Kengoのブログ

ボーカリスト、ボイストレーナー吉田研吾の独り言です。ネタです。ツッコミです。

※個人の感想です

僕、世の中に、

絶対的な正解不正解も善悪もないと思ってるんです。


「え?法律とかルールとかあるでしょ?」


ってなるかもしれませんが、

法律とかルールがあること自体が、

「絶対的な正解不正解と善悪がない」という何よりの証拠。



だってもしそれが存在するなら、

法律もルールもいらないですよね?


そんなもの定めなくたって、

その「絶対的な正解不正解と善悪」とやらで

全てジャッジすればいいってことになるから。



でも、そんなのがないから

わざわざ法律やルールを定めてるわけ。




だから、

分かりやすく制定された法律などを基準とした

「相対的な正解不正解と善悪」はあるってことです。



ってことは、分かりやすく制定されたもの以外は、

だいたい「個人の感想」なんですよね。




例えば、


「社会では嫌な人とでもうまく付き合わなきゃいけない」

「仕事は辛いことでも我慢しなきゃいけない」

「苦労してこそ成長する」



よくこういうこと言う人いますよね。


でもそれ、その人の「個人の感想」なんです。



その人はそういう考え方を持っていて、

それが「正解」だと「思い込んで」生きてるかもしれないけど、

万人に共通してるわけじゃないんです。




通販番組とかで、

「この青汁を毎日飲んでたら元気になりました!」

という意見を言っているシーンの画面の右上に出てくる


「※個人の感想です。」


ってやつと同じってこと。



その人はその青汁を飲んでそうなったかもしれないけど、

あくまでその人にはそういう効果があったっていう一例ですよ〜

ってことであって、

万人に共通するわけじゃない。


だからわざわざ「※個人の感想です」ってテロップをつけるわけです。





僕は普段、人から相談を受けたりするんですが、

結構「周りからこう言われたんですが、そうなんですかね…?」

っていうことが多いんです。



その、「周りがこう言う」っていうのが、

僕からすると全て「個人の感想」なんですよね。



その人は


「社会とはそういうもの」

「世の中こういうもの」

「大人たるものこうあるべき」

「こうしてないと将来ダメになる」


みたいのがあるかもしれないけど、

あくまでその言ってる人の一意見。



確かに、一般的にそう言ってる人が多かったり、

昔からよく言われてることだったりするんですが、


だからってそれが「正解」なんですかね。

それが「善」なんですかね。

なんなら、それが「絶対」なんですかね。




僕は、「そう思ってるからそういう現実で生きてる」

って思ってます。


だから、そう思いたい人は思ってればいいと思うけど、

それ「個人の感想」ですからねって思ってる。




何人の人が


「こういうもんだよ」

「こうした方がいいよ」

「こうするべきだよ」

「それはおかしいよ」


って言ってたとしても、

それは「個人の感想」です。




誰かがそういうのを言ってるのを聞く時は、

言ってる人の右上に

「※個人の感想です」

っていうテロップを思い浮かべながら聞いてください。




みんなそれぞれ個人の感想を持って生きてるんです。

だから、自分も「個人の感想」を持てばいいんです。

持っていいんです。


「自分はこう思う」でいいんです。




まぁ、言っちゃえばこれも僕の

「個人の感想」ですけどねw

ライブやります!

今年の5月にプラネタリウムで歌わせていただきましたが、

(その時のライブレポートはこちら

その第2弾ということで、


今度はクリスマスに歌わせていただくことになりましたー!!



今回は、女性ボーカル「さんさ」さんと一緒に歌います。

クリスマスソングをたくさんお届けしたいと思います!



