Kengoのブログ

ボーカリスト、ボイストレーナー吉田研吾の独り言です。ネタです。ツッコミです。

ポジティブかどうか

僕は何か行動する時に、


「ポジティブかどうか」


を基準にしてみてます。


ポジティブというと前向きっていう意味がありますが、

僕の中で「ポジティブかどうか」というのは、


・気分が乗ってるかどうか

・気が向いてるかどうか

・良い気分になるかどうか

・ワクワクするかどうか

・好きかどうか

・そうしたいかどうか

・ピンと来るかどうか


みたいな感じです。


だから何か行動をする時に、上記の気分にならなければ基本やりません。



例えば時間が出来た時に、

「せっかくまとまった時間が出来たから本でも読もうかな」

と思ったとします。


それがポジティブ(やりたいと思ってる)ならやります。


でもそれが、「本を読む時間を作らなきゃ」、「勉強しなきゃ」と、

どこか義務的に根底で思ってるとしたら、

それは


「勉強しないと成長しないからダメだ」

=成長しない人間はダメ、自分はそうなりたくない(なるのが怖い)


「本を読まないのは知識がつかなくてダメだ」

=知識のない人間はダメ、自分はそうなりたくない(なるのが怖い)


っていう、ネガティブな状態なんです。


もちろん、それでも行動するきっかけにはなりますし、

実際に自分のためになることもあるかもしれません。


だから否定はしませんが、

根底がネガティブな状態っていうのは、まぁ力が弱いし脆いと僕は思ってるんです。

だって、本当はやりたいと思ってないから。

義務感、恐怖感で動いてるだけだから。

実際に本を読んだところで進まないし頭に入らないし身にならない。


で、例えそうやって無理矢理身につけた知識があったところで、

それを生かしたいと思いますかね?イヤイヤだったのに?


最初はイヤイヤだったけど、いざやってみたらおもしろくなったっていうこともあると思います。

そしたらそれはそれでいいんです。

「おもしろくなった」んだから。


要は、好きなことにかける情熱の方がよっぽど力がありますよねっていうことです。



だから僕は、「本読みたい!」と思ったら読みます。

読んでも、もし「つまんない」と思ったら読み飛ばすか、やめちゃいます。

でも、「おもしろい」と思ったらこっちのもんです。

時間も忘れて読み続けます。

そうすると、しっかり頭に入ってるし、納得行ってるし、役立てられる自信があります。



気が向いたらやる、向かなければやらない。


そうすると、


行動力がなくなってしまうのではないか

成長しないのではないか


と思えるかもしれません。


でも、少しでも気分が向いてることなら、とにかくやってみるんです。

条件とか関係なしに。


これをやって意味があるんだろうか・・

お金かかっちゃうし・・

時間かかっちゃうし・・

結構大変そうだし・・


とか考えないんです。


その時気が向いててやりたいと思ってるなら、どうであれやるんです。

だから、行動力がなくなるわけじゃありません。

むしろ好き好んでやってるから動く動く。

そして、それがすごくいい経験になるし、身になるんです。



あと、成長に関していえば、何をもって「成長」とするかは人それぞれです。

なにも、好きでもないことが出来るようになることや、

めんどくさかったり苦痛なことをすることや、

自分にとって小難しいことが出来るようになることだけが「成長」だなんてことはありません。


新しい考え方が出来るようになることだって成長だし、

楽しいことが増えることだって、好きなことの知識が増えることだって成長、

それでいいと思うんです。


だから気が向くことだけやってても、十分成長にはなるので、

そこをいちいち気にしなくても勝手に成長するから大丈夫です。



よく、


待ち受け画面をこれにすると幸せになる

家具の配置はこうした方がいい


みたいな、運気に関する縁起みたいなことってありますよね。

それも僕は、それをすると自分がポジティブになる、

もしくは、それをしようとするとワクワクするなら良いと思うんです。


でも、


「幸せになるから」ということで好きでもない画像を待ち受けにした。

「運気が上がるから」ということで生活に不便だけど家具の配置を変えた。


としたら、

そもそもその行為自体が「幸せ」なのかって話なんです。

その時の自分の気持ちが幸せじゃないのに、いつか幸せ来ますかね?

