大規模修繕秋季セミナーを札幌で開催しました。<高齢化による認知症トラブル>

2016年12月15日

出版が決まりました。

某出版社社長に呼ばれ、緊張の中、ほぼマンツーマンで1時間30分にわたって打合せをさせていただきました。

なぜか私の企画書が通り、出版が決まりました。

今まで2冊出版した経験からどんな条件が付いてくるのかなと不安でしたが私が300冊購入してくれればいいって。

しかも印税はちゃんと規定通り払っていただけるという条件。

後日契約書に調印することで話がまとまりました。

何度も何度も書き直した企画書。

諦めずに挑戦し続けた上での出来事だったのでめちゃめちゃ嬉しいです。

帰りの電車の中で頬が緩みっぱなしでした。

本の内容はもちろん大規模修繕に絡めた修繕積立金の節約と15年周期システムの話がメインになります。

マンション大規模修繕協議会の春季セミナーに間に合わせたいので3月末までに出版したいと伝えたら、2月20日が原稿締め切りだって言われちゃいました。

正月休み返上で書かないと間に合いそうにありません。

出版も3冊目なので、ある程度慣れているとはいえ締め切りを決められるとちょっと不安が・・・
でも、ネタは決まっているし、少し前に15年周期システムのマニュアルや教材を作成したばかりなので写真も十分揃っている中での作業。

まぁ、なんとかなるさ。


訪問先の出版社は神田明神のすぐ隣。
「しっかり出版できるよう後押ししてください。」と神様にお願いしてきました。

IMG_7481



IMG_7482



それでは善は急げです。

早速、誰にも邪魔されないように部屋に閉じこもって書き始めたいと思います。


一点大事な話を忘れてました。

大規模修繕工事中の足場の横を歩いちゃだめですよ。

IMG_7480


いつ何が落ちてきても不思議じゃないんですよ。
私は遠回りしています。
すぐ横は今までに歩いたことがありません。

建設関連の仕事をしている者の習性かもしれませんね。

ken_yonezawa at 17:26│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
大規模修繕秋季セミナーを札幌で開催しました。<高齢化による認知症トラブル>