Kengoのブログ

ボーカリスト、ボイストレーナー吉田研吾の独り言です。ネタです。ツッコミです。

アメリカ中

ただいまアメリカ旅行中です。


帰ったらブログも更新する予定ですが、

とりあえず旅行中はインスタに写真をアップしてるので、

そちらをご覧いただけたらと思います!
↓↓

人生経験

IMG_5617
「人生経験」ってよく言いますが、

それはたくさんのことを経験してこそ得られるものだと思ってました。



いろんな人に会ったり、

いろんな場所に行ったり、

いろんな勉強をしたり、

いろんな仕事をしたり、



とにかく「いろんな経験をすること」だと思ってました。



でも、ふと「ちょっと待てよ」って思ったんです。



確かに、物理的にたくさんのことを経験すれば

単純に「それをやった」という結果は残ります。



でも、いわゆる「人生経験」って、

ただ「やったかどうか」ということを言ってるんですかね?




それをしたことで、



何を感じたか、

何を考えたか、

何を得られたか、

どうしたかったのか、



など、

その時の自分が「どうあったか」が大事なんじゃないですかね。




例えば何か特別なことや困難なことに直面すると、

色々と感じることも多いと思います。


でも、じゃあただ日頃やらないようなことや困難なことがあれば

それが「人生経験」になるのかって言ったら、

なんかそれも違う気がするんですよね。




ただ「これが楽しかった」「これが嫌だった」という感情だけよりも、



自分はなぜそう感じたんだろう、

他の人ならどう感じるんだろう、

ほんとはどうしたかったんだろう、

今度はどうするようにしようか、



などと、

そこから一歩先の感情や考えに向き合えると、

それが本来の意味での「人生経験」になるんじゃないかな。




物質的な数としてたくさんの経験をしたり、

物質的に特別なことや困難なことを経験したりしても、

それだけだとただ「しただけ」に過ぎない。


僕はその「しただけ」を人生経験とは言いたくないです。



だからこそ、何かをする時に



「今」自分はどう感じているのか

「今」自分は何を考えているのか

「今」自分はどう行動しているのか

「今」自分はどうしたいのか



そんな「その時のリアルタイムな自分」を

ちゃんと見つめたいなと思いました。




そしたら、特別なことや困難じゃなくても、

日頃のなんてことのないようなことでも、

立派な人生経験になるんだと思います。

またアメリカ行くよ

IMG_5597
来月、またアメリカに行くことにしました。

去年の12月にロサンゼルスに行ってアメリカを満喫してきたわけですが、

今年もまた行きたくなったので行きまーす。



今度はラスベガスとロサンゼルスです。

前回よりちょっと長めに滞在する予定です。



ラスベガスは今回で4回目、ロサンゼルスは6回目なので、

かなり行き慣れてますw



なんか、西海岸の方の雰囲気が好きなんですよね〜。




ラスベガスに行くと話すと、よく

「カジノ行くの?」

って聞かれます。



とりあえずラスベガスという地は、いたるところにカジノがあるので、

カジノに「行く」という感じではないんですよね。


だって、空港降りたらいきなりあるし、

IMG_0002
(以前行った時の写真)


どこのホテルも1階は全部カジノだし、

どこに行くにも必ずカジノを通るんです。



ただ、僕はギャンブルに全く興味がないのでやりません。

(酒もタバコもギャンブルもやらない超絶つまらない人間ですw)



ラスベガスは街全体がエンターテインメントにあふれてて、

いるだけで楽しいし、

色んなショーが見られるし、

色んなお店がいっぱいあるし、

飲食店もたくさんあるし、

そういうのが好きなんです。




ロスに関しては今回は、

「アメリカで生活する」ような感覚で滞在してみたいと思ってます。

スーパーで買い物して、自炊して・・みたいな。




最近、

「コンフォートゾーンを抜ける」

ということを意識することがあります。



コンフォートゾーンとは、言ってしまえば慣れ親しんだ無難な状態みたいなこと。

安心できる状態なので居心地はいいんですが、

新たな発見や学びは生まれにくいっていう。

(詳しく知りたい方はご自身でググってどうぞ。)




