Salt Lure Junky

広島市内河川を中心に活動しているチームSalt Lure Junky
シーバスをメインにルアー全般に手を出す素人集団です(笑)
ルアーフィッシングは技術と知識が釣果を伸ばす。 そう信じて悩んで笑う日々を書いてます。

ついに発見!

第一精工のワニグリップを買ってから3年以上経ってますが
今まで裸でドリンクホルダーに突っ込んでたんですよ
そしたら、ドリンクホルダーはとんでもない匂いに・・・・

ホルスター買えって話でしょ?
無理ですよ
高いもん(笑)
あんな物、なんか代用出来る物が有るだろうと
思いながら使ってました。

が!
001
ダイソーで発見!

「ところてん突き」

はじめは、ところてん突きて〜!
って思って見ていたけど、このサイズもしや

002
ニアピン!

若干入り口が狭いのでライターで炙りました。
結構肉厚な樹脂ですから問題なし

さらに、ところてん突き!
003
底が網になってます
もちろんこれは、ところてんを切るのではなく
ワニグリップの水切りの為に作られております(嘘)

そして気になる
自作ならではの安っぽさは
004
思ったより有りません
ちなみにワニグリップはミニですのでご注意ください。

本当はバッカンにロッドホルダーもどきでも付けたいと思って彷徨ってたんですが
なかなか良いのが無くって・・・・
撒餌用の勺を入れる専用のホルダーが良さそうだけど
それ買うぐらいなら第一精工のロッドラックバケツ買うよなぁ〜
第一精工って商品開発の仕事 やりがい有りそうだなぁ

まぁなにはともあれ
ダイソー万歳!


P1010269

新年 明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いします。

と言っても釣りばっかりやってるせいであまり自覚ないんですが(笑)

私は毎年 ガキの使い笑ってはいけないSPを家族で見ながら元日を向かえ
番組が終わると同時に初釣りに出かけ、初日の出を拝みます。
元日に地御前の干潟に一人で浸かった時には
初日の出を拝み終え、長い干潟を歩いて帰っていると
道路にズラッと並んだ初日の出ギャラリーから
指を指された年もありましたっけ(笑)

そんで今年は潮も悪いので
倉橋に気になっていたポイントを攻める為に行ってきました。

去年12月の初旬に最後のイカを釣ったポイントで
まれに見る上手そうな遠投サビキ師と会ったんですが
会話中にも真昼間から尺アジを釣られてビックリさせられた
そんなポイントが有ったんです。
サビキ師は底かごのオキアミをピンポイントから潮を読んだ場所に撃ち
毎回同じピンに仕掛けを投入。
昼の満潮潮止まりにポイントに現れ動き出すと同時に釣りを始められていました。
遠投サビキで潮目も出ていないピンを執拗に叩くので
たまらず、そこには何か有るんですか?と話かけました。
するとサビキ師は苦い顔をして
「お兄ちゃん、釣れる所って言うのは
どんなポイントでも小さい範囲なんよ〜」
(笑)
苦い顔の意味もわかる。
ただ、私のエギングを見ていたからかその説明は完全に初心者相手の話ぶり
ちょっと凹んだ・・・・・
私は初心者じゃない 初級者だ(笑)

地合・ピンポイントも分かる
ただルアーで釣れるかは微妙な所
居ついているより回遊ルートのように感じたが
サビキ師に負けていられない。
釣り場に着き2号のキャロで様子を見てみると
ボトムには何も無いがピンの手前で駆け上がった地形
立ち居地から約35メーター沖 水深満潮で10メーターぐらい
深いな・・・・ 
がギリギリ届く1.5号に変えるとフォール中カウント半ばで軽く感じるレンジが有る
間違いない 
サビキ師が狙っていたのはこの潮だ!!
潮止まりから1時間ノーバイトのままワームチェンジだけしていく
最終的にベビーサーディンを取り出した1投目に
「コンッ!」
キターーー!!!
IMG_0242
25cmと微妙なサイズながらも
今年初の魚に嬉しかった♪

