時々 四国の山に登る  K 登山クラブ

四国での登山活動日記です。

2013年12月22日 皿ヶ嶺


水の元9:50 ー 風穴10:30 ー 皿ヶ嶺山頂12:15 ー 水の元14:10


神様が入院してしまい、主夫をしているかめつぼです。
晩御飯は、キムチ焼きそばーとんこつ鍋ー焼きそばー外食(回転寿司)ーもつ鍋と、もうネタ切れでございます。
(子供たちには意外に好評)
誰かおかずをそっと恵んで下さい。
しかし、スーパーで晩御飯の材料買うのは楽しいですね。
手当たり次第カゴに入れてしまい、ネタ切れの前にお金が切れそうです。



IMGP4964
さて、皿ヶ嶺にもずいぶんと雪が積もったようですので、調査してきました。

IMGP4965
水の元に車置くのに苦労しました。

BlogPaint
チェーン巻いても、ダメな時はダメですね。
何故か2WDのデリカなのです。

IMGP4967
風穴までは行けそうもなかったので、水の元に駐車です。

IMGP4969
天気も良かったし、でも本当に今年の雪は多いですね。

IMGP4971
風穴の避難小屋周辺です。

IMGP4972
風穴。

IMGP4974
風穴の中。

IMGP4973
やる気があるのか無いのか?

IMGP4975
登山道は雪が深いけど滑らないのでアイゼンは履かず。
(最後まで履きませんでした)

IMGP4976
せっかくだから直登しよう。

IMGP4977
竜神平を通らないコースです。

IMGP4978
先を行く見知らぬお二人の後を追っていたら。
お一人の男性は別の道へ行きました。

IMGP4981
女性の方に追いついたので、ここからはうちの若い衆にラッセルさせます。

IMGP4983
僕は皿ヶ嶺の超ベテラン女性と二人でおしゃべりしながら、のんびり登山です。

IMGP4984
霧氷が付き始め

IMGP4985
IMGP4986
IMGP4987
でも少し曇ってきたから残念です。

IMGP4988
そして

IMGP4989
山頂、ご苦労であった。
この椅子は、雪がない時はテーブルです。

IMGP4990
結構埋まってます。

IMGP4991
氷点下です。

IMGP4992
帰りはお約束で

IMGP4993
雪遊びです。

IMGP4994
大キレットに落ちたーー。

IMGP4996
た、たすけてくれー

IMGP4997
助けに来たぞ、任せとけ

IMGP4998
うわー

IMGP4999
二重遭難だ

IMGP5000
ん?

IMGP5001
IMGP5002
油断すると上から動物が降ってきます。

IMGP5003
奴らが作る横道に惑わされないで下さい。

IMGP5006
竜神平は大盛況でした。

IMGP5007
どこでも

IMGP5008
お尻で

IMGP5009
下って行きます。

IMGP5012
滑れる場所を求めて

IMGP5013
見つけたら

IMGP5014
滑り下ります。

IMGP5015
かめつぼもやってみたけど

IMGP5016
変な感じです。

IMGP5020
なぜかカッパの背中に雪が溜まりました。




�����祉�������㏍�井�� ��≪����������≪����㏍�� ��糸臼���


モンベル 松山店 2014年1月10日オープン

モンベル 松山店(2014年1月10日オープン)


とうとう愛媛県にも出来るんですね。
オープンの時くらいは安売りするんですかね?

ってか宣伝したから何か下さい。


�����祉�������㏍�井�� ��≪����������≪����㏍�� ��糸臼���



いまだ登山せず


遭難のボーイスカウトら13人が下山、全員無事 滋賀県警が確認


良かったですね。
ちょっとドキドキしてしまった。
まぁボーイスカウトの方々だから大丈夫ですよね。


IMG_0147
こたつで読んでると、酒も入ってしまい、いつの間にか寝てしまうんですよね。


IMG_0148
これは古本屋で200円だったかな?

