【ライブドア】「取調べの可視化?」進行中【ショック】

  • author: kenji47
  • 2006年02月02日

強制捜査以来、ライブドア叩き、ホリエモン叩き一辺倒だったマスコミですが、ここにきてようやく心あるジャーナリストから捜査のあり方について疑問が呈されてきています。

>ライブドア事件、田原氏「残念」
新聞やテレビでの報道については「“関係者の話によると”という報道が連日のようにされているが、関係者とは一体誰のことなのだろう」と語った。

 また、「当事者は東京拘置所におり、反論する場がない。知らず知らずにマスメディアを通じて事件が出来上がってしまう」と述べ、最高裁まで裁判が進む長い年月のうちに、ライブドア社や堀江容疑者のしたことは犯罪だとほとんどの日本人が信じるに至るだろうとの認識を示した。田勢氏は「“関係者”なるものから情報が出て、株価が下がることこそ(容疑の1つとされる)風説の流布ではないかと、マスコミの人間として忸怩(じくじ)たる思いがある」とも語った。

1/30日本経済新聞「核心」本社コラムニスト 田勢康弘
>…
法律を破っていたのだとしたら、弁解の余地はない。しかしながら、どうしてこんなに取調べの中身が伝わってくるのか首をかしげながらも、また水に落ちた犬をたたくだけで終わるかと、早くも徒労感を憶える。…

ライブドアニュースのほうは田原総一郎氏・田勢康弘氏のインタビューなので田勢氏はどちらにも関わってます。
確かに、今回の被疑者取調べについて「関係者」の話はやけに詳細に伝わってきます。ホリエモンは報道に対して腹を立てているだの、宮内氏が涙を流しただの、まさに「関係者」しか知らないはずのことが報道されています。
これは何を意味しているのでしょうか?
私には、「関係者」が、被疑者の起訴当然・有罪当然・実刑も考えるべき、といったムードをあおっているように思われてなりません。
強制捜査前はあれだけ厳重に機密保持されてたのに、捜査に入った後はこの情報の氾濫ぶり、これは、やはり何らかの意図をもってなされているのではないでしょうか?

現在、日本の捜査手続においては、「取調べの可視化」が取りざたされています。
取調べの可視化とは取調室という密室で違法な取調べが行われないように、その内容を録音・録画しようというものです(詳しくはこちらをどうぞ)。

今回の事件における、情報のリークはこれとはまったく別個のものです。
たんに「関係者」に都合の良い情報を流しているに過ぎません。

「正義」を求めるためなら、強制捜査をすることが必要な場合もあるでしょう。
それなら、取調べプロセスにおいても「正義」は必要なのではないでしょうか?

[ライブドア・ショック]
ホリエモンに対する捜査のポイント
ホリエモン逮捕は自殺防止のためか?
特捜部の強制捜査は正しかったのか?[あえて異論]
ホリエモンはどうなるの?[だれでもわかる逮捕・勾留講座]
ホリエモン供述拒否の意味
特捜部は暴走王
証券取引等監視委員会の権限強化について
法曹関係者の見解
金融業界人の見解
特捜部の狙い[ある仮説]

 ●人気blogランキング(法律・法学)に登録しています。好順位で健闘しています。現在19位!ついに20位以内にきました。ご支援本当にありがとう御座います。
ご参考になった方は是非清き1クリックをお願い致します。
バナー2

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

取調べのための身柄拘束を認めるべきか?

 法務省と警察庁が設置した「未決拘禁者の処遇等に関する有識者会議」は、2006年

  • [ 法と常識の狭間で考えよう ] 2006年02月03日 10:31

堀江社長など、ライブドアの取締役ら逮捕

ここまでくれば、もう書いてもいいだろう。 遂に、堀江社長を含めた取締役ら4人が逮捕された。 今まで、こういう決め付けて報道するマスコミを批判してきたが、ライブドアがこの後どうなるか?ということを心配している人も結構いるので、今回は敢えて、その後のことを想....