僕はなんとなく保守的なところがあると自分で思ってるので、

たまーに意識的に「普段と違うこと」をしてみようと思ってるんです。


それがちょっとした刺激になって楽しくもあるし、

今までとは違う感覚になれたりするので。



だからきっと、ちょいちょい海外に出て、

地理的にも気持ち的にも普段の状態から離れてみたいんだと思います。




正直、あまり間をあけてしまうと、

レッスン受けたいと思っていただけている方々に申し訳ないなと思う気持ちもあるんです。



でも、これは僕の自分勝手な持論ですが、

良いレッスンをするためには、僕が良い状態でいなきゃいけないので、

そのためにもたくさん楽しんで、

コンフォートゾーンをガンガン抜けて磨きをかけないと。



それがあってこその僕だから、ごめんねー行ってくるねーって感じですw


(アメリカ行くのも僕にとってはある意味コンフォートなことなので、

それがコンフォートゾーンを抜けることになるのかどうかはよく分かりませんが。)




実際、海外に出ると日本の色んなことが見えるようになるし、

慣れ親しんだ日常を離れたり、

今までやったことなかったことをやったりすると、

自分の新たな境地を垣間見れたりするんですよね。



「大丈夫!」って思えて勇気が出たり、恐れていたことがなくなったり。

そうするとまたさらに前進できる感じがします。



そんなのも含めて楽しみたいと思ってます。

IMG_5104

それ、やったことあんの?

IMG_5583
最近つくづく思うのが、


「大体のことは思い込み」


ってことなんです。

もしくは、


「自分がそう思ってるからそうなってる」


とかね。



簡単に言ってしまえば、


「世の中そんなに甘くない」

「お金は苦労して得るものだ」

「頑張らないと成果は出ない」


みたいなやつです。



そう思ってる人にはそう見える(そうなる)んだなーって感じるんです。



なんかそれを、いかにもこの世の摂理や一般論かのように言ってる人いるけど、

それはどれだけの経験で、

どれだけの人の例を見て言ってるのかな?って思うんです。




じゃあ「世の中甘くない」って言ってる人は、

自分にとって甘い行動だけを取ってみたことあるんですかね?


自分を戒めることもなく、頑張ることも努力することもすべて放棄して、

それを「悪」とせず、それを全く恐れず、

自分を完全に甘やかした状態で過ごしたことあるんですかね?



中途半端に頑張るとか、中途半端に逃げるとかもダメですよ。

完全に全ての行動を、楽する、甘える、逃げる。


しかも、「こんなんじゃダメだ」って思ったり焦ったりすることもなく、

心から「それでいいんだ」ってちゃんと思い込んで、

100%「甘い」状態で過ごすってことです。




たぶんね、やったことないと思うんです。

怖くてできないと思うんです。

なぜなら「甘くない」「甘い状態ではやっていけない」って思いこんでるから。



やったことないのに、世の中が甘いか甘くないかなんて分からないでしょ?



結局「こういうもんだ」って言ってても、

それって「自分の主観」が入ってるんですよね。



そう見ようと思うとそういう風に見えるんです。

だから、結局はその人の目で見ているものでしかない、個人の思い込み。




生徒さんが面白いこと言ってました。


自分が不得意で嫌いな発声練習を、一日20分間絶対にやる。

それを2ヶ月間毎日続けてみて、

どういう効果があるか検証してみるとのことです。


それで自分的に得るものがなければ、もう一生その嫌いな練習はやらないって(笑)。



要は、

「自分は嫌だけど、やった方がいいと言われているもの」を

無理にでもガッツリやってみたら果たして効果が出るのかってことですね。



あと逆に、「本当は好きだけど、やらない方がいいと言われているもの」を

やってみるという検証も。


例えば、大好きなんだけど体に悪いと思って避けてきた食べ物を、

思い切って食べてみるとかね。



そうやって自分自身で検証してみるのが面白いって。




それ、僕もすごーくよく分かります!


僕も過去に、「食べたいものを食べたい時に食べたいだけ食べる」というのを

検証してみたことがあります。


その結果はブログにも書きましたが、

「こうしなきゃ」「これじゃいけない」って考える必要はなかったっていう結論です。

要するに、制限なく好き勝手してて大丈夫っていうこと。




結局人それぞれ色んな思い込みがあるから、

死なない程度にとにかくやってみたらいい。


やったことないのに「こういうもんだ」とか言わないで、

ガッツリ自分自身の体と心で味わってみましょうよ。



結構勇気もいるので、まずは期間限定でやってみるとお手軽に試せますよ。


そうすると、自分が持ってる思い込みがちょっとずつ外れてきて、

面白い景色がたくさん見えてきます!

