2010年05月

2010年05月31日

5/29、30のSW産駒結果

■5/29、30の勝ち星■ 10年中央勝利数:34勝 総合リーディング:7位
------------------------------------------------------------------------
●日曜(5/30)●
・京都8R 4歳上500万下(芝2000)…スイートマトルーフ/牝3/川田
------------------------------------------------------------------------
 ダービーに出走したレーヴドリアンは11着と振るいませんでした。
 究極の上がり勝負に対応しきれなかった面もあるでしょうけど、現状では世代トップにはほど遠い存在ですね……秋に期待したいところです。とりあえず目標はゲシュタルトに先着することかな(皐月、京都新聞杯、ダービーすべて敗戦)。


 そのダービーは「え…ええ…?」な結果になりました。
 レース前から「史上空前のハイレベル」などと煽るから、肝心のレースが見るに堪えない凡戦に……。エイシンフラッシュの勝利にケチを付ける気は全くありませんが、上がり33.4の競馬などダービーの舞台で見たくなかったのが正直な感想です。「今年のダービーって新潟開催?」と錯覚しましたよ。
 しかしエイシンフラッシュかぁ……平井オーナーは昔からお馴染みの馬主さんですし、ダービーを勝つ資格はあったでしょうけど、馬名がローカルG3っぽいのがアレですねぇ(個人的見解)。あと橋口師はなんというか……ご、ご愁傷様ですという言葉しか出ません。

 とりあえず3歳牡馬勢は皐月3着ダービー1着のエイシンフラッシュ、皐月1着ダービー3着のヴィクトワールピサ、復活を見せたローズキングダム、あと出遅れスローに殺されたペルーサが世代の主軸でしょうか。……秋、ブエナビスタにとって脅威となりうる存在が果たしてこの中にいますかね?


 今週はリーチザクラウン、トライアンフマーチが出走する安田記念が行われます。
 やはりG1はリーチかブエナビスタが出るレースでないと盛り上がれませんね。おそらく一番人気での出走ですし、ここで初戴冠といきたいところです。橋口師を慰めてやってください、リーチ! …ああ、マーチも頑張って!

kenbow1710 at 12:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スペシャル話 

2010年05月30日

7年後、歴史は繰り返す〜ダービー◎ヴィクトワールピサ編〜

 「史上屈指のハイレベル」と謳われる今年の日本ダービー。まあこれが半年後、古馬との対戦を経た際にはどう呼ばれているかわからないのもまた競馬ですが。昨年の牡馬クラシックも戦前は「ハイレベル」と確か言われてた気が……


 本命は捻らずまっすぐヴィクトワールピサ。昨年クラシックを沸かせたネオユニ二騎(アンライバルド&ロジユニヴァース)を足して二で割った印象の同馬。抜けた強さは感じませんが、レース巧者で「気付いたら勝ってる」点などは父ネオユニヴァースを彷彿とさせます。なんだかんだ言って勝つのでは? 面白みもドラマ性もないけど。

 対抗にこちらもまっすぐペルーサ。青葉賞勝ちは圧巻でしたが、パンパンの良馬場で真価を発揮するタイプならば、前走以上のパフォーマンスは今回望みづらいところ。ダービーステップとして青葉賞を使った馬は、どんな勝ち方であれやはり積極的には買いづらいところです。
 三番手はヒルノダムール。前走の皐月賞は4角での不利と外を回った分敗れましたが、内容ではヴィクトワールピサを上回っていた。ペルーサに敗れた若葉Sも不利があっての微差2着。能力は上位二頭に劣らない印象ですが、それでも勝ち切るには至らない星の下に生まれたマンカフェ産駒……あって2着まででしょう。

 SW産駒にしてPOG馬のレーヴドリアンは皐月賞と同じ9番人気。きさらぎ賞、京都新聞杯をしっかり勝ちきっていれば4、5番人気で出られたものを……。客観的に見たら穴のニオイがする同馬ですが、「ありそうで無かったSW産駒」のパターンに陥りそうなので無印とします。意地でも3着以内に入って、僕の馬券を紙くずにしてもらいたいところですが……


