◆ビシャモンと対戦する時にやっている細かい事とかコツとか

・ダッシュへのけん制で屈小Pをばら撒く
屈小Pによるけん制は基本的に空振りを見てからビシャモン側が何かを出来るわけではない。
食らい判定が優秀な屈小Kよりも、少しリーチの長い屈小Pの方が使いやすいと思う。
ES魂等を合わされても当然食らわない(スカる)。これはPでもKでも同じ。

コツは、ビシャモンがダッシュで移動した位置に先端を置いておく様に撃つ事。その際にはズラし押しで屈中Pまで入れ込んでおくと、ヒットした時だけ(空振り時にはチェーンが出ないので)屈中Pが出る。小Pの硬直で小中チェーンの威力の技を振っている様な物なので非常に便利。他の横押しキャラ相手にも有用なので試してみて欲しい。ただし、ド先端で相手の技を潰した場合等は続く屈中Pがスカってしまう場合もある。それに反撃される事はぼぼ無いと思うが、一応覚えておきたい。

けん制が垂直ジャンプだけだと対応されやすいが、これを合わせると中距離戦がグッと楽になると思う。


・中足けん制はヒット/ガードさせる事を心がける
中足は便利だが、届かなかった場合に魂を合わされていると、屈小Pとは違って魂がヒットしてしまう。移動起きが弱いガロンは辻疾風→咎首を食らうとその後の起き攻めがヤバイ。ビシャモンからすれば美味しすぎてお礼を言いたくなる展開だと思うので注意しましょう。


・相手の前ダッシュに合わせてESビーストを撃つ
これはそのまんまだが、ただのぶっぱというよりはクロスカウンターに近い。相手のダッシュの癖を見極めたりして撃つ。タイミングが命という感じ。
相手がダッシュ入力の二回目レバー前をイメージする。そのタイミングでESビーストのボタン部分を押す様に撃つ。

裏目は相手のES魂とかち合ってしまって空中ヒット→咎首を食らう事。ただ、この場合はどちらかと言うと逆にESビーストを待たれている。それか、相手が適当に魂を撃っている。ダッシュ欲が無いと思われるので、そんな相手には跳び込もう。
相手がESビーストの存在を忘れた頃に使うのが一番効果が高い。多くても1試合に1回ぐらいにして、上手く当てたい。ESビーストだからガードされても逃げれば良いとは言え、その後のヒット率はかなり下がってしまうので大事に。


・不能閻魔石には前ジャンプ
不能は卑怯なので食らってしまうのはある程度しょうがない。だってガード出来ないんだもん。
とは言え、甘えやミスには最大限のお仕置きをしたい。具体的には、重なってなくてジャンプ出来る生不能には前ジャンプイレッパ。小P×2→不能なんかはしっかりAGして「前」ジャンプして跳び込みからコンボを決めたい。基本的には「不能を狙ってるな」という読みでしか無いが、ここでしっかりと前ジャンプ出来ると勝率が変わってくると思う。


・空中ガード後反撃待ちには付き合わず、こちらもゲージを貯めるか端に追い払う
これに苦労している人も居るかも知れない。めんどくさいだけなので放置安定。画面端に下がってくれるならそうなるまで適当にいなしておけばいい。それでいいんだと思っていれば焦って被ダメを重ねる事も無くなると思う。


・端に追い詰めても無暗に跳び込まない
これも重要。VSオルバスなんかと似ているが、ダッシュで前ジャンプの下をくぐられて逆に画面端に追い込まれるというのが最悪。相手の後ろにスペースが無いので、スカりを気にせず中足を当てに行けるし、普通に垂直ジャンプ攻撃だけでも相手はキツいはず。ここでプレッシャーを与えておくと前述のダッシュへのESビーストが当たりやすくなる事も意識しよう。攻めたいならジャンプよりはダッシュの方が効果的。


・ジャンプをダッシュでくぐられたら見てから空中ビーストで遠くに着地する
くぐりES魂とかやられたら確定してしまう(普通に着地すれば全く問題無い)ので必ずしも正解とは言えないが、大抵は小足や投げを着地に合わせようとしてくるはず。空中ビーストで遠くに着地し、その両方をやり過ごす。これは「見てから」出来る事なので試して欲しい。


・相手の起き上がりは前起きを最ケアする
今更だが、ビシャモンの移動起きは跳ね起き系で動作がコンパクトで移動距離も長い、強い起き上がり方法である。後ろに行かれる分にはそこまで問題ではないが、前起きをポンポン許してしまうと示しがつかないのでこれに対して起き攻めする事をまずは意識したい。


・GC鬼炎斬がノーマルになってスカったりガード出来たりしたら中足ESビーストで反撃する
あなたのESビーストがノーマルに化けるのと同じぐらい相手のGCもノーマルに化ける可能性があります。ちゃんと意識しておけば、数値上はモリガンのシャドウブレイドガード後より反撃しやすい(着地硬直が2倍ある)ので、きっちりお仕置きしたい。


・ビシャモンの空中投げを抜けた場合は反撃確定
ビシャモンの空中投げを抜けると、相手がまだ空中に居る間に行動可能になるので攻撃を出せば確定させる事が出来る。展開が早いので咄嗟にやろうとしても難しいので知識だけでも用意しておこう。これに関しては、やってる事という感じではなく豆知識という感じ。
ガロンもビシャモンも空中ではリーチを活かして戦うタイプなので、空中投げを見る事はかなり少ないと思う。


◆まとめ
いかがだったでしょうか。
その1には基本的な事しか書いてなかったので、思いつくままというか、過去に口頭で説明した事がある内容等を箇条書きにしてみました。まだまだあるし、異論もあるとは思いますが実力が自分より上のビシャモンに対抗する時には地味に役立つ事が多いかも知れない。そうだったら嬉しい。


ではまた。