そんな気分でいて運気なんて上がりますかね?

んー、それはない気がします。



それこそ、運気とかって色んな考え方があると思いますが、

僕は

「自分の気持ちが良ければ、運気はいくらでも良くなる」


逆に、

「自分の気持ちが良くなければ、いくら良いとされてることをしてもむしろ運気は悪くなる」

と思ってるんです。


だから、そういう縁起もので、

それで自分が気分がいいなら、ポジティブな気分になれるなら良いと思うんです。

でもそうじゃないなら、どんなに「良い」とされてるものでも、

それは自分には向いてなかったっていうことでいいと思います。




「財布は高い物を持ってた方がいいらしいよ」

本当に欲しいと思えばいくらお金を出してもそうするし、

ピンと来るものがなければ買わない。

逆に、安かったけど自分はこれが好きだからと思ったらそれにする。


「知人から何かのお誘いがあった」

行きたいなーと思ったら行くし、ビミョーだったらお断りします。

お付き合いだから・・とか考えません。(すいませんw)

でも、自分がやりたいことなら自らガンガン赴くし、誘います。


「こういうの食べた方が体にいいよ」

好きなら食べるし、嫌いなら食べません。

それほど好きじゃなくても、体にいいのか!ってワクワクできれば食べます。

いくら体によくても、自分がウゲーってなるなら食べません。



・・と、僕はこんなスタンスで生きてます。


おかげさまで、楽しい毎日を送れてますよ。

言ってしまえば、そういうスタンスにしてからドンドン色んなことが良い方向に行くようになりました。


「自分がポジティブかどうか」っていう、

見ようによってはちょっと危なっかしく見えるやり方で生きてますが、

それでも全然大丈夫なんですよってことが言いたかったんです。

心のままに

ブログに日常のことを書こうかな〜と思うんですが、要は大体毎日レッスンなんですよね。

レッスンではいろんな人に会っていろんなことがあるけど、

こんな生徒さんが来てこんなことやって・・っていうのは、さすがにプライベートなことだからね。



かと言って、今日食べたものとか書いたところで別におもしろくもないし。。


僕は日々何してるだろう。

YouTube見たり、テレビ見たり、本読んだり、家事したり。


んー、ネタにならない・・w



あとは、よくいろんなことを考えたりしてます。

それこそ生徒さんの話を色々聞いて、その人にとってベストな状態になるのはどうしたらいいかな〜っていうのを考えます。

そのために、レッスン以外の時間を使って学んだり考えたりしてます。


日常的にやってることってそれも大きいかも。

それならネタになるかな。



最近生徒さんともよく話すのは、「心のままに」っていうテーマ。

「心のままに」じゃない状態っていうのは、



〜〜すべき

〜〜しなきゃ

〜〜した方がいい

〜〜はダメなこと




みたいな状態で行動しちゃうこと。

それって自分の心に従ってないんだよね。


自分の心の向かってる方向と違うことをしちゃうことになるわけです。

結局その行動は自分の奥底で納得してないわけ。


そうするとどうなるかっていうと、

気付かないうちに自分の中でチグハグが起きてるから、



自信がなくなる。

イライラする。

不満が多くなる。

不安になる。




そうすると、自分の中で誤作動が起きてくる。

例えば、



体調を崩す。

精神を病む。

他人を傷つける。

何かに過剰に依存する。




など。


なーんも良いことないの。うまくいかないの。


じゃあ逆に心のままに動けば、



体が元気。

心が元気。

他人に優しくなる。

自分で選んで行動する。




ってなる。


「心のままに」って一見すると、



嫌なことから逃げていて成長がない

甘ったれてる

わがまま

人としておかしい




って思えちゃうかもしれないんだけど、

それを気にして「素晴らしい人」になろうと頑張った結果が、


病気になったりヘコんだり他人を傷つけたり依存したり・・・


ってなるんだったら、それって目指してたことの逆になってるよね。


不思議ですよね。


一般的に人として「良い」とされていること、

例えば、



成長

協調

忍耐

努力




を意識すればするほど、結果が逆の方になっていくっていう。

僕はそこに気付いちゃったんです。


幸せになりたいとか、成功したいとか、良い人間になりたいとか、


人それぞれ自分にとって「こうなったらベスト」なことってあると思うんです。


だったらそのためには「心のままに」行動しましょって話なんです。