IMG_0150
これはちょっと重そう・・・。
まだ読んでないけど、吹雪の中で亡くなる直前の直筆の遺書が掲載されてます。



この週末も天気良かったのに、ぬくぬくとコタツで過ごし

「いまだ登山せず」のかめつぼです。



�����祉�������㏍�井�� ��≪����������≪����㏍�� ��糸臼���


二日酔い撃退

飲み会続きでグダグダのかめつぼです。

IMGP4885
そういえば、これ!
牛の生レバーです。
「生レバーあるよ」
って、即注文しました。
なんか得した気分。
場所は内緒です。


そして二日酔いに悩む方に朗報です。

IMGP4963
これが結構効きます。
1回4粒で500円くらい?
スパリブで検索すると出てきます。
通販でも買えますが、ファミマに売ってるようです。松山のファミマにもあるかな?


�����祉�������㏍�井�� ��≪����������≪����㏍�� ��糸臼���


2013年12月7日 谷上山

えひめ森林公園駐車場(大谷池)9:10 ー 宝珠寺9:55 ー 谷上山山頂10:15
ー えひめ森林公園駐車場(大谷池)11:10


娘が推薦入試で志望の大学に合格して、親子でハイテンションのかめつぼです。
実はかめつぼの母校で学部まで同じという、何と言うか・・・感慨深い・・・。
今は先輩、後輩と呼び合っている毎日でございます。

IMGP4906
さて、今回は登山といいますか、犬の散歩といいますか・・・

IMGP4907
大谷池から谷上山に登ってみました。

IMGP4909
散髪したらもっと可愛いんだけどなぁ

IMGP4910
こんな歩きやすい道を歩いていたら

IMGP4911
いろんなゾーンがありまして、とにかく上に行きそうな道で行くと

IMGP4912
林道に出たりもしますが、それでも登る方を選択します。

IMGP4914
第2林間広場を目指し、その後第1林間広場を目指します。

IMGP4915
景色は時々素晴らしいです。

IMGP4916
これが第2林間広場です。

IMGP4917
この地図では谷上山は出てきません。

IMGP4918
ちょっと不安だけど、第1林間広場を目指します。

IMGP4919
標識はあるんだけど、谷上山への標識はないのです。

IMGP4920
第1林間広場です。この奥の「木漏れ日の森」コースから行くようです。

IMGP4921
いつも散歩では落ち葉をくわえてクチャクチャするのですが、これだけ落ち葉
だらけだと、落ち葉には興味がないようです。

IMGP4922
第1林間広場を抜けるとこのような綺麗な道となります。

IMGP4924
何かひょろひょろっと

IMGP4923
背が高い松の木を通り過ぎると

IMGP4925
なんと舗装されてます。

IMGP4926
展望台は谷上山山頂ではありませんので、宝珠寺の方へ

IMGP4927
登山道ではないですね。この道を抜けると

IMGP4928
IMGP4929
宝珠寺に出ます。
実はここまでは車で来れます。

IMGP4930
ここから登山道に入ろうと思ったのですが、出口専用なので

IMGP4932
こっちから入りました。なんでやねん?

IMGP4933
お墓までが一方通行だったみたいです。
歩く人は関係ないですね。

IMGP4934
やっと登山らしくなってきました。

IMGP4935
伊予市の景色が綺麗に見えます。

IMGP4936
ほら登山みたいでしょう。

IMGP4937
でもすぐに着いてしまった。

IMGP4938
山頂なのに池があるのです。
どうやって水が溜まるのでしょうか?

IMGP4939
右の看板のところが

IMGP4940
三角点かな?

IMGP4941
これでも標高差300m以上登ったので、登山でいいですよね。

IMGP4943
これはDASH島か?
TOKIOの番組でDASH島が出てきますが、その島は愛媛県の由利島なのです。(本当)
船釣りする人は皆知ってますが、そうでなければ知らないかなぁ?無人島だし。

IMGP4944
帰ります。

IMGP4945
何か見えるのか?