その後アジからの反応は無く
常夜灯の無いポイントなのに
「フッ・・・・・」
とジグヘッドをさらわれる
明かりが無くとも今の倉橋なら魚が通る道
IMG_0243

居ますよね(笑)
しっかり退治してやりました。
サビキ師が昼間にやっていたのはコイツのせいなのか?
またあのオジサンに会えたら聞いてみよう
一応ジグヘッド単体でもチェックはしてみるけど
IMG_0238

コイツや写真も撮れないクラスのメバルちゃん
それからなぜか
120
サバ
高速バイブ化した彼を写真に収めることは難しいです(笑)

アジ・サバ・タチウオ
1匹ずつでしたが元日から五目達成
結構良い釣り出来ました。
明日は親父と餌釣りの日
良いの釣れたらUPします。

今年も皆様が良い釣りできますように♪

今年もいよいよ本日が最後
ことしラストのネタなので長くなりますので覚悟して下さい(笑)
29日から7連休なので今年の釣り収めは兵郡遠征と決めていました。
今回のミッションは
 1.開き用アジ
2.蒲焼用の太刀魚
3.お正月気分な真鯛
4.尺アジ
5.尺メバル

5以外はなんとしてでもやり遂げたいが次期が合い腕も有るなら
ミッションコンプリート可能な程のポテンシャルを持った島なんですよ。
前回島の宿命と言える暴風に手も足も出なかったのでそのリベンジに行って参りました。
島の定期船は一日2本その1便で行き 帰りも朝の1便まる一日投げ倒す覚悟です(笑)
島に着き取り合えず お出迎えしてくれるのは1年中島を囲むアジ!!

121

昼間の1投目からアジ当たり前に成立してしまいます。
浮いているのはデンゴクラス 
その下に25センチクラス活性がそれ程高く無いのが幸いして
25クラスを狙い撃ちしやすく軽量リグを一定レンジに落とす事が容易で
中型を食わせるのには少しテクが要るかなり贅沢な状
況です。 そしてあっと言う間に

125


2・30匹は揃う恐ろしさ
日が落ちて夕まず目に備えるが活性は上がらず状況も変わらず
 しかしかなりピンポイントでリグがドンピシャなら入れ食い
その一例が1〜1.5gのジグヘッド単体にシルエットの小さいワームにのみ反応
フォールスピードとシルエットでしょうね。
フォールもカーブフォールのみの時間とフリーフォールのみの時間が有る。
テクニカルです(笑) その状況を的確に見出したたつやさんさすがです。


普段からインチミノーを常用してないとできない事
アジングと言えばロングワームそんな常識は今は昔の話
マッチザベイトを考えないとたどり着けないレベルですね。
私的には軽量ジグヘッド単体で反応が出せないなんて経験も初めて
リグが届く事より一定のフォールスピードがキモ。

昼間に見つけたどう考えてもメバルポイントでまぁまぁなメバルもキャッチ

 127

しかし湾奥なので尺は無いだろうと適当に見切る。
その後メバルは出なかったが(笑) 夜はアベレージUP

130


25〜28クラス入れ食いとまでは行かないが、
場所に合わせたパターンとカラーチェンジをすれば、あっという間に

128

凄過ぎる離島・・・・・・・
何匹か捌きベイトの確認をすると出てきたのは
爪程のコイカと5mm程度の雑魚 そしてアミ
大きなサイズはイカを食べているようでこのパターンで尺を狙い打つ事にする。

そして結果

131


初尺アジ♪

 途中表層のタダ巻きなんてタイミングも有ったが
基本は小さいシルエットにフォールの調整サイズを選ぶならこれしかない!
今日はママワーム縛りだったのでダートスクイッド1.5のクリア系に1.2gのアジヘッド
湾奥のアジが動くときに一番狭くなる場所で明暗の境にキャスト
下げ潮で水位が下がり群れが外に出て行こうとする考えで自分の中でココだ!
と言うポイント。
そして自作のロッドに自分なりの思いのラインシステムジョーカー0.3号に
2LBフロロリーダー自己満足ながら出来すぎな1匹。
躊躇無く抜きあげたがフックは危なかった

