【ライブドア】法曹関係者の見解【ショック】

  • author: kenji47
  • 2006年01月27日

ライブドア関連の報道を見てて、おかしいと思うのは、

「なぜホリエモンは違法な事件をおかしたのか」
と違法を犯したという前提で語るものが多いことです。

「被疑者には無罪の推定がはたらく」などということは、ここで改めて申し上げることでもありませんが、この事件の場合、そもそも、
「被疑事実となった取引は偽計取引にあたるのか?」
つまり、違法なものだったのか?ということが問題です。
報道には、この視点をまったく欠いたものが多く見受けられます。

被疑事実が犯罪と認められる要件を満たさない限り、処罰されることはありません。
今回の強制捜査の根拠となったのは以下の法律の条文です。

証券取引法158条【相場の変動を目的とする不正行為の禁止】
 何人も、有価証券の募集、売出し若しくは売買その他の取引若しくは有価証券オプション取引等、外国市場証券先物取引等若しくは有価証券店頭デリバティブ取引等のため、又は有価証券等の相場の変動を図る目的をもつて、風説を流布し、偽計を用い、又は暴行若しくは脅迫をしてはならない。

犯罪の構成要件(違法な行為の類型。これにあてはまる行為が犯罪とされる)を分解しますと、
ー臑痢_真佑(誰でも)
¬榲 有価証券等の相場の変動を図る目的をもって
9坩戞”説を流布し、偽計を用いる等の行為を行う
し覯漫(本罪では要求されていません)
場合に処罰されることになります。

今回の事件で報道されている事実にあてはめますと、
 .曠螢┘皀鵑箋榮盪瓩薀薀ぅ屮疋元取締役が
◆.薀ぅ屮疋等関連会社の株式値上がりを図る目的をもって
 実際は現金で企業を買収していたのに株式交換で買収したと虚偽の発表を行った等の行為を行う

ことが構成要件を満たすとして、強制捜査の対象とされたのです。
それでは、ホリエモンらの行為は「偽計取引」にあたるといえるのでしょうか?
株式交換自体、平成11年から可能になった制度ですから、これを利用した偽計取引の事例はまだないものと思われます。おそらく類似の事件の判例もないことでしょう。

今回の問題とされた取引が違法であるかは、現段階の私の見解は「違法といわれればそういう感じもするけれど、はっきりとは分からない」というところです。
私ごとき素人に毛が生えた程度の者の意見は信頼に足るものではないとは思います。
しかし、すでにプロとなっている法曹関係者の方々の意見を見ても、「「クロ」とは言い切れないが「シロ」とも言えない、「グレー」なもの」という見解が主流となっているようです。
それにもかかわらず、東京地検は「重大な違法性が認められる」といっています。この自信は、発表されている以外に重要な事実をすでに摑んでいるのか、強制捜査に踏み込んで「後には引けない」ことからくる強気なポーズなのか、どのような根拠によるものかまではわかりません。

参考に、法曹関係の方々のブログをご紹介しておきます。
私がこれらのブログを読んだ感想は「特捜部の勇み足説」が浸透しつつあるように思えるのですが、皆さんはどう考えますか?

元検弁護士のつぶやき
ビジネス法務の部屋
弁護士落合洋司の「日々是好日」
法と常識の狭間で考えよう
アメリカの風景 シカゴの法律事務所から
ふぉーりん・あとにーの憂鬱

こちらは、特捜部長大鶴氏のお言葉

[ライブドア・ショック]
ホリエモンに対する捜査のポイント
ホリエモン逮捕は自殺防止のためか?
特捜部の強制捜査は正しかったのか?[あえて異論]
ホリエモンはどうなるの?[だれでもわかる逮捕・勾留講座]
ホリエモン供述拒否の意味
特捜部は暴走王
証券取引等監視委員会の権限強化について

 ●人気blogランキング(法律・法学)に登録しています。好順位で健闘しています。現在19位!ついに20位以内にきました。プロの先生方を追い抜く気合でやっていますwご支援本当にありがとう御座います。
ご参考になった方は是非清き1クリックをお願い致します。
バナー2

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

マスコミの報道

 今回のライブドア事件に関しては、色々な報道が各社からなされていますが、「いかに

  • [ taki-log@たきもと事務所 ] 2006年01月27日 19:09

海外から見ているライブドア事件

今海外出張中で、海外よりライブドア事件を眺めています。 この事件については、そも...