日程もまさにクリスマスの当日。


平日ですが、お昼と夜の2回やらせていただくので、

どちらかご都合がいい方に起こしいただけたらと思います。



▼星降るクリスマスライブ

・日程: 2018年12月25日(火)
・場所: コスモプラネタリウム渋谷
東京都渋谷区桜丘町23-21 Tel: 03-3464-2131
・時間: 13:00〜/19:00〜 (それぞれ約40分間の予定)
・料金: 大人600円/子供(小中学生)300円/小学生未満 無料
・出演: Kengo(Vo)、さんさ(Vo)、永田美絵(解説)

プラネタリウムの満点の星空の下、Kengoとさんさの2人のボーカリストによる歌声と、『癒しの星空解説員』こと永田美絵さんによる星空解説のコラボをお届けします。

13:00の部と19:00の部の2回ありますので、どちらかご都合の良い方にお越しください。

チケットは当日券のみですので、当日に直接会場の券売機でお買い求めください。

IMG_5636

アメリカ行ってきた part3

アメリカ旅行報告の完結編。


・7日目(ロサンゼルス)

日曜日に開催されるという、メルローズにあるフリーマーケットに行きました。
IMG_5946



すごい広いし、店の数も多い。

全体的に古着とかビンテージとかアンティークとかが多かったです。

割としっかり「商品」っぽいというか。


中央にはステージがあって若者がライブしてた。
IMG_5947



そのあとはダウンタウンに移動して、

なんだかんだでちゃんと行ったことなかったリトルトーキョーへ。
IMG_5967



チャイナタウンとかコリアタウンとかはよくあるけど、

ジャパンタウンってあんまりないですよね。


リトルトーキョーの辺りは日系の人たちが集まる地域だと聞いていたので、

中もさぞかしちゃんと日本の方がやってるお店が多いんだろうなと思って、

日本食レストランに入ってみました。


でもね、


店員さん、誰も日本語しゃべれないし、

日本語メニューもないの。


料理も、


チャーハンに豆腐乗っけたり、
IMG_5957



カレーに豆腐乗っけたり、
IMG_5966 (編集済み)



のり巻き丸揚げしちゃったり、
IMG_5958



そういうことすんの。


でもこれがまた意外とおいしいの。


で、何気に僕もそういう「ふざけた日本食」を求めて行ってんのw


ふざけた日本食を食べられるのも外国ならではですよね。


帰りはスーパーに寄って買い出ししたんだけど、

ふざけた日本食と言えば、

カップヌードルもありました。
IMG_5985



いろんな種類のがあったんだけど、

あえて日本のやつに一番近そうなのを買って味の違いを検証してみました。


やっぱりちょっとだけアメリカ仕様な感じだけど、

そこまで違いもなく普通においしくいただきました。



・8日目(ロサンゼルス)

天気が良かったので、サンタモニカに行って

ルート66の最終地点を拝みつつ、
IMG_5989



ビーチサイドのエビ専門店でご飯して、
IMG_6019


IMG_6021



ベニスビーチに移動してちょっとフラフラして、
IMG_6029



ハリウッドに移動してギラデリでまたパフェ(チョコミントパフェ)食べました。
IMG_6041




え、海とか別に入んないですよ。

行っただけ。見ただけ。

見たら秒で移動。で、食べるw



高台に行ってみたくて、

グリフィス天文台に行って、
IMG_6053



自然を感じつつハリウッドサインを見て、
IMG_6066



ロサンゼルスの街を見渡して、
IMG_6079



気が済んだから下山。


天文台はその日閉館で入れーず。


せっかくだから高台から夕焼け&夜景も堪能したかったんだけど、

待ってられず下山。



・9日目(ロサンゼルス)

これまた天気が良くて、

玄関開けたらいい感じで日が差してました。
IMG_6103



とりあえずアメリカンなダイナーを堪能しに行って、
IMG_6117

(ハロウィン仕様でいたるところにドクロ君が。)


ステーキと、
IMG_6114



好物のオニオンリング食べて、
IMG_6113



メルローズでちょっとだけ服とか見て、
IMG_6118



スーパーで買い物してから、

また別のアメリカンダイナー行って、
IMG_6133



お茶(ストロベリーシェイク)して、
IMG_6125



で、また別のスーパー行って(スーパー行き過ぎ問題)、
IMG_6131



帰りました。


で、翌日の早朝から空港行って飛行機乗って帰ってきました。


そんな感じー!