だから生徒さんにもそういう話してます。



昔の自分のブログ読んでると、

街中でこんなおかしなことがありましたーみたいなおもしろネタが結構多くて、

自分でも読み返して結構楽しんでたりするんですが(←幸せな人)、

最近は僕まじめになっちゃったみたいですw


だからこういう「気付きネタ」みたいのが増えてきたけど、

まぁいっか。

おいしいもの

なんか、おいしいものをウワーっと食べたくなって、ビュッフェ行きました。

で、さんざん食べた後に、おいしいソフトクリーム食べました。

image



クレミアソフトっていうソフトクリームです。

生クリームの味がしっかりして、とにかく濃厚なんです。

で、コーンの部分がラングドシャ(白い恋人っぽいクッキー的なやつ)になってるんです。


僕はこの「ラングドシャ」っていうのは、ずっと「ラングド社」だと思ってました。

ラングド社製の・・みたいな。

違うよと。



カラオケも行って来ました。

アーティストの生徒さんの曲でカラオケに入ってるのは歌ってみたり。

レッスンでやってたりするとね、覚えちゃうからね。



夜は鉄板焼き食べに行きまして。

そしたら、「鉄板たこ焼き」なるものがありまして。

たこ焼き好きとしては食べておかねば!ということで、食べました。


めちゃくちゃおいしかったんですよ。

トロ〜っとしてて。


写真も撮ったんですよ。


でもね、


なんかね、


僕が撮った写真がね、ビミョーなんですよ。。



パッと見、なんだか分かりにくいというか。



いや、これが鉄板たこ焼きなんですよ。

おいしいんですよ。

僕の写真の撮り方が悪かっただけなんですよ。


でも、写真だとなんか臓器っぽいというか。



image



ほら。。

短冊

七夕シーズンということで、近所の街中には短冊の飾られた笹がたくさん飾られています。

たくさんの願い事があるな〜と思いながら見てたら、ちょっと気になるものがありました。


「子供がピアノを楽しく弾けるようになりますように」


と。

きっと小さいお子さんを持つ親御さんなんでしょうね。

その子にピアノを習わせてるんでしょうね。


結果として、「ピアノを楽しく弾ける」っていう事実自体は素晴らしいことだなと思うんです。

僕も自分がピアノ弾けて良かったなと思いますし、楽しんでやってるので。

(ちなみに僕の場合は自らピアノやりたいと言い始めたクチです。)



ただ、「楽しく弾けるようになりますように」ってことは、

その子はたぶん今は楽しく弾けてないんでしょうね。



なんでもそうなんだけど、嫌だなと思いながらやってることって、


・やる目的自体がそもそも向いてない or 好きじゃない

・方法が合ってない


そのどっちかだと思うんですね。


その子が今ピアノを楽しく弾けてないなら、


・本人は大して好きでもないのに親に無理矢理習わされてる

・先生が合ってない、指導法や弾く曲が合わない、練習の仕方が合わない


の、どっちか。



とりあえず、習ってる先生が合ってない場合もあるから、まずは先生を変えてあげてほしいかなー。

それで楽しくできるようになればピアノが好きになれるかもしれないし。


それでも楽しく弾けないなら、もうピアノに執着しなくていいじゃんと思う。

その子がやりたいなと思えることが向いてることで、その方が生きるんだし。

純粋に興味があることとか、やりたいと思えることをやらせてあげてほしいなと。

好きで、向いてること生かしていける方が楽しいじゃん。



「今は大変かもしれないけど、やっておけばゆくゆくは絶対よかったと思えるから」


ってことでやってるのかな。


僕はこの、

「ゆくゆくは」

「絶対良い」

がネックだと思ってます。


「ゆくゆく」というのは要は未来のこと。

未来のことが分かる人なんていますかね。

絶対その通りになることなんて、ありますかね。

誰にも知りえない、よく分かりもしない未来のことにとらわれて、

大切な「今」の時間を嫌なことにしてしまう必要、ありますかね。


あと、「誰にとっても絶対良い」ことなんて、ありますかね。

この世の中って「相対」の世界なので、「絶対」なものってないんですよね。何一つ。

だから、何が「良い」のかは、人それぞれ違うんですよね。

存在するのは、あくまでも「その人にとって」良いか悪いか。


「ピアノやっておけば万人が幸せ」なんてことはないです。

無理矢理ピアノ習わされたせいで嫌いになったっていう話もよく聞きますしね。


だったら、「その人にとって何が良いか」を探すことの方がよっぽどよくないですかね?