  • [ nozomu.net - 吉田望事務所 - ] 2006年01月31日 09:29

この記事へのコメント

こんにちわ。
昨日の僕のコメントにレスをつけてくださった方、ありがとうございます!いろいろ勉強になります。
でもまだ僕は地検特捜部の勇み足とは思えないのです。もう一つ僕が地検に期待するのは、ホリエモン逮捕のあと、野口さんの自殺と聞いたとき、ものすごい違和感がありました。彼らの価値観では違法との認識がないだろうし、なぜ死ぬのかと。ブラックマネー、マネーロンダリングという危ない噂が囁かれていたらしいこともあり、逮捕はホリエモンの身を守ることにもなるなと。昨日発売の週刊文春の記事は素晴らしかったのですが、投資事業組合の内実を調べていけば、いずれ闇の勢力と地検が向き合わねばならないのも時間の問題でしょう。地検はそこまで覚悟して逮捕に踏み切ったと思うのですが。これも僕らがこれから見届けなくてはいけないことのように思います。

1. Posted by マコト 2006年01月27日 19:05

参考にさせてもらいました。
とはいっても、ライブドアの株が上昇した記事からきたのですが・・・

ニュースを見ていると、
複数の違法行為を犯しているように報道されていますね。

どうなんでしょうね。

難しいですね。

まあ、違法性の認識しているかどうかをよく議論されている報道もありますが、素人にはなにを信じたらいいのか難しい部分です。

はい。

なんとなく、記事を読ませてもらった感想書きました。





2. Posted by ビデオ屋本舗 2006年01月27日 19:15

TBありがとうございます。

私は特捜部のことを判断するだけの知識を持っていないので何ともいえないのですが、「出る杭は打たれるんだな」ということは感じています。

もし、今回の逮捕が劇場型見せしめ逮捕であると判明したならば検察は猛烈に批判されるべきでしょうね。
kenjiさんは大手柄(笑)!

法曹志望としては、ぜひそうではないことを願いつつ(つまり特捜部が政治家がらみのネタをすでにつかんでいる)、今後の動向に注目していきたいと思います。

3. Posted by kiffer_w 2006年01月27日 21:15

みなさんコメントありがとうございます。

何が真実かはなかなか見えにくいものですが、マスコミ報道を鵜呑みにすることなく、自ら見極めていく意識でこの事件を見ていきましょう!

4. Posted by kenji47 2006年01月27日 21:27

TBありがとうございます。
特捜部の勇み足かどうかは捜査の終結とその後に控える公判で明らかなる事実を見てみないと最終的にはわからないと思います。
検察の主観的意図を問題にする意見が多く見受けられますが、それよりも今回の摘発の持つ客観的意味を考えることのほうが大事だと思います。

5. Posted by モトケン 2006年01月28日 12:28

モトケン先生いつもありがとうございます。

>特捜部の勇み足かどうかは捜査の終結とその後に控える公判で明らかなる事実を見てみないと最終的にはわからないと思います。

これは確かにそうなのですが、強制捜査によって被疑者は社会的地位を失い、巨額の経済的損失を被っているわけです。

もし無罪となったら取り返しのつかないことだと思われます。

6. Posted by kenji47 2006年01月28日 12:51

TBありがとうございます。
今回のように構成要件自体について明確な概念がない場合には、手続のあり方が結果を規定する可能性があります。
その意味では、「結果としてみれば」特捜が正しい=有罪という結果になる可能性は、私は、結構あるのではないかと思います。
ただ、そのことが手続のあり方を正当化するとは思っていないんですよね。

7. Posted by 47th 2006年01月30日 02:26

こんにちは。

今回気になるのは検察がやたらと情報をリークすることなんですよね。

「起訴当然、有罪当然」というキャンペーンを張ってるような気がするんですが。

8. Posted by kenji47 2006年01月31日 01:50

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