Step by Step to Hollywood

アクション映画作ろう!小原健のハリウッドを歩む。

まだまだ前進 2011!

もう9月も最終コーナー、蒸し暑くていつ停電になるか心配しながら撮影を試みて、かれこれ半年以上経過します(汗
去年末にVコン撮影から入り、既に1年以上没頭している中、しばしブログ上に内容を更新できないまま、残りの2011年も監督奮闘中です。
10年ぶりに長期で日本に戻って、箱詰めは状態とは言えど、久々のジャパン、心から楽しいです。
小中高大学時代の友人にも、再来月くらいから週末にに時間が作れれば遊べる時間を作れたらと思っている今日このごろ。
Kickin_it_wasabi_warriors

もう1年以上たちますが、この日本のプロジェクトに参戦する前に、アメリカのTVショーでアクションコーディネートしていた新番組が大好評オンエアー中です。日本のテレビで放送するか分からないけど、番宣させてもらます。撮影が押してスタントマンにオーバータイムが出せなくなり、我が身でトランポリンから前中してゴミ箱に刺さる名場面も見れますよ〜(汗
Disney XDチャンネルの「Kickin' It」と言うシチュエーションコメディードラマ。
日本の空手をコンセプトにした可愛いアメリカ人の子供達が主役の青春コメディーです。
詳しいリンクは以下です、
http://disney.go.com/xd/kickinit
IMG_3911

IMG_3915

IMG_3920

IMG_3913

IMG_3921

IMG_3923

子供達のアクショントレーニングから一生懸命面倒見ているので、ドラマがシーズン2まで進んだら嬉しいですね!ちなみにウィル・スミスの息子ジェイデンもたまに練習に参加した時もあって、彼は本当素質ありますよ、さすが本物空手キッズ!
IMG_3909

もう5月!

久々の更新です。
今年は3月の頭から日本入りして、
ロングスパンで監督のお仕事をさせて頂いてます。
年内はガッツリ寝る事を忘れ黙々と作業しております。
突然の東北地方太平洋沖地震の時も東京にいました。
天災と人災の「力」、それは膨大であり無力である事を考えさせられました。
ただ、メディアを通して涙をしたり、苛立ちや不信感を抱いたり、
自分なりの回答を探しながら今日にいたってます。

取り合えず無事に誕生日を向かえて、たくさんの方から祝ってもらい感謝の気持ちで一杯です。
IMG_0194

iPad2も最速でアメリカから入手してきました、相変わらず期待を裏切らないアップル商品、漢字Talk7からお世話になってるアップルユーザーなので、この進化には日々驚きを隠せませんね。文句無しの出来に吃驚です。
IMG_0170

そして東京生活での一番の贅沢は外食。アメリカではとても味わえない絶品のお店が建ち並ぶ日本のレストラン文化、とても重宝しています(笑
IMG_0153
IMG_0149
IMG_0136

2011年第一弾!

既に1月も半分がすぎる頃ですが、明けましてお目出度うございます。
久しぶりのブログ更新です。
去年は本当に大きな年でした、
頭にはアメリカのTVパイロットのお仕事がアクション監督で参戦から始まり、
自ら3年ぶりにスタントまでやってしまう始末の流れに。。。
そして3月はゲームシネマティック監督のお仕事が入り。
夏にはこれからハリウッドアクション大作として話題になるだろう、マーベルのハンマーを持って神々と戦うコンセプト作品(まだ名前は書けません。。。)
その作品の同時タイアップのゲーム版の追加シネママティックシーンのアクション監督を担当して。
その仕事が終わるとそのまま監督のお仕事2本目が入り、年内はその作業で追われるまま年を越して今に至っています。

製作作業自体は2009年に行いましたが、ジェームスキャメロンの愛用するバーチャルカメラを使用して、共同監督でゲームのシネマティックの演出、バーチャルカメラ撮影、CG映像編集をした作品が去年は発売されました。タイトルは「ロストプラネット2」です。

2db1e358


作品自体がSFの世界で、戦争的銃撃戦から陸・海・空・宇宙といったあらゆる環境で怪物と戦い合うコンセプトで、武器の量から、特殊兵の数も多い中、特に思い入れのあるオープニングタイトルの出るシーンにはスタッフに無理を言って、やりたい演出に時間を費やし自分でも言うのもですが、よく出来てると思います。是非お時間がある時にはプレイしてみて下さい。

lost-planet-2-20090427034029565


20090224140510


周りでサポートしてくれたキャストから製作スタッフ全ての方々に感謝の気持ちで一杯です。誠に有り難うございました、そして今年は更に素晴らしい年にしましょう。

TGS 2010

IMG_1102

IMG_1114

IMG_1112


今年も丁度良い次期に日本にいたのでTGSへ足を運びました。
E3も顔をだしていたので、感動は薄いものの、さらに新作が増えていたので驚きました。
北米と日本のゲームショウが求める目玉がまるで違うので、ある意味面白かったです。
今回はゲームもしてみました。
これはCAPCOMさんの新作『MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds
どれもお仕事上に愛着のあるキャラクターが参加しており、3人セレクト出来たので、贅沢に集合させました(感動