なんかね、大人になってから


「やりたいことが分からない」

「自分には何が向いてるのか分からない」


って言ってる人っていっぱいいるんです。


結果、頑張って嫌なことしてる。

向いてないことしてる。

それでストレスたまったり、病んだりしちゃう。



それって、


「今は嫌でもこれをやっておけばゆくゆく良いから」

「こうした方が良いから」


という一般的な固定概念のもとで、

よく分かりもしない未来のために、

万人にとって絶対的に良いことだと思わされて、

無理矢理やってきた(やらされてきた)ことの代償だと思うんです。


そこの裏には、

「自分がやりたいかやりたくないかは大事じゃない。大事なのは何を"した方がいい"かだ」

「今は大事じゃない。大事なのは未来だ」

っていうのが隠れてるわけですよ。

あくまで「一般的な概念」や「未来」が大事っていうことになってるから。


それじゃあ〜やりたいことが分からなくもなりますよね。


それに、

「いつか来るであろう未来の幸せのために、今は嫌な思いをしておこう」

って思いながらずーっと過ごしてるので、

その「今」の連続だから、結果ずっと「嫌な思い」っていう。

気付いたら、「いつか来るであろう未来の幸せ」はいつ来るの?っていう状態。



本人の幸せ=一般的に言われてる幸せ


のはずがないんですよ。

人は一人一人いろんな価値観、考え、好み、向き不向きがあるんだから。

それを一つの枠にはめようとするからおかしなことになるんです。


本人の幸せ=その人が本当に好きなこと、向いてること、求めてることができること


なんじゃないのかなー。



じゃあ人にとって一番必要なのは、その人が


何が好きか、

何が向いてるか、

何を求めているのか、


をちゃんと「知ること」ですよね。



だから、良かれと思ってピアノを習わせてても、

もし本人が嫌々やってるとしたら、結果として

「やりたいことが分からない大人」

への道まっしぐらです。



それなら、


「ピアノを楽しく弾けるようになりますように」


じゃなくて、


「本人が楽しいと思えることを心置きなく精一杯できますように」


って僕なら願いたいかな。

自分を分かってない

僕、人からよく

「食べ物の好みが難しい」

って言われるんです。

何かあげようと思っても、何を選べばいいか分からないと。


そんなことないっしょー

分かりやすいっしょー

とりあえず何かスイーツ与えときゃ喜ぶし。


・・・って自分では思ってたんです。


だから、

僕を分かってくれる人はなかなかいないな〜

もっと理解しなさいよー!

なんて思ってみたり。



でも、ちょっと待てよと。

ちょ待てよと。



僕自身、自分の好み分かってますかね?



確かに、自分で「あ、これおいしそうだなー」と思って何かスイーツとか買って帰ったりしますが、

「これは当たりだった!大好きな味!」

となることって、まーないんですよ。

当たりはたぶん全体の5%くらい。

5パーですよ。

かなりのバクチなんです。



スイーツはスイーツでも、

例えばスポンジっぽいのが基本苦手とか、

かと言ってスポンジが嫌いなわけではなくて、フワッとしてたりあんまり量が多くなければいいとか、

生クリーム好き、でも植物性のうっすいのはそんなに好きじゃないとか、

和菓子は基本的に得意じゃない、でも「こしあん」だけはたまに食べたくなるとか、

豆っぽいものが基本的に好きじゃない、でも枝豆を使った「ずんだ」は好きとか、

フルーツは食べたくなる時とそうでもない時があるとか、

栗自体は嫌いじゃないのにモンブラン苦手とか、

イモ自体は嫌いじゃないのにイモ系のお菓子が苦手とか・・・、



まーめんどくさいめんどくさい。

難しい難しい。

まだまだいっぱいありますよ。


そんなんだから、自分でもよく分かってない&整理しきれてないことが多くて、

自分で買う時もバクチなんですよ。

よっぽど決まった商品とかじゃない限り。

(ちなみにTOPSのチョコレートケーキは間違いなく大好きナンバーワン。)


