★★ ken's room ★★

趣味が高じて釣りを仕事にしてしまった『林賢治』のblogです。 マルキユー、がまかつ、AXE、遠矢ウキ、東レ、工房浦安のテスターを勤める2児のパパ。 ファミリーフィッシングから、トーナメントまで幅広くやっており、得意な釣りは、投げ釣り、磯釣り、堤防釣りです。 日常の些細なことから、釣りのディープなことまで綴っていきたいと思います。                          

2016.05.25 シロギス釣りin御津臨海

先日、イベントで行った千葉の館山ですが本日(5月25日)日刊スポーツの紙面に載っていました😄
image

image

右の端っこに写真も出ています。

土曜日の取材の模様は6月25日発売の磯投げ情報に載るのでヨロシクねぇ〜。内容は秘密です(笑)

さて、少し前から表浜のシロギスが始まりましたが、なんかパッとしませんね。昨日も堀切海岸や伊良湖港など回って来ましたが、釣れていないようでガラガラでした。
image

広いフラワーパークの駐車場も僕の車のみ。
image

image

ですから釣り場も貸し切り状態です(笑)

案の定、釣れませんがやっとこさ群れを見つけると活性は高いようでゾロゾロっと付いてきました。
image

しかし、群れは小さいのでなかなか追加できません。それでもどうにか堀切で10匹キープできました。

image

帰りがけに寄った伊良湖港の浜では1投目に3連を引いたので、一瞬喜びましたがその後ぽつぽつで終了。

人が居ないだけあって釣れてませんね。


表浜がそんな状況なので、今日は夕方いつもの御津臨海へ。先週も何度か行っているけど木っ端ガレイの猛攻にうんざりしていましたが、ここ数日で状況がいっぺんしてだいぶシロギスが釣れるようになってきました。
image

チビセイゴやメゴチ、マダイの子供など外道もかなりいますが、いい場所に当たると3連4連で掛かって来ます。また釣れる距離も2色以内と近いのが特徴です。

image

2時間ほど楽しみ、ほぼ空振りなく釣れて28匹。いよいよ御津臨海のシロギスも本格化してきましたよ。

体力持つかなぁ

昨日は横浜で磯投げ情報の取材、
image
今日は館山でチョイ投げのイベントを終えて、今、東京湾の洋上です。
image

明日は知多半島で投げ釣りイベントへ参加(予定)。
体力持つかなぁ〜😅

2016.05.13 クロダイ釣りin舞阪網干し場

今日はプーンという羽音で起こされてしまい、朝から2発やっつけ、バッカンを洗っている最中にも2発やっつけ、夕方デスクワークしているときにさらに1発やっつけました。
釣り場でもこれからは蚊との戦いになりますね(>_<。)

さて、このところ週4〜5くらいで釣りに行っていたら、疲れがちょっと取れなくて…。
それでも釣れている釣りが続いていれば、多少はいいのですが、このところサヨリは絶不調で、クロダイも一服な感じ。シロギスも先日の大草海岸でそこそこ釣れた後は、いい話はサッパリ。

そんな状況だけど13日に行ってきた舞阪の網干し場は結構楽しめました。と言っても本命のクロダイは1匹だったけどね😅
image

産卵を終えた居着きの個体でしたが、産卵を終えた個体が口を使い出したということは、ボチボチ釣れはじめるかなぁって予感がします。

この日結構楽しめたというのは、いろいろな魚から頻繁にアタリがあったということ。
1番よく釣れたのはマルタウグイ。45センチ前後が5〜6匹釣れ、さらに丸々肥えたメジナも数匹Get。
image

それにデッカイアイゴも数匹。
image

ってな感じで引きだけは十分楽しむことができました。

意外だったのは、この時期だからフグ地獄に陥るかなぁって思ったけど、釣れたのはたった1匹。

網干し場ってフグが少ないのかなぁ?

