2013年02月27日

確定申告 医療費控除 書き方





確定申告 医療費控除 書き方

確定申告 医療費控除 書き方

確定申告 医療費の記入例



確定申告は、自営業や個人事業主のかただけが行なうものではありません。会社員のかたでも一年間に10万円以上の医療費を払った人は、所得税が戻ってくる場合がありますから、医療費控除についての知識や計算方法などは知っておきたいところです。

医療費控除の必要書類は、所轄の税務署でもらえますが、国税庁ホームページからダウンロードすることもできます。わざわざ税務署に取りに行くよりもパソコンでダウンロードしてしまったほうが早いですね。

給与所得者の医療費控除の記入例
医療費の明細書
確定申告書A


医療費控除の申告に必要な用紙は2枚。「平成 年分 医療費の明細書」と「平成□□年分の所得の確定申告書A」です。申告のさいには、源泉徴収票、領収書・レシート、診断書なども必要になります。

「明細書」と「確定申告書」の書き方は、計算さえ間違わなければ、難しいものではありませんが、医療費控除として認められるものと認められないもの があります。自分が申告するもは控除対象になるのかどうか、事前にチェックしておくことをオススメします。

予防接種・出産・プロペシア・目薬・インプラント・容器代・マスク・不妊治療・コンタクトレンズ・レーシック、入れ歯、介護・マッサージ・歯列矯正・人間ドック…など。









書き方│ 
  • ライブドアブログ