それじゃあ好みが難しいって言われてもしょうがないですよね。


自分の好みがちゃんと分かれば、どうすれば自分が幸せかが分かる。

それをちゃんと表に出せれば、他人にも理解してもらえやすくなるから、

自分の好みに合ったものをいただけやすくなるかもしれないと(笑)。



でね、


それと同じで、もしかしたら何か今不安や不満を持ってる人とか、

幸せなことがないな〜と思ってる人とか、

「誰も自分を分かってくれない!」

「あの人が自分を理解してくれない!」

「こーしてほしいのにしてくれない!」

って思ってる人とかって、

もしかしたら自分で自分のことちゃんと分かってないのかもよ。



自分で分かってないから、

「自分はこれが好き」

「こうすると幸せ」

が分からなくて、どうにも行動出来ない。

それをうまく表に出すことも出来てない。


加えて、それを表に出すことはみっともないとか、

わがままでよくないとか、

恥ずかしいとか、

細かすぎて伝えられないとか、

出さなくても気付いてほしいとか、


そんなんで出してなかったりした日にゃ、

それじゃあ他人は当然分からないですよね。

してあげられないですよね。

当然ながら、自分でも自分にしてあげられないですよね。



まぁ、他人は自分の思い通りにはならないので、

好き嫌いをがっつり表に出したところで、

それを全てかなえてくれるとは限らないわけです。


でも、自分自身は他人よりは自分の思い通りに出来るので、

自分で自分のことをちゃんと理解して、

それを自分でやってあげればいいんです。

やっちゃえばいいんです。

わがままでも、みっともなくても。



だから、まずは自分の好き嫌い、

どうしたら嬉しいか、楽しいか、

そういうのをちゃんと理解することが第一。


そしたら、それを表に出す。

誰かに伝える、しかるべき相手に伝える。

分かりやすくね。


かと言って、他人がそれを全て叶えてくれると思わないで、

期待はしすぎず、

自分で叶えてあげられることはドンドン自分で叶えちゃう。


そしたら色々とスッキリするんじゃないかな〜なんて思ってます。




要するに、

僕は今TOPSのチョコレートケーキが食べたくてたまらないという話です。

髪切った

美容院で髪切って来ました。


気付いたら、途中で店内のBGMが止まったんですよ。

そしたら、美容師さんが


「今、有線止まったじゃないですか。調子が悪くてちょいちょい止まっちゃうんですけど。

でもこれ、止まると雨降るっていう合図なんですよ。」


と。

その直後、大雨。


「ほらー!これ一番当たる天気予報なんすよ!」


だそうです。

で、しばらくして、


「あ、有線復活したんで、そろそろやむと思います。」


って言ったらほんとにやむっていうねw


「まぁ、営業的にはまずいんで直した方がいいんでしょうけど、面白いからそのままにしてます。」


とのことでした。


僕はとにかく、有線って「線が有る」って書くのに、なんで雨くらいで止まるかなと。

ラジオとかの無線的なものならまだしも。

そこが気になってしょうがなかったです。


「え?有線ですよね?線が有るやつですよね?」


って3回くらい聞いちゃった。


美容師さんに、


「これ(有線が止まること)、やっぱまずいですかね?」


って聞かれたので、個人的にはそういうの好きだから全然ありだと言っておきました。



お盆休みの話になって、美容師さん


「今年はお盆が土日にかぶるんですよ。

普段お盆は皆さん帰省しちゃってお店も暇になるので、そこで休みを取ろうと思ってたんですけど、

土日はさすがに休めないからどうしようかなと思ってるんです。」


って言うから、僕が、


「え、お盆中でも土日は混むんですか?」


って聞いたら、


「あ・・そうか。あーー、じゃあ今年はそこの土日は混まないですね。

そっかーー、気付かなかった!

