レベルアップしたい。

レベルアップしたい。

ケアマネ業務全てに対してレベルアップしたい。

相談援助技術。

ケアプランの作成方法。

アセスメントの方法。

などなど。


レベルアップしたい。


そして、利用者も自分も笑って仕事できる回数を増やしたい。




そのためには、今、疑問に思っていることを勉強しよう。
たぶん、こういう細かいことが解決できないと、自分はなかなか前に進めないヤツです。



ケアプランの変更ってどこからが変更??

変更の場合、どこからアセスメントを残す必要がある??

短期目標が切れたら、利用者、事業所に再発行??

暫定プランの日付は??


ひとつひとつ勉強して、このブログに乗せていきます。

みなさん教えてください!お願いします!

知識+α

昨日、ちょっとしたいい話というかなるほどなぁ~っていう話を病院の相談員の方に聞いたので、みなさんにご紹介。

その相談員の方は、相談員歴40年の超ベテラン。

大きな病院でも相談員の経験があるんだそうです。

その方と話をした時に


『知識や制度なんて経験を積めば誰だって身につく。
相談業務は、その知識+αの自分の味を持ってなきゃ~。』


って。


当たり前のような話ですが、奥深いな~って思って聞いてました。

介護福祉士出身の自分は、相談業務を始めてまだ4年。

ひよっこみたいなもんです。

4年目ともなるとある程度件数もこなし、大体制度は身についてきているけど、その『α』自分の味ってなんだろう。どういう味が出せるんだろうか?

煮込みのように、煮込めば煮込むほど味が出る。するめのように噛めば噛むほど味がでるのかなー??

深いな~。


でも若いケアマネにだって、それなりの味がある。特に自分は変人だと思ってる。(変態という意味ではありません(笑))

若いからこそ出せる味っていうものもあるし、経験豊富だからこそ出せる味もあるのかなーって勝手に解釈しちゃってます。

でも、その相談援助者としての『自分の味』っていうものを意識しながら、仕事してみようと思ったのでした。

ベテランの方の話はいつでも勉強になります。




安心して相談できる。そんなケアマネに私はなりたい。

生活を見てほしい

こんな記事ありましたね。


http://mainichi.jp/life/health/fukushi/news/20100203ddm041100059000c.html


あり得ない。

こんなこと国の法律を破っている。法令違反を区役所が平気でやってる。

あり得ない。

自分がケアマネだったら、抗議しますね。

内規ということであれば、この課長か免職にしてほしいものです。

人の生活に結びついているのが法律であるはずなのに、生活もみないで、一律にこんな内規を定めてるなんて。

お役所仕事ですね。

介護保険だけでは人の生活は支えきれません。


そこで、自立支援法との併用をすることによって、少しでも在宅で過ごせる。


在宅で死にたい。


家族の息づかいや音を感じながら死にたいと思っている人を支えられることだってある。

それでも、在宅で過ごすことを諦めなくてはいけない時だってあるけど、使える制度を使えなくして、在宅を諦めてもらうなんて、ケアマネとしては口が裂けても利用者に言えない。

ぜひ、行政の人には、その人の生活を見てほしい。


人は書類の中で生きてるんじゃない。

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

参加中のブログ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