9801





































9802




































9803





































9804




































9805




































9806




































9807




































9808




































9809




































9810






































次の話を読む(蛇足ですが・・・) → 第九十九話

あとがき

これにて完結!
最後なので語らせてください。

2012年5月末から初めて3年半ほどでようやく完結しました。
当初はここまで続くとは思いませんでした。
実は最初、G社編しか描くつもりなかったんですよね。
ツイッターやらで普通に色んな作家さんらと仲良くなってしまったことだし。
実は風俗経営者なんだよ!とか暴露したら引かれるかなぁ?と思って。
でもオフ会に出たら普通に接してくれたし、あれ?案外大丈夫かな?と思って。
まぁ、そんな訳でY社編とN社編を描きながら、次は風俗編も描くつもり満々になっていました。
で、風俗起業編。これがG社編の次に描きたかったことです。
この漫画を通じて私が伝えたかったことは・・・。
よく誤解されるのですが、ブラックな仕事の肯定ではありません。
単に辛い体験ばかり書いて被害者ぶりたいという訳でもありません。
エッセイなのでどうしても主観的になってしまっておりますが、なるべく客観的に書いたつもりです。
一番伝えたいのは、
「若い内は転んでも傷口は浅い。若者よ挑戦せよ!」ってとこですね。
ブラックな仕事しかないと思って尻込みするのも良くない。
じゃあ自分で理想の仕事見つけて起業しろよって話だしね。
それができないならブラックとか不満言わずに働け!
もしくはブラックをホワイトに変えられるよう働け!

さて、今後についてですが、2007年以降のことは漫画化するかどうかは微妙です。
最近になりすぎると弊害が出てくるので、2015年後半に起きたこととかものすごく漫画化したいけど今は無理かな。
2016年1月現在、私は風俗以外の事業もやっていたり、プライベートでも色々あったりと波乱万丈なことになっています。
何年かしたら漫画化するかもしれません。
だから一応は完結表示にしますが、そのうち復活できたらいいなぁと。
ネタは本当に尽きない。
2007~2014年あたりでも、婚活した話とか、税務署に入られた話とか、店を乗っ取られかけた話とか、ライバル店についてとか。R店との決着とかも描いてないなそういや。

…まぁ、今は疲れているのでゆっくりファンタジー小説でも書きたい。
新都社に来たのはそもそもファンタジー小説を書きたいからだったのにどうしてこうなったw
99話や100話は気が向いたらってことで!

ではでは、ご愛読ありがとうございました!
ここまで描けたのも読者からコメントパワーのおかげです。
まったく新都社は最高だぜ!

最後に何か罵倒でもいいのでコメントして頂けると喜びます。マゾなんでw