じゃあちょっと考えなきゃ。8月頭にキャンペーンやるかな・・」


と色々考え始めてしまいました。

僕は何かビジネス的に大事なことを気付かせてしまったようです。



そういえば、前回別の美容師さんにやっていただいた時も、


そろそろ家かマンションを買おうかどうか迷ってる、

独立して自分の店を持とうかどうか迷ってる、


・・っていう諸々の悩み相談を受けました。


僕に、


「〜〜した方がいいですかねぇ・・?」


ってやたら聞くから、


「良いか悪いかの正解は自分が持ってるので、

要は自分がそうしたいかそうしたくないかが大事だと思いますよ。」


って答えたらすごく響いてました。


その割に、


「じゃあ独立するとしたら、やっぱり今成功してる人のマネをした方がいいんですかねー。

もしくは自分で独自にやった方がいいか・・・」


ってゆーから、


「ほら、また『した方がいい』って言ってる。」


ってちょっと僕も先生モードにw

でも会話してる中で色々気付いていただけたようでよかったです。



別に偉そうにしたいわけじゃないけど、

僕と話してて何かしらの「気付き」を見出してもらえるのは嬉しいことです。


だから普段のレッスンもドンドンそんな感じになってきてます。

ライブ見てきた

2016-07-02-18-34-05
下北沢でライブを見てきました。

めっちゃ大盛況だった!

生徒さんのライブを見に行くと、どうしても親心な目線になっちゃう。


あの曲のあの部分の発声今日は大丈夫かな・・・とか、

緊張してないかな・・・力んでないかな・・・とか、

あーうまくいってる!よかった!・・・とか。


でも、僕やさしいから(←自分で言う)、基本的に良いところしか目に入らないんですよね。

ミスとか失敗とかもあるのかもしれないけど、気にしてないから覚えてない。

だから、反省点教えてほしいとか言われても、よくわかんないんだよね。

いいな〜と思ったところしか覚えてないので。

(ボイストレーナーとしてそれでいいのかどうかは置いといてw)


反省点を見つけるとしたら、あらかじめ「粗探しモード」にならないと。

普段のレッスンでも、意識的に「粗探しモード」に切り替えないと、

いいな〜と思うところしか覚えてないので、結構気を付けてモードを切り替えてます。

あまりやさしいのも困りものですね。(←またやさしいアピール。だって誰も言ってくれないから。)



で、ライブの帰りに、せっかく下北まで来たからなんか食べて帰ろうと。

おいしそうな焼肉屋さん見つけて入ってみました。

2016-07-02-21-54-31


A5ランクの和牛をがっつり食べてきました。


で、そこで見つけたカクテル。

2016-07-02-23-12-41



え?Y'd Voice(ワイドボイス)のYD?

ワイドドリンク??


