『小早川伸木の恋』第2話 1/19(木)放送『時効警察』第2話 1/20(金)放送

January 20, 2006

『空中庭園』 2006年1本目4

空中庭園:世界の七不思議の一つ。古代バビロンに実在したと云われている。

「隠し事をしない」のが家族のルールの京橋家。
母、絵里子(小泉今日子)は完璧な主婦を演じていた。
父、貴史(板尾創路)は愛人が居た。
娘、マナ(鈴木杏)は不登校で援助交際。
息子、コウ(広田雅裕)は暗い少年。
一見幸せな家族に見えるが、家族の暖かな会話が何処かおかしい。
「私はどこで生まれたの?」
「ラヴホテル」
種付けの場所を家族で話し合う。
優しげな父も、何人かの女性と交際している。
母の完ぺき主義も度が過ぎる。
全ての元凶は絵里子の母、木ノ崎さと子(大楠道代)に有るのか?

『空中庭園』

2004年に公開した作品なのですが、2005年の1本目にしたくて年を越しました。
「学芸会みたいな家族」
一見幸せな家族に見えるけれど、それは「幸せな家族を演じている」だけであって、偽りでしかない。
大体、種付けの場所まで云い合うのはおかしい。
絵里子の主婦ぶりも「偽り」でしかない。
母との確執のせいから極端に「幸せな家族」を求めているけれど、その結果が「偽りの家族」では本末転倒なのでは?

確かに母には「母として、母親らしさ」、父には「父として、父親らしさ」が求められるけれど、それは試行錯誤、紆余曲折の末に達するものであって、初めから「母とは功云うもの。父とはこうあるべき」と決めてかかってしまえば、それは「作り物」でしかなく、「作り物」は作り物でしかない。
そして「作り物」はいつか必ず壊れる。
そして壊れた物は二度と元には戻らない。
自然に出来た家族ならば、壊れようがどうなろうが自然にどうにかなる。
所詮「作り物」の家族は作り物でしかないと。

絵里子のこだわり様は観てて怖かった。
旦那の浮気はどうでもいいけど、帰りが遅い息子を心配するのは「旦那より息子なのね」と妙に納得だったけれど、とっくに崩壊している家族を何とか繋ぎとめようとする様は怖かったです。

貴史の父親ぶりも一見優しげだけれど、それは結局「優柔不断」の裏返しであって、愛人が2人居る時点でどうかと思う。
でも、絵里子が「この男なら家庭を築いてもいい」と狙われ、基礎体温をつけ妊娠可能な日に狙って性交されてしまってはそれはもう「災難」でしかない。
ラスト近くて子供に「家族を愛してる?」と聞かれ「自転車で日本一周を諦め、こんなつまらん生活するのに、愛が無く出来るか」と応えた処を見ると、見た目以上に家族を愛しているのかな?

マナの不登校、援助交際はどうなんですかね。
あんな母親では息がつまるんですかね。
援助交際でアホな男に引っかかって危ない目にあってるしね。
もっと自分を大事にしようね。

コウはどうなんだろう?
良く解らなかった。
家庭教師のミーナ先生(ソニン)とは課外授業はしなかったのかな?
父、貴史が意外と家族を大切にしてたみたいに、コウもこの家族の中ではまともに感じました。

絵里子とさと子の確執はどちらが本当なのでしょうか。
絵里子の記憶と、さと子の記憶の違いが「親子の確執」に感じました。

ミーナの「第三者としての視点」は観る側と同レベルの視点なので解りやすかったです。
が、貴史の愛人としてのグリグリはどうなんでしょうか。 貴史ってフェチ?
絵里子が「巨乳の先生」って呼んでたけれど、ソニンてそんなにでかかったけ?
コウとラヴホテルに行って「急にきちゃったから買ってきて」と金も持たせずに生理用品を買いに行かせるのは「これだから乳のでかい女は…」とまた健太郎の偏見が強くなりました。

もう一人の愛人の永作博美はファンなだけに「こんな役…」と驚いてしまいました。
あんな愛人じゃかえって疲れるのではないでしょうか。

絵里子のバイト先のバカなギャルが、絵里子が高校生の時に絵里子をいじめていた女子高生の娘で、バカな男と強盗して捕まってるのは「蛙の子は蛙。クズの子はクズ」と納得です。

