『サハラに舞う羽根』国立西洋美術館

January 18, 2005

『モナリザ・スマイル』

さて、先週風邪を引いていた時に観たDVDシリーズ第2弾!!ジュリア・ロバーツ主演『モナリザ・スマイル』です!
これは1950年代のアメリカが舞台なのですが、女性がまだ社会に進出する以前の話で、その伝統に立ち向かう女性教師の物語です。ストーリーとしては「何だかな〜」という所も個人的にはありますが、『スパイダーマン』のキルスティン・ダンストや『ベッカムに恋して』のジュリエット・スティーヴンソン等が出ていて、面白いです。でもやっぱりジュリア・ロバーツカッコ良いなぁ〜。
映画は学校や家での場面がほとんどで1950年代の街並みや風景はそれほど登場しないので、ちょっと残念でした。でもパーティーのシーンなどアメリカーって感じですね(^^)

モナリザ・スマイルmona lisa smile

人気blogランキング←クリックお願いします(^^)

kenjiinternational at 20:15│Comments(0)TrackBack(5)映画/DVD 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. “ワタクシ”という巨獣 『モナリザ・スマイル』  [ しろの木 ]   January 25, 2005 19:39
トレンドという実体のない巨獣タイタンに立ち向かうには、 強靭な肉体も、無敵の盾と矛も必要ではなく…生身のカラダでもう一匹の巨獣になればイイ。 この作品においてピックアップされているトレンド、それは “良き家庭を作る、良き妻” 戦後において国を再復興さ
2. “ワタクシ”という巨獣 『モナリザ・スマイル』  [ しろの木 ]   January 25, 2005 19:40
トレンドという実体のない巨獣タイタンに立ち向かうには、 強靭な肉体も、無敵の盾と矛も必要ではなく…生身のカラダでもう一匹の巨獣になればイイ。 この作品においてピックアップされているトレンド、それは “良き家庭を作る、良き妻” 戦後において国を再復興さ
3. 「モナリザ・スマイル」  [ ひらりん的映画ブログ ]   January 26, 2005 01:35
ジュリア・ロバーツ主演の学園ものドラマ。 「オーシャンズ12」がらみで今回はJ・ロバーツものに。 さすが女優最高ギャラです。 あらすじ 1953年、保守的な名門女子大に美術史の講師になったキャサリン。 当時としては、自由で進歩的な考えの彼女。 伝統や慣習を重ん
4. Mona Lisa Smile(モナリザ スマイル)‐2003  [ Tio Tacaブログ [Dreams Come True] ]   March 02, 2005 12:51
"いつの時代も輝いている女性って素敵だと思います。"
5. モナリザ・スマイル  [ cube1555.com ]   June 18, 2005 17:17
!!! ネタバレアリ !!!ジュリア・ロバーツが、名門大学に美術の先生としてやってきます。花嫁学校のようなお堅い女生徒たちに、新しい風が吹くのだ。スパイダーマンの女の子、やな女の子の役だったけど、あれはあれで大変だよねぇ。「愛してくれないの」なんて泣い...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『サハラに舞う羽根』国立西洋美術館