さて、今回は必殺技コマンドの入力受付について書いてみようかなと思います。
ネタ切れ気味の当ブログですが、対戦してるとたまに書く事が見つかるので細々とやっていきます。

先日ミカドの月例大会でコショーさんから「今どうやった?」と(珍しく)聞かれた場面の動画が↓
https://youtu.be/JPoWFMdfQlU?t=691

最後の、歩き立ち中K→ESビーストです。
ガロン使わない人にはわかりにくいんですが、歩きからESビーストキャノン(236+PP)を出そうとすると対空ESビーストキャノン(623+PP)に化ける事が多いんですね。これは6236+Pと入力した場合対空ビーストの方が優先順位が高い為に対空ビーストが出てしまうからです。
なので、「どうやった?」と聞かれたわけです。

結論から言うと、というかこの場合は「歩いてからレバーニュートラルに戻してから中Kを押して、遅めに236+PP」と答えました。実際やってるのもこの操作です。


知らない人も多いと思うのでセイヴァーのコマンド受付について、攻略Wikiを参照して解説します。
まずはこのページを見てください(いつもの丸投げ)
http://seesaawiki.jp/vswiki/d/%a1%da%b6%a6%c4%cc%a1%db%a5%b3%a5%de%a5%f3%a5%c9%c0%ae%ce%a9%be%f2%b7%ef

重要なポイントは次の2点。
・コマンド受付時間は最初のコマンドから完成までがxxフレームではなく、直前のコマンド(レバー方向やボタン)から次の入力がxxフレーム以内なら成立(継続)となっている事
・受付時間は10F~15Fが一定確率で都度決まるという事。短い場合がほとんどで、最長の15Fは2/32の確率でそうなる。

ヒットストップが12Fあるので、レバーニュートラルと次のビーストを遅めに入力開始し、素早く正確にコマンドを完成させれば立ち技からなら安定するはず。

で、対空ビーストに化けやすいのは歩き→しゃがみ攻撃→キャンセルビーストとやる場合。
しゃがみ攻撃を出す際に真下(2方向)にレバーが入ってしまうと、623の2と認識されてしまい、コマンド受付が継続してしまう。
これを防止するには、しゃがみ攻撃をしゃがみガード方向(1方向)で入力する事。こうすれば623コマンドを継続させずにしゃがみ攻撃を出す事が出来る。
前(6方向)からしゃがみガード方向(1方向)に入れる場合、誤って真下(2方向)が入ってしまいやすい。なので、真後ろを経由して出すのがオススメです。コマンド表記すると、641K遅め236PPという感じ。

歩きからのキャンセルESビーストは起き攻めや反撃時に良く使うのでしっかり理解して意識していきたい。
歩きからのしゃがみ攻撃キャンセルESビーストは下段を攻めたい時に使う事がある。
その他にもショートダッシュ小K→屈小K→ESビースト等の時も早めに真下が入ってしまうとダッシュの6入力が生きてしまって対空に化ける可能性がある。
まあこれはダッシュ中断を1方向で行う事を意識しておけばそうそう起こらないとは思うが一応。


確実に暴発を防ぐ手段とかあればいいんですが、そういうのは無い。
なので、ちゃんと「ルールを知って」おいて「意識して入力する」のが大切って事です。