 133

ガッツリと上あごにフッキングしてもフック強度的には抜き上げ限界だったようです。
今年最後に今年最高の思い出を作ってくれた二人の仲間と
兵郡と言うすばらしい環境に感謝帰りの船から見る島が愛おしくてしょうがなかったです。

135


どれほどリリースしたかわかりませんが
控えめに見て一人23〜31cmを100匹以上そんな釣果でした。
 ミッションの開き用アジ今は冷蔵庫で熟成されております(笑)

136


またいつでも行きたいな〜ますますライトリグに引き込まれてしまいます。
それではみなさん良いお年を〜!!

たつやさんより離島遠征計画が許可されたんで
特に意味は無いんですが
逸る気持ちを抑えきれず行ってきました。
IMG_6880

高校の時はちょくちょく行ってたんですけど
いつの間にやらキレイになってる宇品港!!
使うのは初めてで、どっから乗っていいのかソワソワ(笑)
昔の記憶を探りながら上陸した似島なんですが
えらい変わってますね。。。。。
離島と言っても目の前に広島市内の夜景がはっきり見える距離ですので
状況は市内近郊と変わらん感じでした。
風はボチボチで寒波直撃の雪が降る中
2時間ほどバイトも無いまま学園前の桟橋まで行ってしまう。
そこに行くまでも島のあちこちでシーバスのボイル。
完全にサヨリ付きでした。
明るい桟橋の影には無数のシーバスが見えるが
今日はメバル狙いなのでタックルすらない。
明るく水深の有る所は取り合えずメバジギ
IMG_3717

かさご(笑)
場所をかえてスロープや岩場周りを叩くと
IMG_9552

かさご(笑)
道路際の街灯周りのサーフでなんとか
もって帰れるサイズをキャッチ
IMG_4664

しかし後が続かない
結局島を2週して元の桟橋周りを叩いてる途中に
自分の立っている波止の先端に左から流れが入り
巻いている所を発見!!
すかさず0.3gジグヘッド単体のドリフトに変えると
「コツッ」
と小さなバイト
IMG_7832

やっぱアミでしょ〜!
パターンを掴んだとニンマリしたけど
地合短し!
10分でこれだけ
IMG_9818

きびし〜!
島に12時間滞在
地合10分(笑)
メバルは期待したほど多くなかったけど
カサゴはかなりの数が居るので、あまりボトムを釣り荒されてない
そう感じましたが、シャローでミノーが楽しい時期までは
お預けかな?
たまには気分転換に良いかもですよ〜。
バイクで行きましたが
倉橋ランガンのガソリン代より遥かに安く楽でした。
ただ残念な事が1つ有って、浅いのに藻場が無いんですよね・・・・・・

先週の釣りは、風との戦いでした。
私の勤務先の忘年会は毎年
倉橋の民宿で泊り込みなんですよ
別に釣り好きが集まってる訳じゃないんですよ
5年前始めて参加した時は飲み会の席を抜け出し釣りをするなんて
私ぐらいなもんでした。
そんな釣りもしないのに行く民宿
ぼろいけど風情が有ってなんとも言えない落ち着きが有ります。
もちろんお目当ては食事
IMG_2694

超豪華な魚料理の数々
ほんと島の魚料理はたまらんです♪

そこで今年はみんな1発芸を披露
なんて事になり、カラオケですら行かない私は
なんとかコレでこらえてもらおうと爆風のシーズン末期エギングを敢行
湾奥でもなんとかココしかないだろうポイントを発見し
立ち上がる藻場の上をステイ・シェイクで抱かせた
今年渾身の1杯
IMG_9081