嫌なことやめるとうまくいく

IMG_5558
僕は基本的に、自分が嫌だと思うことはやらないようにしています。


なぜなら、嫌だと感じるということは、

自分に「適していない」ということだから。




当たり前ですが、この世に同じ人間って一人もいないんですよね。

似てる人とか近い人はいたとしても、全く同じ人間は存在しません。

僕の知る限り。



みんなそれぞれに感じ方、好き嫌い、得意不得意があって、

だからこそ一人一人に個性が出るわけで、

だからこそ面白い。



わざわざ意図的に人と違うことをしようとしなくても、

自分の感じたままに、好き嫌いや得意不得意に従ってれば、

必然的に人と違うことになるわけ。




僕は、せっかくこの「自分」という人間に生まれてきたんだから、

自分が持っている個性、適正、長けているもの、得意なことなどを

ガッツリ活かして生きていきたいと思っています。


それがきっと人様のためにもなるし、

社会貢献にもなるって信じてるから。


なによりその方が自分も楽しいしね。



で、自分をガッツリ活かすためには、

自分に適していないことを一生懸命やっててもしょうがない。

だから嫌なことはやらないんです。




僕がここ最近でやめたことは、

「毎月のレッスンのスケジューリング」

です。



これまでは、毎月生徒さんに希望の日時を聞いて、

僕がまとめて月のスケジュールを組んでたんです。

いわゆる、シフトを組むような感じで。



その方が、なにより生徒さんの希望に沿いやすいだろうし、

僕も自分にとって都合よく予定が組めると思ってたんです。



しかしこれが大変だった。。。



正直、うちには何十人という数の生徒さんがいらっしゃるわけです。


その全員の希望通りなんて無理だし、

そっちを優先すると今度は僕の休みがなくなったり、

自分的に変なペースでレッスンをすることになったりもします。



そして、組んだ日程を一人一人にメールでお伝えしてたので、

日程と曜日と時間とお月謝の金額に間違いがないように

ちゃんと確認しながら一人一人にメールを書くという作業もまた大変でした。



だから毎月スケジューリングをする日は

3〜4時間くらいかけてそれをやってたんです。




それでいて、期日に遅れて希望日を出してくる人もいれば、

「やっぱり変更したい」と言ってくる人もいるわけです。


その諸々を全部一人でやるのは、正直かなりの手間であり、

「嫌なこと」でした。



それでも、生徒さんのために、自分のために、

それがベストだと思って「頑張って」やってました。

好きになろうと努力もしました。



でも、さすがにもう「嫌なことはやりたくない!」ってなったので、

それを手放したんです。



この夏から、外部の予約システムを使うことにしました。



僕がレッスン可能な日時をあらかじめ設定しておいて、

その中で生徒さんのお好きなところを自分で予約していただくようにしました。



そしたらこれがまた大好評!


皆さんから「予約システム、めっちゃいいです!」っていう声が続出。


(とりあえず僕の耳に入って来てるのは好評な声ばかりなので、

もしかしたらそうじゃない意見を持ってる人もいるのかもしれないけど、

現状僕が見ている世界の中では好評なんですw)




僕自身も、レッスンしたい日とか時間帯とかをあらかじめ好きなように設定しちゃっているので、

自分的に変なペースになることもほぼないんです。


それに、今までスケジューリングに割いてた時間と労力が

ほぼゼロになったから、ちょーーー楽ちん。




予約システムには、業者さんに使用料をお支払いしてます。

僕的には、喜んでお支払いしてます。


自分が不得意で、自分には適さないこと、できないことを、

それが得意な方(専門の会社)にやっていただけるわけですから。


(ちなみに、「できるけどやりたくないこと」は、

僕の中ではそれはもう「できないこと」という認識です。)



