◆前置き
みなさんこんにちは。
今回はガロンに限らない話で、初心者向けの飛び道具対策を書きます。
対策、というかワンポイント知識ですね。知ってれば対応の指針になるかなと。
良く使われる飛び道具を中心にやっていきます。

セイヴァーにおける飛び道具は、削りが白ダメージだったり空中ガード可能だったりで、飛び道具としては弱いとされています。ただ、性能を知らないと連発されるだけでキツイみたいな事も初心者同士だとありますので一つずつ見ていきましょう。


◆ジェダ
・ディオ=セーガ
長時間画面内に停滞する事がこの技の強みです。
発生は遅めなので、出る前に本体を叩く、出す暇を与えないというのがまず一つの対策になります。
出されてしまったセーガを空中ガードしに行くのも悪くないです。空中ガードは硬直が短く、空中なら中下の択を食らう事も無いので有効です。
もちろん、空中ガード不可の技で撃墜される可能性もありますが初心者同士であれば気にしなくても良いと思います。

ES版は拘束時間が長いので今度は逆に空中ガードはダメです。
凄く強い技なので、立ち回りで出されたら素直に間合いを開けて逃げましょう。
起き攻め等で地上ガードしてしまったらGCやAGをしたいですが、なるべく後半(ESセーガは5ヒット)の方にかける様にした方が良いです。前半にかけると、GCが潰れたり、思った様に間合いが開かなかったりするので注意という事ですね。


◆バレッタ
・スマイル&ミサイル

この飛び道具はヒットするとダウンを奪われてしまい、遠距離から飛び道具でダウンを奪ってから安全に起き攻めするというのがバレッタの狙いでもあります。
硬直は思ったよりも長いので、ジャンプ攻撃が届く間合いをキープして読み勝ったら跳び込みから大ダメージ、というプレッシャーを与えるのが抑止力になります。
また、この技はタメ技であるため、いつでも連発出来るわけではないというのもポイントです。とは言え、回転が早いので他のタメキャラと違ってそこに付け入るのは難しいかも知れません。

・クールハンティング
バレッタ本体のマシンガンにも攻撃判定がある事に注意。隙はデカいのでしっかり砲撃をやり過ごしてから反撃しましょう。


◆Q-bee
・QJ(蜜)

画面端で跳ね返るのは5回まで。ガードすれば弾けて消えるので、セーガと同様さっさと空中ガードしに行くのが良い。させてくれない場合は相手が上手い人だと思う。
あとは、Q-bee本体に攻撃を当てれば無力化出来る(見た目は消えないが判定は消えている)。
食らった場合の拘束時間はレバガチャで短縮可能。サスカッチのブランチと違って拘束解除後はダウン状態になるので、技漏れ等を気にせずに存分にレバガチャしよう。


◆リリス
・ソウルフラッシュ

通常版は跳び道具というより、普通のけん制技だと考えると良い。
リリスにゲージを貯められるのは嫌だが、そこから中下の二択が飛んでくるわけでも無いのでこちらもゲージを貯めるぐらいの気持ちで良い。
ES版は超強力。これもガード時はなるべく最終段(3ヒット)にAGやGCを。しゃがみガードしていれば基本的に投げ以外食らわないのでガンガードもかなり有効。焦らない事が重要。

・グルーミーパペットショー
一応飛び道具だが、基本的には忘れてしまって良い。ただ、初心者同士の対戦だと出されがちではある。
ガードすれば隙は大きい。2ゲージ消費なので、トドメでも無ければゲージ使ってくれたと思っても良い。


◆デミトリ
・カオスフレア

空中版がかなり強力な遠距離けん制兼ゲージ貯め行動。空中で食らうとダウンし、地上だと短時間拘束される。遠距離で地上食らいしてもほぼ追撃は無いので、空中食らいして起き攻めされる事の無いよう意識したい。
初心者がこれを咎めるのは正直難しいが、一応空中版を撃つと反動で後ろにさがって行くのでラインを上げるぐらいはさせて貰うと良い。
ただし、デミトリは位置を入れ替えるのも得意なのでそれで端に追い詰めたからと言ってどうこうならないかも知れない。どちらかと言うと、自分が端を背負わない為の行動か。


