◆前置き
こんにちは。

フェリシア戦のに困り果てているので、出来る部分とわかる部分を増やそうと思いちょっと調査。
今回は攻略と言うよりメモです。

内容は、フェリシアの起き上がりに技(小足かジャンプ攻撃)を重ねよう!出来るだけ楽に!!というもの。重ねはムズいんだ…

そんなのどのキャラ相手でも同じじゃんって感じですが、フェリシアの起き上がりは全15キャラの中でもかなり特殊な部類なんですね。
まず、その場起きは起き上がるまでが40Fと、まあ遅めの部類かな?ぐらいなんですが、前後の移動起きがどちらも66Fと最遅、距離も最長。
これは完全にダウンしてから起き上がるまでの時間で、ガロンの動き出しが早いダウン技を当てれば、ジャンプ(ガロンの一回のジャンプはざっくり40F程度)を二回やってジャンプ攻撃を重ねたり出来る。
これは普通の起き上がり速度のキャラには中々出来ない為、隙があるなら利用しない手は無い。


◆ダウンを奪う技あれこれ
起き攻めなので、まずはフェリシアをダウンさせる。主なダウン技はチェーン大足、空中ビースト、ESビースト5ヒット、ESクライム(空中ビーストからのコンボ)、P投げ、K投げ、コマ投げ、モーメントという感じ。
他にもダウン技はあるけど明らかに有利少ないとか、当たらないとか、当たり方が安定しないとかあるのでここではとりあえず考えない。


◆起き攻める
で、結論から言うとこれらの技でダウンを奪ったら全て前歩きで近付いて密着して小足を重ねる事が出来る。はず。出来るんだが、目押しなので難しい。これは継続して練習していくとして、それ以外でまあまあ良さそうだったものをメモっておく。

・チェーン大足から
その場:入れっぱ前ジャンプ→着地して遅めに小足で重ね。着キャンクイックムーブで裏回り
前起き:入れっぱ前ジャンプ→(位置が入れ替わる)→入れっぱ前ジャンプでめくりジャンプ攻撃重ね。
後起き:入れっぱ前ジャンプ×2でジャンプ攻撃重ね。

まあ収穫はこれぐらいだったんですが、当てやすいチェーンから、入れっぱを使った安定入力で相手のジャンプを絶対に許さないのがメリット。
ただし、最初の入れっぱジャンプから相手の起き上がりを見てから行動を分岐させるのは正直厳しい気がする。出来たら強いというか便利。
なので、一点読みのセットプレイという何とも微妙な用途になると思います。しょうがない。


大抵の場合、その場起きを読んだら(後ろ)歩きで間合いを調節してめくりを重ねる事が出来る。補助無しの手入力なので安定はしないと思う。ちなみにこれはフェリシア相手に限らない。他のキャラ相手にもそれは可能。セイヴァーではその場起きは最も起き攻めをされやすいのでそもそも見かけない。ただ、その場起きが強いQ-beeや移動起きが弱いフェリシアだと話は別。なので、知っておく価値はあると思う。

ジャンプ攻撃を重ねるセットプレイは、6Fというジャンプ攻撃の持続の長さに「微歩き」とか「遅らせ」とか「最速」という難しい調節部分のバラつきを吸収して貰おうというもの。モーメントを決めた後も有利時間がとても長い為同じ様な事が出来るのでこれからも探していきたい。


◆その他の細かいメモ
・小足重ねはリバサダンシングを詐欺れる
・フェリシアのコマ投げは無敵なし
・めくりジャンプ攻撃を早めにAGされた場合絶対裏落ちしないかも知れない(要検証)
・クイックムーブ表裏にダンシングはセルフディレクションで当たる。
コマ投げ入れてたらデルタが出る場合があるので、ガード出来たりしたら何かあるかもしれない
・追い討ち決めた後のその場起きはガロンのロングダッシュ攻撃を飛べない

重ねと投げにフェリシアが困った場合、その場起きから発生の速い打撃や投げで切り返す必要があるらしい。とりあえずそこに行ける様にする。行ければさらに選択肢を広げられるはず。


とりあえず今回はこんなので。まとまらん。
ではまた。