こんにちは。
久しぶりの更新ですが中級編その10です。
初級編は書く事が少なくて、上級編は書ける事が少ないから中級編ばかりになる。

今回は、連戦している時に思い出すと何かの参考になるかも知れないキーワード、というかガロンあるあるというか、格言…ではないか。まあそんなのをつらつらと書いてみようかなと。


(ES)ビースト二回当てれば勝てる
実際に実況とか応援とかでも良く言うやつですね。
ビーストって言ってますがESビーストの事です。
どのぐらいの体力で言ったり意識したりするのかはその人によると思いますが、蝙蝠一匹体力満タンの時なんかにはさすがに言わない(そういう状況ではない)と思います。

私の場合は生ESビースト2回で倒せるぐらいの体力で意識します。具体的には、遠距離のぶっぱESビースト→起き攻めで垂直ジャンプズラし空中ESビーストとかですね。一番効率良くて、格上にも起こり得そうだなと思っています。

その後の削りや追い討ち等のフィニッシュまで含めてストーリーを描ければベスト。
これはビーストをパナせ!と言っているのではなく、ゲージ管理やリーサル判断をしっかりやろう!という事ですね。
良くあるのが、言った瞬間パナして不発に終わり、ゲージが1本になってしまい、勝利への道が閉ざされるというやつです。


下段が少ないかもしれない
なんか上手くダメージを与えられない時にはこれを考えてみると良い気がする。
ガロンの痛い下段は小技からモーメントぐらいなので小技先端ぐらいなら下段を捨てている相手は多い。
そういう相手にショートを仕掛けたり飛び込んで投げを狙っても簡単に対処されてしまいます。
そこで、小技先端から小大や小中でも良いのでチェーンで小さいダメージを重ねて行く事を意識すると、あんなに崩れなかった相手にあっさり勝てたりします。
ガロンのフィジカルに全対応は難しいと思うので、固い相手は何かをやっています。それが下段捨てというのはよくある。


最近投げてないような気がする
上のやつとほぼ同じです。ガロンの投げは強いので、使うの忘れるという事は無いとは思いますが、ここで大事なのはやはり、ガロンの投げを食らわないという事はやはり何かやっているはずですので、そこを突破口にすると今度は投げが決まりやすくなったりもします。


なんか忘れてる気がする
それは、空中ビーストです。
まあめり込んだりすると反撃食らうしわからなくも無いですが、中級者のガロンは空中ビーストを撃たなくなっている事が多いです。
初心者は「つえーw」って言って撃つし、上級者は「これ無いとちょっと空中キツイな」とか思ってるかは知りませんがちょこちょこ使っていると思います。
強い突進技として使うのではなく、あくまでもガロンの強力なジャンプ攻撃を引き立てる様な使い方を意識すると良いです。
あとは試合の最後まで忘れない事。大会でこの技でKOしているシーンはめちゃくちゃ多いと思います。


ゲージが無いっつってんだろ
ミスったりテンパったりした結果、ゲージを無駄遣いしてしまい、肝心な所でゲージが無い。
ゲージを無駄遣いしたらすぐにプランを修正しましょう。一番簡単なのは露骨にゲージ貯め行動をして帳消しにする事。出来ればノープロブレムです。

ゲージ状況を見れていないという事は、思ったよりかなりテンパっています。ゲージ貯めなきゃ!ではなく、まずは落ち着きましょう。


タイムオーバー狙いだ!
冗談で言ってるわけではなく、ガロンは攻めが強いので忘れる事も多いが、待ちもかなり強い。これは相手キャラとの相性にもよるので一概には言えないが、攻めるよりも待った方が試合展開も変わって連敗ストップに繋がる可能性がある。
付け加えると、ガロンは瞬間火力が高く、数秒逃げるだけの能力もピカイチ。相手にしてみれば、タイムアップ間際にESビーストにカスる事も許されない。リードされたら追いつけない可能性がある、と考えるわけで、かなり有効だと思う。


ナイスフォロー!
すばやいうごきとするどいこうげきであいてのみすをさそったり、がばがばなれんけいをとおしたりするのだ!
ダッシュ大Pコマ投げみたいなやつね。駄目…なんだけど食らうんでしょ?みたいな。突破口にするのだ。


空ジャンプを使え
前や垂直ジャンプからジャンプ攻撃を出さず、空中ガードで様子見をする事が空ジャンプ。
ガロンは空中ガード後反撃にそれほど強くない。ひきずり下ろしというテクニックもあるが、その状況に持っていく事自体はそれほど強い行動ではない(状況が限られるため)。
空中ガード後反撃に対抗するには空中ガード。先にボタンを押した方が空中ガードされて反撃を食らうというチキンレースを仕掛ける。
これも試合展開をガラっと変えるぐらいの力があるが、所詮はガード。読み合いを回すぐらいの気持ちで小出しにするのが良い気がする。


と、まあまだあると思いますがキリが無いのでこんな感じですかね。いかがだったでしょうか。
実際にこれらの事は10先や大会の時には考えて実践しています。もちろん、これだけではなく基本となるキャラ対や人読みが先に来るのですが。
攻略記事としてはあまり書く機会が無さそうだなと思ったので中級編に追加しました。


ではまた。