アメリカ行くっていうと、

「お仕事ですか?」

「何しに行くんですか?」

ってよく聞かれたんだけど、

特にこれと言ったことはしてないんですよね。


食べて、フラフラして、スーパー行ってウキウキして、グダグダして…

ぐらいな感じ。


それをしに行ってんの。


そんな旅行でした。

アメリカ行ってきた part2

アメリカ旅行報告の続き。


・4日目(ラスベガス)

シーザーズパレスのバフェがすごいとのことで行ってみた。

とりあえずホテルのゴージャスな入り口。
IMG_5791



ゴージャスなのは結構なんだけど、ホテルに入るまでが遠い遠い。

ホテル入ってからレストランまでが遠い遠い。

ラスベガスのホテルはみんなデカいので全部そんな感じだけど。



とりあえずバフェもすごくて広すぎたので動画撮ってみた。

料理台


デザート台




で、こんな種類多すぎなとこでさんざん食っておきながら、

ギラデリっていうスイーツ店でパフェ食べるわけですよ。
IMG_5811



このパフェはアメリカでしか食べられないんだけど、

絶品なんですよね〜。

アメリカ行く理由の結構な大部分を占めているといっても過言ではない。



そのあと、移動してハラスホテルというところでソウル系のライブパフォーマンス見て、

また移動してお約束のベラッジオの噴水ショーを見に行く。

正面からと、
IMG_5833



裏側から。
IMG_5824



移動しすぎて疲れて&日中色々食べすぎて、

夕食はほぼ食べられない状態。



・5日目(ラスベガス→ロサンゼルス)

ラスベガスからロサンゼルスに飛行機で移動。


どうでもいいけど、アメリカにいるとシャンプーのせいなのか水のせいなのか、

朝起きると寝グセがはんぱねぇ。
IMG_5861



アメリカ来たらこのくらいの頭で歩きやがれってことなのかなぁ。

80年代のアーティストはみんなこんな感じだったもんなぁ。


とりあえずブランチでバフェ行って(行きすぎ)、

飛行機乗ってロスへ。


飛行機乗ったら飛び立つ前に窓から見えた景色が、

ちょうどラスベガスの全貌だったのでちょっと感動した。


マンダレイベイからストラトスフィアまで見える。
IMG_5867


わかる人にはわかる情報w



ロサンゼルスでは、Airbnb(民泊)で人んちのマンションの一室貸し切り。

アメリカで生活してる感じになりたくて。


行ってみたらきれいなところでこれが。


リビング
IMG_5873



キッチン
IMG_5881



バスルーム
IMG_5885



ベッドルーム
IMG_5900


もう一個ベッドルーム
IMG_5890




で、スーパーで買い出し行って色々買って、

家でディナー作ったお。
IMG_5907



なんか、この日はちょっと天気が悪くて、

家に着くなり、いきなり雷雨。

一晩中降ってたくらいの。


ロスでここまでまとまった雨が降るのって珍しいんだって。

なんなら雷雨になることなんてほとんどないんだって。


聞くところによると、2〜3年に一回あるかないかとか。


まぁ、僕が着くと大体そういうことになるよね。


過去にもニューヨーク行ったらハリケーン来たし、ブリザードも来たし、

砂漠のラスベガスにも雨降るし。




・6日目(ロサンゼルス)

生活してる感っていうことで、

朝食も作ったお。
IMG_5918 (編集済み)



アメリカでよく出てくるカリカリベーコン、

作り方マスターしました。



そのあとは服とか雑貨とか見に行ってウロウロして、

気になってたフライドチキン屋さんに。
IMG_5935



こんな感じで、フライドポテトとマカロニチーズもついてくる。
IMG_5939



YouTubeで「今まで食べたフライドチキンでここのが一番おいしい!」って言ってる人がいたから、

どんなもんかと思って行ってみた。


実際おいしいんですよ。衣がカリッカリで、ちょっとスパイシーで。

まぁでも、「ケンタッキーってやっぱすげーんだな」っていうのが僕の正直な感想。



続きはまた追々。

アメリカ行ってきた part1

ということで、アメリカ行ってきました。

今回はラスベガスに4泊、ロサンゼルスに5泊でした。


僕はラスベガスに行くのはこれで4回目、ロサンゼルスは6回目です。

なんかここら辺の雰囲気好きなんですよね。




何しに行ったのか、

「アメリカ行きたいから」

です(笑)。


そういう理由なんですよね。


何をしたい、何が見たいっていうより、

とりあえず行きたい。


やることは行ってから考えよう、っていうくらいの。



ざっくり、どんな感じだったか書いていきますね。




・1日目(ラスベガス)