絵里子の「家族へのこだわり」が際立っているせいか、他の家族の「ちょっと違うんじゃない」が薄らいで見えたけれど、よくよく考えれば家族一人一人にそれぞれの事情があるわけで、父や息子は意外にまともなせいもあって、絵里子の際どさだけが目立ってました。
それは「母との確執」に起因するらしいんだれど、絵里子の回想と母の回想では微妙に過去が違うのが意味深でした。

元が小説なのでキャラがしっかりしていて、画も撮影や美術がしっかりしていて話も画も見応えの有る作品でした。

ただ、豊田利晃監督が麻薬で捕まってしまったので、画的な演出も「薬でやりってたんだろ」とバカなつっこみをかけたくなるのが残念でなりません。


映画監督なら作品でトリップしろって→人気blogランキングへ

2006年映画鑑賞一覧
映画鑑賞一覧
今月観る映画
監督:豊田利晃

Story
直木賞作家・角田光代の原作を小泉今日子主演で映画化したドラマ。“家族間で秘密は作らない”というルールを定め、一見幸せに暮らす京橋家。だが、夫の愛人が息子の家庭教師として一家の前に現われたことで、次第に...(詳細こちら


ken_taro at 23:01│Comments(4)TrackBack(12)mixiチェック 2006年劇場鑑賞 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『空中庭園』  [ 映画大陸 ]   July 16, 2006 17:31
 「ねぇ、私ってどこで仕込まれたの?」  家族みんなで朝食を食べる一家団欒の際に娘が口にした話題がこれ。それに対して父親や母親は「山猿ってラブホテル」「あの日はホテルがどこも塞がっていてなぁ〜」なんて平然と答えます。何だろう、この違和感は?普通朝からこん....
2. 『空中庭園』  [ Rabiovsky計画 ]   July 16, 2006 19:35
『空中庭園』公式サイト 原作:角田光代 監督・脚本:豊田利晃 出演:小泉今日子 、鈴木杏 、板尾創路 、広田雅裕 、國村隼 2005年/日本/114分 おはなし Yahoo!ムービー 京橋家の娘・マナ(鈴木杏)は学校をさぼり気味で、弟・コウ(広田雅裕)も学...
3. 映画より原作に興味を持った◆『空中庭園』  [ 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 ]   July 17, 2006 00:46
3 10月9日(日) ユーロスペースにて 今年の8月末、覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で逮捕され、公開も危ぶまれた豊田利晃監督の新作。画面はグラリグラリと揺れ、時には360度回転し、「クスリをやっていた」と聞けば、「なるほどね」と思わざるを得ないシーンが幾度と....
4. 空中庭園   [ タクシードライバー耕作のDVD映画日誌 ]   July 17, 2006 06:16
3 製作年度 2005年 製作国 日本 上映時間 114分 監督 豊田利晃 原作 角田光代 脚本 豊田利晃 出演 小泉今日子 、鈴木杏 、板尾創路 、広田雅裕 、 國村隼、瑛太、今宿麻美、ソニン、永作博美、大楠道代 (allcinema ONLINE) 解説: 『青い春』の豊田利...
5. 『空中庭園』〜ポム・デ・ファミーユ〜  [ Swing des Spoutniks ]   July 17, 2006 16:48
『空中庭園』公式サイト 角田光代『空中庭園』(文春文庫) 監督:豊田利晃 出演:小泉今日子 鈴木杏 板尾創路ほか 【あらすじ】(Yahoo!ムービーより)京橋家の娘・マナ(鈴木杏)は学校をさぼり気味で、弟・コウ(広田雅裕)も学校に行ってない様子。そして父・貴史(...
6. 「空中庭園」理想の家庭という名のガーデニング  [ 煮晩閃字R ]   July 19, 2006 00:56
5 「空中庭園」をDVDで観ました。 角田光代原作、豊田利晃監督、小泉今日子、板尾創路、鈴木杏、広田雅裕、永作博美、ソニン、大楠道代出演。 かなり良かった。好き系やわ。最後がちょっと間延びした感じしたけど、そこだけかな。オチというか結末が見えたのにちょっと....
7. 2006年1月に観た映画。  [ 映画とJ-POPの日々 ]   August 14, 2006 18:16
5 2006年1月に観た映画 1本目〜9本目 計9本 『空中庭園』 2006年1本目 いい映画でした。 ただ、監督が麻薬で捕まったので「薬でらりってたんだろ」と何度か思ってしまい残念でした。 にしても、やっぱり乳のでかい女は頭が悪いですね。 只頭が悪いだけじゃなく、品が...
8. 空中庭園  [ my life of my life ]   September 22, 2006 00:15
5 空中庭園監督:豊田利晃出演:小泉今日子 , 板尾創路 , 鈴木杏 , 広田雅裕Story直木賞作家・角田光代の原作を小泉今日子主演で映画化したドラマ。“家族間で秘密は作らない”というルールを定め、一見幸せに暮らす京橋家。だが、夫の愛人が息....
9. 空中庭園  [ k.onoderaの日記 ]   January 24, 2007 00:58
桃井かおりの『無花果の顔』の設定は、この『空中庭園』にそっくりだった。 だが両者を比べると分かるように、映像の表現力は段違いである。 まあ、日本の映画界でも、ヴィジュアルセンスはピカイチの豊田利晃監督と比べるのはあま
「空中庭園」★★★DVD鑑賞 小泉今日子主演 豊田利晃 監督、2005年 川沿いのマンション、 上層階には大きなベランダがあり、 主人公の家ではたくさんの植物が 育っている。 どういう理由でかは分からないが 面白いと話題になっていた作品を やっと鑑賞。...
11. 空中庭園  [ 夕顔絵夢二郎の江戸ハブ日記 ]   August 11, 2007 23:15
5 映画を語りまくりましょう! - livedoor Blog 共通テーマ空中庭園監督:豊田利晃出演:小泉今日子 , 板尾創路 , 鈴木杏 , 広田雅裕収録時間:114分レンタル開始日:2006-05-26Story直木賞作家・角田光代の原作を小泉今日子主演....
12. 『空中庭園』’05・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   May 05, 2009 19:47
あらすじ今や「ダンチ」と呼ばれているニュータウンの一室に暮らす絵里子(小泉今日子)、夫の貴史(板尾創路)長女マナ(鈴木杏)、長男コウ(広田雅裕)の京橋家。家族の間で隠し事をつくらないというのが一家のルールで一見理想的な家族だが、それぞれが秘密を持ってい...