ほんと嬉しかった♪
まぁ風でバイトには気が付かなかった事は内緒です(笑)
抱かせた感は有るけど、乗ってたイカ 
あまり考えると微妙な事になりますな・・・・・・

忘年会も無事終わり
1発芸も釣ったアオリの刺身でこらえて貰ったので
これからが本番
今年は会社の初心者2人引き連れてアジング
月夜の影響と思われますが群れが小さく活性が低い
自作の変態ロッドならハッキリとバイトを取って掛けれるが
初心者二人には厳し過ぎたようで、釣らせてあげる事は出来ませんでした。
IMG_7826

リトリーブではバイトが出るが、掛けても口切れ
フォールでは食いにくい、しかもレンジが中層で
ルアーローテが必須。
たま〜に遭遇する、とてもテクニカルなアジングで私は楽しかったんですが

最近そこそこ倉橋方面でもアジングが成立してしまうので
上関や大島に行ってないのが気になる所
来週あたりたつやさん誘って上関・祝島・平群あたり行ってみたいなぁ〜

先週の釣果です
平日短時間釣行のみでしたが秋を少し味わえました♪
ただサイズが・・・・
60cm前後なんですがコノシロを吐きまくる
まだ込み狙いのタイミングではないんでしょうね
PB250220

こんな感じです(笑)
欲張って久々にデッドフロート13.5なんか持ち出すと
50cmぐらいのに食われたり・・・・
有る意味調子は良いようです。

ポイントを移動して下げで大人気なポイントに入ると
やっぱりコノシロが追われている。
こうなってくるとレンジさえ合えばなにやっても食ってくるんですよね
一応表層は確認して反応ないので
固まって追われてるすこし下を145SLDを通すと一撃
PB250223

ただこれっきりで反応も流れもなくなると
セイゴアタックが始まったので終了。

釣れなくてもしんどいし、あっさり釣れても面白く無い
なんだかんだ短時間でしたが3箇所入ってどこも10投で3バイトぐらい拾って移動
そんな中やっぱりスローなドリフトで横っ腹にスレ掛りも有ったんですが
あれってコノシロ叩きに来てるようにしか思えないんですよ
見切って反転した時に引っかかるとか、ボーットしてて引っかかるとか
色んな説が有りますが、テンション張っただけの流し込みに
明確なバイトというか衝撃が有るんですよ
チェイスでミノーの引き重りが消える事も無いし
あのスレ掛りなんとか防げないもんでしょうか・・・・

今週は倉橋と宇品でライト&エギングでした
写真は有りませんが(笑)
来週も忘年回が倉橋で有るんでまたシーバスはお休みですね。
次に遭えるシーバスはアフターか残り物のガリガリか?

シーバスですか?
潮悪すぎます(笑)
人は居ましたが深夜から回遊する私には
増水した河川が満潮3時〜4時だなんてムリです・・・

一応土曜早朝にはホゲてたんですけどね(笑)
昼から雨も上がる予報なのでそのまま島に回遊ルートを変えました

まずは朝マズメ
かなりの雨と風の中で
PB190214

エギング
胴長で22前後を3杯
雨が降ったり、濁ったりするとあからさまにゲキシブなエギング
渋い時ってイカパンチ率がかなり上がるんですが
対処方を知らないのでどうにもならず
先週の爆釣は夢のようでした。。
先週は軽く20杯以上釣ってるんですけどそのイメージで行ったので
ホゲ同然の心境でした。

昼間は
PB190211

デイメバ
シーズン始まるかその前後ぐらいに良く見る波止の藻際にメバルの帯を発見。
そりゃ入れ食いです(笑)最大でも18cmでアベ15cm
適当に満足して激流のエギング特訓してました。
写真のメバル フッキング所の突っ込みは不用です(笑)

夕マズメは
PB190212

アジング
最近見つけた暗闇ポイントでつかの間の入れ食い
20cm前後のアジを10匹程度か?
倉橋でのアジングはデンゴしか釣れなかったんでこれでも十分満足です♪
自作ロッドはパワーが予想外に無くて調度楽しめるサイズ
ってことは離島じゃ使えんだろうな・・・・

