September 25, 2005

ファイル削除

TestCaseディレクトリ配下(サブディレクトリ含)にあるlog_for_*.csvファイルを全削除

DEL V:\ohkubo\TestCase\log_for_*.csv /s

  
Posted by ken826jp at 17:00Comments(0)TrackBack(0)Windows

逆コンパイル

・Jad(http://www.kpdus.com/jad.html)
・JadClipse(http://sourceforge.net/projects/jadclipse/)

☆Jadのインストール
・jadnt158.zipにあるjad.exeをjavac.exe等がある同じ箇所にコピー
・コマンドプロンプトよりjadコマンドを実行し、簡易ヘルプが表示されると成功

☆JadClipseのインストールと設定
・jadclipseディレクトリをまるごとEclipseのpluginsディレクトリにコピー
・Eclipseを起動し、[ウィンドウ]から[設定]→[ワークベンチ]→[ファイルの関連付け]
  ファイルタイプで*.classを選択し、JadClipse Class File Viewer選択し、デフォルトを押下
・設定ダイアログで[Java]→[JadClipse]、[Ignore existing source]チェックボックスをオン
  [Reuse code buffer]チェックボックスはオフ
  これにより、クラスファイルをダブルクリックすると、必ず逆コンパイルが行われるようになる
・設定ダイアログで[Java]→[JadClipse]→[Misc]より
  [Convert Unicode strings into ANSI strings]チェックボックスをオン
  逆コンパイルされた結果内の文字列に含まれた日本語が“\xu3042”
  のようにUnicodeのコード番号として表示されてしまわないようにするため

☆JadClipseの使い方
・プロジェクト内に逆コンパイルしたいクラスファイルを置く
・[ウィンドウ]メニューから[ビューの表示]→[ナビゲーター]
  逆コンパイルしたいクラスファイルをダブルクリック

  
Posted by ken826jp at 16:58Comments(0)TrackBack(0)Eclipse

June 21, 2005

小技

・行末の余分なスペースを取り除く
    ・[CTRL] + R より、置換ウインドウを開く
    ・正規表現にチェックを入れる
    ・置換前に [ ]* + \r\n を入力する
    ・置換後に \r\n を入力する
    ・すべて置換をクリック
  
Posted by ken826jp at 10:52Comments(2)TrackBack(0)sakuraエディタ

June 20, 2005

DML

・接続中のユーザを表示
    select * from pg_stat_activity;
  
Posted by ken826jp at 19:03Comments(0)TrackBack(0)PostgreSQL

June 05, 2005

新規作成時のシート設定を好みのものにする

<手順>
(1)新規作成を選択する。
(2)セルの設定やシート数、フォント等を好みの設定にする。
(3)"名前を付けて保存"を選択し、ファイルの種類を"テンプレート"にして下記に"Book.xlt"という名前で保存する。
*C:\Program Files\Microsoft Office\Office\XLStart
(4)ファイルの新規作成を選択し、"標準"タブに(3)のテンプレートが表示されるので、それを選択すればOK。
 
 
  
Posted by ken826jp at 11:02Comments(0)TrackBack(0)Excel

June 02, 2005

fsutil

指定されたサイズの新しいファイルを作成する
 
fsutil file createnew 1G 1073741824
 
サイズを『1073741824バイト』、ファイル名を『1G』で作成
 
ちなみに 1G = 1024b の3乗
  
Posted by ken826jp at 08:49Comments(0)TrackBack(0)Windows