◆モリガン
・ソウルフィスト

空中ヒットでダウン、地上ヒットだとダウンしない平均的な飛び道具。性能だけを見ると特筆すべき所は無いが、モリガンは自分から接近するのが苦手で、接近しないと勝てないキャラなので空中食らいしてくれると滅茶苦茶ありがたい。であるからして、空中食らいしないようにガード第一にしましょう。
ES版は地上食らいでもダウンしてしまう。対空潰しにもなるので覚えておきたい。

・フィニッシングシャワー
多段の削り技。基本的に空中ガードすれば削りは少ない(地上よりは)。ミサイルの発生位置(高さ)はランダムだが、起動はモリガンがレバー操作である程度上下に振る事が出来る。
大抵起き上がりに削り目的で出される事が多いが、完全に重なる事はあまり無い。DFの無敵で前半をやり過ごして後半をガードで生き延びるという事も出来るので諦めない様に。空中で一発だけ食らう方が削りより安い場合もある。一発で済むかは運なので頼れるものでもないが。
技中に攻撃を当てるとモリガンは空中食らいになる事にも注意。

・クリプティックニードル
飛び道具を貫通(干渉しない)してくるので飛び道具を撃つ場合には注意。


◆アナカリス
・王家の裁き

変身させてくる弾。絶対に食らってはいけない。弾速が遅くてアナカリスも後から追いかけてくるのでAGしたくなるが、やめておいた方が良い。禁止。中級者ぐらいの人が良く事故る。
変身から復帰後は移動起き出来ない所を起き攻めされているのと同じ状態なので大ピンチ。
出す側としてはいつか当たってくれるなら当たるまで出し続けるわ。という技なので、その状態で勝てねーwとか言ってもしょうがないという事がわかると思う。

・棺の舞
上から降ってくる。しゃがみガード不可。アナカリス側が近中遠と落とす位置を選べる。最低でもガードさせないと隙が大きい。的確に使われると対処が難しい技だが、読みが必要なのでやられたら相手が上手い系。
ES版は複数降らせる。位置と順番は決まっているので慣れれば確定反撃を入れる事が可能。なので、普通は使われない。わからなければ立ちガードで放置でOK。

・ファラオマジック
これも裁き同様ガードすれば良い。ガード不能マジックというのもあるが、実戦で見れたらラッキー程度の物(インパクトがあるので有名ではあるが)なので気にしなくていい。


◆ビクトル
・サンダーブレイク

一応画面端まで届く弾があるよビクトルにも。でも予備動作が大きいので飛び道具部分を食らう事は稀だと思われる。
その前の拳振り下ろしはしゃがみガードと空中ガード不可(立ちガードでしか防げない)。一応。


◆ザベル
特になし


◆レイレイ
・暗器砲

大(真上に投げるやつ)はしゃがみガード不可。被起き攻めで前起きしたらこれと下段で挟まれたみたいな事は良くあるので、レイレイ相手に不用意に前起きしない事。端でもその場/後ろ起きも同様に狙われやすい。
中暗器は空中で食らうとダウンする。遠距離けん制から起き攻めチャンスを与えてしまうのでガードを意識する。横ががら空きなのでレイレイ側も適当には投げられない。横を意識させれば抑止力になるだろう。
気絶する暗器があるので要注意。ローリスク超ハイリターンなので食らわない様に。レイレイが豪鬼人形を投げたら次に投げる中か大暗器が気絶確定。それ以外にもランダムで気絶が混じる(低確率だが)。
ES版は3発全て下段。削りで使われる事があるので、そういう時には上手く跳び越えたい。

・返響器
3ヒットの拘束系飛び道具。空中ガードしたらまず何か確定で食らうので、空中ガードはなるべくしない様に。かと言って地上ガードも何もしないと酷い事をされるのでジェダのセーガ等と同じように遅めAGGCも合わせて。決定打としてはかなり強力なので対処は難しいかも。

・天雷破
初心者殺しの最強技なので後回しにしましょう。やられる前にやれ!
どうしても知りたい人はここを見てください。

・地霊刀
レイレイが相手を追い払ったり画面端に追い詰める為に使われる。出しどころを間違えなければ出し得な技だが、身を切る思いでゲージを使っていると思われるのでまずはしっかりガードしよう。空中ガードも可能。反撃も可能だが大道芸レベルなので忘れていい。