夜は
PB190213

ワインド
タチウオはポイント的に私好みのターゲットじゃないんです。
常夜灯の効果が他魚種より強い魚
釣りとしての人気も最高レベル
釣り人が沸いてます
これは港湾奥でヒッソリとデンゴに遊んでもらおうとしていた所
「ギラッ」
としたのでやっつけました
あのギラッは嫌いです。

最後にコジ兄と合流し
風が強くなり始めた深夜に
PB200216

タナゴ!!
ライトリグ中のタナゴ初めて釣りました
同サイズならチヌぐらいのファイトにまともなアジでも釣れたのかと
テトラの上一人緊張が走った瞬間でした

やっぱり秋は面白い
毎年ランカーシーバス連発で秋を満喫してきたけれど
海での欲しがり、五目釣りも面白い!
特に最近は地磯散策を始め常夜灯に頼らない釣りを鍛えた為
秋の倉橋でもポイントの競合無く楽しめる♪
楽しい釣り 趣味の娯楽釣り
ちょっと自分を見失っております。

シーバスはスポーツ
楽しむとか趣味といった感覚や期待は無い
技術の向上なくして、満足出来ないスポーツシーバスフィッシング
技術的に頭打ちで、まだまだ迷走(トンネル)は長そうです。

只今土曜日の深夜 
市内河川 撃てる所探すのに心折れました(笑)
明日は島行って来ます。

平日に仕事を早く上がれる日が有ったので
平日釣行してきました。。。
風が強く潮の効かない中
ポイント2箇所目で釣れそうな気配
橋なんですが、イワシかサヨリか小さめなベイトに向けて小さめなボイル
それだけなら数投で諦めたんですが、橋脚の流れが強い側
そこだけはボイルしないんですよ。
シャローで単発のボイル
一通り流したルアー
わからん・・・・
一応バイブ通しておくか〜
で一撃70cmぐらいのをバラス!!!

こりゃお約束?ホゲる?
そう思いながらも他を撃つ時間も無いし
気になっていたベイト
イワシ・サヨリを無視する事に。
大体にして正体の分からないベイトに着いたボイルなんて
惑わされるだけで、良い思いした事が無い。
ルアーを秋な感じの139Fにして、表層から探りなおそう!

キャストして風に戻されながらもなんとか暗部まで押し込み
流れが強い手前までスローで巻いて、流れを感じてからドリフト開始
橋脚を抜け一番なピンを通った所で
「カンッ!」
と金属的なバイト!
強い吸い込みで堅い場所に当たった感覚後に
久しくシーバスとファイトしてない私の目を覚ましてくれる猛烈な突っ込み
流れも有り寄せれず、数回同じ場所で綱引きエラ洗いをするが
どうも走り方がおかしい、タチウオ並の立ち泳ぎを口を空けたまま見せ付けてくれる
そしてルアーが見えない・・・・
飲まれた!
こうなると余裕は全く無い。リーダーが切れるまでの時間勝負。
楽しむ暇も無くランディング。
PB090205

そりゃ口は空いたままだわ(笑)
可哀想なので体力を残し暴れるシーバスからルアーを外してる途中にリーダーが切れる
あぶな!!!
PB090208

92cm
たまには運が良い時も有るみたいです。
いままで何度も歯擦れでラインブレイクさせているうちに
今では30lb以下のリーダーは全く使わなくなってしまったんですが
そういった経験が生きてくれたのかも知れません。
そしてピンでのボイルが起きなかったのはコイツのせい?
ベイトも分からず6対4で釣れてしまった魚ですね。
ん〜わからん。

毎週週末になるグズグズな天気ですね
ダラダラするのもアレなんで、ブログいじってみます。

お久しぶりで申し訳ありません(笑)
時間も有るし久々なんで長くダラダラ書きます。


実はシーバスちょっと乗り気じゃなかったんですが
フィーモ凄腕で一部モヤモヤな感じなんで
自分も当事者になるべく今月は参加します。
先月の優勝者、名人さんのポイントを見てビックリ!
5本90UP

