インサイダー容疑:村上氏、事情聴取へ[適用条文について]

  • author: kenji47
  • 2006年06月02日

>「村上ファンド」を率いる村上世彰代表(46)の証券取引法違反疑惑で、東京地検特捜部は、村上代表から事情聴取する方針を固めた模様だ。村上代表については、05年のライブドアによるニッポン放送株買い占めを巡り、買い付け情報を事前に知りながら同社株を売買したとされ、公開買い付け(TOB)に準じる行為に関して証取法が禁じるインサイダー取引の疑いが出ている。特捜部は証券取引等監視委員会と連携し、村上代表らの立件へ向け、捜査を進めるとみられる。

ということだそうです。
今回の村上氏に対する取調べの根拠となる法律は次のとおりです。たぶん。

第167条

3 公開買付者等関係者(第1項後段に規定する者を含む。以下この項において同じ。)から当該公開買付者等関係者が第1項各号に定めるところにより知つた同項に規定する公開買付け等の実施に関する事実又は公開買付け等の中止に関する事実(以下この条において「公開買付け等事実」という。)の伝達を受けた者(同項各号に掲げる者であつて、当該各号に定めるところにより当該公開買付け等事実を知つたものを除く。)又は職務上当該伝達を受けた者が所属する法人の他の役員等であつて、その者の職務に関し当該公開買付け等事実を知つたものは、当該公開買付け等事実の公表がされた後でなければ、同項に規定する公開買付け等の実施に関する事実に係る場合にあつては当該公開買付け等に係る株券等に係る買付け等をしてはならず、同項に規定する公開買付け等の中止に関する事実に係る場合にあつては当該公開買付け等に係る株券等に係る売付け等をしてはならない。


あまりにも長い条文なので、該当する項のみ抜粋しております。
すべて読んでほうが理解が深まると思いますので興味がございましたら全文ご覧になることをお勧めします。
さらに今回の問題では、公開買付そのものではなく公開買付に準じる行為が問題とされています。

>ライブドアの5%を超える同株買い集め行為は、証取法上の「TOBに準じる行為」に当たるとされ、証取法は、こうした行為に関する情報を事前に得て、株を売買することがインサイダー取引に当たるとして禁じている。

このTOBに準じる行為については、証券取引法施行令という政令において定められています。

>(公開買付けに準ずる行為)第31条 法第166条第6項第4号及び第167条第1項に規定する公開買付けに準ずる行為として政令で定めるものは、証券取引所に上場されており、又は店頭売買有価証券若しくは取扱有価証券に該当する株券(外国法人の発行する証券又は証書で株券の性質を有するものを含む。)の発行者である会社の発行する株券、新株引受権証書、新株予約権証券、新株予約権付社債券(外国法人の発行する証券又は証書で、これらの有価証券の性質を有するものを含むものとし、内閣府令で定めるものを除く。)又はその他内閣府令で定める有価証券(以下この条において「株券等」という。)を買い集める者(その者と共同して買い集める者がいる場合には、当該共同して買い集める者を含む。以下この条において同じ。)が自己又は他人(仮設人を含む。以下この条において同じ。)の名義をもつて買い集める当該株式に係る議決権の数(株券(外国法人の発行する証券又は証書で株券の性質を有するものを含む。)については株式の数を、その他のものについては内閣府令で定めるところにより換算した株式に係る議決権の数をいう。以下この条において同じ。)の合計が当該株券等の発行者である会社の総株主の議決権の数の100分の5以上である場合における当該株券等を買い集める行為(以下この条において「買集め行為」という。)とする。ただし、当該株券等を買い集める者の当該買集め行為を開始する直前における株券等所有割合(自己又は他人の名義をもつて所有する当該株券等に係る議決権の数の合計を当該会社の総株主の議決権の数で除して得た割合をいう。以下この条において同じ。)が100分の5未満である場合には、当該買集め行為のうち株券等所有割合が100分の5を超える部分に係るものに限る。

…条文読むのもなかなか大変ですね。
ライブドアが買い集めようとしたニッポン放送の株式は総株主の議決権の100分の5以上にあたりますから、公開買付けに準じる行為といえそうです。

村上ファンドのような有力ファンドが、社会の注目を集める買収攻防戦において、すぐに足がつくようなインサイダー取引を行っていたとはにわかには信じられません。関係法令には精通していたことでしょうし。
もちろん、そのような事実があった場合は処罰を免れることはできませんが、今後強制捜査を行うことの是非を含め捜査機関には慎重な対応が必要だと思われます。

[追記]
この事件について説明するのは私の知識の範囲を超えているので難しいなと思っていたところ、ふぉーりんあとにー先生が大変ためになる解説をされています。どうぞそちらを参考にしてください。

●人気blogランキング(法律・法学)に登録しています。好順位で健闘しています。現在32位!
ご参考になった方は是非清き1クリックをお願い致します。
バナー2



トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

[ゴーログ]村上ファンド報道:日本人は世界一器の小さい国民か?

