『コクリコ坂から』 2011年51本目 フォーラム仙台『忍たま乱太郎』 2011年53本目 MOVIX仙台

July 30, 2011

『マイ・バック・ページ』  2011年52本目 チネ・ラヴィータ4

赤衛軍事件/朝霞自衛官殺害事件:1971年8月21日午後8時45分。歩哨中の陸士長が何者かに刺殺された事件。殺害現場に「赤衛軍」と書かれたヘルメットとビラがまかれており、当時過激さを増していた新左翼の犯行と目され、活動家が逮捕された。後の調査によりマスコミの記者が手助けしていた事が判明し、マスメディアの信頼が疑われた。

『マイ・バック・ページ』

別の映画のレビューでも書きましたが、健太郎は全共闘をはじめとする学生運動には否定的です。
健太郎が好きな作家の作中の言葉を借りるなら「反抗期。革命ごっこ」でしかありません。
なのに、何人もの人が命を落とし、一生残るような怪我をして、未だに成田空港は無様な様をさらしています(当初の計画通りの滑走路が未だに完成せず、千葉県の担当委員会の委員は過激派に襲撃され一生不自由な体に成り、怪我を苦にして自殺し、以来担当委員会は機能不全に陥っています)。
「人名は地球よりも重い」との妄言で世界に恥をさらしたり、警察の公安偏重の元凶でもありますし、左翼議員の温床になりました。

戦後日本に沢山ある恥で、バブル文化に次ぐ恥でしか有りません。

安田講堂事件、リンチ総括大量殺人事件、あさま山荘事件等々、沢山の事件がありましたが、「赤衛軍事件/朝霞自衛官殺害事件」はマスコミを巻き込んだ事件になりました。

『マイ・バック・ページ』の原作者の体験談です。
厳密に云うと、「赤衛軍」を名乗る活動家から殺害の証拠の腕章を受け取った《朝日ジャーナル》(作中では《東洋ジャーナル》)の記者が、腕章を焼いたのが「証拠隠滅」「犯人隠匿」として罪に問われました。
他に《週刊プレイボーイ》の記者が逃走資金を渡して問題になりました。

取材対象に「謝礼」や「お車代」と称して交通費を渡すのは珍しくないのですが、相手が犯罪者で資金に困っていた場合は「資金援助」に問われてしまいます。
食事に事欠き、潜伏先にも困るような場合は、食事を与えたり、匿っただけでも「逃走幇助」や「犯人隠避」になってしまいます。

「取材なのか、幇助なのか」はジャーナリズムとして難しい問題なのですが、日本のジャーナリストに偉そうに語る資格があるのでしょうか?

作中では「彼は思想犯ですよ」とありましたが、政治犯なら人を殺しても良いのですか?

《朝日ジャーナル》自体、「右手にジャーナル、左手にマガジン」(『週刊少年マガジン』全共闘世代の愛読書。よど号ハイジャック事件の犯人達も「我々は明日のジョーである」と云って北朝鮮に飛び立った)と云われたぐらいに(「手にはジャーナル、心にはマガジン」「右手にジャーナル、左手にパンチ」(『平凡パンチ』)とも云われた)全共闘の活動家達に愛読されたけれど、今起きている現状を伝えたり、隠された事実、真相を伝える以外にジャーナリズムのやるべき事はあるのでしょうか?
世論を操作する、世論を作るのはジャーナリズムの有るべき姿なのでしょうか?

作中でも再現されていた雑誌の回収と懲罰人事の元になった、「アカイ、アカイ、アサヒ、アサヒ」「朝日は赤くなければ朝日ではないのだ」は偏向報道そのものを表している様に感じてなりません。

コント集団《ニュースペーパー》のギャグで「一番右は産経新聞。一番左は朝日です」とあるけれど、正にその通り(このギャグの落ちは「赤旗は居ません」なんだけど)。

ジャーナリズムの本分は「報道」であって、それは公正命題、かつ中立でなければならない筈です。
偏向報道著しく、世論操作をもくろむ日本のジャーナリスト共にジャーナリズム云々を語る資格は無い。

と、健太郎はこんな男なので、観る前は「どんな全共闘万歳映画なんだ」「ジャーナリストがお高くとまった自伝映画なんだろ」と散々馬鹿にしていました。

がしかし。

青春映画でした。

原作者の自伝小説ベースなので、多大に美化されているかもしれませんが、若き記者と活動家との交流。上司、会社との軋轢。
大志を抱いて社会に出た若者が打ちのめされる現実。

業種、業界が違っても、社会に出た若者が誰もが感じる、ぶつかる現実。

物凄く現実的でした。

そして活動家。

今まで何本かの全共闘映画を観てきましたが、監督や脚本家や原作者が全共闘世代か、その一つ下で全共闘に憧れていた世代のせいか、全く描かれていないものがしっかり描かれていました。

にせ活動家。いわゆるエセ左翼です。

妻夫木聡演じる若き記者と、松山ケンイチ演じる活動家の交流を軸とした話なんだけれど、この活動家が何を考えているのか、何をやりたいのかがさっぱり解らない。
ぶっちゃけ口だけ男。
冒頭のなんたら哲学会での討論だって自己中そのものだし、その後の活動にしても何をしたいのかが解らない。