すげーな(笑)

ほんとは来年からブロックが変更されるらしんで
それから頑張ろうとおもってたんですけどね。
まずは準備からか
PB030200

フック交換

ポイントの偵察じゃないですよ
ここから始まってしまう状態・・・・
PB030199

ラインも交換

リールが今時有り得ない色ですが
突っ込み不用です。
これが気に入ってるんです。
シマノに買い替え予定なんですけどね。

準備もして潮が悪いなりに昨晩偵察に行ってまいりましたが
人が多い・・・・
多少予想はしていたけど、ハイシーズン以外ではまず居ないような中流の
道路から見えないポイントにまで人が居る
しかもあからさまな駐車違反
放水路でも道路にはみ出して停めているバカが居る
私もグレーゾーンに車停めますが、問題無い時間や
スペースを考えてコソコソやってるんですけどね。
グレーゾーンなんて言ってる自分も同罪ですが(笑)

橋は数本撃ってオープンを打つけど
潮位と言い潮と言いオープンで出る感じじゃないのですぐに諦める
なんかベイトが微妙な事になってますね。
さすがの本川は人も居るしアングラーのレベルが違う感じ
何本か水揚げされてるだろう雰囲気。
あとは特に良い場所が無いと言うか釣り出来ない。
河口の橋を散策中ある場所で
あら?人が居ない♪
速攻でバイクのエンジンを止めると橋の暗部から
ツキンボ現る!!!!!
うん 
帰ろう(爆)
キレイにホゲました。。。。。

おまけ編です

暇な変態だけ見て下さい。

最近なにやってたかと言うと
主にエギングです。
去年訳もわからずエギング恐怖症になるぐらいホゲ倒してたんで
今年はシーズンインと同時に開始
IMG_7123

秋イカ堪能させてもらいました。
冷凍庫はアオリだらけ(笑)
なんと言ってもデイゲームが楽しい釣りです。
それに地磯ばかり行ってたんでポイントの競合が無い
今から月夜のメバル対策にも地磯散策は面白いなぁ
なんて思ってたら 1回だけナブラに遭遇
IMG_1953

えーっと
ネリゴ?
初青物♪
シーバスと比べると体調の2倍ファイトしてくれました
こんなん 80以上になると楽しさはほぼ無いじゃろうなぁ
けど滅多に無い獲物に家族は大喜び。
ヤズクラスなんて20cmのメバルより安いんだが・・・・・
一緒に持って帰ってるアオリよりも安いんだが・・・・
スーパーの鮮魚コーナーは見てはいけないと思いました(笑)

更にここからは
自他共に認める変態と呼ばれる事に嬉しさを感じる人だけ見て下さい。

アジに備えるために1番取り組んでたロッド製作
PB050202

ジャストエースのAJK682にAT・L・KT・LFのチタンガイド
スケルトンシートにハイブリットアーバー・コルクグリップ
飛距離・取り回し・すべてを捨てて手に入れた超高感度
軽量リールに合わせた変態バランスのせいでグリップエンドが
シーバスロッドより長い(笑)

