June 2006

June 29, 2006

たった今、TBS 系「筑紫哲也NEWS23」 で取り上げられました。

たった今、今日のTBS 系「筑紫哲也NEWS23」 で取り上げられました。
本当にバタバタしており、いつもながら急な報告、事後報告ですみません。

内容は日本初の3大ブログポータルの公式ブログ3社横断ということに関してです。

詳細は仕事のことなので、アメブロ私のブログに書いています。

尚、今日のヤプログ私のブログでは、レーシングカートの続編として、大学時代の想い出の地(!?)のことについて書いてます。

ちなみに明日のこのブログでは昨日の通院のことを書きますのでお楽しみに。


kenfujita at 23:59|この記事のURLTrackBack(4)

June 27, 2006

フジテレビ、スタメンで15分特集されました。+「その医療的補足」

事後報告もいいところですがすみません。

6/25【日】22:00よりフジテレビ系「週刊人物ライブ、スタ☆メンで15分程の特集をして頂きました。

さすが2000万人の人が見る人気番組なので反響は大きかったですが、これに関してはアメブロ銀座ではたらく社長のBLOGに書いています。

また久々にこの日曜日は一日のオフを取り、友人ら5人で神奈川の山奥にレーシングカートをしに行ってきました。
これに関してはヤプログ毎日が最後の晩餐に書いています。

さて、ライブドアブログ初のオリジナル記事です。

実はスタメンで一つだけ放送されていないことがありました。

それは私が応募した某大学の治験に断られたことでした。

理由としてはすごく簡単に言うと・・・
「条件面では全て合致するのですが、実験なので実験期間が短く終わる可能性がある患者は勘弁!」
つまり、
「今、すごく元気でもすぐに死んでしまう可能性が高い患者は実験データが悪くなるから勘弁!」
ということです。

こういう結果になるだろうことは実は応募の前から言われていました。

でも、「死なない患者ばかり集めて、更には、そういう死なない患者も実験だから時には死んでしまう」っていうのはおかしくないですか?

まあ、もちろん、皆さんにわかりやすくするために極論を言っています。

この治験の問題は後日、詳しくやりたいと思います。


kenfujita at 17:08|この記事のURLTrackBack(616)

June 26, 2006

最後の事業計画 その2(事業計画書)

大変、遅くなりました。
今日のエントリーまでは3社ほとんど同じなので既にアメブロで見た人もいると思いますがご了承下さい。

ようやく、ライブドアでもいわゆる「事業計画」の計画書をアップします。

今、進めていることは全てこれに沿ったものです。

これで明日から、3社の公式ブログをTB,リンクなど縦横無尽の糸で駆使した、テーマを書き分けたブログがスタートしますね。=ほんまかいな?
(とりあえず、まじめな話をする前には、私は照れ隠しのオヤジっぽいギャグが入ると友達や社員から指摘されます。笑。)

事業計画

■タイトル
人生の総仕上げ

■エグゼクティブサマリ(※事業計画の要約という意味)
ネットとメディアを融合するメディアミクス戦略(※複数のメディアを活用して相乗効果を有むビジネスプランで多用される方法のこと)により、人々の注目を集め、そのことにより、通常は5年〜10年かかると考えられるウイルス療法など「がん治療の特効薬」になる可能性を期待されている治療法を即時に受けられるようにする。
そのことで通常では不可能とされる自分自身のがんの根治(※医学用語で完治という意味)を目指す。
がんの根治が達成されない場合、死に至ることになるが、それにトライすることや、その日々の記録を残すことにより、今後の末期がん患者(※根治は不可能と診断され、余命を宣告されたがん患者)が世の中のルールや仕組みの壁により受けられない治療を受けるための活動のヒントや指針になる。
また、日々の活動の記録を見て、単純に元気を出してもらえることで何らかの意味をなしうる。

■ 具体施策
これまで培ったネットワークを活用し、下記のメディアによる情報発信を行なう。
1. 書籍執筆
2. テレビ番組などへの出演
3. アクセス数の多い複数の有名ブログサイトの公式サイトに登録してもらう。
4. 右記1から3の活動により自身の考え方を伝え、それに賛同した医師、患者のパワー、知恵を終結し、臨床試験で第二相段階程度まで進んでいるウイルス療法などの新しい治療法を即時に受けることが出来るようにする。それにより不可能とされていた自身の病気の根治とがんという不治の病の治療法確立という二つの目的を達成する。

kenfujita at 23:59|この記事のURLTrackBack(1)

June 21, 2006

最後の事業計画 その1(背景)

更新がとても(×10くらい)遅くなりすみません。
この間、本当に毎日毎日、いろいろなことがありましたが、おっかけで今後のエントリーで書きます。

最初のエントリの続きでもある「事業計画の概要」を一刻も早くエントリーする必要があったのですが、遅くなりました。
今日以降は是が非でもペースをあげます。
(こんなに遅くなりながら、いう科白(セリフ)ではありませんね。すみません。)

※この記事と次の記事くらいまでは重要な共通テーマのなので、アメーバブログ[
銀座ではたらく社長の日記 」
ヤプログ「毎日が最後の晩餐」と重複が多くなりますがご了承下さい。

余命宣告をされた時の絶望から抜け出した時のことは後日のエントリでゆっくり書こうと思いますが、そのきっかけになったのは、「例え、人生が時間切れになっても何らかの意味のあることをしよう」ということを悟ってからでした。

