これから

この仕事は制度だけ知っててもダメで、法令順守+気持ちっていうか、その利用者を本当に想う気持ちっていうのが大事なんだと思う。

でも、その気持ちが一人よがりの気持ちになってもダメなんだよね。
その人がどう思うか。どう感じているか。
難しくいうと、それを感じ取るのも技術なんだろうなー。

利用者本人と話をするのではなく、家族と話をして進めてしまっている自分もいる。もうこの時点で利用者本位じゃないよね。


だらだら考えていてもしょうがない。

ケアマネは色んな人の提案や声などにどれだけ耳を傾けるか。
どれだけ前向きに考えられるか。

が大事かな。


さぁー明日も仕事。

最近では一番濃い関わりだった利用者が明日入所します。
入所の契約の立会いを行ってきます。

本人の意思の大切さ、家族の思い、制度・・・・本当に自分を成長させてくれた利用者でした。

最後にありがとうって言ってこよう。

澄んだ夜空

なんで、高齢になって認知症になったりすると、今までの感謝とかってなくなっちゃうんだろう。
どこか、邪魔者扱いしているように思える。

あなたは、家族介護したことないからわからないでしょうけど・・って言われれば何も言えないけど、なんかそう思う。

今日も本人に向かって「こどもたち何もしないうちにボケちゃったね」って本人に向かっていう娘さんがいたんだけど・・・

あなたを生んでくれたのはこの人だよ!って喉まで出かけたけど飲み込んじゃいました。

介護ってめんどくさいかな?できれば関わりたくないかな?

少しでも高齢者の人生がまっとうできるようなケアプランを作れればいいんだけど、それには、ケアマネ経験もそうだし、何より人生経験。

まだまだ、成長しないといけないなってつくづく思いました。

ケアマネって、制度を知ってるだけじゃ足りないなって。

なるべくその人だったり、家族だったりの気持ちをわからないと。

気持ちが温かくなるようなケアマネになりたい。


今日は星がきれいです。澄んだ夜空みてこんなこと思ってみました。


さー明日も利用者さんに少しでも元気になってもらえますよーに。

身体障害者手帳!?

身体障害者手帳っていろいろな減免措置やサービスが利用できるんですよね。

『ブログ開設』でも書いた施設と同じようなサービスができないだろうか?っていう悩みを少し解決してくれたのが、この身体障害者手帳なんですよ。

まずは、心身障害者医療費助成制度。

収入に応じて、負担金はあるものの、その人の収入によっては、医療費の全額が戻ってくる制度なんです。世帯の収入がある一定額を超えている場合は利用できませんが、詳しくは

http://www.town.ogawara.miyagi.jp/team/chomin/shinshin.jsp

で確認してみてください。

次にタクシー券またはガソリン券がもらえること。

http://www.city.sendai.jp/kenkou/shougai/fureai/13.html

を確認してみてくださいね。

次に、居宅介護(自立支援法の訪問介護)が利用できること。

それぞれの保険者によって違いはあるものの、介護保険の支給限度基準額の概ね半分を訪問介護(身体介護)を利用していて、身体障害者手帳1級、またはそれに準ずる方(身体障害者手帳は2級だけども寝たきり状態など)が利用可能なのです。

これだけもいいのに、障害者自立支援法の居宅介護の負担限度額はとても定額に抑えられています。(介護保険もこんなにやすければいいのにな~~)
市県民税非課税世帯であれば、いくら使っても(もちろん必要性に応じてですが)1500~3000円です。
詳しくは
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/04/dl/s0423-7d_0001.pdf
(この資料の10Pの右側をみてみてください)

このほかにもNHKの受信料の免除など色々な制度が利用できます。
一概には言えませんが、要介護度3~5の方は身体障害者手帳の申請を検討してみてはどうでしょうか?
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

参加中のブログ
プロフィール

ken

カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