この記事へのコメント

1. Posted by 耕作   July 17, 2006 06:11
おはようございます♪
監督の事件は鑑賞後に知ったので、
面白い監督だなぁと思いました。
願わくば、クスリのせいではない事を
早く復帰して証明して欲しいものです。

TB&コメントありがとうございました。
2. Posted by れいんぼうず   July 19, 2006 00:56
どーもお久しぶりです♪コメントとトラバありがとうございました。

映像といい俳優陣といい素晴らしいので監督がクスリやっちゃったのがホントもったいなかったですよね。
3. Posted by リヲリ   July 20, 2006 09:26
TB&コメントありがとうございました。
最近忙しさにかまけてブログをUpしてなかったのですが、またがんばらなきゃと思いました。

監督の不祥事で、作品に関わった人全てがこの作品を肯定できなくなるのは本当に残念ですね。。。
4. Posted by 健太郎   July 23, 2006 14:31
4 コメントありがとうございます。
耕作さん
例の薬中監督ですが、『ナインソウル』は良い映画でしたよ。
復帰とか考えてるんですかね?

れいんぼうずさん
こちらこそお久しぶりです。
良い作品なのに残念ですよね。
映像も良かったし、何より役者さん達の演技が素晴らしかったですよね。

リヲリさん
こちらこそありがとうございます。
blog頑張って下さいね。
監督の不祥事ばかりが問題視されるのは本当に残念ですよね。
勿体無いです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
『小早川伸木の恋』第2話 1/19(木)放送『時効警察』第2話 1/20(金)放送