こんにちは*^^*

昨日の雨はたいして降らず・・
蒸し暑いばかりの一日だったような><

今日も暑いですね〜


先日の火曜日は
初めて、会社の職人さんたちと社員と
取引先の営業さんも一緒に

近場の埼玉へ、日帰り旅行をしてきました^^

今回、この旅行の行程を組んで下さったのは
エヌジェィツーリストの鳴海さん。

きめ細やかな気配り
バスの中でのアナウンスも軽快に^0^
これはやっぱり天職。。
好きだからこの仕事っぷりなんだろうな〜と思える人です^^

一日、ホントに色々ありがとうございました!



埼玉入りして最初に訪れたのは

“古代蓮の里“”

まずは・・展望台から
田んぼアートをみました^^

image
DSC_0500

田んぼの中に、人がみえますか?

011
013
014

昨年は、ここの行田の田んぼアートが
ギネス認定されたそうです!

今年の図案はドラゴンクエスト。
稲の品種と植え込みの配置で
緻密な絵画が出来あがっていました。

奥行のある田んぼです。
展望台から見た時にに
一番、「画」として整った見方ができるよう
計算されて植え込まれているのだとか^^
9種の稲をこの画では使っているそうです。

色のバリエーションもすごいですよね〜

image


さて、「古代蓮の里」で
蓮を観ずに帰るわけには行きませんよね^^

品種分けされた池には
ちょうど『行田蓮』が見ごろでした。

DSC_0503
DSC_0506
DSC_0510
DSC_0508

蓮の花って
泥水が濃ければ濃いほど、大輪の花を咲かせるそうです。
キレイな水だと小さな花しか咲かせないんですってね。

泥水とは、人生におきかえると
“つらいこと”“悲しい事”“大変なこと”

蓮の花は
その、泥水の中からしか
立ち上がってこないお花なのですね〜
人生の中で花を咲かせるのですね〜

だからこんなに素敵なお花なんだ。


バスに乗り込む前に

小麦粉とおからをベースに小判型に焼いた食べ物
B級グルメの“ゼリーフライ”を社長が買ってくれました^^
お昼前だったので半分頂いたのですが
ソース味で、おからが口当たり軽くて美味しかったです♪

なぜ「ゼリー?」

形が小判(銭)にそっくりだったことから
「ゼニーフライ」が「ゼリーフライ」に変わったため・・
と伝えられているそうですよ^^
明治後期には既に食されてたとか。
埼玉の行田に行ったら、ぜひ召し上がってみてくださいませ〜!


長くなってしまいましたので^^;

この日のランチと
午後の様子はまた載せますね〜^^



 *******************

頭痛は水分不足からでは??と
ゆ〜こりんに指摘され・・
早速、炭酸水を箱で仕入れたみっち〜〜

この行動力。

目を見張ります|д゚)

みっち〜のブログはこちら → ☆「風たより、庭ひより」

神奈川建商株(ken-show)では
こちらのブログだけでなく

HP