感度を上げる為のガイドの小口径化とガイド数11個
PB050203

考え始めたら何が必要で何を捨てるか、寝れないぐらい悩みましたよ
やっぱりメーカーは凄いです。
誰がどんな使い方しても大丈夫なように作られてる
今回作ったロッドはマズ自分以外が納得出来る代物じゃないし
スペック的に問題点が多い。
リールはガイドの関係からシマノ2000番ARCスプール限定
ラインはポリエステル0.1ミリ以下専用
こんなスペックだしたロッドが売れる訳が無いから(笑)
しかしバランサー無しでソアレCI4C2000のバランスが取れる状態は
異常
っていうかあの自重でバランスが取れるロッドなんてあるんだろうか?
ポリエステルのモノフィラ専用ガイドを搭載したロッドなんて無いけど
フロロとはかなり性格が違う
どちらかと言うとPEに近いと感じますが、その素材の可能性は凄いものが有ると思います。
ロッドの軽量化も今回のは徹底しても61g
ウエダなんてスケルトンシート使ってもないのに50g台を叩き出している
ブランクの違いだろうけど相当ブランクが薄いんでしょうねぇ
あのこだわった作り込みは凄い
ブランクの重量なんて想像が付く物だけれどガイドやシートって分からないですもんね
ウエダはIPSリールシートを10.6グラムまで削りこみ、ガイドフットもカット、スレッドも少なくする
やりすぎだろ・・・・・・・
リールシートは分かるが ガイドフットをカットした軽量分はおそらく1gにも満たない
スレッドに関しては0.5gも変わらないでしょう。
あわせて1gの軽量化も出来ていないハズ 
凄まじい拘り
好きです そういうの(笑)
私もアーバー1個1.1gを2個で1.4gまでカットしたり
シートもカットしたりプラスチックのチェックリングですら削りましたから。
私もブランクをジャストエースのHAL692にすれば
高弾性で自重58gのロッドを作れた訳ですが
ブランクを振った感じがあまりにも気に入らなかったんでパスしました。
6.3フィート40t低レジンにカーボンソリッドティップ
そんなブランクが欲しい(爆)
あと改めて分かった事が有ります
自分コルクが好きです。。。。。。。。

季節の変わり目ですね〜!
秋を感じさせる釣果情報もチラホラ聞こえてくるんですが
只今かつてない程の不調っぷりで
やること全てが上手くいかない今日この頃です。

釣れてない反応も無いで作戦も練れない
こういう時は広範囲にランガンして状況確認するのが
私のやり方だったんです。
バイクで市内の橋という橋を撃ちまくるんですが
たまたま偶然が重なって反応を出せるんですよね。
そっから考えて絞る
けどバイクが先週パンクしちゃって・・・・・・
そんでタイヤが届いたのは今日
ムリだわ(笑)

寝てから朝方に勝負か?
しかし天気予報じゃ朝方はムリっぽい
とりあえず家を飛び出したのはいいが
潮位が高すぎるので港湾で遊んで貰って時間潰し

小さなメバルが遊んでくれるハズ!!
そう思ってたんだけど どうも留守らしい
な〜んて、ホンマはメバルすら釣れんかったぁ〜!(泣)
かわりに遊んで貰ったのは
P9010174

ほんといい奴です♪

シーバス釣れんかもしれんし一応写真撮っとこう
そんな後ろ向きな思考が大当たり!
車で仮眠取ってイザ入水って時に気が付くと
川はコーヒー色・・・・・・
また車に戻り増水用にルアーを詰め替え
あれこれするが反応なし。
イナッコの塊が明暗をウロウロするのは確認できるが
流れの早い所を通った瞬間
「ボシュッ!」
って 言わない。
ほんとにシーバス居るのか???
ドブ川にルアーを投げ続ける気力も無くなったので
撤収〜。

帰りながら
前はなんであんなに釣れてたんだろうと考えると
答えは一つ
釣れるか日が登るまでは絶対帰らなかったから。
ちょっと違いますね 
釣れたらもっと帰れませんでした(笑)
もう楽しくてしょうがなくて猿みたいに投げてました。
去年まではわりと順調に成長し続けて来たけど
今年は過去最低の釣果
なんでもある程度出来るようになると
とたんに興醒めしてしまう自分の悪い所が顔を覗かせて来てます。
満足してしまうんでしょうね〜。
釣りは物心付いた時からやってるしおそらく死ぬまでやるでしょう。
けど自分の中でシーバスはちょっと違うんです
だからこそ今から何か見えるまで先の見えないトンネルは
歩き続けよう!
そう心に誓いました。

まったく
一つの事を長く続けるのは難しいモンです。
各方面でエキスパートと呼ばれる方々の凄さが
少しだけ分かった気がします。

このページのトップヘ