Beagle Cafe

フリーのグラフィックデザイナーの日常を切り取るページ

Adobe Creative Cloudコンプリートプラン値上げ

グラフィックデザインは勿論、動画編集やらクリエイティブ系の作業には無いと仕事にならないAdobe Creative Cloud。
それがこの2月12日から価格改定される(コンプリートプランで税別5,680円)とのこと。
税別表示で値上げを安く見せるセコさ、頼んでもいないソフトウェアを乱立させて値上げを正当化する行為は、クリエイティブ業界のソフトウェアのシェアとして一強だからといって許されるものなのか?

さらに言えば、長期利用者の優遇があるわけでもなく、年契約クレジットカード払いはAmazon等で売られているライセンスのような割引もない。

現状のプランでは、自分の作業用途ではソフトを選んで価格を抑えることもできないし、納得いかない値上げです。

GoPro HERO7の困った挙動【解決】



先日のエントリー
で困っていたGoPro HERO7の挙動ですが、購入時点のファームが古すぎたことが原因でした。最新にしたところ無事解決(1.00 → 1.61)。
HERO6とほぼ同じ挙動に収まるようになりました。
ただ、HERO6も含めて横Gがかかった際の映像の左右への移動は、どうにか設定でオフれるようにならないものでしょうかね。(縦ブレのみ補正するモードがほしい。)
固定して撮影してるのに、左右にカメラの首が振れているように見えてしまいます。(人によっては酔うかも。)

GoPro HERO7の困った挙動


手持ち撮影での映像の安定化がより強力になったと評判のGoPro HERO7ですが、
こと車載動画撮影に関しては厄介な挙動が発生しています。

クライアント依頼でGoProを車内に設置しての動画撮影をしているのですが、
どうしても振動が抑え切れないためにGoProの安定化(手ブレ補正)機能を使っているわけですが、
HERO6とHERO7ではその挙動に大きな違いが。

比較映像を見ていただくと一目瞭然ですが、ワインディングロードのコーナーを走り抜ける際に
HERO7の場合に不自然なカクつきが発生します。

GoProの安定化機能は、撮影画角よりも大きめに撮影した映像をトリミングして上下左右のブレを映像処理で吸収しているようですが、
HERO7の場合にはトリミング自体が大きいのか、その許容範囲を越えた横Gに対して強制的に映像をセンターに戻す動きが加わるようです。

車載映像の場合、その多くは上下の振動なので、左右のブレ補正をオフすることができればこの問題は解決しそうですが、
このような使い方はGoProの想定外かもしれないので、果たしてそんな機能等が今後搭載されるかどうか…。

一応、こんな挙動が出ることはGoProに伝えてみるつもりですが、これでは私の使い方ではHERO7を導入したメリットがない…。
車載動画のメインカットは、しばらくHERO6でいくしかなさそうです。

【追記】ファームウェアが最新でなかったので、改めてアップデート後に検証する予定です。


悲しい年末

親類の訃報が相次ぎ、バタバタの年末を迎えています。
笑顔で新年の挨拶をするはずだった人々が居ないのは寂しいです。
来年はよい年になりますように。
 

GoPro Hero7 Black〜開封編

IMG_4986

車の試乗動画等を撮影することが多いので、手ブレ補正が更に強力になった(と噂の)GoPro Hero7 Blackを機材に追加。
どこで買おうかネット等を物色してる中で、ビックカメラで期間限定セットを発見。

bic

通常の本体のみの価格とほぼ同じで、『3-Wayカメラグリップ AFAEM-001』と『スリーブ + ランヤード ブルー ACSST-003』が付いてくる1万円ちょっとオトクなセット。(スリーブ + ランヤードは正直どっちでもいいけどね。(^_^;))

セットといっても専用パッケージではなくて、それぞれ普通のパッケージで個別に届きました。

IMG_4985

まずはGoPro本体を開封。
初めてGoPro3を購入した当時は、このパッケージの開け方が分からずに外箱を破壊してました。(^_^;)
正解は底面から。底面を開けると中箱とGoPro本体がくっついて出てきます。

IMG_4987
IMG_4988
あとはUSB-Cケーブルや粘着性ベース マウント (曲面 + 平面)と
いつもと変わらないパッケージ内容です。
続きを読む

EOS R 〜カスタムモードへ登録

041A1978

出張等でバタバタしてる間に、年末も残り僅かになってきました。

今日はお寺の行事の撮影に。
静寂が求められ、人との距離が近い場所での撮影には
EOS Rのサイレントモードにとても助けられています。

041A1976
041A1980
041A1955
041A1926


続きを読む

Digital Photo Professional Express

IMG_0002

無償提供中のCanonのiPad用アプリ『Digital Photo Professional Express  Version 1』(以下DPPE)。
現状(2018年12月現在)はRAWフォーマットCR3が使えるEOS Kiss MとEOS Rのみが対象。


IMG_4928
で、iPad Pro 2018とEOS RはどちらもUSB-Cコネクタということで、有線でのデータ送信ができるかと思いきや、有線で送れるのはJPEGファイルのみ。(『写真』アプリが起動するので、それ経由でDPPEに取り込む)
RAWはどうするかというと、今までどおり『CameraConnect』を介して無線での取り込みしかできない。
IMG_0003


なので、先に『CameraConnect』とDPPEの連携を済まし、DPPE経由で『CameraConnect』にアクセスする。(↓『CameraConnect』の取り込み画面で、DPPEとの連携を意味するリンクアイコンがついている)
IMG_0005


さらに言えば、DPPEで現像したデータは、PCのDPPにデータを引き継げない。
ファイルそのものでなくとも、現像データだけでも引き継げると助かるのだが。
(DPPEにデータは格納され、外に出すためにはJPEG書き出し)
IMG_0006

WiFiで済む話なのかもしれないが、有線で速く取り込めるようならその方が助かるし、WiFiをずっとオンのままにするのはバッテリーの消耗的にも気になる。この先バージョンアップ(有償になるかもらしい)すれば対応するのだろうか。


続きを読む
Profile

Ken

ギャラリー
  • GoPro HERO7の困った挙動【解決】
  • GoPro HERO7の困った挙動
  • GoPro Hero7 Black〜開封編
  • GoPro Hero7 Black〜開封編
  • GoPro Hero7 Black〜開封編
  • GoPro Hero7 Black〜開封編
  • GoPro Hero7 Black〜開封編
  • GoPro Hero7 Black〜開封編
  • GoPro Hero7 Black〜開封編
  • GoPro Hero7 Black〜開封編
  • GoPro Hero7 Black〜開封編
  • GoPro Hero7 Black〜開封編
  • GoPro Hero7 Black〜開封編
  • GoPro Hero7 Black〜開封編
  • GoPro Hero7 Black〜開封編
Archives
記事検索
Amazonライブリンク
@kenbou884

Comments
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