到着してホテルにチェックインしようと思ったら、

18時までできないとか言われたので、周辺ふらふら。


ホテルの横にできたショッピングストリートうろうろしつつ、
IMG_5652



日本にはないということで気になってたIn-N-Outバーガーに行く。
IMG_5653



元気そうにしてみたけど…
IMG_5690



ほんとは時差ボケで死ぬほど眠い。
IMG_5691



ようやく部屋に入れたので、一息ついて、

周辺を夜のお散歩。


泊ってたフラミンゴホテルの外観。
IMG_5670



ホテルの前の歩道橋の上からメイン通りを撮るとこんな感じ。
IMG_5674



Ballysというホテルの前に新しくできたショッピングストリート。
IMG_5678



おなじみすぎるベラッジオの噴水。
IMG_5684



いわゆる「フォーコーナー」と言われている中心地ですね。



・2日目(ラスベガス)

まずは、前回行った時に気に入ったルクソールホテルのバフェ(ビュッフェ)に

ブランチを食べに行きました。


ピラミッドの中なので、天井がとんがってる。
IMG_5711



バフェの中はこんな感じ。
IMG_5712



広くて、料理を取って帰ってくるだけで一苦労。


ホテルの外観はこんな感じ。
IMG_5731



そのあとコカコーラストアに行って、
IMG_5715


世界のコカコーラ製品飲み比べ。
IMG_5717



変な味のもありました。

ちょっとずつコップに入ってるんだけど、さすがに16種類もあると飲みきれない。。


なんかずっと食べたかったクリスピークリームドーナツに行ったんだけど、
IMG_5723


バフェが響いてお腹いっぱい過ぎて食べられなかったのでお茶だけする。

だからクリスピークリームドーナツを食べたい熱はいまだ冷めてません。


そのあと、ベガス・ザ・ショーという、

ラスベガスの歴代のショーを凝縮したようなショーを見て感動。
IMG_5725



これは前回行った時も見たんだけど、また見たかったので2回目。


で、帰りはパンダエクスプレスで中華のテイクアウト。
IMG_5740




・3日目(ラスベガス)

泊ってたホテルのバフェでブランチ。
IMG_5743



まぁここも大概広い。
IMG_5744



フラミンゴホテルというだけあって、中庭にフラミンゴがいらっさる。
IMG_5754



いろんな鳥がいらっさる。
IMG_5781


IMG_5780



移動して、ビンテージとかアンティークのお店がいっぱいあるエリアに行く。
IMG_5779


IMG_5777



面白いものとかカワイイものとかいっぱい売ってるんだけど、

全体的にホコリっぽいw


オシャレなカフェでお茶。
IMG_5776



頼んだチョコレートミルクが甘すぎて死ぬ。
IMG_5772



帰ってきたら疲れすぎて死ぬ。



長くなったので、続きは追ってアップします。

アメリカ中

ただいまアメリカ旅行中です。


帰ったらブログも更新する予定ですが、

とりあえず旅行中はインスタに写真をアップしてるので、

そちらをご覧いただけたらと思います!
↓↓

人生経験

IMG_5617
「人生経験」ってよく言いますが、

それはたくさんのことを経験してこそ得られるものだと思ってました。



いろんな人に会ったり、

いろんな場所に行ったり、

いろんな勉強をしたり、

いろんな仕事をしたり、



とにかく「いろんな経験をすること」だと思ってました。



でも、ふと「ちょっと待てよ」って思ったんです。



確かに、物理的にたくさんのことを経験すれば

単純に「それをやった」という結果は残ります。



でも、いわゆる「人生経験」って、

ただ「やったかどうか」ということを言ってるんですかね?