◆ガロン
・ドラゴンキャノン

クソデカ飛び道具。判定的には前ジャンプで簡単に跳び越えられる程度の横長の長方形になっている。発生が遅く、隙も膨大。ほぼ全ての飛び道具をかき消す事には注意。
主に空中飛び道具への先読みカウンターや最後の削りに使われる。バックジャンプや垂直ジャンプは引っかかりやすく、反撃もままならないので恐れずに前ジャンプをするのがベストな対応。脳筋キャラがたまにしか撃たないから忘れがちなので覚えておこう。


◆フェリシア
・プリーズヘルプミー

画面端からいきなり出てくるので端付近では警戒しておくと良い。ガードすれば隙は膨大なのでフルコンを入れたい。

・DF
DFで出てくる子猫が飛び道具。これを上手く対処するのは上級者でも難しいので気合で。本体を良く見るといいかも知れない。逃げていく相手は放置安定。咎めたいなら、途中でカットされない投げやロック技を当てるのが良い。


◆オルバス
・ポイズンブレス、ソニックウェーブ

どちらも食らってしまうと拘束され、追撃を食らってしまう最強飛び道具。毒の方は飛び道具に干渉しない。これらもアナカリスの裁き同様、当たるなら一生連発してればいいだろ系飛び道具。ジャンプ攻撃と相討ちとかでも割とOKなので苦労すると思う。
ポイントはどちらもタメ技だと言う事。発生も遅めなので連発は出来ない所が弱点。同じタメキャラのバレッタと比べると間合い調節も苦手なのでタメていないタイミングはわかりやすいと思う。
基本的には相手が弾を撃ったら次弾までの間に攻め込むという事で良い。適当に突っ込むのとは雲泥の差なので、意識してみて欲しい。具体的には毒や音波を空中ガードしてやるとわかりやすい。ガードしたら次弾は撃たれにくい。
初中級者のオルバスは弾を連発しようとするとどんどん画面端にさがって行くのでその弱点も突いていきたい。ただしDFには注意。

・シーレイジ
見た目に反して削りは大したこと無いので落ち着いてガードしておこう。AGやGCをしようとすると異様に難しいので試みないのが無難。

・ウォータージェイル
泡。Q-beeの蜜と対処は似ているがこちらはガード不可なのがやばい。オルバス本体に攻撃を当てると消せるのは重要。レバガチャは超重要。コツは泡に入る前からレバガチャを始めてトップスピードをぶつける事。

・アクアスプレッド
ハメでしか見ないと思うので忘れていい。暴発とかでこれにゲージ使ってくれたらラッキーぐらいで。


◆サスカッチ
・ビッグタワーズ

ES版が凄い。雑に連発されるだけでも脅威。食らったらダウンして起き攻めされるから見た目以上にヤバい。相討ちOKの対空にも使われるので攻める時にも忘れてはいけない。その後接近されたくないからAGするのが理想だが、ミスって食らうと意味が無いので自信が無いならガード安定。

・ビッグフリーザー
ビーム。ガロンのドラゴンキャノンと同じく飛び道具をかき消す。ESタワーズの方が偉いのであまり見ない。モリガンの空中ソウルとかを狙い撃ちする分にはこっちの方が偉い。


◆ビシャモン
・絡め魂

これも絶対食らっちゃいけない弾。セイヴァーには「注意1フレ怪我一生、裁き泡毒絡め魂」という標語がある。嘘。今作った。
跳び越えられると隙は膨大なのでこれ連発でやられてしまう、という類のものではないのが救いか。
まずは絡め魂から辻疾風を連続で食らうと次の起き上がりはその場起きしか出来ないという事を覚えておこう。結構重要。
空中食らいするとダウンするのでEX追い討ちを食らってしまい、痛い。AG禁止。
ガード不能は初心者でも出来るのかな。ここでは取り上げませんが、知りたければ直接聞いてください。

・閻魔石

下段の飛び道具。発生や弾速は遅い。これも一応ガード不能になる事あり。
弾を貫通するわけではないが、ぶつからずに下をすり抜けて来るので注意。


◆まとめ
気軽に書き始めたらかなり長くなってしまいましたがいかがだったでしょうか。フェリシアのESキャットスパイクとか載ってないのは要らないと思って割愛しました。

一番言いたかった事をまとめると、追撃出来る効果のある飛び道具は確実に、意識してガードしましょうという事です。本当にそれだけで負けてしまうので。AGしない。
ただし、それが絶対正解というわけではないです。慣れてきたり、相手がとんでもない強敵だった場合には逆の事を言われるということもあると思います。念の為。


ではまた。