数名しか居ない仲間には大きな事を云い、マスコミに演説を打つ。
正に口だけ男。

実際、活動家にはこうい云った手合いが多く、作中でも描かれていた「カンパ」と称して学生やOB、マスコミから金をせびるのもざらにやっていました。

一番リアルに感じたのは、仲間が居る隣の部屋で女性活動家とイイ事してるシーン。
『光の雨』でも、「資金調達」と称して街に出た男女の活動家が、当時の世代の「淫らな同棲生活」をしているシーンが有ったけれど、活動家の間では「革命」と称して男性活動家から女性活動家へ行為の強制はざらにありました。
『光の雨』でも露骨な猥褻シーンや台詞もありました)

なのに、こう云った「口だけ活動家」「淫行」は、全共闘を扱った作品ではほとんど扱われていませんでした。
事実なのに、あたかも無かったかのように無視されていました。

そこをきちんと描いているのが、とても感心しました。

妻夫木聡演じる若き記者の葛藤も良かったです。
ロック好きで(エセ活動家との唄い合うシーンは良かったです)、映画好き(オールナイト好き)なのも共感が持てました。

妻夫木聡も今年で31歳。三十路に入っても見た目は未だ若手ですが、演技がしっかりしてました。
松山ケンイチの「口だけ男」も良かったですが、妻夫木聡がダントツに良かったです。

冒頭に、身分を隠してのフーテン(コード大丈夫かな?)の体験取材をしてるんだけれど、最後に思わずばったり再会してしまう。
そこで泣く。何故か分からないけど、兎に角泣く。

『ジョゼと虎と魚たち』に匹敵する泣きの名シーンです。
一瞬、「成長してないのかな?」とも思ったけれど、良いシーンです。


『映画一覧』
(mixiもやってます→健太郎@仙台)

2011/08/14追記→


NEC_0199

宮城県には『河北新報』と云う有力地方新聞があります。
自称世界一の某大手全国紙は「田舎の三流新聞が!」と常日頃馬鹿にしていますが、「自称世界一の某大手全国紙」は3/12の朝刊は発行されませんでした。
『河北新報』は、薄い朝刊でしたが、非常時の協定を結んでいる新潟の新聞社の協力でちゃんと新聞を発行しました。
「田舎の三流新聞が!」と、常日頃『河北新報』を見下して馬鹿にしている、「自称世界一の某大手全国紙」の代理店でさえ3/12は『河北新報』を配達していました。

これこそがジャーナリズムのあるべき姿ではないでしょうか?
たとえ何があっても事実を伝える。
これこそがジャーナリズムであるべきです。

発行部数を盾に、政治やプロ野球に介入するのがジャーナリズムのやる事でしょうか?

画像は東日本大震災の津波で壊滅的被害を受けた、宮城県石巻市の地方紙『石巻日日新聞』が震災の翌日から発行した手書きの壁新聞です。
設備が壊れても、電気が無くても、電話もインターネットも通じなくても、何も無かったとしても伝える。

これこそがジャーナリズムであるべきです。

ken_taro at 23:08│Comments(2)TrackBack(5)mixiチェック 2011年劇場観賞 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『マイ・バック・ページ』  [ こねたみっくす ]   August 14, 2011 17:45
学生運動が世の中を変えられると信じられていた時代の息遣いが聞こえてくる。東大安田講堂陥落をリアルタイムでは知らない世代が作っているのに、そんな感じがする映画でした。 ...
2. マイ・バック・ページ/妻夫木聡、松山ケンイチ  [ カノンな日々 ]   August 14, 2011 18:39
私の大好きな『リンダ リンダ リンダ』その他いろいろの山下敦弘監督が実話ベースの社会派作品を手がけたというだけでもちょっと驚きでしたけど、その主演が妻夫木くんに松山ケン ...
3. マイ・バック・ページ #33  [ レザボアCATs ]   August 15, 2011 00:33
’11年、日本 監督:山下敦弘 プロデューサー:青木竹彦、根岸洋之、定井勇二 原作:川本三郎 脚本:向井康介 撮影:近藤龍人 音楽:ミト、きだしゅんすけ 美術:安宅紀史 編集:佐藤崇 VFXスーパーバイザー:小田一生 主題歌:真心ブラザーズ、奥田民生   妻夫木聡   :
「マイ・バック・ページ」は1970年前後に盛んだった全共闘運動時代にジャーナリストを目指した新聞記者がある男と出会い、その行動に共感してしまいある事件の引き金になる事 ...
5. マイ・バック・ページ  [ ここにあるもの ]   August 16, 2011 15:43
熱に浮かされたような時代を、私は知らない。 過去のニュースやドキュメンタリーでしか知らない学生運動が盛んな時代のこと。 前時代的な熱が私には伝わらなかった。 公開前の ...

この記事へのコメント

1. Posted by とらねこ   August 15, 2011 00:38
こちらにも。
私的にはこの作品、今年の邦画の中では今のところNo.2ぐらいに良かったです。
当たり前の視点で描いていないところが良かったですし、山下監督がこれまでより一回り大きく感じられるようでした!(なんてちょっと上から目線・・なんて言われてしまいそうですが)。
2. Posted by 健太郎   August 28, 2011 15:25
5 とらねこさん
ありがとうございます。
今年観た映画で一番多くを語りたい映画かもしれません。
今までにない視点での全共闘の描き方にいたく感動しました。
監督どうこうはあまり云いたくないのですが、山下監督いいですね。
こう云った「変わった青春もの」も撮れるんですね。
今後も益々目が離せませんね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
『コクリコ坂から』 2011年51本目 フォーラム仙台『忍たま乱太郎』 2011年53本目 MOVIX仙台