August 08, 2006

ドスガトス

今日は結婚記念日
そしてなんと10周年
10年もよく続いたものだ
こんな私に10年もつきあってくれているオットには一応感謝する
そしてそんなオットにつくしてきた自分をほめてあげる
なんちゃって

そんなわけで会社帰りに外メシに行く事にした
場所は前から気になっていた吉祥寺の「ドスガトス」
いろんなサイトを見てると意見が分かれてるようですがひとまず行ってみる事に
何事も体験してみないとわからない事だしね
お勉強お勉強!

6000円代のコースを注文した

トルティージャ
冷製オードブル
温製オードブル
漁師風パエリヤ
メイン
デザート
エスプレッソ

ビールはCruzcampo
スペインに行った時に散々呑んだビールだ
「カーニャ!」というとたいがいこの生ビールが出てくる
スペインでは1缶360ミリリットル入りで
なんとびっくり☆1ユーロ
店に寄っては1ユーロでおつりが返ってくる
200円しないのよ
うそぉ〜でぇ〜しょぉ〜☆
マドリのホテルの自販機で買ったとき発泡酒じゃないでしょうねぇ?っと缶の表示をマジマジみたが…やっぱりビールだった

そのCruzcampoが…このお店ではこのお値段ですか…はは…

トルティージャは電子レンジでチン☆していた

だって「ちぃ〜〜ん」って音が聞こえたもの

ケーキのように小さくカットされたトルティージャ
お店の人はなんか違う名前で言ってたような気がする…
ちょっと塩気が濃いかな
でも芋が多くて卵の量が少ない
芋は薄くスライスされていて…とってもお上品なしっとりしたまとまった味

冷製オードブルにはほんの少し
ぐいのみ1杯分?っていう量のガスパチョがついてきて
ごくごく飲みたい私達には非常に不満な量
しかもすごく美味しいからに飲み終った後不満が倍増した気分
マドリッドではどんぶりみたいなのにたっぷんたっぷん
気のよさそうなおじさんがトッピングのきざんだ野菜をモリモリ入れてくれた
ぼりぼり噛んで食べたっけ

でも隣のテーブルの人が別にガスパチョを頼んでいた
なんだ言えば出してくれたのか
今度は言おうっと

温製オードブルはアーティチョークとエビのオードブル各1品
どちらもオリーブオイルで炒めてある
フランスパンを出してくれたんだけれど
「ここでパンを食べ過ぎちゃうと後が入らなくなっちゃうんだよね」
とシェフが一言釘をさしてくれた
アーティチョークはほろ苦くて美味しい
ちょっとなんていうのかな
ふきのとうのようなほろ苦さとでも言いましょうか
こんなに美味しいのにサヴァティーニに行った時に飲んだアーティチョークのお酒を「木臭い」って言って悪かったな
オリーブオイルをパンにつけて食べるんだけどココで食べ過ぎると危険なので1コ半でやめておいた
うまいのになぁ〜この後のパエリヤを考えるとキツイもんなぁ〜

パエリヤはとても美味かった
今までまずいパエリヤにあたった事がないのでよくわからないけど今まで食べた中では一番美味いかもしんないと思う
あっでも銀座でふらっと入ったスペイン料理のお店は「なんじゃこりゃっ」っていう料理ばかりだったなぁ
救いのパエリヤも今ひとつ
でもスペインから帰ってきて間もない頃だったから余計にそう感じたのかも

メインのお肉を赤ワインソースで煮込んだのもとてもよいお味

デザートはさっぱりシャーベットにエスプレッソ
最後はかなり苦しかった
やっぱりパン全部食べないで良かった
でも満足いたしました



a75729dc.JPG

その日の神田はこんな天気
へんな空の色って思ったんだけどこの後電車に乗って空を見たらそうでもなかった



kenbishi_masumi at 23:54コメント(0)トラックバック(1) 
吉祥寺探検隊 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. ドスガトス Dos gatos (スペイン料理)  [ ブログで情報収集!Blog-Headline/wine/ ]   October 16, 2006 21:52
「ドスガトス Dos gatos (スペイン料理)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみて下さい。 =2006年...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字