皆さん、こんにちは。木村剛です。いわゆる村上ファンド事件について、「Lawとバッ

  • [ 週刊!木村剛 powered by ココログ ] 2006年06月05日 09:01

[ゴーログ]村上ファンド報道:日本人は世界一器の小さい国民か?

 皆さん、こんにちは。木村剛です。いわゆる村上ファンド事件について、「Lawとバ

  • [ 週刊!木村剛 powered by ココログ ] 2006年06月06日 08:56

この記事へのコメント

検察は振り上げた拳をどう下ろすか。
ここまで来たら逮捕しなければ世論は納得しないでしょうし、逮捕しなければ立件に自信はないのにあえてリークして村上氏をゆさぶって強迫的国策捜査したと見られかねません。
日本の市場・司法の公正が問われている事件だと思います。
捜査報道が伝えられた6/2前場で個人の投売りクライマックスとなり、株価は結局上昇しました。
相場が底打ちしたのは慶賀ですが、国策捜査するような不公正市場国と見られれば、外人は日本株を買ってくれなくなります。継続WATCH所存です。

1. Posted by 土曜日の各駅停車 2006年06月04日 08:36

土曜日の各駅停車さん、こんにちは。

>国策捜査するような不公正市場国と見られれば、外人は日本株を買ってくれなくなります。

本当にそうですよね。
ホリエモンや村上氏は敵対的買収を行ったから国策捜査の対象にされたのではなく、違法行為を行ったから摘発されたのだ、という納得性のある結論を検察が得られるかが鍵だと思います。

そうでないと、日本では敵対的買収は×という誤ったイメージを世界に発信してしまうことになります。

その点、ライブドアの件で検察は失敗しかけている気がするのですが…。

2. Posted by kenji47 2006年06月04日 19:41

ご紹介とTBありがとうございます。
私も正直167条インサイダーは意外な感じがしています。
検察としては「違法行為」を摘発することが職務であり、社会的な制度設計は立法府の役割という面もあるのでしょうが、市場について、こうしたシンプルな立法と執行の峻別を貫くべきなのかは疑問も残るところです。

3. Posted by 47th 2006年06月05日 00:43

<<週刊東洋経済2006.5.20号>>1959年8月、貿易商の父・勇と母・澄子の次男として、大阪市道頓堀界隈でうまれる。父は台湾出身の華僑という。67年に「村上実業株式会社」を創業。母は広島市出身。長男・世博は東大経済学部卒業、現在は三菱商事勤務。UNQUOTEすなわち、台湾人・中国人のDNAを持つ。従って、倫理無き言動は首肯できる。また、9才頃に父親から100万円をもらい株式投資を始めたという本人の話も、ルーツから見て、「さもありなん」である。

4. Posted by snowbees 2006年06月06日 22:12

47thさん、ありがとうございます。

検察と市場との関係については私もまたあらためて考えてみたいと思います。


snowbeesさん、情報提供ありがとうございます。

ま、倫理無き行動かどうかはともかく、彼の市場に対するスタンスはそういったバックグラウンドがあってのものなのでしょうね。

5. Posted by kenji47 2006年06月07日 01:47

足がつかないようにすれば良いと思っておられる方がいるようですが、着こうがつくまいが、犯罪は犯罪というものです。迂回融資も犯罪です。

6. Posted by おのま 2006年06月07日 05:46

ホリエモン、ムラカミ、キムラ、タケナカの諸氏に共通していることは、足がつかなければよいとタカをくくっていることです。足がつかなくても犯罪は犯罪なのです。自分に都合の良いことだけをみて判断し、行動しています。日本はビジネス・エシックスの本質から目をそむけて、通じるほど甘い国ではないのです。

7. Posted by おのま 2006年06月07日 05:58

おのまさん、コメントありがとうございます。

>足がつかなくても犯罪は犯罪なのです。

もちろんそうです。
ですが、今回のインサイダー疑惑の場合、村上氏のインタビューが真実であり検察が持っている証拠もリークされている程度のものであれば無罪と評価される可能性も十分あると思われます。

村上氏とライブドア側のやり取りがより具体的なものであったならば、インサイダー取引とみなされる可能性は高まるとは思いますが。

8. Posted by kenji47 2006年06月07日 12:43

<<村上ファンド*は投資・M&Aについてど素人であった>>村上は「投資のプロ中のプロ」と豪語していた。しかし、東洋経済新報社の山田記者のTV出演によれば、*の経営陣は、いずれもど素人、すなわち、村上は通産省OB,また副社長2名は:滝沢が警察OBで、丸木は野村OBだが債券の経験のみ。UNQUOTE確かに、初戦の昭栄や東京スタイルなどで敗北した。最初の大勝が、ホリエモンを「騙した」ニッポン放送である。

9. Posted by snowbees 2006年06月09日 17:06

snowbeesさん、いつもありがとうございます。

村上さんはど素人なんですか。
投資っていうのもよくわからない世界ですね。
一般的な投資信託のファンドマネージャーがいわゆるプロだとしても、村上氏のようなファンド形態とは違うから一概に比べられない気がしますね。

10. Posted by kenji47 2006年06月10日 14:18

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