5/1、2と、プラネタリウムライブやって来ました!

プラネタリウムで、星を投影した状態で歌うという。

これが最高でした!


大きな夜空の下で歌っているような開放感がありながらも、

音楽や声はしっかりと響いてる感じを実感できる。

すごく気持ちよかったし、楽しかったです!



連休の合間の平日にも関わらず、

たくさんの方々に足を運んでいただきまして、ありがとうございました。

皆さんにも楽しんでいただけてたら嬉しいです!


外国人の方もいらっしゃって、英語の発音をメッチャほめられた〜。わーいw



ということで、セットリストはこんな感じ。



1.「Close To You(遥かなる影)」カーペンターズ

2.「When You Wish Upon a Star(星に願いを)」ディズニー

3.「月の曲メドレー(Fly Me To The Moon 〜 Moonlight Serenade)」スタンダード

4.「星の歌」Kengoオリジナル

5.「Eternal Flame(胸いっぱいの愛)」バングルス

6.「What a Wonderful World(この素晴らしき世界)」ルイ・アームストロング



この6曲です。



「Close To You」は、実は歌詞の中に「Star」とか「Moon」とかがたくさん出てくるので、

曲の雰囲気も、ゆったりと星を見上げる感じに合うかな〜と思って選びました。



「When You Wish Upon a Star」はまさに星がテーマとなっている曲。

これは外せないよね〜ってことで、今回のライブのイベントタイトルにもなりました。



ライブの日の前日は満月で、月もきれいに見えるタイミングだったので、

それにちなんで、月をテーマにしたスタンダード曲を2曲メドレー形式で。



そして、今回のライブでどうしてもやりたかった、書き下ろしのオリジナル曲。

それこそ星をテーマに作ったので、タイトルもそのまま「星の歌」にしました。



星空から夜が明けていく演出をするということで、

僕的に歌詞にそのイメージがあった「Eternal Flame」をチョイスしてみました。



最後は、完全に夜が明けた状態で明るい中で1曲ということで、

「What a Wonderful World」で、色とりどりの世界を表現しました。




・・という感じ!



せっかくなので、オリジナル曲の歌詞も披露しちゃいます!


---------------------

『星の歌』
作詞:燦早&Kengo/作曲:Kengo


夜空を見上げて
聞こえた 誰かの言葉が
星座はあなたが
自由に 形を描けばいい

星が輝くのは
あなたが笑うから
生まれた その想いが
映し出す景色

夜空を見上げた
新しい 光が降り注ぐ

星の歌奏でよう

And when I smile at you kindly, (私が優しく笑いかけると)
You will feel happy and so warm. (あなたは幸せで暖かい気持ちになるでしょう)
If you can find the light among the stars, (もし星の中に光を見つけることができたら)
Your world will be just how you hoped for. (あなたの世界は望み通りになるはず)

夜空を見上げる
瞳を 閉じて浮かぶのは
広がるオーロラ

やさしい世界が
今なら見えるはず
きっと

---------------------


こんな感じに仕上がりました。

色んなことを感じていただけたら嬉しいです。




そして、

今回ご好評いただきました(?)プラネタリウムライブですが、

なんと次回も決まっちゃいましたー。


今年の12/25(火)のクリスマス当日にまたやります!

詳細は未定ですが、とりあえずクリスマス気分をガッツリ味わえるようにしたいと思ってます。


色々決まり次第またお知らせしますね〜。


FullSizeRender



※この写真は本番終了後にはしゃいで撮ったものであり、
本番中にこんなにワイルドに歌ったわけではありません。