我がJCライフ現役最後の京都会議
金曜日入り
初めて委員長をやった2003年から毎年来ているので9回目の京都会議

P1050398やはり、やっぱり
新幹線は
崎陽軒のシュウマイ弁当





今年は京都を通り過ぎて新大阪で降りた
別に寝過ごした訳ではない
「大阪のおばちゃん」に会いに行ったのだ

「大阪のおばちゃん」は一昨々年亡くなった我が母上のお姉さま君
折角、近くまで行くのだし会いに行こうと思いまして
3年ほど、会ってませんし
「大阪」と言っても尼崎なので実は兵庫県
「おばちゃん」と言っても86歳のおばあちゃん、大正生まれ
しかし、子供の頃から「大阪のおばちゃん」は「大阪のおばちゃん」だ

アポなし
あらかじめ連絡するのが気を使わせて悪いかなー、と
と言うより、少し気恥ずかしかったりも
塚口駅で降りて、花が好きだったので途中、花屋に寄って行く
「ま、会えなくてもしょうがないか。行くだけ行こう」

一人暮らし
最近はデイサービスなどにお世話になっていると年賀状に書いてあった

「ピンポーン」
足を悪くしたらしく、這うように玄関まで来て扉を開けてくれた
「どなた?」
「町田の賢です」
「ありゃ、賢ちゃん、どーしたのー」
「いや、ちょっと、京都まで来る用事がありまして・・・」

少し年を取ったかなー、と思ったけど、それは相対的に
絶対的にみれば年齢より肌はツヤツヤしてるし、顔色も良い
足を悪くした以外は身体はいたって健康らしい
頭の回転もすこぶる早い

「あ、おばちゃん、花好きだったよね。これどうぞ」
「ありがとう。デイサービスのみんなに自慢できるわ」

一時間半くらいかな?
昔話から近況報告まであちこちに話を飛ばしながら
楽しい時間を過ごす
昔から川柳が好きで、今でも仲間達とPCメールなどを使いながら
楽しんでいるらしい
「すごいな、おばちゃん、メールやるんだ~」

「じゃ、おばちゃん、そろそろ行くね」
「賢ちゃん、ありがとね。ホント、来てくれて嬉しかったわ」

「いーよ、いーよ、おばちゃん、ここで」と言ったが
這うように玄関まで送ってくれた

「おばちゃん、元気でね。風邪ひかないようにね」
「大丈夫。足が悪い以外は健康だから。後、30年は生きるわよ」

握手をして、おばちゃんの家を後にした
元気でね。又、会いに行きますよ

阪急線450円の切符を買って「烏丸駅」へ
P1050399ヴィアイン京都四条室町にチェックイン







さて、これからが京都会議の本番です