■ダービー(G1/3歳/東京/芝2400)■
 ◎ヴィクトワールピサ……馬場が悪化すればするほど有利な立場になるロジタイプ。ハイペースも歓迎
 ○ペルーサ……怖いくらいノリにノッテる横ノリ騎手。しかしさすがに3週連続G1Vはどうか……?
 ▲ヒルノダムール……能力では上の二頭とほぼ五分。鞍上が巧く乗り、かつライバルがヘグった場合はV筆頭
 △エイシンフラッシュ、ルーラーシップ、コスモファントム、アリゼオ、ローズキングダム、ゲシュタルト

kenbow1710 at 01:26|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 競馬予想 

2010年05月27日

5/29、30のSW産駒注目馬

 SW産駒3歳牡馬エースにしてPOG馬でもあるレーヴドリアンがダービーに出走。これまでPOG馬でダービーに出たのはハーツクライとリーチザクラウンの二頭で、ともに2着と健闘……レーヴドリアンにもほのかに期待しております。連対する確率としては、岡田ジャパンがW杯でグループリーグ突破する難易度とほぼ同等かと(実現度5%…?)

 ただ強みとしては、きさらぎ賞連対馬がダービーで強いこと、全6戦中5戦で上がり最速という確かな脚を持っていることが挙げられます。左回りになった途端いきなり行きっぷりが良くなった……ということもあるかもしれません。1枠2番を利してロス無く進み、4角で奇跡的な捌き方をし、かつ有力馬が揃って脚を余す展開になれば活路は見出せるはず。鞍上には一世一代の好騎乗を期待したいですね。
 例によって最後方大外一気をやられたら……たぶん掲示板も無いでしょう。負けて元々、ならばせめて「勝ってやる!」という気概だけでも見せて欲しいところです。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
●土曜(5/29)●
・京都9R 白百合S(芝1800)…エクセルサス/牡3/浜中

●日曜(5/30)●
・東京6R 3歳500万下(芝1600)…ダイワアセット/牡3/後藤
・東京10R ダービー(G1・芝2400)……レーヴドリアン/牡3/藤岡佑
・京都11R 御室特別(芝2000)…ラインドリーム/牝4/幸
                 ピサノジュバン/牝5/松山
------------------------------------------------------------------------
 【京都開催の白百合Sにはエクセルサスが出走。白百合Sというとオースミダイドウの58kg背負っての逃げ切り、デルフォイのコーナー逸走などなにかとSW産駒と縁があるレースです。京都コースは適性があるので、菊花賞に向けて賞金を加算したいところですね。
 御室特別のラインドリームは前走トゥリオンファーレが勝った1000万下で微差4着。正直トゥリオンより見応えのある内容だったので、そろそろ復調気配のようです。ここは落としたくない条件。】
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

kenbow1710 at 18:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スペシャル話 

2010年05月24日

5/22、23のSW産駒結果

■5/22、23の勝ち星■ 10年中央勝利数:33勝 総合リーディング:7位
------------------------------------------------------------------------
●土曜(5/22)●
・京都5R 3歳未勝利(芝1800)…サンライズローマ/牡3/和田
------------------------------------------------------------------------
 三頭出しとなったオークスは8、9、16着(モーニングフェイス、タガノエリザベート、ステラリードの順)と振るわない結果に終わりました。やはりこの時期は血統による距離適性云々より絶対能力がモノを言いますねー……上位馬には歯が立ちませんでした。