IMGP4946
お墓だから何かいるのか?

IMGP4947
少しだけ車道を歩きます。

IMGP4948
標識はたくさんあるのですが、どこに到達するのかが書いてないので
少し不安になるのです。

IMGP4949
いい散歩になったかな?

IMGP4952
IMGP4953
IMGP4954
IMGP4955
紅葉。

IMGP4957
これが第2林間広場からの景色です。

IMGP4958
松山平野が一望できます。

IMGP4960
少しコースを変えて下山すると

IMGP4961
女の子が待ってました。

IMGP4962
初デートで緊張するワン。


近所の里山散歩でした。
車で10分くらいなのに、行きは後部座席でう○こされ、帰りはゲロされ・・・。


�����祉�������㏍�井�� ��≪����������≪����㏍�� ��糸臼���


遭難

先日、富士山では滑落遭難が起きてました。

こんな記事を見つけました。

富士山の事故報告

また、こんな記事も

富士山滑落事故~


四国の山ではあまり雪が凍った経験はないのですが、富士山は防風林もなく強風ですので、表面の雪は風で飛ばされ、アイゼンが刺さらないくらいのカチカチ氷の山になるそうです。
標高が上がる程傾斜も急になり、アイゼンが効いていない時に突風に吹かれると、簡単に飛ばされるそうです。

冬山は石橋が壊れるまで叩いて渡りましょうね。


�����祉�������㏍�井�� ��≪����������≪����㏍�� ��糸臼���


2013年11月23~24日 寒風山②

続きです。


IMGP4850
夕方になりました。

山の夕方なんてあっと言う間です。
すぐに真っ暗です。



昼間は10度近くあった気温が、5度・・・3度・・・2度・・・・・・0度・・・・・
そして僕の気持ちもぐんぐん下がります。
合コンの1次会のみで女の子に帰られた後のテンションです。

仕方ないので、シュラフに潜り込みます。
ラジオを付けます。
ラジオってつまらない・・・。

気温は氷点下になります。
マイナス3度から、朝の冷え込みでマイナス5度でした。


気持ちが凹みます。
外に出てみます。
星が綺麗です・・・だから?



風がテントを揺らします。(微風)
不安に怯えます。



木が揺れます。
不安に怯えます。



寒いです。
不安に怯えます。



酒を沸かして飲もうか?
翌日が不安で飲めません。



翌日風邪引いたら・・・どうしよう
不安に怯えます。



何の音もしません。
不安に怯えます。



ヘッドライトで下山しようか?
とにかく、下界の安全な場所に行きたい。
誰か助けて~



IMGP4851
ん?朝だ・・・。


しっかり8時間も寝た・・・。
昨日の不安は何だったのか?
軟弱者で寂しがり屋のかめつぼでございます。




IMGP4852
朝日を浴びる笹ヶ峰です。

IMGP4853
そして暴風(嘘)を耐えてくれたテントです。

IMGP4854
凍りついております。

IMGP4855
朝日を浴びてのうまかっちゃんです。

IMGP4856
かめつぼは笹ヶ峰に登るのか?