それをしたことで、



何を感じたか、

何を考えたか、

何を得られたか、

どうしたかったのか、



など、

その時の自分が「どうあったか」が大事なんじゃないですかね。




例えば何か特別なことや困難なことに直面すると、

色々と感じることも多いと思います。


でも、じゃあただ日頃やらないようなことや困難なことがあれば

それが「人生経験」になるのかって言ったら、

なんかそれも違う気がするんですよね。




ただ「これが楽しかった」「これが嫌だった」という感情だけよりも、



自分はなぜそう感じたんだろう、

他の人ならどう感じるんだろう、

ほんとはどうしたかったんだろう、

今度はどうするようにしようか、



などと、

そこから一歩先の感情や考えに向き合えると、

それが本来の意味での「人生経験」になるんじゃないかな。




物質的な数としてたくさんの経験をしたり、

物質的に特別なことや困難なことを経験したりしても、

それだけだとただ「しただけ」に過ぎない。


僕はその「しただけ」を人生経験とは言いたくないです。



だからこそ、何かをする時に



「今」自分はどう感じているのか

「今」自分は何を考えているのか

「今」自分はどう行動しているのか

「今」自分はどうしたいのか



そんな「その時のリアルタイムな自分」を

ちゃんと見つめたいなと思いました。




そしたら、特別なことや困難じゃなくても、

日頃のなんてことのないようなことでも、

立派な人生経験になるんだと思います。

またアメリカ行くよ

IMG_5597
来月、またアメリカに行くことにしました。

去年の12月にロサンゼルスに行ってアメリカを満喫してきたわけですが、

今年もまた行きたくなったので行きまーす。



今度はラスベガスとロサンゼルスです。

前回よりちょっと長めに滞在する予定です。



ラスベガスは今回で4回目、ロサンゼルスは6回目なので、

かなり行き慣れてますw



なんか、西海岸の方の雰囲気が好きなんですよね〜。




ラスベガスに行くと話すと、よく

「カジノ行くの?」

って聞かれます。



とりあえずラスベガスという地は、いたるところにカジノがあるので、

カジノに「行く」という感じではないんですよね。


だって、空港降りたらいきなりあるし、

IMG_0002
(以前行った時の写真)


どこのホテルも1階は全部カジノだし、

どこに行くにも必ずカジノを通るんです。



ただ、僕はギャンブルに全く興味がないのでやりません。

(酒もタバコもギャンブルもやらない超絶つまらない人間ですw)



ラスベガスは街全体がエンターテインメントにあふれてて、

いるだけで楽しいし、

色んなショーが見られるし、

色んなお店がいっぱいあるし、

飲食店もたくさんあるし、

そういうのが好きなんです。




ロスに関しては今回は、

「アメリカで生活する」ような感覚で滞在してみたいと思ってます。

スーパーで買い物して、自炊して・・みたいな。




最近、

「コンフォートゾーンを抜ける」

ということを意識することがあります。



コンフォートゾーンとは、言ってしまえば慣れ親しんだ無難な状態みたいなこと。

安心できる状態なので居心地はいいんですが、

新たな発見や学びは生まれにくいっていう。

(詳しく知りたい方はご自身でググってどうぞ。)




僕はなんとなく保守的なところがあると自分で思ってるので、

たまーに意識的に「普段と違うこと」をしてみようと思ってるんです。


それがちょっとした刺激になって楽しくもあるし、

今までとは違う感覚になれたりするので。



だからきっと、ちょいちょい海外に出て、

地理的にも気持ち的にも普段の状態から離れてみたいんだと思います。




正直、あまり間をあけてしまうと、

レッスン受けたいと思っていただけている方々に申し訳ないなと思う気持ちもあるんです。



でも、これは僕の自分勝手な持論ですが、

良いレッスンをするためには、僕が良い状態でいなきゃいけないので、

そのためにもたくさん楽しんで、

コンフォートゾーンをガンガン抜けて磨きをかけないと。



それがあってこその僕だから、ごめんねー行ってくるねーって感じですw


(アメリカ行くのも僕にとってはある意味コンフォートなことなので、

それがコンフォートゾーンを抜けることになるのかどうかはよく分かりませんが。)




実際、海外に出ると日本の色んなことが見えるようになるし、

慣れ親しんだ日常を離れたり、

今までやったことなかったことをやったりすると、

自分の新たな境地を垣間見れたりするんですよね。



「大丈夫!」って思えて勇気が出たり、恐れていたことがなくなったり。

そうするとまたさらに前進できる感じがします。



そんなのも含めて楽しみたいと思ってます。

IMG_5104

それ、やったことあんの?