 そんなオークスはG1史上初となる1着同着(サンテミリオン&アパパネ)。
 個人的には「歴史的瞬間を見た!」というより「体の良い話題作り…?」といった穿った見方をしてしまいましたが、スリット写真では確かにまったくの同時入線でしたからねー……いやいや、驚きの結果でした。ノリ騎手-蛯名騎手-柴田善騎手で決まるG1ってのもある意味凄いなーと思いましたが。
 阪神JFは現行の条件になってからウオッカがダービー制覇、トールポピー、ブエナビスタ、アパパネがオークス制覇と、翌春の府中2400G1完全制覇中! 朝日杯FSと真逆で素晴らしい出世レースになっています。アパパネ、ちょっと舐めてましたが結構強い馬ですねぇ。金子氏の相馬眼にもつくづく感心させられます。


 そして今週はいよいよ競馬の祭典日本ダービー……スペシャルウィークはレーヴドリアンを送り込みます。ただ戦績、臨戦過程、鞍上などあくまで伏兵の域を出ない立場からの出走なので、今ひとつテンションは上がっておりません。
 距離適性の面では分がありそうですが、冒頭で述べているようにこの時期は能力で距離適性はカバーできてしまいますからね。安田記念で一番人気になるであろうリーチザクラウンが、昨年の超不良ダービーで2着に粘ったのも、その証明のひとつでしょう。まあリーチは純粋なマイラーでは無いと個人的には思っていますが。
 何はともあれ、とりあえず兄アプレザンレーヴ越え(5着以上)を目指して頑張って欲しいところです。

kenbow1710 at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(1) スペシャル話 

2010年05月22日

持ち回りG1戦線〜オークス◎アプリコットフィズ編〜

 桜花賞は阪神1600得意のキンカメ、皐月賞はネオユニ連覇、春天は京都外回りG1得意のジャンポケ、NHKマイルは府中1600得意のフジキセキ、ヴィクトリアMはこれまた府中1600成績の良いスペシャル&タキオンと、種牡馬戦国時代の現在、G1はその条件にあった種牡馬で持ち回りになっている状況です。

 では府中2400と言えば?ですが、スペシャルウィークはこの条件でオークス2勝、ダービー2着2回と盤石の強さを誇っています。ただ三頭出しとなる今年の面子は総じて微妙……。ならばオークスをトールポピーで既に勝ち、オウケンブルースリでJC2着もあるジャンポケ産駒アプリコットフィズの方を買うべきでしょう。本命◎アプリコットフィズ。

 対抗は東京成績がよいゼンノロブロイ産駒から大外サンテミリオン……ではなく最内コスモネモシンの方。フラワーCで見せた息の長い末脚はオークスでこそ、と思わせるもの。労せず内ラチ沿いを通れるのも好材料。三番手に距離伸びて良さそうなオウケンサクラ。
 SW産駒からは△モーニングフェイスだけをチョイス。忘れな草賞で2着に負かしたヤマニンソルファがスイートピーS3着なので、実力は足らない……けど、血統的魅力は多分にあります。また雨が降れば期待がさらに持てる。雨天の場合は単勝を買ってみるのも面白いかもしれません。


■オークス(G1/3歳牝/東京/芝2400)■
 ◎アプリコットフィズ……府中で見せた強さは特筆すべきもの。四位騎手は昨年2着の借りを返したいところ
 ○コスモネモシン……桜花賞は0.4差9着。新進気鋭の鞍上が上手く乗れば逆転できなくもない差
 ▲オウケンサクラ……バゴ×リアルシャダイから距離延長は良さそう。ただ瞬発力は足りなさそう
 △ショウリュウムーン、ギンザボナンザ、モーニングフェイス、ブルーミングアレー、エーシンリターンズ、サンテミリオン



kenbow1710 at 21:21|PermalinkComments(0)TrackBack(5) 競馬予想 

2010年05月20日

5/22、23のSW産駒注目馬

 SW産駒御用達のレースとも言えるオークスに、今年はタガノエリザベート、モーニングフェイス、ステラリードの三頭出しで臨みます。モーニングフェイスが二分の一の抽選を通り抜けたのは大きいですね。SW産駒ではある意味、毎度おなじみな藤岡佑騎手ですが、今回は人気ではないのでほのかに期待は持てます。たぶん。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
●土曜(5/22)●
・京都5R 3歳未勝利(芝1800)…サンライズローマ/牡3/和田
                 ライツェント/牝3/安藤勝
・新潟11R 赤倉特別(芝2000)…プラージュ/牝4/丸山
                 メイショウマゼラン/牡5/古川
・東京11R メイS(芝1800)…オースミダイドウ/牡6/勝浦

