2009年12月

地域包括支援センター

自分が仕事をしている市町村は全部外部委託にて地域包括支援センターは運営されています。

先日あったケースでちょっと思ったケース。

息子さんから、地域包括支援センターに相談があり支援スタート。

脳梗塞で入院されているということで、要介護を想定。

包括の職員はその時点で居宅介護支援事業所につなぐべきだったと思うんですが、息子さんの話を聞きながら、住宅改修、福祉用具貸与を決定(事業所にも包括支援センターが依頼する)

退院の2日前に私にケースを引き継ぎ。

退院前日に、病院に行きアセスメント。

無事退院したものの、日中の家族介護の負担の問題が出てきて、調整。

福祉用具も使わないものもあり、調整。


なんでもっと早く繋いでくれなかったんだ??

もっと余裕を持っていればもう少しスムーズにできたはずだと思う!!

年末にかかるから自前の居宅には頼みずらかったのか?

なんか地域包括支援センターこそ公正中立を貫かなければいけないと思うのだが、どうもそれが見えない。

民間企業を敵視している所もあるが、地域包括のほうがなんかエグイよ・・・。

自分が介護をし始めてからずっと言ってきたのが、


「地域密着」


この意味は今の介護保険制度で言う地域密着ではなく、本当の意味で地域の小学生だったり、おばちゃん、おじちゃんで支えよう。
地域の中に介護する人もされる人も出て行こう。そういう仕組みを作ろうってこと。


本当は地域包括支援センターがその役割を担うべきだと思い、地域包括という仕組みができた時はけっこう期待したんだけど始まってみれば・・・・・・・

自分の組織が大事??みたいな所がある。

確かに、介護するほうもされるほうも、人だから色んな思惑だったり想いだったり、やりずらい、頼みずらい、頼みやすいなんていうことがあると思う。

でも、仕事としてそういう仕組みの中にいる人間は、そういうことをある程度抜きにいて関わらなくてはいけないのではないかと思う。

中心は利用者であるべき。そして家族であるべき。

それを忘れてはいけないのだと思う。

今日一日

給付管理も無事終わり、返戻ないことを祈って12月分の仕事へと突入です。

まずは利用者訪問のスケジュール組み。

今月は少し早目に回らないと。。。

午前中はお一人暮らしの方の認定調査同席。

あ~なんとか伝えきった!

要介護4くらいにはなるかな??(今は要介護2)
この方、原因はわかりませんが、急に歩けなくなったり、立てなくなってしまって区分変更を急いで申請した利用者。


午後は、生活保護の利用者がまたまた(これで5か所目)デイサービスを替えるもんだから、新しいデイの方と同行訪問。

あ~最初は丁重なんだよな~~。

本性はもう少ししたら出てくるかも・・・。

新しいデイの方よろしくお願いします!!

それが、終わったら車のガソリンを入れにスタンドへ。

スタンドから出て、信号待ちしてたら、異様に隣の車の人が騒がしい。

ふと、隣を見ると・・・・・・・・・




あれ?元カノ!!!!????



あ~ひさしぶり~~。一言二言話してそれぞれ動き出しました。

あ~気まずい・・・・・。


今日は色々っていうか、元カノとの再会でなんか疲れました・・・。

早く寝ようっと・・・・。


なんか、最期は介護と関係ない話になっちゃいましたね(笑)

真実

本人はどう思ってる?

いつも気にかけることです。

ケアマネジャーが、どう思っていようとも、その人生の主人公である本人はどう思っているかということが大事で、当然、できる限りその通りにできるようにする。

たまに、

「私の言うことをさっぱり聞かないで、そんなことになっているんだから知らない!」

なんていうケアマネジャーがいるそうですが、それはそれで気持ちもわかります。
その時に大事なのは、どういう提案をどういう言い方や方法で提案しているか?ということだと思います。
本当は、その本人にとって、メリットが多いものかも知れませんが、それがしっかりと本人に伝わっていないと意味がありません。

人と人だから、この人に言われれば聞く、この人に言われればなんかムカツク!なんてことも絶対あるし、こんな若いやつになんでいわれなくちゃいけないいんだ!ってね。

もうひとつ大事だって最近思ったのは、


家族間でしっかり話合ってもらう。


「遠くの家族よりも、近くの他人」
って言葉もあるけど、やっぱりいざとなれば家族で話合ってもらう。
それが難しいようであれば、間にケアマネジャーが入ればいい。

色んな人がいて、色んな人生がある。
ケアマネジャーの支援なんていうのは、正解はないし、マニュアル化もできない。

最期に、利用者が人生の集大成として生きることだと思います。
生きてても仕方ない。じきに迎えがくる。なんていう人もいますが、
要は自分っていう存在が認められる環境がほしいんじゃないかな?って思う。

マズローの欲求段階説の「所属と愛の欲求」これが一番多い欲求なんじゃないかな?って

それは、家族でもいいし、施設の職員でもヘルパーさんでもいい。

色んな人の中の一人として扱われたいって思うのが人間なんだなって。


あ~~~意味不明な文章になっちゃいました。
思うがまま書いたので、読みにくくてすみません。





記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

参加中のブログ
プロフィール

ken

カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