◆基本行動
・開幕行動
開幕立ち中Pを撃ってくるQ-beeは多いのでその場合は屈中Pを出せば勝てる。撃たないと思ったら開幕前ジャンプも有り。

・立ち回り
とにかく上から来られたくないので空中に居るのが基本。Q-beeはサスカッチやザベルと違ってラインをガンガン上げるような事は苦手なので、なるべく中央で戦いさらに相手を端に追い詰める事を意識する。
攻めるのは端に追い詰めてからでいい。その過程でゲージを貯める。


◆基本方針
・ダウンを奪われないようにする

Q-bee戦はダウンしたら死んでしまうのでダウンする攻撃を食らわないようにする。
主なダウン技はチェーン大足、(ES)C→R、GC、QJ、投げ。
これらの攻撃は間合いが近すぎなければ相手としてもいつでも狙えるわけではない。
攻撃を食らった場合もダウンするのかしないのかを即座に判断して対応する。

・焦らない
ダウンを奪われた時以外はそんなにヤバくないのでとにかく焦らない事。
焦って単発攻撃を連続で食らったりするとガロンのアドバンテージが無くなってしまうので注意する。
立ち回りはじっくりやって、逆に相手を焦らせるぐらいの気持ちを持ちたい。
こけたら次の起き攻めでもう一度こかされない事を最優先にして移動起きとAGを上手く使って逃れたい。

・相手の起き上りに密着しない
Q-beeには起き上りに打撃を重ねても最速通常投げで返されてしまう。難しいとかあるのかも知れないが、とにかくロクな事にならないので徹底する。
密着と見せて投げを狩る事も出来なくはないが、起き上りが速い事もあって微妙。どうしても投げたいならジャンプスカシ投げがいい。

・ジャンプから崩す
歩いて起き攻めするより時間がかかるので難しい所もあるが、ジャンプを重ねるのが効果的。
立ち回りではジャンプは通常技対空や空中ガードがめんどくさいが、起き攻めなら最低でも相手に地上ガードを強制出来る事が大きい。Q-bee側はガードしてAGかGCぐらいしかやる事が無いので空中チェーンとズラしジャンプ攻撃、空中ビースト、スカし投げを使って崩す。
前起きに垂直ジャンプ小Kめくりもかなりやりやすい。


◆警戒している技
・ESC→R(>QJ起き攻め)
こちらの牽制技に合わせて狙ってくる事が多い。
食らうといきなりダウン(相討ちでも)してしまうし、ゲージがあれば蜜投げから一方的に攻められてしまう。
消極的だが空中ガードでの様子見を混ぜる。雑に撃ってくるならスカして空中ESビーストを決めるぐらいは考えておきたい。
蜜起き攻めは基本は後ろ起きして立ちAG。ここで良くわからないからとしゃがんだりするとヒットポイントがズレて状況が悪化しやすい。勿論、本体の下段もあるのである程度読みでしゃがみガードもするが意思を持ってやる事。蜜をガードして消す事を最優先する。

・ガーキャン
GCを食らうと切り返されてダウンを取られて最悪。多用する人は多い。
GC専用技なので様子見はほぼ意味が無い。全部対処するのは無理だが、ガードしたりスカしたりすれば中足ESビーストが決まるので上手く誘って反撃で黙らせたい。幸い、ES版もガー不にはならない。

・QJ
置き技的に対空で出されると牽制に食らってしまう事が多い。空中で食らうとダウン。
こちらが地上に居る時に遠距離で撃ってきたら見てからESビーストを当てる。間に合わなかったら届けば中足等を当てて蜜を消す事。これはセットプレイ以外の起き攻めで出された場合も同様。その場起きや前起きから打撃を当ててしっかり消す事。


◆その他ポイント
+Bは地上でガードしてしまうとQ-bee大幅有利なので手を出さない事。発生が遅いので警戒する程ではないが、知識として押さえておきたい。

ダウンしないとは言ってもしゃがみ中中チェーンは結構痛い。体力があるうちは必要経費と思ってもいいが、追い詰められてる時にコレであっさり死なないように意識を切り替えたい。
あと、食らったら基本的に飛んじゃ駄目。