Kengoのブログ

ボーカリスト、ボイストレーナー吉田研吾の独り言です。ネタです。ツッコミです。

ICレコーダー買いました

昨今はスマホでもきれいに録音が出来ちゃうわけですが、

あえてのICレコーダー買いました。



実はちょっと前にも音質の良いICレコーダーを買って持ってたんですが、

電池の持ちがクソ悪くてクソ使えなかったので、

大して使いもせずリサイクルショップに売らせていただきました。


使用感なさすぎて新品同様だったからか、

意外と高く買っていただけてビックリしました。

売ってみるもんだなと。

あと、箱と説明書はとっとくもんだなと。



それ以来、「もうICレコーダーいいや」と思ってスマホ使ってたんです。


でも、

先日のライブに向けての練習をしてた時にスマホで録音したんですが、

どーも操作性と音があんまり良くないと感じたんですよね。



だから本番は昔使ってたボロめのICレコーダーで録音したんですが、

それはそれでもう若干壊れ気味だったし音もビミョーだったので、

操作性や音質のことを考えて

やっぱりちゃんとしたの持っておいた方がいいなと思いまして。



だったらライブの前に買っとけば良かったと思えて仕方ないのですが、

後悔も反省もしない人生を送ろうと思っているのでそれはもうどうでもいいのです。

買おうと思って買ったタイミングがベストなんですよねきっとそうですよね。



普段レッスンでも、

その場でサクッと歌を録ってその場で一緒に聞いてみようのコーナーがあるので、

(定番のコーナーみたいに言ってるけど実際は思い立った時にしかやってない)

そういう時にもちゃんとした音で聞きたいですしね。



だから、スマホで録れる時代とは言え、

やっぱり餅は餅屋ってことで(←あってんの?)

買いました。

こんなやつ。

IMG_4371




さんざん「良いもの買ってやったぜ」感のある物言いをしてきた割には、

割とコンパクトで割とカジュアルなやつ。



持ち運ぶ時に重いと持って行かないという自分の習性を熟知しているので、

それじゃ困るからそこそこ軽量なやつ。


それでも、とってもクリアな音質で録れました。

それ専用の機器ってやっぱりすごいよね。



・・と、最近たまにしかブログ更新してないから、

書く時はなんだかとっても意味の深いことを書かなきゃいけないような気が勝手にしてたけど、

ICレコーダーを買ったという割と「どーでもよ!」的な内容になったっていうね。

ライブしてきました

久々にライブしてきました!

2015年にクリスマスライブをやって以来なので、1年半ぶりくらいですかね。


今回は素敵なピアニストさんがいらっしゃったので、伴奏は全部お願いしちゃいました。

僕がピアノを全く弾かずにボーカルに徹してライブするのは、すごく久しぶりでした。

歌に専念できて楽しかったー!



とりあえずリハ風景。

softwind


トミーさんのピアノで歌わせていただいております。


チコちゃんは絵本を使った歌も。リハも本気!

IMG_4349



そして本番はこんな感じ。

IMG_4355


IMG_4354



会場は満員でギューギューでした。


本日のセットリスト。


【1st】

1. I See The Light / Mandy Moore&Zachary Levi …Chiko&Kengo
2. Sunny / Bobby Hebb (Boney M) …Chiko
3. I Dreamed a Dream / from Les Miserables  …Kengo
4. くだものだもの …Chiko絵本
5. パイナップルプリンセス / アネット …Chiko弾き語り
6. ふわふわ / Chikoオリジナル …Chiko弾き語り
7. Darlin' You / 蒼音(Kengoオリジナル) …Kengo
8. オキノタユウ / 和楽器バンド …Chiko
9. Hey Paula / Paul&Paula …Chiko&Kengo


