2009年05月13日

アスタキサンチンの人間への効果 健康管理編1

By ken_antakisanchin
15:41
Permalink
Comments(0)
TrackBack(0)
アスタキサンチンは、健康維持の効能もあります。
アンチエイジングに効果があるので、当然と言えば当然ですが、人間の健康維持にアスタキサンチンは大きな影響を与えてくれる物質です。
 
まず大原則ですが、アスタキサンチンは薬品ではなく自然物質です。
 
ビタミンなどと同じで、食材から摂取する事が可能です。
当然、身体に悪い要素はありません。
 
ただ、どんなものであっても、過剰摂取は禁物です。
逆に、それだけ優秀な栄養素であっても、摂取量が不足していれば効果は期待できません。
 
 
そこで、アスタキサンチンの必要摂取量について、ここではご説明していきましょう。
 
アスタキサンチンを摂取できる食材は、そのままアスタキサンチンを含有している食材です。
つまり、カニやエビの甲羅、鮭の身、イクラなどです。
 
カニやエビの甲羅を食べるというのはなかなか難しい面もありますが、鮭やイクラであれば摂取は容易ですよね。
一日に摂取しておきたいアスタキサンチンの量は、6mgと言われています。
 
では、この6mgというのは、鮭やイクラに換算したらその程度の量なのでしょう。
鮭だと、およそ2切れ。
イクラの場合は小さじで30杯程度です。
 
鮭の2切れというのは、量的に言えば結構厳しいです。
刺身2切れであればそれほど問題ありませんが、身を2切れ、つまり鮭のムニエルや塩焼きを毎日2切れ食しなければならないという事になります。
これは少々難しいかもしれません。
イクラに至っては、経済的にも厳しいですよね。
 
アスタキサンチンを自然食品で摂取するのは、何気に簡単ではないみたいです。
 
 muryou009



2009年04月03日

アスタキサンチンの人間への効果 かゆみ軽減編

By ken_antakisanchin
17:52
Permalink
Comments(0)
TrackBack(0)
アスタキサンチンは、特定のアレルギーに対して高い効果を持っています。
その中でも、特にかゆみに対する効果が高い為、重宝されています。
 
アトピーを始め、世の中にはかゆみを覚える病気が数多くあります。
かゆみは、痛みと比較してそれほど深刻に考えない人が多いみたいですね。

しかしながら、このかゆみというのは実際には非常に厄介な症状です。
軽いかゆみであれば、全く意に介さない人も多いでしょう。
ですが、これが度を越えてしまった場合、そのストレスは極度の痛みに匹敵します。

子供の場合はそれが顕著で、アトピー性皮膚炎になってしまった子供は眠る事もできず。泣きながら皮膚をかきむしります。
そうなれば、当然皮膚中傷だらけになりますし、破傷風などの恐れも生まれます。

かゆみというのは、とても軽視できない非常に大きな症状と言えます。
程度によっては深刻に考える必要があるでしょう。
実際、かゆみによって苦労している家庭は沢山あります。
そんな人たちの悩みを解決してくれるのが、アスタキサンチンなのです。

アスタキサンチンがかゆみに効くメカニズムは、魔法のようにかゆみを消す、というものではありません。
活性酸素を除去させる事で、肌荒れやアトピーの症状を軽減させる事により、かゆみを抑える効果を生んでいるのです。

かゆみというのは、実際に体験して始めて苦しさがわかります。
自分がアトピー持ちではなかったのに、子供がアトピーを患ってしまった際、最初はその苦しみがわからず苦悩する事になるかと思います。
 
その場合は、深刻に考えすぎても仕方ありませんが、できるだけ切実に対処方法を探してみてください。
もちろん、アスタキサンチンがその解決法の一つとなり得るのはいうまでもありません。
 
 かゆみ



2009年02月03日

アスタキサンチンの人間への効果 アレルギー改善4

By ken_antakisanchin
19:35
Permalink
Comments(0)
TrackBack(0)
アスタキサンチンは、全てのアレルギーに有効ではありませんが、アレルギー改善に、非常に優秀な物質です。

通常、アレルギーの治療に用いられるのは、抗ヒスタミン剤やステロイドです。
抗ヒスタミン剤でヒスタミンを軽減させ、ステロイドで炎症を軽減させます。
しかし、これらは副作用が強い薬である事が多いのです。
副作用の心配をする人にとっては、少々不安を感じる治療といえます。

一方、アスタキサンチンの場合、副作用がほとんどありません。
副作用の心配がないというのは、子供に摂取させる上で非常に重要な事です。
免疫力の強い大人であれば、そこまで深刻に考える必要はないでしょう。
しかし、子供の場合はそうもいきません。
副作用によって身体に異常を来たす可能性だってあります。
アスタキサンチンがアレルギーの改善に有効なのは、この副作用を心配する必要のない安全性も大きいでしょう。

アレルギーは年齢に関係なく悩みの種となる疾患です。
中には、年齢を重ねる事で発生するものもあるくらいなので、大人であっても苦労している人はかなり多いです。

ただ、やはり一番の被害層は子供です。
アトピーを始めとする、かゆみを伴う疾患で子供は、苦しめられています。
こういった子供達を一人でも多く助ける為にも、アスタキサンチンがより良い薬として開発・使用されていく事を願います。


2008122055815_2



記事検索
  • ライブドアブログ