ストップ!ぼったくられ被害!


こんにちは。

今回は所謂三竦みと言われるセイヴァーの攻防について書きたいと思います。解説、というわけではないですが文章にしておいた方がいいかなと思ったので。
先に、かなり雑に書きますと断っておきますが、少しでも気付きみたいなものの手助けになれば幸いです。


早速ですが攻防の三竦みというのは
「重ね」
「投げ」
「ズラし」
になります。
なんですが、主な選択肢がこの三つというだけでどれも対等にはなってないんですね。自動二択とかは考慮しないとして、投げはジャンプ入れっぱや暴れに弱く、重ねは入れっぱに強い。重ねはAGやGCに弱く、AGはズラしに弱い。ズラしはガードに弱く、AGや暴れに強く入れっぱにもやや強い。

これを見て勘の良い人はわかると思いますが、ズラしという選択肢には負けが無いです。ガンガードされてもこちらが有利で、さらにAGされたとしても引き分けかそれ以上だと思います。
入れっぱにも空中ヒットする技なら着地攻め継続も出来、ズラしが通れば打撃ヒット=コンボなので大ダメージです。
重ねも十分強いし基本と言えるのですが、AGされやすいです。AGはAGで防御行動としては破格の性能なので、容易に出されると引き分け以上とは言えなくなってくると思います。

投げは基本的にダメージが低く、読み負けるとダメージ負けします。痛い。

これらを踏まえて攻める側の立場で考えると、例えば5回に1回でもズラしが通る相手には、当たるまでズラしだけやっていれば危なげ無く勝ててしまいます。
守る側の立場で考えた時、そんな相手に対して「これは三竦み…鋭い読みで凌いで見せるぜ!」とか思ってたら一生ぼったくられて勝てません。

ここまで読んで、「なんだそんな事か。格ゲーの駆け引きの基本だろそんなの」って思った人も多いとは思いますが、セイヴァー中級者と上級者の間にある大きな壁の一つだと思っています。そして、その壁にぶつかっている、もしくは見えてすらいない中級者は非常に多いと思います。なぜなら、AGというシステムが強すぎるから。
中級者はAGを少し使える様になる事で、そうでない初級者に勝てる様になりました。その喜びも束の間、今度は上級者にそのAG成功アハ体験を逆手に取られてぼったくられているのです。
AGでのし上がって来たから、躓いたらさらにAGを極めれば…と考えるのは無理も無いです。もちろん、AGを極めればそれでいいのですが、そんな簡単には無理です。どんな最強プレイヤーでもAGを使う以上はズラしは絶対に食らいます。

ズラしを食らわない為には「ガンガード(ただのガード)」+できれば、「出なくてもいいのでガードしたのを見てからAG」となります。
ですが、ガンガードだけだとずっと固められたり投げをモロに食らったりします。投げを嫌って暴れるとズラしを食らいます。ズラし対策でガンガードしてたのに。

ではどうすればいいのか。まともに読み合っては相手有利のじゃんけん以下です。
投げ:重ね:ズラしが1:1:1だと思っていては勝ち目はありません。
相手プレイヤーやキャラにも因りますが、基本的に何:何:何ぐらいなのか理解して、残り体力、画面位置、間合い、残り時間、所持ゲージ数等の情報を合わせて最も良い選択をしていく必要があり、そこに持っていくのが読み合いです。

ちょっと話が行き過ぎてしまいました。
言いたかった事は
・ぼったくられている事を理解する
・ズラしが当たると思われたら一生ズラされる
・ズラしじゃ効率悪いと思わせるような選択を考える

みたいな感じです。
ゲーセンとかで「あなた、ぼったくられてますよ」とか感じ悪くて言えないから、こういうことを話す機会が無い。でも言われないとわからないって事もあるよなと思って書きました。

私も格上とやると固められて~AG出なくて~出たつもりで動いて~ズラされて死んだ!
みたいな事ばかりです。でもここまで(ってほどでもないんですが)考えた上でAG練習したり工夫したりしてます。
逆に、勝てる相手(というと感じ悪いですが)には9割ズラししかしないぐらいです。ガロンというキャラのズラし効率が全キャラでもトップクラスというのもありますが。で、ガード増えてきたなと思ったらたまに投げると、相手は「やはり1:1:1なのでは?」ってなってまたズラしに戻れます。

ストップ!ぼったくられ被害!という事で。


次回は「画面上で見える事、見えない事」みたいな事を書こうかなと思っています。
ではまた。