システムを導入する時に、その会社の方にも、

「〇〇さんのおかげでとても助かりました。ありがとうございました!」

とお礼を伝えたら、

「そのように言っていただけて私も本当に嬉しいです。涙が出そうです」

っておっしゃってました。




こうやって、僕が「適さない」と思ったところには、

それが「適している」人がいて、

だからこそうまく支え合うことができる。


そしたら、それに関わる人にもいい影響が出る。



僕も、生徒さんも、業者の方も、みんな喜んでる。

まさにWin-Winですよね。


これがきれいな形の社会の成り立ちなんじゃないかと思ってます。

名言よりも明言

IMG_5557
なんだかんだで、筆文字続いてますw



何かしら書いてみては、


「どっかのお土産屋さんの絵葉書コーナー辺りに置いてそ〜!」


って勝手に自画自賛して喜んでみたり、


「なんか味があるっぽく書いてるけど、これ単なる下手な字じゃね・・?」


って勝手に自信なくなってみたり、


そんな自分の感情のあれこれも含めて楽しんでます。




こうやって筆で文言を書いてると、なんだか

「良いこと言わなきゃ」

みたいな気分になってくるんですよね。



この手のものって、大体「良いこと」書いてあるでしょ。

名言的な。




でも僕はそういうのが書きたいわけじゃないんですよね。


人の心に響くものを書こうとか、

人の世の真理を書こうとか、


正直そんなことは全然思ってないんです。



もちろん、

なんか感じてもらえたらそれに越したことはないんだけど、

それは僕が打算でやることじゃないでしょ。


受け売りや、あざとい感じになるのは嫌なんです。



別にそんな偉そうなこと言えるような人間でもないし、

そもそも何が響くかなんて知らないし。




だから、僕自身が実際に体感したこととか、

ちゃんと実感したこととかを踏まえて、

自分的に良い気づきだったことを、


「僕はこうだったよ、こう思ったよ」


って言ってみようかなと思ってます。



だから、名言は書けないかもしれないけど、

自分の言葉で明言します。

意外と大丈夫

IMG_5561
僕はここ最近、ライブをやるペースは年に1〜2回くらいです。


かつて一番多い時は週5日とかのペースでしたが、

今はほんと、気が向いた時しかやってません。



でも、ライブをやる夢を何気によく見るんです。

しかも、大体嫌な夢。



なんで嫌かっていうと、ライブの夢を見る時はなぜかいつも、


「練習をしてない状態で本番に臨む」


という状況で、メチャクチャ焦るからです。




例えば、ライブでカバー曲をやると。

でも、本番当日なのに、僕はその曲をほとんど聞いてなくて、

当然メロディーも全然覚えていない。


歌詞も入ってなければ、ピアノも弾けない。

譜面も何も用意してない。



夢なので状況はよく分かりませんが、

たぶん、単純に練習&準備を怠ってたんでしょうね。



で、そんなどうしようもない状態で、もう本番だよっていう。

これはメチャクチャ焦る!

メンバーやスタッフ、お客さんにも申し訳ないっていう罪悪感でいっぱい。。




まぁ、そんな夢をよく見るわけです。


今まで生きてきて、現実でそんな状況になったことは一度もないんですよ。

なんだかんだでしっかり準備してから本番に臨むので。


夢なので、何かしら精神的な影響が出てるんでしょうかね。

普段の生活では何も追われるような状況はないのにw




で、今日もそんな夢を見たんです。

でも、今までとちょっと違う点がありました。


それは、どこか

「練習してないけど、まぁいっか」

っていう精神状態だったっていうこと。



今日の夢の場合だと、バンド編成で何人かメンバーがいる状態でした。

本番前日にスタジオに入って、さぁ合わせますってなった時に、

僕は例によって曲をほとんど聞いてないし、覚えてない。

だから歌えない。



何人もの人が絡んでるのに、僕一人そんなどうしようもない状態で

どの面下げてメンバーに会えばいいんだ・・と普通なら思う状況。


多少は思ってるんですよ。申し訳ないな〜って。

多少の焦りもあるんです。



でもこの時の僕はどうも

「だって、やりたくなかったんだからしょうがないじゃん」

って多少開き直ってるご様子w



それを正直にバンドメンバーに

「僕、曲を2回くらいしか聞いてないから、全然歌えないんだよね」

って言ったら、メンバーが、

「あ〜(笑)、いいよ、適当で」

ってサラっと返してくれる。



え、いいの?じゃあ、いっか!

