2007年07月06日

ブログを移行しました。

突然ですがブログを移行する事になりました。こちらへ。最近はなかなか更新できずにいましたが、これを機に心機一転スキーの事、ライフスタイルの事などおもしろおかしく書いていきたいと思いますので今後ともよろしくどうぞ!!

keng1983211 at 19:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月17日

アクティブ

4fcb895a.jpg
0a340990.jpg
滑り納めから久しぶりの更新。
今年のオフは従来のトレーニングの他にBMX、MTB、クライミングサーフィンなどなどいろんなスポーツも取り入れてアクティブトレーニング中です。さあ次のニュージーランド遠征まで後一か月半もっともっとアクティブいきます。


keng1983211 at 13:56|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2007年05月26日

ラストラン!

61988618.jpg今シーズンのラストランは今週末の山形月山でのキャンプ。約半年間のシーズンもいよいよ明日で最後か〜。怪我しないようにしよ〜っと。今年も刺激的な半年を送ったな〜・・・。また半年後に控えてる刺激的なシーズンに備えて心身共に鍛え直そう!!心は鍛えないで不安定な方が逆に楽しいかもね・・・?(笑)。


keng1983211 at 23:02|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2007年05月15日

BLUETAG

BLUETAGって知ってますか?
今回、このBLUETAGのアスリートとして僕が紹介さてます。
さあ来シーズンに向けて動き出さなきゃ!!

keng1983211 at 06:47|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2007年05月12日

MERSフリースキーキャンプ2007 in 月山

MERSキャンプ詳細!
来る5月26日、27日にMERSフリースキーキャンプ2007 in 月山を開催します!

MERSフリースキーキャンプ2007 in 月山
(2007EarlySummer for All Skiers)

昨年に引続き開催決定しましたMERSキャンプ。
今年は山形県にある霊峰・月山スキー場にて開催!!
昨年同様ジャンルを問わないスキーキャンプです。

今回参加された方には月山キャンプの参加記念Tシャツが付いてきます!!
(デザインは後日アップします!)
===========================

月山で初夏のスキーをMERSライダー達と楽しみませんか?
この時期ならまだリフトを利用して1,000m超のロングランを楽しめます。
そしてバックカントリーといえばよいのか、天気が良ければペアリフトを降り、月山頂上まで歩いて登ることができ、雄大な月山エリアを見下ろしながら滑り降りてくることができます。
頂上から見える景色は・・・・・・、自分の足で確かめるのが一番感動できると思います!

世界でも有数の不思議エリア「月山」。
月山不思議フィールドを利用して、是非皆さんのテクニックとスキーワールドを更にひと回り大きくするキッカケにできれば、こんな嬉しいことはありません。
この時期の、そして月山でしかできないスキーを体感しましょう!!

コーチみんなが本職(スキークロス)の他に得意分野がありますので、
安全にそして楽しく一歩を踏み出せます!
もっと上手くなりたい!という人もレベルアップが図れます!!
ニューモデル試乗会も同時開催します。
来季モデルで滑りながら楽しい時間をたくさん味わって下さい。
(K2、サロモンで希望モデルがある方は、お早めにお申し出下さい)

夜はビデオミーティング(撮影班用意します)や多彩なコーチ陣とのトーク。
そしてBBQと山形の地酒を飲みながらの懇親会。
また恒例のハズレ無し大抽選会もおこないます!!(これが一番目当て、という人も多いみたいですが・・・笑)

昨年4月に白馬で開催したこのキャンプに参加してくれた方も、逃してしまった方も、がっつり参加をお待ちしております。


○日程:5月26日(土)〜27日(日)
(5月26、27日ともに朝8時までに米澤屋さん集合後、8時30分にバスで出発)
○コーチ:
・河野健児
・福島のり子:スキー界女子唯一無二(?!)の斜面を選ばないスキーヤー!4月に人生初のアラスカトリップを乗り越え更に成長!!(オールラウンド)
・瀧澤宏臣:山形県出身の真のマルチスキーヤー!その月山で鍛えられた秘密のユーティリティテクニックをガッチリ伝授!(コブ担当)
・丸山格(新加入のMERSライダー。スノーボード担当)