●日曜(5/23)●
・東京1R 3歳未勝利・牝(ダ1400)…スペシャルグルーヴ/牝3/△伊藤工
・東京8R カーネーションC(芝1800)…ニシノメルモ/牝3/松岡
・東京11R オークス(G1・芝2400)……タガノエリザベート/牝3/川田
                    モーニングフェイス/牝3/藤岡佑
                    ステラリード/牝3/三浦皇
------------------------------------------------------------------------
 【オークスに出走する三頭はいずれも二ケタ人気が予想されます。ただタガノエリザベートには一発を秘めた末脚、モーニングフェイスには距離適性と父SW×母父サドラーズウェルズの血統的爆発、ステラリードには…………まあ、なにかしらの魅力がそれぞれあります。能力で勝ちきるのは難しいでしょうが、人気馬が8枠に入ったことで波乱が起こる流れになれば、そこそこ楽しめそうです。】
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

kenbow1710 at 20:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スペシャル話 

2010年05月17日

5/15、16のSW産駒結果

■5/15、16の勝ち星■ 10年中央勝利数:32勝 総合リーディング:7位
------------------------------------------------------------------------
●土曜(5/15)●
・京都9R 鴨川特別(芝2000)…トゥリオンファーレ/牡4/川田
・東京12R 4歳上1000万下(ダ1300)…ブライトアイザック/牡4/柴田善
●日曜(5/16)●
・東京11R ヴィクトリアマイル(芝1600)……ブエナビスタ/牝4/横山典
------------------------------------------------------------------------
 現役最強牝馬ブエナビスタがヴィクトリアマイルを勝利! G1タイトル4勝目を獲得しました。

 いやー、スタートからゴールまでまったく気の抜けない、冷や汗ものの勝利となりました。父の天皇賞・秋を彷彿とさせるレースになりましたね(ヒカルがステイゴールドで、レッドがセイウンスカイに見えた)。条件不問で毎回勝ち負けまで持ってくる安定感は見事ですが、たまにはこちらを安心させるレース運びをして欲しいものです……

 鞍上が「不調」と察したように、ブエナビスタはゲートはまずまずも行きっぷりが悪く、道中は後方5〜6番手。今の東京では絶望的な位置での競馬となってしまいました。それに加えて4角では今までになく手応えが悪い印象……元々エンジンのかかりが遅いタイプですが、それにしたっていつものような唸って飛んでくる気配がありません。

 「万事休すか」と思われましたが、坂上から手前を変えると意地のもうひと伸び。最後は内から伸びたタキオン産駒ヒカルアマランサスを交わして、差し切り勝ちを収めました。直線半ばでは取りこぼしを覚悟しましたが、何とか勝ててホッとしました。上機嫌なノリ騎手の表情を見ても、安堵感で一杯の様子でしたね。

 やはり二週間前に帰厩し急仕上げで臨んだだけあって、いつものブエナビスタの姿からはほど遠く感じました。ただ不調と言えど結果をキッチリ残すあたり、やはり超一流……入場者数も前年比130%、客を呼べるスターホースへとなりつつありますね。