IMGP4857
いいえ、寒風山経由で帰らせていただきます。
だって、荷物重いのがトラウマになったし、早く下山して温泉に入りたいのです。

IMGP4858
寒風山と笹ヶ峰の縦走路なのですが、ある地図には「快適な縦走路」と
書いてあります。
かめつぼ的には間違いなく「過酷な縦走路」であります。

IMGP4862
この日も素晴らしい天気でした。

IMGP4863
振り返ると笹ヶ峰です。

IMGP4864
多分この辺でテントを張ったはずです。

IMGP4866
うさぎさんの足跡を追いかけながら

IMGP4867
もう少しで寒風山山頂です。

IMGP4868
荷物が少し減っても20kg前後、登り恐怖症になってます。

IMGP4869
何度も休憩しながら

IMGP4870
ほれ、二日連続寒風山。

IMGP4871
瓶ヶ森

IMGP4872
伊予富士

IMGP4873
笹ヶ峰

IMGP4874
次は行ってやるから、待っててね。
一人は嫌だから、一緒に行ってくれる人募集中です。

IMGP4875
これは笹ヶ峰、ちち山から続く冠山のようです。

IMGP4877
桑瀬峠から伊予富士

IMGP4880
そして一目散に桑瀬峠です。

IMGP4883
登って来られる方に何度も何度も
「泊まったんですか?」
「雪の具合はどうですか?」
などと聞かれながら、登山口です。
大きな荷物を持って、下りなので涼しい顔でしたが、実は初めてのソロテント泊で
寂しくて涙を流していた、肝の小さなおっさんなのです。


IMGP4884
生きて帰った~。



とにかく不安だらけの初ソロテン泊でした。
たまたま何事もなかったのですが、やっぱり雪山は怖い。
次は雪のない時にします。
雪の間は最近ブログをサボり気味のarata兄貴に教えてもらいます。
とにかく、もっと実力が付くまでソロテン泊は封印でございます。


�����祉�������㏍�井�� ��≪����������≪����㏍�� ��糸臼���


2013年11月23~24日 寒風山①

11月23日
寒風山トンネル登山口9:15 ー 桑瀬峠10:20 ー 寒風山山頂11:45
ー 寒風山と笹ヶ峰の間13:30撤退 ー テント設営13:45

11月24日
寒風山と笹ヶ峰の間8:15 ー 寒風山山頂9:15 ー 寒風山トンネル登山口11:10


自宅のある松前町には山らしい山がないのですが、それでも無理やり探せば谷上山なる低山が見えてます。
まぁ伊予市の山ですが・・・。
大谷池という池から登ると標高差300mのお気楽登山ができそうなので、愛犬の散歩も兼ねて、この週末
挑戦したのですが、土曜日は途中で気分が悪くなり(二日酔い)撤退。日曜日は急に雨が降りだし撤退。
何か撤退続きのかめつぼです。




IMGP4805
初のソロテント泊は、登山口に近づくと、何やら真っ白な山が見えます。
ん?笹ヶ峰?
今回の目的地は笹ヶ峰から丸山荘です。
丸山荘でテントを張るのだ。

IMGP4806
これは?寒風?伊予富士?

IMGP4807
どうしてこんなに白いの?

IMGP4808
まだ11月ですよ。
こんなの聞いてないよ~。

IMGP4809
でも、ここまで来たら仕方ない、雪の中でもソロテン泊するのだ。
と気合を入れてザックを担ぎます。
ちなみに22kg前後・・・。お、重い・・・。

IMGP4810
靴は一応、あくまで一応積んできた、冬用登山靴を迷わず履きました。

IMGP4811
しかし、よく降ってます。
何度も言いますが、11月ですよ。

IMGP4812
荷物が重くて重くて・・・。写真を撮る振りして何度も休憩します。

IMGP4813
何故か行列している桑瀬峠。

IMGP4814
伊予富士が覗けます。

IMGP4815
寒風山方面です。
天気は最高でした。

IMGP4817
IMGP4818
IMGP4819
IMGP4820
伊予富士が綺麗です。
でも今回は笹ヶ峰から丸山荘に行かねば。
それなら寒風山に行かないといけないのです。