ここ、「Yazawa」っていうお店なんですけど、

どうやら「Yazawa Drink」で「YD」ってことらしいです。


じゃあYDの後の「drink」つけちゃダメじゃんか。

やらなきゃ

今年に入ってから、実は毎日日記(プライベートのやつ)をつけてました。

生まれて初めてやってみました。

なんかふと、一日一日のことを記録しておいてみようと思って。

あと、ブログとかじゃ書けないような悪態でも書いてやろうと思ってw

でも気付いたらあんまり悪態ついてなかったので、穏やかな日記でした。



とりあえず今年前半、基本的にほぼ毎日できました。

でも、正直もうめんどくさくなりましたw

「やらなきゃ」っていう意識の方が強くなって来ちゃって。


基本的に「やらなきゃ」と思うことはやらないことにしてるんです。

「やらなきゃ」ってことは、本心ではやりたいと思ってないから。

「やらなきゃ」は、やりたいやりたくないに関わらず、

義務感とか危機感でやろうとしてることだから。

それって自分の意志での選択行動じゃないんですよね。

義務感や危機感に「動かされてる」状態だから。


自分の行動は自分の選択でやっていこうと思ってるので、

「やらなきゃ」ならやらない。


「やるぞ!」だったらいいんですよ。

やりたい気持ちが入ってるから。

そこは大きな違いがあるんですよね。



日記を書き始めた時は、

「これ書いて何か役に立つかな?」

とも思ったんですが、

役に立つか立たないかっていうより、

やってみようと思ったなら、

やりたいと思ったなら、

理由なくてもやってみようと思って続けてました。



でももういいかなと。

それこそ、「何か意味あったかな」とか思いますが、

それもね、意味があるかないかが重要なんじゃなくて、

やりたいと思ったことを行動に移したかどうかなので、

そういう意味ではもうお役御免でいいんです。

意外と三日坊主にならなかったことがすげーなと自分で思ってるしw



そんなこんなで、またちょっとこのブログを頻繁に更新してみようかなと思ってます。

意外と「ブログ楽しみ」って言ってくれる人がちょいちょいいたりするのでw


あと、過去に「あれやったのっていつだっけ?」とか思った時に、

自分でこのブログで検索して「あ〜、もう何年前か〜」みたいに振り返ってみたりもするので。

だからこっちに色々書いていこうかな。


思いつくままに、日頃のこととか徒然と。


細々とやっていくので、またちょいちょい覗いてください。

弦替えてみた

imageアコギの弦、替えました。

このアコギ自体を買ったのは10年以上前。

で、弦を替えたのは初めて。

ひどっ!


いや、弦自体は何度か替えたんですよ。

人にやってもらってね・・w


それでも前回替えてからもう数年経ってて、

サビッサビだったので、さすがに替えようと。

いいかげん人に頼ってる場合じゃないなと。


で、自分で弦を替えようと。

アコギの弦を自分で替えたのは初めて。っていう話。


あー苦労した。

なんかいろいろ痛い。

弦の端っこ刺さるし、

巻いてる途中で鞭のようにビタン!ってなるし。

余ったところを切ろうと思ったらなかなか切れないし、

切れたと思ったら切れ端がどっか飛んでっちゃうし。

たかだか弦替えるだけなのに一人で大騒ぎ。


ギターの人ってしょっちゅうこんなことやってんの?

偉すぎ。

(慣れてる人はサクサクやるんだろうな。)



「ギターも弾くんですか?」

ってよく聞かれるんですが、ほぼ弾いてないです。


もともと、曲作りする時に鍵盤だと手グセが出ちゃうので、

雰囲気の違う曲調を作るために、曲作り用に買ったんです。

簡単なコードでジャカジャカするくらい。


今となっては僕が弾くことはほぼないので、

もっぱらギター弾き語りをする生徒さん用として、

レッスンの時に使ってもらってます。



ちなみに、僕も高校生の時はちょっとエレキ弾いてたんすよ。

弾いてたと言えるほどたいそうなもんじゃないけど、

バンドで結構な曲数コピーしたりしてた。


だからその頃はエレキの弦は当然ながら自分でちゃんと替えてましたよ。

あと、ベースやってた頃も弦は替えてましたよ。

まー言っても、どちらも15年とか20年とか前の話。


だから弦を替えるという行為自体がそのくらいぶりっていう。

で、アコギの弦を替えるのは人生初だったっていう。



サビッサビだったやつが久々にきれいになったもんだから、

めでるめでる。

苦労して自分で替えたもんだから、

めでるめでる。


結果に満足したから、またちょっとやりたい気分になってるけど、

やっぱ大変だから次は誰かに頼もうかな。。

審査員やります

このたび、「東京カラオケグランプリ2016」という大会で、

審査員をさせていただくことになりました!


この大会は、カラオケ評論家の唯野奈津実さんが総合プロデュースをされています。


唯野さんとは以前「お願いランキング」の撮影の時に審査員でご一緒したつながりで、

今回僕の方にお声をかけていただきました。


新宿にある区民ホールで、100組が出場する大会です。

賞が20賞以上も用意されていて、優勝者などには賞金も出るそうです!


6月からエントリー開始になりました。

歌が好き、カラオケが好きという方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。



募集要項の詳細は、以下の公式サイトをご参照ください。

http://karaokeboxaward.com/
Profile
ボイトレレッスン生受付中!

ボイストレーニングのレッスン希望者受付中です。場所は東京都練馬区です。(池袋、新宿、渋谷から一本すぐ!)
レッスンご希望の方は、こちらから体験レッスンをお申し込み下さい。

最近のコメント
月別
記事検索
QRコード
QRコード
counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