みやじま謙の「創ろう!かすみがうら新時代」

茨城県かすみがうら市、みやじま謙のブログです。日々の活動報告はもちろん、日ごろ感じることなどをざっくばらんに掲載します。市民の皆さんとともに、愛する郷土、そして私たちの将来について考えていければ幸いです。

バレーボールで元気なまち!

今日はかすみがうら市近隣バレーボール大会「やまと撫子カップ」が、かすみがうら市体育センターで開催されました。
1542510087884
この大会は、かすみがうら市だけではなく、土浦市、つくば市、小美玉市、石岡市からもチームが参加する女性バレーボールの大会で、今回が2回目。
私の所属する霞ヶ浦ライオンズクラブでは、昨年の第一回目から後援をさせていただいています。
大会実行委員長は青山大人衆議院議員です。

最近『長生きできる町』(近藤克則著)という本を読みました。
それによれば、趣味やボランティアの団体に参加している人、特にスポーツの団体に参加している人は、将来の認知症リスクが低いのだそうです。

日常的にスポーツに親しみ、またメンバーとの楽しい交流が盛んであれば、当然、健康にいいはずですね。
そういう環境を自治体がいかに積極的に整備していくか、それが「長生きできる町」を実現するポイントなのですね。




市民の声を聞く気がありますか?

昨夜19時から、あじさい館で市政懇談会が開催されました。IMG_20181018_200758
市政懇談会といっても、テーマが設定されていて、昨夜は自主防災についての説明がメインでした。
昨年の市政懇談会のテーマは健康。
それぞれ大切な内容ではありますが、市政全般についての様々な意見交換会かと思っていくと、肩すかしに合います。

昨夜の出席者は二十数名で、ほとんどが区長さん。
おそらく出席要請されての参加だと思います。

自主防災組織の役割は非常に高く、積極的に行政が音頭をとっていくべきものですから、市政懇談会ではなく、たとえば「防災セミナー」や「自分と家族を守る講習会」など、防災に特化した会合を設置すべきではないでしょうか。

そして、市政に対する市民の声を本当に吸い上げたいのであれば、もっと人が集まりやすい日時の設定や、意見を出しやすい構成を検討すべきだと思うのです。

「市民協働は看板倒れ」と言われないように、お願いしたいものです。

それでも、かすみがうら市をあきらめない!

本日、私の活動報告紙『つばさ通信』15号が新聞に折り込まれました。

IMG_20180730_094842
7月8日に行われたかすみがうら市長選挙では、たくさんのご支援をいただきながら、残念ながら落選という結果となってしまいました。
すべて私の努力不足、実力不足の結果であり、ご期待いただいた皆様に対しては、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

しかし、8550票も投票をいただいたことは、それだけ多くの皆さんが市の将来を憂い、このままではいけないと考えていらっしゃるということでもあるのですから、これでまちづくりをあきらめるわけにはいきません。

どんな形になるにせよ、皆さんといっしょに、市の将来を良いほうに変えていくために頑張ってまいります。
今後ともよろしくお願いします!


プロフィール

ken_miyajima

  • ライブドアブログ