【2nd】

1. やさしさに包まれて / キャサリン・ロリン作曲 ...Tommyピアノソロ
2. 蒼のしずく / Tommyオリジナル …Tommyピアノソロ
3. Luminous / Tommyオリジナル …Tommyピアノソロ
4. ちくわのわーさん …Chiko絵本
5. Lullaby / John Pizzarelli …Kengo
6. Desperado / Eagles …Kengo
7. ぼくのお日さま / ハンバートハンバート …Chiko&Kengo
8. Somewhere Out There / Linda Ronstadt and James Ingram …Chiko&Kengo
アンコール: 君の瞳に恋してる / Boys Town Gang …Chiko&Kengo



こんな感じで、

それぞれのソロあり、デュエットあり、

カバーあり、オリジナルあり、

英語あり、日本語あり、

絵本あり、しゃべりあり(笑)、

・・と盛りだくさんでした。



僕の感想としては、すごーく楽しかったです!

伸び伸び歌えたし、大好きなハモりもいっぱいできたし、

お客様のリアクションも素晴らしいし。

楽しくて、ゲストにも関わらずついついしゃべりすぎました。

そして僕はもうすっかり「口が悪いキャラ」扱いw

(キャラっていうか。)



来ていただいた方にも「楽しかった!」という声をたくさんいただけて嬉しかったです。

普段、色々なライブによく行かれているというお客様が何人かいらっしゃったんですが、

「男性ボーカルでこんなにしびれたことはなかなかないです!」

と複数の方におっしゃっていただけて、それまた嬉しかったです。


なんか今回はやたら「しびれた!」という感想をいただいたなー。

じゃあもっと人前で歌っちゃおうかな〜とかちょっと調子に乗ってます(笑)。


今日は本当にトミーさんとチコちゃんあってこそのステージでした。



ということで、

来てくださったたくさんのお客様、

応援してくださった皆様、

お店のスタッフの皆様、

そして今回声をかけてくれてご一緒させていただいたチコちゃんとトミーさん、

本当にありがとうございました!


IMG_4361

ご予約受付終了

6/17(土)のライブ、予約数がいっぱいになりましたので、

ご予約の受付を終了させていただきます。

たくさんのご予約ありがとうございました!


もしキャンセル等が出ましたらまたお知らせ致します〜。

残席わずかです!

6/17(土)のライブですが、おかげさまでたくさんのご予約をいただいておりまして、残席があとわずかになりました・・!

あと、1〜2名様分ほどしか残っていません。。


予約分がいっぱいになった時点で締め切りとさせていただきます。

お店の席数に限りがありますので、ご予約していないと当日のご入場は難しいかもしれません。。

もしご検討中の方がいらっしゃいましたら、お早めのご連絡をお願いします!


当日演奏する曲も固まったので、これからじっくり歌い込んでいきたいと思います♪

ちなみに今回僕はピアノは弾かずに、歌に専念させていただきます!

ピアノ弾かないライブなんて、何年振りだろう〜w



▼Chiko×Tommy Duo Live feat.Kengo

・日程: 2017年6月17日(土)
・場所: 六本木softwind
・時間: 18:30 Open / 19:00 Start
・料金: チャージ3,000円+ご飲食代+消費税
・出演: Chiko(Vo/Pf)、富永有里乃(Pf)、Kengo(Vo)

1st…19:00〜19:40/2nd…20:00〜20:40の、40分2ステージ
入れ替え無しです。

※座席数に限りがありますので、ご希望の方はお名前と人数をお知らせください。
送信フォームはこちら。

〈ソフトウインド〉
東京都港区六本木4-10-8
六本木パーレットビル6F
TEL. 03-6808-7337


IMG_4310

今日誕生日です!

本日わたくし、40歳になりましたー!

初老ですよ初老。

老いちゃいましたよ。


でも僕は年取ることは何とも思ってないです〜。

別に嫌だとも思わないし。

年齢って、一応「年単位」で数字を区切ってるだけの話で、

誕生日が来なくたって年は取り続けてるし老いてますからねw



いくつになったからどうっていうことではなく、

日々いろんな経験をしたり、いろんなことを考えたりして、

時が経つに連れて色々と自分が変化していくのが

ただただ面白いです。

そういう意味で言えば年取るの好きです。




最近、「尊敬」っていう言葉について考えたりします。

「尊敬する人は誰ですか?」

みたいな質問があった時に、いつも

「んー、こういう点ではこの人すごいなと思うし・・」

みたいな感じで、「ズバリこの人です!」とはなかなか言えなかったんですが、


最近は、

「自分以外の全ての人」

って答えるかも。


(別に自分だけダメだって言ってるわけじゃないですよw)



