2月21日は町田市長・市議会議員選挙。
町田JCとしても市長選を中心に公開討論会・事務所探検隊・ユース模擬投票と活動をしてまいりました。

気になる結果は・・・
0時現在の選挙管理委員会のHPよる当確はでておりません。
が、先ほどある方からのお電話で開票の早い市長選についてはある陣営が事実上の勝利宣言をされたという情報が・・・

ま、皆様がこのブログを読むころには確定しているでしょう。

http://www.city.machida.tokyo.jp/cgi-bin/senkyo/sokuho/top.cgi

現役メンバー4人が名を連ねている市議選の開票についてはまだまだ。
全員の当選の確信はしておりますが、やはり早く結果を知りたいものです。

驚くべきは投票率。
50.03%
決して高いと誇れる数字ではありませんが、
前回の元現職の出馬しないということで市長交代で注目を集めた時で44.10%。
今回の選挙はあまり明確な争点もなく投票率の更なる低下が危惧されていながらも50%超え。
町田市の市長選で投票率が50%を超えたのは平成6年の選挙以来です。

1.社会全体の選挙に対する意識が高まったのか?
2.期日前投票が浸透し選挙率が上がったのか?
3.もしくは、若者の選挙離れに僅かながらブレーキが掛かったのか?
4.はたまた、町田市の高齢者層の人口割合が増えたのか?
5.実は、まちづくり委員会と地域教育委員会の頑張りのお陰か?
6.その他

現時点での検証はできないが、投票率のアップは大変喜ばしい。
やっぱ、正解は「5」じゃないかな?


ユース模擬投票の速報も町田JCウェブサイトで公開しておりますので、ご確認あれ。