 ただ本当に獲りたいタイトルは牝馬限定戦ではなく牡馬混合戦……次走予定の宝塚記念です。
 京都記念で負かしたジャガーメイル、ドリームジャーニー、そして同じく急仕上げだったレッドディザイアも巻き返してくるでしょう。またリーチザクラウンも安田記念後におそらく出走してくるはず。一筋縄では行かないでしょうが、父が届かなかった年度代表馬を目指して頑張って欲しいものです。





kenbow1710 at 21:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スペシャル話 

2010年05月15日

二強? 否、一強VM〜ヴィクトリアマイル◎ブエナビスタ編〜

 前日オッズではブエナビスタが断然の支持を受けているヴィクトリアマイル。
 当日はもう少しレッドディザイアが差を詰めてくるかもしれませんが、いずれにしても二強というより一強の様相を呈しています。おそらく馬券では『◎ブエナビスタ、▲レッドディザイア、対抗○でひねる人』が多いのでは? 自分もそういう買い方をします。

 本命◎ブエナビスタの不安は相手、遠征帰り、距離より、今の異常に速い東京の高速馬場です。青葉賞、プリンシパルSあたりの好時計からそんな予感はしてましたが、先週の1600日本レコード樹立、土曜の1400レコードで確信に至りました。最近はG1週に限って急に高速馬場になるような仕様が続いていましたが……JRAは馬を殺す気ですか?
 後方脚質馬と脚元に優しくない東京なので、乗り方によっては取りこぼす可能性もありそうです。少なくともレッド以外の牝馬がブエナ相手に勝つチャンスのあるG1は生涯ここくらいでしょう。
 それでもまあ、そういう不安要素をすべて覆せる能力があるスーパーホース……おそらくブエナの生涯でもっとも重要度が低いG1でしょうけど、獲れるものなら獲っておきたい。そこは松田博師と同じ心境です。

 対抗は最内枠に入ったベストロケーション。とにかく前が止まらない馬場なので、差し追い込みより先行して粘りきれる脚質の方が有利。牡馬相手に条件戦を連勝して重賞初挑戦で連に絡んでる点など、むしろ3番人気のラドラーダより優秀……それで単勝90倍台はおいしいんじゃないかと。

 そして三番手にレッドディザイア。ドバイでのレースはAWだけに、勝ったレースも負けたレースも度外視します。器用に立ち回れるようになったブエナビスタと真逆に、脚質に融通が利かなくなっている印象も少しある同馬。元々反応が遅い馬だし、先行することも出来ずに終始外を回されて直線伸びず……も考えられます。
 ただまあブエナとレッドが二頭揃ったレースはすべてワンツー(秋華賞は降着で結果ワンスリーだけど)ですからね……「結局この二頭で終わった」も十分あり得るし、見る分にはそっちの方が絵になります。さて、どうなるやら。


■ヴィクトリアマイル(G1/4歳上牝/東京/芝1600)■
 ◎ブエナビスタ……先行しながら最速上がりを叩き出せる馬。ここは無茶な後方待機策はせず、先行したい
 ○ベストロケーション……クロフネは昨年同レース2着(ブラボーデイジー)。ダート的な粘りを活かしたい
 ▲レッドディザイア……マンハッタンカフェはNHKマイルに強いので、おそらくVMも手堅く走れる条件でしょう
 △ラドラーダ、ウェディングフジコ、ブロードストリート、ニシノブルームーン、ブラボーデイジー、プロヴィナージュ

kenbow1710 at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(6) スペシャル話 

2010年05月14日

5/15、16のSW産駒注目馬

 今週はブエナビスタの帰国初戦、ヴィクトリアマイルが行われます。
 各紙面でも本日発売されたサラブレでも『二強対決』として大きく取り扱われている今回のレース。松永幹師は「ブエナビスタに勝ちたい」と対抗意識丸出しですが、個人的にはあまりレッドディザイアは意識していませんね。

 むしろ陣営や鞍上からブエナに波及している運の悪さの方が気になります。これだけの能力を持ちながら12戦6勝……半分負けているわけですしね。しかも6敗すべてが「負けて強し」。
 脚を余す、降着になる、超スローで脚を余したかと思えば超ハイペースの時に限って先行しちゃう、前が壁になる、鞍上が斤量オーバー……もはや呪われているレベルです。普通に走れば普通に結果は出ると思うので、普通のレースをしてほしいですね。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
●土曜(5/15)●
・京都5R 3歳500万下(芝1600)…グレナディーン/牝3/上村
・京都9R 鴨川特別(芝2000)…トゥリオンファーレ/牡4/川田
                ラインドリーム/牝4/幸