めちゃくちゃ当たり前の話をしますが、

自分以外の人ってみんな、



自分にはない好みがあって

自分にはない特技があって

自分にはない感情があって

自分はしてない経験をしてて

自分にはない視点を持ってて

自分には考え付かないような考えを持ってる



んですよね。


しかもそれ、みーんな違うんですよね。

だからみんなすごいじゃん。



人と話してると、

「自分に自信がない」

って言ってる人、すごく多いんです。


でも僕からしたら、

「こんなに素晴らしいのに、何言っちゃってんの?!」

って感じです。



その人が持ってる好み、特技、感情、経験、視点、考え方、

どれもかけがえのないもので、価値のあるもので、

尊重されるべきもの。

だから僕からみたら「自分にはないもの」なんです。



とりあえず自信がなくてもいいから、

自分にしかない好み、特技、感情、経験、視点、考え方は

尊いものだということだけは覚えておいてほしいです。



どういう好みがあっても、悪いことなんて何にもない。

どういう特技があっても、恥ずかしいことじゃない。

どういう感情を抱いても、悪いことなんて何もない。

どういう経験をしても、無駄や失敗なんて何もない。

どういう視点を持っていても、間違いじゃない。

どういう考え方をしても、ダメじゃない。



だから、どれも大事。

自分の全てが大事だから、「自分は大事」になる。

そうすると結果的に「自信」になります。



僕自身も、自分のそれを全て大事にしてます。

それは「自分にしかないもの」だから、

貴重だし価値あるものですよね。




そんなことを考えてる40歳の誕生日。

大人になったなーw

ライブやります!

久々に、人様の前で歌うことになりました。



ボーカル&ピアノのチコちゃんからお声掛けいただきまして、

チコちゃんとピアニストのトミーさんのデュオライブに、

僕がゲストボーカルとして参加させていただき、トリオライブします。


予定としては、それぞれのソロ曲、デュエット曲、弾き語りなど、

色々盛りだくさんで2ステージお届けします!



自分でピアノを弾かずに(ピアニストさんに弾いていただいて)、

がっつりボーカルに専念できるのは久しぶりなので楽しみです!

なので、当日僕が弾き語りもするかどうかは未定です(笑)。

カバー曲中心になると思います。



座席数が限られているので、ご予約優先になります。

ご希望の方はお名前と人数をお知らせ下さい。

送信フォームはこちら


定員に達し次第締め切らせていただきますので、

お早目のご予約をお願いします!




ライブの詳細はこちら。


▼Chiko×Tommy Duo Live feat.Kengo

・日程: 2017年6月17日(土)
・場所: 六本木softwind
・時間: 18:30 Open / 19:00 Start
・料金: チャージ3,000円+ご飲食代+消費税
・出演: Chiko(Vo/Pf)、富永有里乃(Pf)、Kengo(Vo/Pf)

1st…19:00〜19:40/2nd…20:00〜20:40の、40分2ステージ
入れ替え無しです。

※座席数に限りがありますので、ご希望の方はお名前と人数をお知らせください。
送信フォームはこちら

〈ソフトウインド〉
東京都港区六本木4-10-8
六本木パーレットビル6F
TEL. 03-6808-7337

大変そう・・?

僕の自由な感じがうらやましいと言われました。



毎日、目覚ましかけずに自然に目が覚めるまで寝たいだけ寝る

満員電車に乗らなくていい

一日の労働時間が短い

休み多め



っていう。

はい、とても幸せな生活を送ってます(笑)。



「でも、1人で自営でやるのって大変そうですね」


って言われたんですが、


「ぜんぜん」


ですw



確かに、諸々全部自分でやらなきゃいけないし、

リスクもあるし、

大変っちゃ大変なのかもしれないです。


全く同じことを他の人がやったら、

もしかしたら耐えられないこともあるかもしれないです。


でも僕はそれも含めて「自分で出来る」ことが楽しいので、

大変だとは思ってないんです。



最近、


「大変」

「苦労」

「努力」


って、

そもそも何をもってそう言うの?