IMG_5583
最近つくづく思うのが、


「大体のことは思い込み」


ってことなんです。

もしくは、


「自分がそう思ってるからそうなってる」


とかね。



簡単に言ってしまえば、


「世の中そんなに甘くない」

「お金は苦労して得るものだ」

「頑張らないと成果は出ない」


みたいなやつです。



そう思ってる人にはそう見える(そうなる)んだなーって感じるんです。



なんかそれを、いかにもこの世の摂理や一般論かのように言ってる人いるけど、

それはどれだけの経験で、

どれだけの人の例を見て言ってるのかな?って思うんです。




じゃあ「世の中甘くない」って言ってる人は、

自分にとって甘い行動だけを取ってみたことあるんですかね?


自分を戒めることもなく、頑張ることも努力することもすべて放棄して、

それを「悪」とせず、それを全く恐れず、

自分を完全に甘やかした状態で過ごしたことあるんですかね?



中途半端に頑張るとか、中途半端に逃げるとかもダメですよ。

完全に全ての行動を、楽する、甘える、逃げる。


しかも、「こんなんじゃダメだ」って思ったり焦ったりすることもなく、

心から「それでいいんだ」ってちゃんと思い込んで、

100%「甘い」状態で過ごすってことです。




たぶんね、やったことないと思うんです。

怖くてできないと思うんです。

なぜなら「甘くない」「甘い状態ではやっていけない」って思いこんでるから。



やったことないのに、世の中が甘いか甘くないかなんて分からないでしょ?



結局「こういうもんだ」って言ってても、

それって「自分の主観」が入ってるんですよね。



そう見ようと思うとそういう風に見えるんです。

だから、結局はその人の目で見ているものでしかない、個人の思い込み。




生徒さんが面白いこと言ってました。


自分が不得意で嫌いな発声練習を、一日20分間絶対にやる。

それを2ヶ月間毎日続けてみて、

どういう効果があるか検証してみるとのことです。


それで自分的に得るものがなければ、もう一生その嫌いな練習はやらないって(笑)。



要は、

「自分は嫌だけど、やった方がいいと言われているもの」を

無理にでもガッツリやってみたら果たして効果が出るのかってことですね。



あと逆に、「本当は好きだけど、やらない方がいいと言われているもの」を

やってみるという検証も。


例えば、大好きなんだけど体に悪いと思って避けてきた食べ物を、

思い切って食べてみるとかね。



そうやって自分自身で検証してみるのが面白いって。




それ、僕もすごーくよく分かります!


僕も過去に、「食べたいものを食べたい時に食べたいだけ食べる」というのを

検証してみたことがあります。


その結果はブログにも書きましたが、

「こうしなきゃ」「これじゃいけない」って考える必要はなかったっていう結論です。

要するに、制限なく好き勝手してて大丈夫っていうこと。




結局人それぞれ色んな思い込みがあるから、

死なない程度にとにかくやってみたらいい。


やったことないのに「こういうもんだ」とか言わないで、

ガッツリ自分自身の体と心で味わってみましょうよ。



結構勇気もいるので、まずは期間限定でやってみるとお手軽に試せますよ。


そうすると、自分が持ってる思い込みがちょっとずつ外れてきて、

面白い景色がたくさん見えてきます!