●日曜(5/16)●
・東京11R ヴィクトリアマイル(芝1600)……ブエナビスタ/牝4/横山典
------------------------------------------------------------------------
 【2000mを越えるレースを経験してきての東京マイルは確かに不安が残る条件ですが、SW産駒はむしろマイル適性があるのでさほど問題はないでしょう。先週のような超絶時計が出るような展開になると、逆に紛れが生じそうですが、牝馬同士ならああはならないはず。道中10番手以内に付けて、悠然と直線追い込んできて欲しいものです。
 心配があるとすれば、ノリ騎手が圧倒的一番人気でのG1に頗る弱いことと、松田博師&SW産駒に毎度まとわりつく運の無さかな……

 レッドディザイアはまだ今ひとつどれだけの能力があるのか掴み切れていない部分があります。ローズS、秋華賞はブロードストリートと五分(ブエナを抜かせば)ですが、JCでは3着好走。ドバイでのタペタは参考外。JCを基準に考えれば、やはりブエナの背後にいるレベルにはあるのでしょう。
 マンハッタンカフェは皐月2着、春天3着、京都新聞杯制してのNHKマイル2着とリーディングサイアーらしい活躍を見せているので、血の勢いも侮れませんしね。】
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

kenbow1710 at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スペシャル話 

2010年05月10日

5/8、9のSW産駒結果

■5/8、9の勝ち星■ 10年中央勝利数:29勝 総合リーディング:7位
------------------------------------------------------------------------
●土曜(5/8)●
・東京9R 高尾特別(芝1400)…トーセンマドローナ/牡4/内田
●日曜(5/9)●
・新潟8R 4歳上500万下(芝2000)…プラージュ/牝4/丸山
------------------------------------------------------------------------
 ダービー出走権を懸けたレーヴドリアンの京都新聞杯は3着まで……。「こうは乗って欲しくないなぁ」と戦前思っていることを寸分違わずやってのける妙技……逆に凄いです。

 SW産駒ファン歴も長いですから、ひとつひとつの負けレースを引きずることはあまりないんですが、京都新聞杯は久しぶりにトサカに来ましたねぇ。こんな納得いかない敗戦、今年のきさらぎ賞以来ですよ……ええ、どっちもレーヴドリアンのレースです。何回同じ失敗を繰り返すんだ、と。
 鞍上もそうですが、その鞍上を乗せ続けた陣営……それ以前にローテそのものも「???」で、せっかくの素質馬なのに周囲を取り巻く環境がレーヴは悪すぎました。ダノンシャンティやルーラーシップ、サンライズプリンスらがここ一番で上手い騎手に乗り替わらせ賞金加算に成功しているだけに、藤岡騎手に固執しすぎたレーヴの無謀さ、無策さがより浮き彫りになりますね。

 一応現時点での想定ではギリギリダービーに出られそうですが、こんなマイナスイメージを纏った状態で出られてもねぇ…というのが正直なところです。重賞を制して堂々と出る姿が見たかった……。
 このあたりの鬱憤は同厩のブエナビスタに今週キッチリ晴らしてもらいましょうか。ちょっと時計が速すぎる馬場なのが色々な面で心配ですが、普通に走れば自ずと結果は付いてくるでしょう。


 あとダービー当日のメモリアルホース投票、スペシャルウィークがウオッカ、ナリタブライアンに次ぐ3位だったようですね。流石いまだに人気あるなぁ。無駄に人気吸い取るウオッカがいなくなったことを考えると、天皇賞・秋はスペシャルウィークが選ばれる可能性もありそうですね(エアグルーヴと一騎打ちかな)。

kenbow1710 at 14:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0) スペシャル話