と思ってます。



特に「大変」なことってなんだか「良くないこと」とされてるし、

逆に「努力」することはなんだか「良いこと」とされてるし、


そう?

と思ってます。



「大変そう」

・・ダメなこと?


「苦労するよ」

・・しちゃダメなの?


「苦労してない人は魅力がない」

・・しなきゃダメなの?


「努力こそ素晴らしい」

・・なんで?


っていう。



例えば、

人様から見たら僕がやってることって大変そうなのかもしれないけど、

僕自身がそう思ってないってことは、

それは「大変なこと」と言うのかな?



人様から見て「努力してるなー」と見えることでも、

本人がケロっと楽しんでやってたら、

それは「努力」と言うのかな?



何基準?

誰基準?

すごーく曖昧じゃないですかね。



この辺は、またちょっと整理してから語りたいと思いますw

困らせる

僕は体のサイズが規格外なので、服選びにいつも困ります。


いいな〜と思って手に取って、

あててみても明らかに足りない感。


大丈夫そうだと思って試着してみても、

着てみたらかわいそうな感じ。


もはや、デザインとかよりまず「入るかどうか」になってきます。



あと、服屋の店員さんのアグレッシブなグイグイ感もまた苦手で。。

割と物事ハッキリ言えるタイプの僕ですが、

基本的に優しいので(←w)うまくかわせなかったり。




そこで良いこと思いついたんです。

それを先日服屋に行った時にやってみました。



店員さんに


「何かお探しのものとかありますかぁ?」


と言われたら、


「僕でサイズが入るものを」


と答える。


熱心な店員さんなら僕に入りそうなのを探してくれるし、

諦める人ならフェードアウトしてくれるw



大体のリアクションは、


「あー・・なるほど。。そうですね・・」


って感じになる。


さっきまでのグイグイ感が一気になくなる。

たぶん困らせてるw



でもね、

僕がそれを言う前に、


見たら分かりませんかね、デカいって。

年の差なんて

ネットのコメント欄とか書き込みとか見てると、

卒業・入学とか、クラス替えとかっていうワードをよく見かけるから、

ネット世界にはティーンの子たちがあふれてるんだな〜と感じてる今日この頃です。



ちょっと前まではネットやってる人なんてパソコンオタクくらいなもんだったのに。

今やスマホやタブレットで

どんどん若い世代も使うようになってきたんだなと実感します。



生徒さんでも10代の子たちが何人かいますが、

卒業式の話を聞いてると、卒業ソングの定番ってことで

「旅立ちの日に」

っていう曲名を当たり前のように出してくるんですよね。


当然みんな知ってる曲ですよね的な雰囲気で言ってくるんだけど、

僕らの世代はそれ知らないんだよ。。



アラフォー以上の世代の人は、学生時代には歌ってないはずです!

でも、もうちょっと下くらいの世代からは

卒業式では定番の曲みたいですよ。

誰もが知ってて当然っぽい雰囲気出してきやがりますよ奴らはw



ちなみに、若い世代の人は逆に

「仰げば尊し」

なんて知らないそうです。

これぞジェネレーションギャップってやつですね。





一昔前に、「クイズ年の差なんて」っていう番組がやってましたね。

若い世代のヤングチームと、大人世代のアダルトチームに分かれて、

それぞれの世代の常識や流行をクイズにして、

違う世代の人たちがどれだけ当てられるかっていう。



あれ、子供ながらに見ててちょっと不思議だったんですよ。

若い人たちが昔のことを知らないのは当然なわけですよね。

生まれてない、もしくは赤ちゃんくらいだったんだから。


でも、大人の人たちは、

若い世代の人たちが生きてる時代にも生きてるわけですよ。

だったら知らないってことないでしょー、

こんなの大人の方が有利じゃん、

って思ってたんです。



でも自分がいざアダルトチームの世代になってきて、

ヤングチームの分からないこと多いなと思いました。

それこそ「旅立ちの日に」なんて聞いたこともなかったし。



あ、そもそも、

「クイズ年の差なんて」

を知ってる人の方が少なくなってきたんじゃないか。。

こわいこわいw

マインドレベルが高い

4月ですね!