主催:MERS by GOLD PEAKS
場所:山形県月山スキー場
対象:2級程度以上の技術レベルで、緩斜面から斜度30度程度までの斜面(コブ含む)をある程度コントロールしながら降りてこられる方。
料金:一般29,000円
   学生含む未成年27,000円
   (1泊3食(夜のBBQ込)、コーチフィ、記念Tシャツ)
   前泊、後泊が必要な方は事前に連絡下さい。
申込み期限:5月18日(金)
定員:20名程度
申込み先:gassan@mers-t.jp
     参加される方のお名前、携帯電話、メールアドレス、
     住所をご記入のうえメールにてお願い致します。
     また質問もこちらのアドレスにて受付け致します。

テレマーク希望の方:
  スキーの技術レベルの目安とテレマークのレベルの目安をお書き下さい。
 (例:テレ→どこでもOK、スキー→どこでもOK
    テレ→3回目、スキー→1級etc)
またお申込み時に両日共にテレマーク希望か、1日のみ希望の場合は土曜日か日曜日のどちらかをご記入下さい。

*今後も追加情報は随時アップしていきます。

その他の注意点は「続きを読む」をクリック。
○備考
*参加される方は必ず傷害保険に各自で加入して下さい。
*レッスン中のケガ等につきましては、できる限りの処置は致しますが、それ以上のことにつきましては責任を負うことができませんのでご了承下さい。

*キャンプ開催5日前(5月21日)からのキャンセル料が発生致します。5日前から参加費用の半分、3日前からは参加費用全額がキャンセル料としてかかりますのでご注意下さい。
*夜おこなう抽選会はハズレ無し!!レア物が多数出てきますのでお楽しみに!!
*20歳未満の未成年の方は保護者の同意書が必要になります。
 (手書きで構いませんので、紙に両親の方に書いてもらった参加同意書をご持参下さい)


keng1983211 at 20:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月11日

立山

b3c95f10.jpg最後の悪あがきをしに昨年の11月以来の立山に来てます。今回はスキージャナルの撮影です。
しかも初めての雪山キャンプ。
一昨日と昨日の午前中は快晴で快適なテント生活でしたが昨日の午後から天気は一変、孟吹雪!!山の天気は変わりやすいとはまさにこの事。今日の朝までに多い所で30センチの降雪です。今年最後のパウダー滑れるかな。くれぐれも雪崩には注意しなくては・・・


keng1983211 at 08:24|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年05月07日

拾わなければ、超えなければいけないもの

ゴミ拾いGWのある一日。プロボーダーの金田ユキコさんが中心になって行っているLove The Snow Save The Winter!!の一環として野沢温泉スキー場のゴミ拾いをしてきました。1シーズン楽しませてもらったスキー場なので感謝の気持ちもこめて黙々とゴミ拾いました。タバコの吸い殻が圧倒的に多くてびっくり!!
道道2その後、みんなで超えなくてはならないものを超えてきました・・・『道』です。
久しぶりのロードギャップ!!ムービー、写真共に良いのが撮れたみたいです。

keng1983211 at 11:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年05月02日

まだまだ滑り足りない人集合!!

いきなりですが・・・来る5月26(土)、27日(日)に山形県月山スキー場にて
MERSキャンプを開催いたします。

史上空前の世界的暖冬となったシーズンだったため、雪が厳しいのではないかとの予測により、この春はキャンプを企画しない予定でしたが、月山の雪の状態が思ったよりも良いとの情報を得られたため、「是非やりましょう!!」というMERSライダー達の声から企画が決定いたしました。

mers itaruそして今季からMERSライダーとなったスノーボーダーの丸山格(イタル)君も参加予定ですのでスノーボーダーの参加もOKです。
詳細はもう少し社長(たっきー)と話して後日(連休明け2、3日後くらい)アップしたいと考えています。ナチュラル
俺が考えてる一つの企画は春恒例のナチュラルヒットを作って飛んだり、最近、写真も撮りだしたのでそれで参加者の皆さんの飛びや滑りをパパラッチしようとかななんて考えてます。もちろん写真はプレゼント。





決定済み内容について:
日程:5月26日(土)、27日の1泊2日
宿泊:米澤屋さん(志津地区)
定員:20名程度
対象レベル:1級か1級同等の技術レベルがありスキーが大好きな方、または新たなスキーのジャンルを開拓するきっかけが欲しいと考えている方。