  • [ 政治家・兄やんの一言モノ申すブログ ] 2006年02月04日 18:56

堀江氏逮捕に思うこと(5)  ??宮内氏ら38歳組から始まる  「魔の7YEARS」の世代??

今回は、堀江氏が生まれ育った30年余りの時代やその社会&価値観の変化を振り 返ろうと思って、アレコレ調べつつ書き進めていたのだが・・・。 <ちなみに堀江氏は72年生まれの33歳である。>  実は同時に、すごく気になっていることがあった。今回、堀江氏と共...

  • [ 日本がアブナイ! ] 2006年02月05日 23:23

この記事へのコメント

 こういうことが起こるのは、取材する側とされる側に持ちつ持たれつの関係が成り立っているが故です。
 とはいえ私も現時点ではこちら側の人間なので具体例は挙げませんw。
 そういう意味での忸怩たる思いもありますね。

1. Posted by syacho 2006年02月02日 12:39

syachoさん、いつもありがとうございます。

取材する側は情報欲しくてたまらないんですから、そういうふうになりがちなんでしょうね。

しかし「取調べで涙を流した」とか漏らすのは、あまりにもデリカシーに欠けると思うのです。
いき過ぎると人権侵害になりかねないですからね。

2. Posted by kenji47 2006年02月02日 14:18

 取材される側にも思惑があるでしょうからね。そのあたりが持ちつ持たれつだと。そういう意味では、けんじさんが指摘するところの「意図」は(双方とも)どこかしらにはあるのだろうと思われます。利害関係の上に成り立っているものに対して、公正さというかバランス感覚みたいなものを求めても…、という一種の諦めというか限界のようなものを感じてしまいますね。

 私は現時点で、いかなる形でもこの問題に関して論ずるのを避けているわけですがw、というのも、何より、逮捕された直後から、鬼の首を取ったかのようにホリエモンを批判する論評が、メディア関係者と思える人の手によるブログなどにも書かれていることに、半ば辟易としてしまっているからです。

 極端にいえば「踊らせる側が踊らされてどうすんだよ」と思うわけですw。

 では。

3. Posted by syacho 2006年02月02日 16:42

追記です。スイマセン。

こういう問題があるといつも思うことですが、この時代、情報の受け手側にもより一層の高い問題意識が求められますよね。

コメント欄で不特定多数の人に発信する形で申し訳ないのですが、このブログはとても読者が多いので、紹介させてもらいます。

現時点で、私のブログで取り扱わないという決意表明でもありますがw。

リテラシーに関しては、以下のサイト(ウィキペディア)が説明してますので、参考にしてください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%BC

4. Posted by syacho 2006年02月02日 16:54

syachoさん有益なご指摘・情報提供ありがとうございます。

遠慮なくコメントください。
このブログは読者数の割りにコメント等が少ないですからね。たぶん管理人が、あまりに直截な物言いをしてるので、敵視している人が多いに違いないwww

5. Posted by kenji47 2006年02月02日 22:33

この事件は、ついに捜査担当の北島副部長辞任、追起訴後の捜査で焦点とされたマネーロンダリング(資金洗浄)、脱税、インサイダー取引については何も成果が得られずという結末に至りましたね。
司法ジャーナルによれば、
http://www.doblog.com/weblog/myblog/63732?YEAR=2006&MONTH=2&DAY=28
北島副部長辞任か>その後辞任が確認された。

成果がなかった追起訴後の捜査
http://www.doblog.com/weblog/myblog/63732/2524261

新たな証拠を把握できず、3月14日以後の捜査は不発
http://www.doblog.com/weblog/myblog/63732/2524266

特捜部もマネーロンダリング(資金洗浄)や脱税の有無を確認するため、資金の流れにかかわったとみられる海外の会社関係者からも事情聴取したそうですが、インサイダー取引の可能性や堀江被告個人の株取引も捜査したが、立件できる証拠を把握することは出来ず、空振りに終わったようです。

6. Posted by nao 2006年05月14日 17:33

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