IMG_1111

IMG_1108

IMG_1110


そして良くお世話になった新作のDmCのトレーラーも海外で作られた感が良く出ていて、個人的にはとても好きでした。



語り始めるときりがないので、最後にiPhoneのゲームアプリも随分と進化してました。どうやらスクリーン上だけにとどまらず、空を飛ばして遊べる技術も紹介してました。これは何か良いアイデアが生まれそうな気がしますね!

IMG_1115

韓国映画 トレーラー

丁度2009年の頭に韓国でアクション監督した作品のトレーラーが上がったみたいです。
この作品ではカメラもまわしたので、完成が気になっていた所でもありました。

IMGP7631


IMGP7620


とにかくに寒い現場だったのが一番記憶に残っていて、今じゃ色々と映画に出演しているカポエラマスターの『鉄拳』『トムヤンクン』『新モータルコンバット』でおなじみのラティーフと、キックボクシングマスターのアンソニーと共に参戦。彼らとは昔からゼログラビティーと言うスタントチームで一緒に練習している仲間です。私自身は丁度ニュージーランドからパワレンの正月撮休中に韓国へ足を運び挑んだ作品です。裸でのアクションシーンは、やたら着込んでた自分の写真を見てると、心が痛みます(笑

トレーラーのリンクです↓
http://tvpot.daum.net/v/25161360?lu=flvPlayer_in

主役のブルースはアメリカ渡米以来の映画に活きるリアルアクションを教えてもらっていた先生です。彼が韓国に戻りここまで成長している所をみて、一緒にやって来てよかったと思った時でしたね。ブルースはサモハンキンポー監督のジャッキーチェン主演映画『メダリオン』のファイトコレオグラファーでしたね。

IMGP7580


韓国の現場は冗談抜きで毎日キムチ系の飯を朝飯晩と3度食べました、ひどい時は夜食も(涙
しかし、食い飽きない不思議なパワーが有るのは認めます!
現在ロスで生活していても、どうしても食べたくなる韓国料理、この間は白のドロドロスープに麺が入っていて、お好みで塩加減を決めて食べる冷麺を頂きました。上手かった!

IMGP7379


IMGP7619

3年ぶりのE3へ行ってきました

e3

お久しぶりです。
早い事でもう2010年も半分が過ぎ去りました。
今年はゲームのシネマティックのお仕事がメインで入っている中、
新しい3D映画のプロモーションから、アメリカTVショウのお仕事も単発で頂きながらも、常日頃お勉強させて頂いております。

その中で、ようやくロサンゼルスが本格的に夏期に入った中、
毎年世界規模で行われている新作ゲーム展示会E3へ行ってきました。

2003年くらいから毎年欠かさず行ってましたが、ここ3年間はこの次期に限って近く忙しくて見に行く事ができませんでしたが、久しぶりの熱狂に圧倒されてきました。
100616_3dscolor3-thumb-499x368-13982

playstation_move04_1_20100311152002

JumpforNatal

個人の感想では、今年の目玉は任天堂さんの3DSとソニーさんのPlayStation Move、そしてマイクロソフトさんのコントローラーレスプレイのKinectですね。どれも凄かったです!特に映画「アバター」以降から盛り上がりが耐えない3Dに最速で着手した任天堂さんに軍配が上がった感じがします。

勿論忘れては行けない、映像クリエイターとして見て来た内容もお届けすると、こちらも個人的な感想ですが、今年の私の1位はスクエアエニックスさんのDeus Ex Human Revolutionです。



これは良くできたレンダームービーとオリジナルのキャラクターストーリーデザイン、どれをとってもウェルダンコンセプトでした。そして2位はルーカスアーツさんのStar Wars The Force Unleashed IIでした。



これはCGか実写か分からないくらいクオリティーの高い映像を見させてもらいました、カメラワークも実写に似せて臨場感の溢れる次世代のCG映画の表現方法のお手本でした。素晴らしい!

今年のE3は最新プラットフォーム発表が目立つ中、まだまだ映像クリエイターの力で引き出す事の出来る『表現』による演出方法はあるはず。そして3Dが本格的に一般家庭標準になった時には、私たちに始まる更に大きな課題が生まれる事になるのでしょう。

楽しみです
プロフィール
  • ライブドアブログ