投げ解説その2という事で、前回からの続きです。
前回はこちら↓
その1 4つの投げをつかいこなす


投げの操作方法

各投げのコマンドはレバー入力+中P or Kか大P or K、ESコマ投げのボタン2個同時押しとなっています。
投げの性能自体は中強どちらのボタンでも変わらないのですが、対戦だとどのボタンを押すかも重要になってきます。何故なら、相手が動いたり操作をミスしたりして投げが成立しない事があるからです。
投げが成立しなかった場合にはボタンに応じた通常技が出ます

地上投げはレバー前か後ろのみで、斜め入力で投げる事は出来ません(※レバーとボタンが完全同時なら斜め上でも投げられます)。地上の通常投げには下段重ねが有効という事ですね。
一方、空中投げと投げ抜けは前要素と後要素ならどれでも大丈夫となっています。


投げの入力を考える

前述の通り、どのボタンを押すかで漏れる技が違います。ミス前提だし些細な事ですが、効果はあるので使い分けましょう。では一つずつ解説します。

・中P投げ
 近中Pが出ます。近中Pはしゃがみに当たり、発生も6Fと速く、バランスが良いです。空中の相手にも当たる為、使いやすそうですがなんかスカる事も多い気がします。近中Pクイックムーブは密着出来るのでそこまで入れ込んでおくといった使い方もあります。

・大P投げ
 近大Pが出ます。近大K程ではないですが入れっぱに当たる事もあり、地上の相手にも当たる(大Kは当たらない)ため、大Kが思ったより効果が無い相手に使ってみると良いです。相互でカバーし合っている様な感じです。

・中K投げ
 大Kの自動二択にはなりませんが、垂直ジャンプでスカされても隙が小さく、ガードが間に合います。中Pと似ていますが、K投げを狙う場合にはこちらを使います。空中ダッシュ等の飛び掛かりに当てやすいので、例えば、ザベルのダッシュ小P固めからの低空とコマ投げの二択みたいな状況を切り返すのに使えたりします。先読みになってしまいますが、返せないよりは良い。
 レバー前にすると発生の遅いレバー入れ中Kが出てしまいますので、なるべく後ろ入力を使いましょう。

・大K投げ
 説明不要の自動二択。基本的にはこれでいいです。基本的にというのは、9割方という感じです。地上の相手にスカるので投げのタイミングは練習が必要(早いとスカりやすい)。遠大Kに化けても意外と咎められない場合が多い。
 上級者は発生の速い昇りジャンプ攻撃で潰してくる事もある。その場合は別のボタンを使った方が良いですが、一度返されてから考える程度で大丈夫だと思います。

・空中中P投げ
 相手のジャンプを狙うなら中Pが良い。中Pは元々性能がめちゃ高いので使わない理由は無い。ガードされた場合を考えてチェーンを入れ込んでおくと良い。前述の通り、空中投げは地上投げと違って前要素か後要素でいいので、空中ガードしながらチェーン入れ込み、という感じがおススメです。

・空中大P投げ
 端付近でおもむろに昇りジャンプ大Pスカし投げ等を狙ったら相手も飛んでましたというシチュエーションで勝手に空中投げになる事があります。低空キャラの飛び掛かりを昇り大Pで引っかけようとしたら相手が前ジャンプしてたという時にも勝手に空中投げになります。
 この時端から逃がしてしまいがちなので前方向を入れておくと回避出来ます。ただし空中ガードを捨てる事になる為、これに関しては好みで良いと思います。狙って投げるなら中Pで良いです。

・中Kコマ投げ、大Kコマ投げ
 K投げと同じで良いです。ちょっと別の話になりますが、コマ投げは必殺技なので離し入力で通常技を何も漏らさないという事も出来ます。ただ、毎回それをやるのは大変なのでK投げと同じ使い分けをしましょう。また、発生が遅く必殺技を出せない制限も受け、投げスカりポーズもあります。ありますが、セイヴァーの投げスカりは滅多に出ない上にガロンのスカりは優秀なのであまり気にしないで大丈夫です。びっくりしなければOK。

・小中、小大同時押しESコマ投げ
 近小Kが出ます。この近小K、通常投げでは出せないので目立ちませんが発生が速い為、実は全キャラの全方向のジャンプに自動二択になります。ジャンプ最頂点までは届かないですが、発生が速い為あらかじめ飛んでいるキャラに仕掛けるとかしない限りは、ジェダやガロンが入れっぱしていようが、レイレイが前ジャンプしていようが関係ありません。すごい。

ダメージは近大Kに劣りますが、このゲームで最強クラスの自動二択です。
近小Kの全体フレームは18Fで、近大Kはなんと40Fです。スカった時の隙が非常に小さいのでDF対策としても有効です。
また、近小Kはキャンセル可能ですので、空中ヒットした際にキャンセルクイックムーブを入れ込んでおくと画面中央でも密着表裏攻めが可能です。入力が忙しいですが、ここぞという時に使えると強力です。

・中大同時押しESコマ投げ
 この入力だと中Kが出ます。ちなみにK3つだと小Kが出ますので、中Kを出したいならこの入力のみという事になります。なんですが、この入力を使う事は無いと思います。理由は普通の中Kコマ投げの方がノーゲージで状況も良いからです。それ以前にESコマ投げ使うなら上で紹介した小K自動二択の方が良いです。小Kを出したいから仕方なくESコマ投げを使うと言っても過言ではないです。


まとめると

・9割方大K投げで良い
・空中投げは狙う時は中Pで良い
・小K自動二択のESコマ投げは強い


という感じです。
今回はあくまでもどのボタンを押すか、という話ですので、どの投げを使うかは前回の記事を読んでみて下さい。


おまけ
ボタン離しコマ投げをすると通常技が漏れない事を利用して、ジャンプした相手を屈大P等で落とす「手動二択」という事も出来ます。632141ボタン離しという様な入力をすればしゃがみガードしながら狙う事も可能です。だからどうしたという感じですが、他の入力では出来ないしゃがみガード+対空を仕込めるので使い道はあるテクニックです。


この記事はヴァンパイアセイヴァー攻略wikiのレイレイのページにある「8種の投げ」にインスパイアされて書きました。「こんなに色々考えてて偉いなあ。投げ弱キャラかわいそ…」とか思ってたんですけど、良いやり込みポイントですよね。ガロンは10種の投げって感じですかねw。書いてて楽しかったです。


ではまた。