサラリーマンの方を念頭に置いて書いていますが,私の経験が参考になればと思います.



2007年12月31日

お世話になりました

もう年の暮れですね.

今年はいままでの努力が実り本当に嬉しかったです.
お世話になった方々,応援してくださった方々,本当にありがとうございました.

残念な結果だった方々も着々と勉強されていると思います.
正月休みもほぼ勉強の日々でしょうが,長期の戦いですので1,2日でもゆっくり英気を養ってください.
来年こそはタイムリーにもアップしていきたいと思います.

前回マイレジュメについてブレイクダウンすると言っていたのに,全くできていませんでした.最後にちょっとだけ書いておきます.

短答用マイレジュメ
覚える量が膨大なので(論文もですが)コンパクトに一目でわかるようにまとめてなるべく短い時間で回せるようにしたいところです.コンパクトだと持ち運びにも便利だし,一目で分かりやすいと復習のスピードアップに繋がります.
私の場合,条文ごとに趣旨,定義,要件・効果,をまとめました.
基本的にエクセルで特実意商の4法を上下に並べ項を横に並べてまとめました.
短答でしか使わないものは特に簡潔にし,要件・効果がややこしいものについては図示もしました.
またTRIPS協定やパリ条約にも密接に関連する規定があるものは,それらも併記しました.

今回はとりあえずこのくらいで..

では良いお年を!

2007年12月05日

なかなか更新できず

今,引越ししているせいでなかなか更新できてません.

新居の方にADSLが開通のは今月末くらいかなぁ.

落ち着いたら本格的に再開します...


2007年11月26日

合格祝賀会

27日西日本弁理士クラブさん主催の祝賀会があります.
リッツカールトンでの開催です.

リッツでなんて豪華ですよねぇ.
西日本では基本的に大規模の祝賀会は催されていないようですが,西弁クさんが唯一に近いのではないでしょうか?

同期合格者と親睦を深める機会でいいですね.

L○○とかも昔はやってくれていたようですが,今はないようです.
残念!

2007年11月19日

あららら..

てっきり1週間も会社を空けることができない企業人のためにe-ラーニングのみの新人研修もあると思い込んでいたのですが,要綱を見た限りでは座学+e-ラーニングの研修しかないようです.

大ショックです(;_;).

弁理士会さん,なんとかしてください(笑).


勘違いはさておき,ぼちぼち受験に役に立つことを書いていきましょう.

まずはマイレジュメというか自分でまとめることの重要性について触れましょう.

短答・論文ともに言えることですが,自分で重要な事項をまとめることは必須に近いと思います.
私は受験開始初期は受験機関のまとめだけで十分で自分でまとめを作る必要はないと考えていました.
しかし今はそれが受験が長期化する原因のひとつだったのではないかとも思っています.
作成すべき理由としては,
1)まとめることによって実力がつく
勉強のコツのひとつに人に教えるというのがあります.知識のない人に何かを教える場合,平易に漏れなく要点を説明する必要がありますが,自分でまとめを作る場合も同じです.コンパクトにまとめるのは論文作成の実力アップにも繋がります.論文では重要事項(定義,趣旨,要件,効果)をコンパクトにまとめたものを記載する必要があるからです.

2)あとで重要事項のみをコンパクトにまとめたものが必要になる
 一度覚えたものを忘れないのならまとめは必要ないですが,やはり数ヶ月すれば忘れていくのが一般的です.また弁理士試験で必要な情報量は半端ではありませんので全てを理解し覚えきるまでに数ヶ月・数年はかかります.
 つまり初めに覚えたことはどんどん忘れて行きますが試験直前に勉強開始初期のものをすっかり忘れていたらかなりまずいですよね.そのとき重要事項のみ簡単にまとめたものがあれば短期間で思い出しやすいと思います.

3)自分でまとめたものなので分かりやすい
 自分で作ったものは自分の理解しやすい書式,言葉遣いのはずなので見やすいはずです.受験機関作成のものをヒントにしながらまとめていき,不要な部分は削る,足りない部分は補い自己流にアレンジしていけばいいでしょう(早稲田の論文マニュアルはなかなか良くまとまっていて良いです).

4)形に残す意味がある
 不幸にして1発合格できなかった場合でも,再利用が可能です(笑).自分がこれで十分と思っていた内容では不十分であったとか,誤った記載があったとか,そもそも理解が足りてなかったとか,記録さえしておけば敗因を検討することも可能です.

5)デメリット
 あまりまとめ作成に完璧を求めたり注力しすぎると本末転倒です.時間は有限です.インプットや演習にも時間は必要ですのでまとめにばかり時間をかけすぎないよう注意してください.

だいたいこんな感じですが,次はもうちょっと具体的にブレイクダウンしましょう.

2007年11月18日

合格通知

昨日,合格証書が届きました.

ほっとするとともに受かったという実感がやっと沸いてきました.

早速,新人研修を申し込みたいと思います.
他の合格者と知り合いになれるいい機会なのでかなり残念なのですが,平日は仕事があるためe-ラーニングで受講します.

また,GSNが合格祝賀会をしてくれるそうですので参加したいと思います.
LECは昔は合格祝賀会の集合写真を撮っていたこともあったのですが,合格者の増加に伴い祝賀会は実施されなくなったようです.

ただ飯食えるかと思っていたのに残念です(笑).
というより同期合格者との交流を図れるいい機会だから(低廉なら)有料でも構わないので是非実施して欲しいものです.

2007年11月16日

合格通知はまだ?

まだ,通知が来ていないので合格処分は確定していませんが(笑),
とある噂では合格通知は金曜日発送だそうです.

もうひとつ噂ですが,弁理士の金バッヂは有料だそうです.
てっきりタダだと思っていましたがお金要るんですね.
無くしたら弁理士みたいに処罰されるんだろうか...

新人研修はe-ラーニングで受けようと思っています.
あいぱぱさんのブログを見たところではボリュームありそうですね.
楽しみです.

2007年11月06日

最終合格できました

<ご報告>
お陰様で,口述試験合格いたしました!

やっとすべてが終わったと感慨にふけっています.

もう勉強しなくていいのは嬉しいけどほぼ習慣化していましたので,ちょっと寂しいような複雑な心境です.

まあ,人生は一生勉強ですので,今後も弁理士関連を軸として他の領域でもいろいろ学んでいきたいと思います.

応援してくださった方々ありがとうございました.

来年受験される方々,論文・口述の採点のブレがあるのは間違いないですが,正しい努力をし,合格ラインを維持していればいつかは通る試験だと思います.

流した血(?)と汗は自分を裏切らないと信じて頑張ってください.

<合格率について>
口述受験者に対する最終合格者の割合がどのくらいなのかよくわかりませんが,少なくとも私の受けたブロックでは8割の合格率でした.
特定のレーンに不合格者が集中しているわけでもなく(クマ先生,ヒゲ先生とかの影響ではないようです),今年の口述は難しくなったのかなぁという印象を持っていました.
(ただしおすぎさんいわく口述合格率は去年より増えているそうです)

楽天市場