ちなみに今回釣れたクロダイは「食わせダンゴ」メジナは「生オキアミ」アイゴは「食い渋りイエロー」に食って来ましたよ。

2016.05.12 サヨリ釣りin御津臨海

10日から11日にかけては雨がよく降ったなぁ〜。
ということで11日は釣りをお休みして一生懸命事務仕事をこなし、12日は14時からいつもの御津臨海へ行って来ました。
本当は表浜へシロギスもしくは先日のリベンジでクロダイを考えていたけど、雨後で表浜はまず釣れないだろうし、午前中、買い物がてら覗いた川は濁流だったので御津臨海のサヨリにしました。

本来サヨリはエラの中にあるようにサイハが細かいので濁りを嫌う魚なんですが、大雨が降ると豊川の流量が増えて勢いよく沖へと流れるため、サヨリを狙っている御津臨海の西向きは意外と大濁になりにくいンです。
さらに雨が止んで24時間もすれば豊川の水もかなり綺麗になるので、前日の午後4時にはほぼ雨は上がっていたから午後なら問題ないと判断しました。

天気がよかったので釣り場に着くと結構賑わっています。知り合いのK林さんがいたので状況を聞くと、少し前にアタリが連発して5本GETしたという。
いい群れが入っているのかと急いで準備して始めるも、いつもと同様アタリはサッパリ。

それでもどうにか1本釣って、期待しますが日没までやってアタリが3回。他の2回のアタリは取り逃がしてしまい追加ならず。
回りもサッパリな感じでしたが、ほとんどの人は1-2匹釣っていたので、徐々に魚影が濃くなってきていることは確かなようです。
image


さて、明日はどこへ行こうかなぁ〜

2016.05.10 クロダイ釣りin常滑

浜名湖はノッコミ後の一服のようなので、1月に行った常滑へ行ってみました。

本当は夜明けと同時に始めようと、珍しく前日のうちにコマセを仕上げていたのに、家を出るときに車に積み込み忘れるという大失態😅

釣り場まで半分以上走ってから積んでいないことに気付き、家に引き返して釣り場に着いたのは6時半過ぎ。
image


釣り座は前回やった所とほぼ同じ場所。
image


風も穏やかでベタ凪。潮はゆっくりと動くけど右へ行ったり左へ行ったりとコロコロ変わってはっきりしない感じ。

そんなせいか魚の活性も低くコマセを撒いてもコマセの回りをボラがウロウロするだけでツケエサは全く取られません。

3時間ほど撒いてやっとアタリがあったものの、掛かってきたのは大きなボラ。

以後、アタリも無いままコマセが無くなり終了。まだ早いのかなぁ?とも思ったけど釣り場にはダンゴや落とし込み、ウキフカセ師など数人のクロダイ師がおり、少し離れた場所で竿を出していた方は、ちゃんとクロダイを仕留めていたので、僕が上手く攻めきれなかっただけのようですね。

また時間を作って修行に行こうと思います。

2016.05.08 サヨリ釣りin御津臨海

投げ釣り大会の後、急いで地元に戻ってサヨリ釣りを楽しみました。
image


午後3時に着くと天気がよくて大潮ということもあり大賑わいです。知り合いが何人かいたので間に入れさせていただきスタートしましましたがアタリはサッパリ。

でも釣れている方?場所?もあるようで1人で4本、5本。中には8本釣った方もおりました。

6時過ぎに帰り支度を終えたとき、クラブ員のS君がやって来たのでしばしS君の釣りを見学。
しばらくして車にコマセの追加を取りに行くと言うので、その間、竿を拝借して釣ると釣れちゃいました😅