その時、「がん患者、或いはがん患者に限らず、こういう地獄のような絶望を抱えている人は多いはずだ、」と思いました。
彼らに「自分の人生に価値を与えることでどんな深い絶望も克服できる。」ということを伝えようと思いました。

そして、私は本を書き始めました。

それと同時に「本だけではなくメディアやネットでも情報発信が出来るのではないか?」とも考えました。

世間を騒がした「メディアとネットの融合」を自分が出来る形でやろうと考えました。
(「ネットとメディアの融合=IT企業がテレビ局を買うこと」という一連の騒動についても後日、私なりの雑感を語りたいと思います。なので、ここでは触れません。)

幸いなことに、私は、ただのがん患者よりは、IT業界にもメディアにもネットワークがあります。

それを活用することは、私の義務であると感じました。

「がんの特効薬と言われているウイルス療法や遺伝子の研究など、もろもろのものにより、がんはエイズや結核や白血病と同じように、不治の病から治る病気になる可能性があると言われている。」

「確立されている治療法もつまらない規制のために早くて5年や10年かかってしまう。5年後、10年後のがん患者より、今、困っているがん患者のためにそれらは使うべきだ。」

「本をベストセラーにして、そのことでメディアの関心を高める。デイリーではブログで情報発信をする。そうやって、社会への認知や影響力をGETしたら、あの世に持っていけないお金を持っている私のようながん患者や、高い志を持つ医師が終結し、がんを治してしまうかもしれない。そうなったら、すごいことだ。これこそ、ネットとメディアの融合の究極の形なのではないか?」

考えると、楽しくなってきました。

今まで、何もやれることが無いと考え、絶望していたことが勿体無く感じました。

そして、私は妄想を具体化させることにしました。

具体計画は次のエントリでアップします。
(今度は遅れないように頑張ります!)

kenfujita at 13:34|この記事のURLTrackBack(6)

June 13, 2006

3つ子のブログのお誕生日

はじめまして。
藤田憲一と申します。

本日、2006年6月10日(火)この「病気とたたかう社長blog」を分娩することが出来ました。

実はこの挨拶は3回目で、なぜなら、このブログは3つ子なのです。

紹介文にもありますが、ライブドア、アメブロ、ヤプログの3つの公式ブログにして頂いております。

まず、最初にその背景と「病気とたたかう・・・」というタイトルについてご説明します。

昨年のクリスマス前、私は事業部長を務めていた大手電機メーカー系列のポータルサイト運営会社事業部を分社化しました。

社長は既に前職の女性サイトで経験済みでしたが、雇われ社長でありオーナーになったのは初めてでした。

そんな絶頂の直後、ほんの一ヶ月も経たない頃、私は末期がんで余命宣告を受けました。

それから、出口の見えない絶望が続きました。

「いつ死んでしまうかわからない状態では、何をやっても成し遂げられる保証がない。それでは、何をやっても意味ないじゃないか。」

そういう思いを拭えませんでした。

しかし、数日、絶望を彷徨った後、強いパワーが沸いてきました。

その源泉は2つの思いでした。

・ 「今の医療が直せない病気なら、てめえの病気はてめえで治してやろうじゃねーか。」
・ 「例え病気は治せなくて死んでしまったとしても、そのことで意味があるものを残せるはずだ。」

このブログもその一環です。

私はそれをかなえるため、人生最後の事業計画を書きました。

テーマは藤田憲一流「ネットとメディアの融合」です。

「ネットとメディアの融合」の「ネットの部分」は日本初の3大ブログポータルを連携、横断する企画になっていて、3大ブログポータルの全てで公式ブログにして頂いております。

ライブドアブログ (byライブドア )、アメブロ (byサイバーエージェント )、ヤプログ (byGMOインターネット という日本を代表するベンチャー企業が提供するブログポータルを3つ選んで、それぞれの特徴を活かしてテーマを書き分けています。
【※但し、最初の方は今回のような共通テーマにした方がいいものもあり、投稿内容が似てくると思いますが、おいおい、TB、リンクを駆使したブログにしたいと思っています。】

(「ネットとメディアの融合」というテーマなので、あえて大企業ではなく、ベンチャー系の元気印のポータルをチョイスしました!)

アメブロ では、やはり名物「社長blog!」ということで「ビジネス編」。

ビジネスに関するテーマで書かせて頂いています。

タイトルは「最後の事業計画 〜銀座ではたらく社長のblog」

ちなみに会社の場所は銀座駅直結のビルの最上階というわかりやすさだけは抜群の立地です。

ヤプログ は、「プライベート編」。

プライベートに関するテーマで書かせて頂いてます。

タイトルは「毎日が最後の晩餐! 〜天王洲に住んでる社長のblog」

なぜ、「毎日が最後の晩餐」かというと、余命宣告をされた1月末、大腸が狭窄していて、いつ食事が取れなくなるかわからないと告知されました。

なので、毎日が最後の晩餐なのです。

最後にこのライブドアブログ は、「闘病編」。

病気に関するテーマで書かせて頂いています。

タイトルは「病気とたたかう社長blog」

闘病ブログは匿名ブログやフィクション名ブログが多いのですが、これを契機に実名ブログが増えていけばいいと思っています。
その理由は追って、お話していきたいと思います。

何はともあれ、今後とも宜しくお願いします。

kenfujita at 10:18|この記事のURLTrackBack(5)