参加予定MERSライダー:
 ・河野健児
 ・福島のり子
 (2人はこの春アラスカへ行ってきています。
  面白い話が聞けたり、スゴイ映像が見られるかもしれませんね〜!!)
 ・丸山格(新加入のMERSライダー。スノーボーダーです)
 ・瀧澤宏臣

昨年よりも募集人数を少なくしております(昨年は40名の方が参加してくれました)。
とりあえず参加希望しておきたい!という方は
参加希望者の方のお名前、連絡先(メールアドレス・携帯番号)を明記して
info@takkys.netまでメールにてお願い致します。

keng1983211 at 06:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年04月30日

雪崩

GW突入しましたね。このGWでシーズン終了って方も多いんじゃないですか??
今シーズンは温暖化の影響で小雪でなかなか思うようにパウダーを楽しむ事ができなかったですね。
最近は各メーカーからファットスキーが数多く販売され、年々、パウダースノーを求めるバックカントリースキーヤーが増えています。
バックカントリースキーはパウダースノーを滑る最高に楽しいスキーができる反面、雪崩と言う危険と常に隣り合わせだという事を常に考えなければいけません。
なぜこんな事を改めてブログに書いたかと言うと約1ヶ月前の3月31日にアラスカで撮影中に僕自身、雪崩に遭遇してしまったからです。
雪崩の規模は破断面幅約80mでピークのすぐ下で雪崩に飲まれてボトムまでの約400mを流されていきました。ボトムはVボトムになっていて約1mほど雪に埋まってしまいました。

ボトムで止まったと分かった時、拳一つ分位のエアポケットを作る事ができ4分位はその酸素でどうにかなりましたが、その後息苦しさを感じ意識を失ってしまいました。このときは本当に死を覚悟しました。
しかし、同じ撮影クルーの佐々木大輔さんを始め雪山での経験豊富な信頼できる仲間がいたおかげで雪崩発生後7〜8分で無事救出されました。意識も戻り、あれだけの距離を100km以上のスピードで流されたにもかかわらず外傷は足首のねんざ程度だけでした。

バックカントリースキーヤーが多くなり『ビーコン、プローブ、シャベルの道具をしっかり装備してから山に入りましょう』ってことを最近良く聞きますが持っているだけではダメ。しっかりそのような道具を使いこなせなければ意味がないという事を今回の事故で改めて感じさせられた。
今回のメンバーはそれらの道具を使いこなし雪崩発生後7〜8分というスピードで俺を見つけ出し救出してくれました。後数分遅かったらどうなっていたんだろうと今でも思う。

この雪崩事故から3日後、カナダでスキー仲間が雪崩により亡くなってしまったことを聞いた。
雪崩を経験し生きているものとして雪崩の恐ろしさを多くの人に伝えようと思い今これを書いている。
皆さんもパウダースキーを今よりももっと安全に楽しく滑るためにもう少し山や雪崩の事を勉強をしてみてください。僕も同様です。

雪崩

keng1983211 at 09:16|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2007年04月17日

撮影終了

トマホーク
こんにちは。アラスカの山奥に篭ってたもの全然更新できなくてすみませんでした。
色々なアクシデントに見舞われながらも今回の1ヶ月に及ぶ撮影も無事に終了しました。
総移動距離4000km。28日間で滑走日数7日!!スキーをした日数は少ないが(アラスカでのスキーとしては普通らしいが・・・)アラスカHaines&Valdezでのヘリスキーは山のスケールのでかさに本当にしびれた。この旅での最高の1本はアラスカでまだ誰も滑っていない斜面を滑る事ができたことFirst Decent!!
世界で一番最初にその斜面を滑ったって事。ちなみに上の写真のところじゃありません。
上の写真はHainesのトマホーク。俺は正面右の少し日が当たってるとこを滑ったんだけどここでは斜面途中のウィンドリップが崩れたりと思い通りの滑りができなかったなー。
今回はアラスカの山を滑る難しさを本当に実感させられた旅になった。
1年後にまた挑戦しにきたいね。
この旅の詳しい様子は日本に帰ってからまたブログで詳しく書きたいと思います。それでは日本に戻ります。

keng1983211 at 05:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0)