先日、ライオンズクラブの一員として土浦保健所に血圧計の贈呈をしてまいりました。

ライオンズ保健所
コロナ感染の疑いのある方、あるいは感染してしまった方の体調確認、体調管理に必要とのご要望を受け、急遽の出動となりました。
所長さんによれば、保健所の状況は大変ひっ迫しており、スタッフさんの帰宅が夜半を過ぎることも日常とのことです。
さらに加えて、患者さんとの連絡用の携帯が夜中、明け方に鳴る。
限界にきているとのお話でした。

感染しても入院できず、容体が急変して亡くなる方も増えています。
まさに今、命の椅子取りゲームが展開されているのです。

ライオンズクラブのみならず、心ある市民の皆さんとしても、なんとかサポートしたいと考えていることと思いますが、業務は専門性が高く、さらに個人情報の問題もあり、素人は手が出せません。

結局のところ、私たち一般人ができることは、自分が感染しないこと、家族を感染させないこと。
そうやって、保健所、医療現場の崩壊を防ぐことに尽きると思います。

新型コロナとの戦いも長期にわたり、緊張感も薄れているこのごろです。
本当に勝利するその日まで、今一度気を引き締めていきましょう!