うちに来ている生徒さんの中には学生の生徒さんも結構いるので、

この春から新しく進学になる子も多いわけです。


中には、それを機に遠くに引っ越してしまう子もいたり、

音楽の専門学校に行ってボーカルを専攻することになった子も

複数いたりします。



家が遠くになってしまう子にしてみたら、

うちに通ってくるのは大変になるでしょう。


専門学校でボーカルを習うことになれば、

今後はそれ一本に絞ることも当然できるわけです。



だから、

この春のタイミングでやめちゃう生徒さんも多いんじゃないかな〜って

内心ちょっと思ってたんですよ。


でも、そういう環境になる生徒さんが、

4月以降も変わらずうちのレッスンに通ってくれるんですよー。

誰一人やめることなく。


そうしてでも継続して通いたいと思っていただけるのは嬉しいことだし、

身が引き締まる思いでもあります。




最近気付いたんですけどね、

うちに来てる生徒さん、マインドレベル高いんですよ。

なんでそう思ったかっていう話。



レッスン中に生徒さんに


「目からウロコです!」


って言われることがしょっちゅうあるんですね。

昨日今日の間だけでも何回言われたか分からないくらい言われましたw



気付いてみたら、

もう何年もレッスンに通って来てくれてる人に言われることもよくあります。


ちゃんと毎回何かしらの「気付き」があるようなレッスンをしたいと思っているので、

そういうリアクションがあると僕もちょっと安心しますw



もちろん僕自身も、

毎回のレッスンがマンネリ化しないように常に心掛けてはいるんですが、

長いこと通ってきている生徒さんでもまだ


「目からウロコです」


って言えるようなことが常々あるっていうのは、

生徒さん自身が常に新しい着眼点を持っているからじゃないかなと思うんです。


知りたいっていう意欲があるからこそであり、

進化し続けてるからこそ、

見えてくるものが変わってくるわけですよね。


だからこそ、僕が発するものに反応できるんですよね。




いつも思うのは、

生徒さんは熱心に毎回新しい何かをつかみたいと思ってうちに来るわけですよ。


しかもその気持ちは決して他力本願のような依存心ではなく、

本人自身が模索する中で何かしらのヒントを求めて来ている感じがします。


特にうちに通っている生徒さんはそういうタイプが多いということに気付きました。

(逆に、他力本願タイプの人はうちのレッスンは合わないと思いますw)



そんないつも「目からウロコ」っていう声が上がるなんて、

教えてる僕すげーって思うかもしれませんが、

(うん、僕もすごいんですけどw)、

いやいや生徒さんのレベルがたけーんす。


歌のレベルがどうとかそういう次元の話じゃなく、

マインドのレベルがたけーんす。

そういう生徒さんばっかりなんす。うち。



得るものは、何も歌や発声の技術だけじゃないんですよね。

色んな部分での「考え方」を得てくれることが多いんです。

やっぱり「マインド」ですよね。



僕のレッスンの一番の目的はそこなんです。


歌に限らず、

考え方でも生き方でもなんでも、その人にとって


「ベターな状態にしていって、ベストな状態を見つけていく」


っていうのが僕のやりたいこと。

なんでもいいからとにかくハッピーであってくれればいいんですよね。


だからそれを求めて来てくれてるのかなー。



うん、やっぱりみんなレベルたけーな。

だから僕もレッスンやってて楽しいんだなw

Profile
ボイトレレッスン生受付中!

ボイストレーニングのレッスン希望者受付中です。場所は東京都練馬区です。(池袋、新宿、渋谷から一本すぐ!)
レッスンご希望の方は、こちらから体験レッスンをお申し込み下さい。

最近のコメント
counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
月別
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