これでやっと御津臨海で釣れたサヨリが10匹になりました。


2016.05.08 NSCF杯東海地区予選in原海岸

GWウイーク最終日は静岡県の原海岸でNSCF杯の東海地区予選がありました。
僕も選手で…と言いたいところですが、この大会も役員ですので竿も出さないのに行って来ました。
image

image


天気に恵まれ、海も穏やかで釣れそうな雰囲気でしたが、シロギスは不在のようで外道は釣れるものの30名の参加があったものの釣れたシロギスは3匹だけ。しかも1人が2匹釣って来たので、釣果を得たのは2名という結果。

image
こういう立派なカワハギなどは釣れるけど…。

image
シロギスを見事釣られた石渡さん(左)と安部川さん

image
釣れない大会でしたがみんなでワイワイと楽しめました。

数年前の全員で0という最悪な結果は免れたものの、この時期の原海岸は厳しいようですので、来年は開催時期を見直さないといけないようですね。



2016.05.06 御津臨海

午後から雨の予報だったので、午前中に釣りへ行こうと思っていたけど、連休明けの事務仕事が少しあり、仕事を片付けて午後から御津臨海へ行って来ました。

雨がポツリポツリと降る中ですが、釣り人が何人かやっていました。
image

こんな天気なのに釣り人がいると言うことは、釣れているサイン?
知り合いも何人か竿を出していたので様子を聞くとポツポツと釣れているとのこと。
ちょうどクラブ員のS君が竿を出していたのでカッパを着て隣に入れさせてもらいますが小一時間やってアタリ無し。
でもS君はその間にジャンボサヨリを3匹キャッチ。他の人も時々大きなサヨリを釣り上げます。
どうも今日は自分のパターンと合っていないようなのでサヨリ釣りを諦めて、チョイ投げをやってみることに。
確か数年前のゴールデンウィークに御津臨海でもシロギスを釣ったことがあったので試してみました。
結果はシロギスはまだ早いようで釣れなかったけど、アタリは頻繁に入りチビガレイはチョイチョイ掛かって来ます。
image

チビガレイはこんなに多いのに、大きなカレイは釣れないンだよねぇ〜。

御津臨海のシロギスはいつから釣れはじめるかなぁ〜

2016.05.05 クロダイ釣りin知多半島片名港

渋滞でどうなることかと思ったけど、蒲郡からバイパスに入ったら後はスイスイ。
2時間ほどのドライブで午後1時に知多半島の先端「片名港」へ到着しました。
片名港でのクロダイ釣りは初めてだったので、コマセを作った後は仕掛にオモリをつけて海底&水深調査。これをやるとやらないとでは、大きく釣果に影響してしまうので、入念にチェックします。
海底の状況がある程度把握できたのでいよいよスタート。時計を見たら2時を回っていたので、結構チェックに時間を費やしてしまった。

釣り始めて1時間ほどすると、ウキが勢いよく消し込んでチャリコがヒット。
image

コイツが食って来るところをみると潮通しは悪くない。ただこのサイズだと群れているので連発すると厄介だなぁ。っと思ったけど、30分くらい後にもう1匹釣れただけで終了。
そして満潮直前の午後5時前にウキが潮と反対方向へ動いたので、合わせると良型のマコガレイ。この時期のカレイは肉厚でメッチャ美味しいので嬉しい外道です。
image

そして下げ入るとすぐに小アジが連発。厄介なエサ取りだなぁっと、コマセと仕掛けの投入位置今までよりも少し離して、仕掛けを馴染ませてやると再びウキにアタリ。
またアジかぁっと合わせると、アジとは違う重々しい引き。すぐに本命とわかり、足下のテトラに擦らないよう慎重に浮かしてネットイン。
image

37僂曚匹励採錣淵ロダイでした。

この後、追加を狙って頑張ったけどウキが見えなくなり終了。

ちょっとシーズンが早いと思ったけど、初めての場所でクロダイをはじめカレイやアジが釣れて楽しむことができました。
image


いよいよ知多半島もクロダイシーズンスタートかなぁ。また近いうちに行ってみようかなぁ。

釣り場へ向かってます

只今ダッシュボードで解凍ちう。
image

風が強いので御津臨海でのサヨリを諦め、これから知多半島へクロダイ釣り行こうと家を出たけど、渋滞にハマりました😱😱
豊川から蒲郡まで50分。
image

釣り場へ着いても釣りする時間あるのかなぁ😅
お客様総数
Recent Comments