IMGP4821
IMGP4822
寒風山はこっちです。
右奥の丸いのが山頂です。
でも今日はここが終着ではないのです。

IMGP4823
日差しは強く、汗がポトポト落ちます。

IMGP4824
IMGP4825
んん?山頂が見えました。

IMGP4826
最後の踏ん張りで

IMGP4827
山頂です。
でも、これが終わりではないんで。

IMGP4828
IMGP4829
IMGP4830
寒風山山頂の景色です。
絶景ですね。
でも、僕はこれからまだ先が長いのです。

IMGP4831
この先の笹ヶ峰まで行かないと。

IMGP4832
早く来なよ。と言われても、荷物が重すぎて足が出ません。

IMGP4833
IMGP4834
振り返ると寒風山です。

IMGP4836
ん~ん、撤退・・・。
すみません。荷物重くてもう歩けないっす。

寒風山から笹ヶ峰までの縦走路は雪なしの場合、コースタイム1時間30分です。
GPSでは約半分近くきてますが、寒風山からはほとんど下りばかりで1時間以上かかってます。
すれ違った方に、トレースがあるか聞いたところ、この先で撤退して、トレースはないとのこと。
これから22kg背負って、ラッセルで200m登る力があるのか?ないのか?
自問自答・・・。
ない。(キッパリ)


13時半、ちょっと早いけど、初めての雪上のテント設営だから時間もかかるかも知れないし・・・。


でもどこでテント張ろうか?
桑瀬峠まで戻るか?
でも、それだと寒風山にまた登り返さないといけないし、そんな体力・・・ない・・・。

IMGP4838
もういいや。
なんかこの辺平地だから、この辺でキャンプだ。
踏み踏み。

IMGP4837
ほら~、初めてでも

IMGP4839
何とか張れたかな?

IMGP4841
窓からはこんな景色。

IMGP4842
これでいいのかなぁ?

IMGP4843
笹ヶ峰をバックに。
明日体力あったら行ってみよう。

IMGP4847
椅子とテーブルを作って夕食です。

IMGP4849
なんかね、不味かった・・・。味付けの問題なのか、寂しさの問題なのか?

IMGP4850
そして日は暮れていったのです。

続く


�����祉�������㏍�井�� ��≪����������≪����㏍�� ��糸臼���


ソロテン泊

やっぱり一度は経験しとかないとね~

IMGP4803
一人ぼっちの山テント泊。

IMGP4804
ラジオも買っちゃいました。

IMGP4842
行ってみたらこんなことに。
雪が多すぎねぇ?

寒かった~。


さて、かめつぼは無事に帰って来たのでしょうか?
まぁ帰還してるから更新できてる訳ですが・・・。
詳細は後日に。


�����祉�������㏍�井�� ��≪����������≪����㏍�� ��糸臼���


2013年11月16日 皿ヶ嶺

水の元11:40 ー 風穴12:00 ー 竜神平12:50 ー 皿ヶ嶺山頂13:15
ー 竜神平14:15 ー 水の元15:25


苦節4ヶ月、ウォーキング&ジョギングを続けた結果、5kgも体重が落ちました。
猛暑の中、6kmのウォーキングから始めまして、途中1kmだけ走ったり・・・。
その途中のジョギングの距離がじわじわと伸び、今では1km歩いて、4kmジョギング
最後に1km犬の散歩という6kmコースが定着しております。
真面目にやれば落ちるものですね。

IMGP4778
さて今回は紅葉の水の元から

IMGP4796
皿ヶ嶺のお手軽登山です。

IMGP4779
俺は登山は行きたくないんだけど、その後の宴会は行きたいッス。
迷った末に参加したY君。

IMGP4780
本当はTちゃんが来たからなのか?

IMGP4783
風穴まではみんな余裕です。

IMGP4784
新入部員Tちゃんにお約束を教え込みます。
「か、かめつぼさん、今の隙にお通り・・・」

IMGP4785
竜神平は人がいっぱいでした。

IMGP4786
「このくらいの山なら大丈夫です」とやっぱり若さあふれるTちゃん。

IMGP4788
はいはい席に着いて、授業を始めまーす。

IMGP4789
お笑い芸人にこんなのがいたような・・・。

IMGP4791
再び竜神平からの

IMGP4792
上林峠から下山して

IMGP4795
水の元。

IMGP4798
残念ながらTちゃんは帰ってしまったけど

IMGP4800
避難小屋に避難して、鍋宴会でした。
ちょっと寒かったけど、この日はまだ大丈夫でした。



�����祉�������㏍�井�� ��≪����������≪����㏍�� ��糸臼���


記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