身体障害者手帳っていろいろな減免措置やサービスが利用できるんですよね。

『ブログ開設』でも書いた施設と同じようなサービスができないだろうか?っていう悩みを少し解決してくれたのが、この身体障害者手帳なんですよ。

まずは、心身障害者医療費助成制度。

収入に応じて、負担金はあるものの、その人の収入によっては、医療費の全額が戻ってくる制度なんです。世帯の収入がある一定額を超えている場合は利用できませんが、詳しくは

http://www.town.ogawara.miyagi.jp/team/chomin/shinshin.jsp

で確認してみてください。

次にタクシー券またはガソリン券がもらえること。

http://www.city.sendai.jp/kenkou/shougai/fureai/13.html

を確認してみてくださいね。

次に、居宅介護(自立支援法の訪問介護)が利用できること。

それぞれの保険者によって違いはあるものの、介護保険の支給限度基準額の概ね半分を訪問介護(身体介護)を利用していて、身体障害者手帳1級、またはそれに準ずる方(身体障害者手帳は2級だけども寝たきり状態など)が利用可能なのです。

これだけもいいのに、障害者自立支援法の居宅介護の負担限度額はとても定額に抑えられています。(介護保険もこんなにやすければいいのにな~~)
市県民税非課税世帯であれば、いくら使っても(もちろん必要性に応じてですが)1500~3000円です。
詳しくは
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/04/dl/s0423-7d_0001.pdf
(この資料の10Pの右側をみてみてください)

このほかにもNHKの受信料の免除など色々な制度が利用できます。
一概には言えませんが、要介護度3~5の方は身体障害者手帳の申請を検討してみてはどうでしょうか?