テレビドラマ(○○の○○○○部屋)で使用した縮尺1/15の模型のご紹介の続きです。

模型全体のサイズは1500×900mm
各部屋は取り外し式に製作し、天井、梁、床が外せるように製作しました。


長い廊下を覗いた写真です。

DSCF9298



















社長室を窓から覗いた写真。
右側に介護ロボット(スチレン・アクリル製)が写ってます。
天井にはダウンライト(アクリル製)があります。
奥の黒いカウチソファー(スチレン製)は撮影では使われませんでした。

DSCF9260


















秘書室を上から見下ろした写真です。
本棚にはファイル(スチレンボード製)がいっぱいです。

DSCF9303


















会議室の入り口ドア(アクリル製)です。
ちなみにドアは全て開閉式で製作しました。

DSCF9336


















会議室を上から見下ろした写真です。
左側にあるのは50インチのテレビモニター(アクリル・MDF製)です。

DSCF9333


















副社長室の入り口ドアから覗いた写真です。
窓に映っているのは実物の外の風景です。

DSCF9350

















社長室を上から覗いた写真です。

DSCF9389


















(レイアウトはイメージで、実際の放送では色々と変更されています。)


今回製作日数が1週間と極端に短かかったので、製作が早いスチレンボードを多用しました。

製作中も何度か変更がありましたが、スチレンボードを多用していたため修正時間が短縮できました。

更に細かい備品・什器など、あと1週間あれば再現できたのでは無いかと思うと少し悔やまれますが、いろんな意味で素晴らしい経験が出来て、また素晴らしい方々との出会いがあり感謝です。


スタッフの皆様、出演者の皆様、本当にお疲れ様でした。



建築模型ねっと