<マンション大規模修繕における修繕周期12年を15年にするための プロジェクトがいよいよスタート><豊洲新市場の地下空洞問題>

2016年04月28日

「賃貸住宅フェア2016in福岡」でセミナー講師を担当

5月17日(火)「賃貸住宅フェア2016in福岡」で14時20分から15時10分までセミナー講師を担当することになりました。

主催:全国賃貸住宅新聞
場所:福岡国際センター
HP:http://www.zenchin.com/fair2016_kaisai/fukuoka/

私の持ち時間は50分。

あまり短い時間で話をすることがないので、どこまで伝えられるか。

また、今までは分譲マンションに暮らす方を対象に話をしてきましたが、賃貸オーナーに向けて話すのは私の記憶では2回目になります。

このイベントで大規模修繕をテーマに話すのは私が初めてだそうで、今までニーズは多かったのだけれど、担当の方はどこの誰にお願いすればいいのか決めかねていたようです。

新たな試みということもあって、ワクワクしてしまい、ついつい張り切ってしまっています。

話したいこと、伝えたいことがたくさん出てきていて、今、必死にレジメの縮小に取り組んでいるところです。

講演テーマは「大規模修繕の準備と居住者対策〜マンション・ビルの200年化〜」ですが、

・熊本地震で被災した鉄筋コンクリート造マンション及び木造アパートの新築時の施工事情
・建物、居住者を守るために賃貸オーナーが事前にできること
・建物の劣化状況を知るために今すぐできること
など、多くの賃貸オーナーが抱える問題について役立つ話をしたいと考えています。

このイベントを福岡で開催するのは12回目。

前回は約4000名の方が来場されたようですが、参加者のほとんどはオフィスビル、賃貸マンション、高齢者施設のオーナーと聞いています。

今回たくさんの人たちが来場されても、初テーマのセミナーとなりますので、私のセミナーブースに来てくれるとは限りません。

賃貸マンションにはまだまだ大規模修繕が浸透していないのです。

私にとって完全アウェーのイベントです。

福岡のみなさん、冷やかし気分でいいので、ぜひ覗きに来てください。

お会いできることを楽しみにしています。

ken_yonezawa at 16:09│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
<マンション大規模修繕における修繕周期12年を15年にするための プロジェクトがいよいよスタート><豊洲新市場の地下空洞問題>