みたいな状況。



だからその夢を見た時の気持ちとしても、

「あ、意外と大丈夫なんだな」

っていう感じ。

だから焦りも罪悪感もほとんどない。




なんかね、僕は色んなことを「こうなったらどうしよう」って思っちゃう、

「思いグセ」が昔からあるんですよ。

で、勝手に不安になったり焦ったり。


でも、いざそれをやる時になると、

意外とすんなりいっちゃう。

多少トラブったとしても、なんとかなっちゃう。


結果的に、不安に思ってたような悲惨なことには大体ならないっていう。



そんなことを何度も経験してるから、

「不安にならなくても大丈夫」って頭では分かってるはずなんです。


でも、思いグセってなかなか取れないもんですね。

好き勝手に生きてる今でさえ、まだまだ不安になっちゃうくらいなんで。




でも、今日の夢で、

「大体のことは大丈夫」ってだいぶ思えてきたのかもって実感しました。


自分が思ってるより、意外と大丈夫。

こんなの書いてみた

IMG_5541
とりあえずこんなの書いてみました。

なんとなーくバランス考えてみたり、

なんとなーく強弱付けてみたり、

書くの面白いです。



いろんなのを書いてみたいんですが、

とりあえず文言は自分が適当に思い付いたの書いてます。



ツイッターでもよく、気付いたこととか思ったこととかをつぶやいたりしてるんですが、

そんな感じで書いてみてます。


ツイッターより文字数限られるから大変w




今回書いたのは


「人がなんて言うかより、自分の心がなんて言ってるか」


です。




何をするにしても、人の目って気にはなりますよね。

どう思われてるのかなとか。


誰かと比較したりもしちゃいますし。


それは自然なことだと思ってます。



ただ、そこにとらわれすぎると、

実際に自分がどうしたいかが分からなくなるんですよね。



実際にしていることよりも、その先にある


「良い評価をされたい」

「好かれたい」

「秀でたい」


みたいな二次的欲求に目がいきがちというか。



それより、今やってることに純粋に目(意識)を向けませんかと。




僕もこういう筆文字なんてものを初めてやってみて、

いざ人様の目にさらすとなると、

正直どう見られるかは気になるもんなんですよ。



ヘッタクソって思われるかな〜とか、

汚くて読めないって思われるかな〜とか、

「は?なにこれ」って思われちゃうかな〜とか(笑)。



そういう気持ちがゼロっていうわけではないんです。



でも、そんなの気にしてたら楽しく書けないでしょ。

それはつまんない。

せっかく楽しいこと見つけたのにw



あと、嫌なら人目にさらさなきゃいいわけですが、

それもそれでつまんない。

せっかくだったら見てほしいから、

SNSという現代の便利な道具を使って表に出したいわけです。




僕はとにかく「後先よりも、今やってることを楽しみたい」ので、

「自分の心がどうしたいって言ってるか」を重視してるんです。


結局のところ、それに勝るものはないんですよ。



人の評価は、自分の思い通りのものが返ってこないこともあるけど、

「自分の心に従ってやる」という行為そのものが

もうその時点で「自分の思い通り」ということなので。

新しい趣味

最近、新しい趣味が一つ増えました〜。

筆文字です!


筆ペンを使って字を書くだけなんですけどね、

なんか楽しくて。



僕はもともと、別に字がうまい方でもなんでもないんですが、

筆を使って好きなように書いてると、

下手でもなんでも味があるように見えるから嬉しい。




そもそも、正解なんてないらしいです。


「こう書くとバランスいいよ」とか、

「こうすると味が出るよ」とか、

そういうのはあるみたいですが、


こうじゃなきゃダメとか、

これが決まりとか、

そういうのはないんだって。



だから自由。

どう書いても、自分が書いたものが正解。



例えそれが読みにくかろうが、

別の字に見えようが、

関係ないんです。




だから僕は自分が書きたいように書きます。

どう見えるかは、見た人次第。



なんか感じるものや響くものがあったら、

それはそれで僕も嬉しいです。



でも、うまく読めなかったり、

ただ「へたくそ」って感じたりしても、

それも感じる側の自由です。


僕は知りませんw




なんかそういうのって、歌と似てるな〜と思うんです。

全く同じことが歌にも言えるから。


なんなら、人の「生き方」にも言えると思う。




その辺の共通点を感じて、

楽しくやってます。


せっかくだから、

書いたものをブログでもちょいちょいシェアしていきますね。


インスタとかツイッターとかにも上げるかも。



とりあえず、この間インスタにも上げた自分の名前。


インプットとアウトプット

なんか、ブログをガーーーっと書きたくなる時と、

どーも書く気が起こらない時と、

ムラがあるんですよね。




たぶんだけど、


書きたくなる時って自分が「アウトプットしたい時」で、

書く気が起こらない時って「インプットしていたい時」なのかも


と思いました。



だからこのブログも、

ちょいちょい更新がある時と、

しばらく滞る時とあるんですよね。



基本的に普段から、

色々本を読んだり、人と話したり、

ネット記事を読んだり、動画を見たりして、

色んなインプットをしてるんです。



そういうのをレッスンでも当然活かしてるので、

それもアウトプットっちゃアウトプットなんですけど、

「公に発信したい!」って思う時とはまた別の感情なんでしょうね。



なんか自分の中で落とし込めたり、

「こう言いたい!」って思えたりすると、

表に出したくなります。




ブログって更新頻度が高い方がいいみたいですけど、

僕は自分のそんなペースに任せて書いてます。
Profile

Kengo

ボイストレーナー、カウンセラーです

ボイストレーナー、カウンセラーやってます。
レッスン、セッションにご興味ある方は、こちらのワイドボイスのホームページをご覧下さい。

counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
月別
記事検索
QRコード
QRコード
Twitter プロフィール
Kengoのツイッター
  • ライブドアブログ