みやじま謙の「創ろう!かすみがうら新時代」

茨城県かすみがうら市、みやじま謙のブログです。日々の活動報告はもちろん、日ごろ感じることなどをざっくばらんに掲載します。市民の皆さんとともに、愛する郷土、そして私たちの将来について考えていければ幸いです。

活力とあたたかさあふれる市政に。

20220331_083350

近頃はsns中心の情報発信ばかりで、久しぶりのブログ更新です。
先月30日に議員を辞職し、7月の市長選挙への立候補を表明させていただきました。
多くの市民の皆さんから激励の声に、力をいただいているところです。

これからのかすみがうら市に、本当に必要なもの、それは市民に寄り添った政治です。
市民の声をしっかり聞き、税金は市民生活の向上のためにフル活用する。
オギャアと生まれてからご高齢になるまで、すべての市民に元気と優しさが届く、活力とあたたかさあふれる市政に変えていきたい。
それが私の使命であると感じています。

いま、そんな市民政治を実現する大きな転機を迎えています。
みなさん、ぜひ力を合わせて、新しい時代を作りましょう!

命の椅子取りゲームを終わらせるために

先日、ライオンズクラブの一員として土浦保健所に血圧計の贈呈をしてまいりました。

ライオンズ保健所
コロナ感染の疑いのある方、あるいは感染してしまった方の体調確認、体調管理に必要とのご要望を受け、急遽の出動となりました。
所長さんによれば、保健所の状況は大変ひっ迫しており、スタッフさんの帰宅が夜半を過ぎることも日常とのことです。
さらに加えて、患者さんとの連絡用の携帯が夜中、明け方に鳴る。
限界にきているとのお話でした。

感染しても入院できず、容体が急変して亡くなる方も増えています。
まさに今、命の椅子取りゲームが展開されているのです。

ライオンズクラブのみならず、心ある市民の皆さんとしても、なんとかサポートしたいと考えていることと思いますが、業務は専門性が高く、さらに個人情報の問題もあり、素人は手が出せません。

結局のところ、私たち一般人ができることは、自分が感染しないこと、家族を感染させないこと。
そうやって、保健所、医療現場の崩壊を防ぐことに尽きると思います。

新型コロナとの戦いも長期にわたり、緊張感も薄れているこのごろです。
本当に勝利するその日まで、今一度気を引き締めていきましょう!

独善を許すな

終戦記念日にちなんで、茨城新聞の社説が訴えています。

20210815_062904
「独善に歯止めかけねば」・・・と。

当時の政治指導部の楽観、それに基づく独善、そして物言えぬ空気、これが日本を戦争に走らせ、膨大な人命が失われたとの歴史認識を示し、コロナ禍の今の社会に通じていると指摘します。
さらに論説は、選挙で現状を変えようと踏み込んでいます。

安倍長期政権から菅政権に至る昨今の政治体制は、まさに独善ともの言えぬ空気によって現れた巨大な亡霊のようなもので、この暗雲を吹き飛ばせるのは、国民一人ひとりの勇気ある投票行動以外にありません。

私は、国や県議会におもねることなく県民のために戦う大井川知事と、地元のために汗を流す青山大人衆議院議員の姿勢を高く評価し、応援しています。
プロフィール

ken_miyajima

  • ライブドアブログ