嫌なことやめるとうまくいく

IMG_5558
僕は基本的に、自分が嫌だと思うことはやらないようにしています。


なぜなら、嫌だと感じるということは、

自分に「適していない」ということだから。




当たり前ですが、この世に同じ人間って一人もいないんですよね。

似てる人とか近い人はいたとしても、全く同じ人間は存在しません。

僕の知る限り。



みんなそれぞれに感じ方、好き嫌い、得意不得意があって、

だからこそ一人一人に個性が出るわけで、

だからこそ面白い。



わざわざ意図的に人と違うことをしようとしなくても、

自分の感じたままに、好き嫌いや得意不得意に従ってれば、

必然的に人と違うことになるわけ。




僕は、せっかくこの「自分」という人間に生まれてきたんだから、

自分が持っている個性、適正、長けているもの、得意なことなどを

ガッツリ活かして生きていきたいと思っています。


それがきっと人様のためにもなるし、

社会貢献にもなるって信じてるから。


なによりその方が自分も楽しいしね。



で、自分をガッツリ活かすためには、

自分に適していないことを一生懸命やっててもしょうがない。

だから嫌なことはやらないんです。




僕がここ最近でやめたことは、

「毎月のレッスンのスケジューリング」

です。



これまでは、毎月生徒さんに希望の日時を聞いて、

僕がまとめて月のスケジュールを組んでたんです。

いわゆる、シフトを組むような感じで。



その方が、なにより生徒さんの希望に沿いやすいだろうし、

僕も自分にとって都合よく予定が組めると思ってたんです。



しかしこれが大変だった。。。



正直、うちには何十人という数の生徒さんがいらっしゃるわけです。


その全員の希望通りなんて無理だし、

そっちを優先すると今度は僕の休みがなくなったり、

自分的に変なペースでレッスンをすることになったりもします。



そして、組んだ日程を一人一人にメールでお伝えしてたので、

日程と曜日と時間とお月謝の金額に間違いがないように

ちゃんと確認しながら一人一人にメールを書くという作業もまた大変でした。



だから毎月スケジューリングをする日は

3〜4時間くらいかけてそれをやってたんです。




それでいて、期日に遅れて希望日を出してくる人もいれば、

「やっぱり変更したい」と言ってくる人もいるわけです。


その諸々を全部一人でやるのは、正直かなりの手間であり、

「嫌なこと」でした。



それでも、生徒さんのために、自分のために、

それがベストだと思って「頑張って」やってました。

好きになろうと努力もしました。



でも、さすがにもう「嫌なことはやりたくない!」ってなったので、

それを手放したんです。



この夏から、外部の予約システムを使うことにしました。



僕がレッスン可能な日時をあらかじめ設定しておいて、

その中で生徒さんのお好きなところを自分で予約していただくようにしました。



そしたらこれがまた大好評!


皆さんから「予約システム、めっちゃいいです!」っていう声が続出。


(とりあえず僕の耳に入って来てるのは好評な声ばかりなので、

もしかしたらそうじゃない意見を持ってる人もいるのかもしれないけど、

現状僕が見ている世界の中では好評なんですw)




僕自身も、レッスンしたい日とか時間帯とかをあらかじめ好きなように設定しちゃっているので、

自分的に変なペースになることもほぼないんです。


それに、今までスケジューリングに割いてた時間と労力が

ほぼゼロになったから、ちょーーー楽ちん。




予約システムには、業者さんに使用料をお支払いしてます。

僕的には、喜んでお支払いしてます。


自分が不得意で、自分には適さないこと、できないことを、

それが得意な方(専門の会社)にやっていただけるわけですから。


(ちなみに、「できるけどやりたくないこと」は、

僕の中ではそれはもう「できないこと」という認識です。)



システムを導入する時に、その会社の方にも、

「〇〇さんのおかげでとても助かりました。ありがとうございました!」

とお礼を伝えたら、

「そのように言っていただけて私も本当に嬉しいです。涙が出そうです」

っておっしゃってました。




こうやって、僕が「適さない」と思ったところには、

それが「適している」人がいて、

だからこそうまく支え合うことができる。


そしたら、それに関わる人にもいい影響が出る。



僕も、生徒さんも、業者の方も、みんな喜んでる。

まさにWin-Winですよね。


これがきれいな形の社会の成り立ちなんじゃないかと思ってます。
Profile

Kengo

ボイストレーナー、カウンセラーです

ボイストレーナー、カウンセラーやってます。
レッスン、セッションにご興味ある方は、こちらのワイドボイスのホームページをご覧下さい。

counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
月別
記事検索
QRコード
QRコード
Twitter プロフィール
Kengoのツイッター
  • ライブドアブログ