コロナ禍における当教室G Jazz Schoolのレッスンの考え方 2020.08.11

レッスンは4月5月はやはり殆どやっていませんでしたが、リモートレッスンはご希望の方はやっていました。少々やりにくいですが。
6月7月と徐々に再開して生徒さんも戻って来ていましたが7月末から感染者がまた増え始め、今は教室に来られる方はだいぶ減っています。
しかしレッスンを受けに来たいという方は基本的には断らず、レッスンを行なっています。
正直言ってどこで誰が感染してもおかしくないと思っています。
もちろんお互い風邪の症状や味覚異常などある場合はレッスンをやめなければいけません。
自覚症状がない場合受け入れていますが、防音室が狭いため、どちらかがもし無症状の感染者であった場合、もう一人にうつしてしまう可能性は高いと思います。楽器を吹く時以外はマスクをするなど気をつけても感染を防ぐことは難しいかと思います。
ただマンツーマンのレッスンですのでクラスターにはならないでしょう。
ということで、気にされる方は来なくなるか、リモートレッスンということになります。
ちなみにこちらの教室は自宅マンションの一室に防音室を設置しレッスンしています。
三畳程度の狭い空間です。
一応換気装置とエアコンはついていますが、狭いので換気は十分ではないと思います。
もう一つの可能性としては、広めのスタジオを生徒さんに予約していただいて、そちらに私が出張レッスンしに行くということも出来ます。
その場合基本的にはスタジオ料金は生徒さんにご負担いただくことになります。

こちらと致しましては日々感染をしないよう気をつけているつもりです。
もちろん皆さんも気をつけられておられると思います。
しかしどんなに気をつけた生活を送ってもリスクはゼロにはならないと思います。
あとはリスクとやりたいことのバランスでしょうか。
それぞれの考え方の問題だと思いますので、こちらとしては来る者拒まず、去る者追わずです。
以前のように国から緊急事態宣言が出ている訳ではありませんから。
もしどちらかが感染したとしても他人を責めないでいただきたい。
私も他人を責めません。
ちなみにうちには高齢者はおりません。

長々書きましたが、少しでも心配がお有りの方は来られないほうが良いと思います。
もしくはリモートレッスンをお勧めします。

G Jazz School 清水賢二
http://gjazz.jp/