あばら家を求めて

おとなりの茨木市の見山へ行ってきました。

今年の具現展の反省。
*おとなしいばかりで進歩のないこと
*期限が迫ってから描くので初夏の絵ばっかり
*娘に「昔のあばらやの頃が迫力あった」と言われたこと
もあって、何かいいモティーフはないかと、妻を誘って久しぶりのドライブ、見山の郷へ。

カーナビ頼りで1時間ほどで到着。十年程前にクラブでスケッチに来たことがあります。
DSC02251DSC02249






写真はそのときのもの。古い畜舎?かな、「つぎの台風ではもたないなあ!」というほどのあばらやでした。10号大ですが20号に拡大して2009年の44回具現展に出しました。

「見山の郷」というのは地元の農産物や自家製のパンなどを売っている店なのですが、ここからちょっと山道を登ったところにあったはずのぼろ小屋が見当たりません。田んぼばっか。
お店へ戻ってレジのひと、その他約二人の主婦に尋ねてみましたが「知りませんねえ~」「私がお嫁にくるまえかなあ」との返事。
きつねにつままれたような気持ちでそれでも白菜や枝豆、つるむらさき,、ねぎ、コールラビー、トマトや百合の花(切り花)などたくさんの野菜を買い、昼食にうどん、夕食にお弁当や巻き寿司まで仕入れて帰りました。

来年の具現はまた初夏の絵にしょかなあ


経年劣化

DSC02241
現在6週間に一度の割で御殿山の某病院へ通ってます。整形外科です。
両手の指先がしびれるので手術をしたことは以前に書いたと思う。
今回は続いて、両手の親指の付け根あたりが痛いのです。
特に右手。はさみや包丁を使ったり、コーヒーミルを廻すときにもちと不便
先生の言では、指の付け根の関節も膝関節と同じように長年使ってると磨り減って変形をきたすそうです。
はさみの使いすぎかなあ?まちがっても「マンドリンの練習しすぎ」はないなあ

人工関節もあるそうですが、小さくて長持ちしない、手術自体は30分ほどだが後のリハビリが難しく入院が必要、とのこと。
「もう歳も歳やし、よろしいわ」とゆうて痛み止めの注射だけで帰ってきました。

ポール・モーリア リメンバー・コンサート

昨日雨の中、標記コンサートに行ってきました。
かなり前 夏ごろから何を思ったか息子がチケットを買ってっ夫婦を招待してくれたものです。
場所は中ノ島のフェスティバルホール。このホールは2013年リニュアールされてから一度も行ったことがない、というかその前にこんな上等のホール、めったに行かない。
1980年にアンドレス・セゴビア(最後の来日となった)を見に行った。その後、アルゼンチンのギタリスタ、マリア・ルイサ・アニードも見た(年不詳)けどそれ以来ではないか
というわけで楽しみにして行ったけど古い記憶がもひとつなので、とてもきれいないいホールとしか言いようのない感想でした。
img185

さて、演奏ですが、ジャン・ジャック・ジュスタフレさんの率いる30人編成のグランドオーケストラ、ピアノは真ん中にでんと居座っておりましたがチェンバロの代わりにシンセサイザーを使ったり、ドラムセクションが強調されたりレコードで聴いてきたポール・モーリアのムードとはかなり違った力強さがありました。
エーゲ海の真珠、涙のトッカータ、蒼いノクターン、追憶、恋はみずいろ、などボクでも知っているおなじみの曲は懐かしくて感動しました。(男と女 が聴きたかったけど
コンサート終盤近くで ハンガリー舞曲 第5番 ショー・マスト・ゴー・オンなど迫力満点 団員も楽しそうに演奏していたし、モーリアのトーンとは違うけどこれはこれで生演奏の魅力、よかったです。曲目はプログラムとかなりの入れ替えがありました。
img186オリーブの首飾り はアンコールのとっておいてのコンサート、指揮者の棒も歯切れよく見やすかったし、いい演奏会でした。息子に感謝

ちなみに、3,000人のこのホール、昨日の入りは2,400人と聞きました。ボクたちの席はA席、3階の前から6番目。
楽団は休みなしで今日は東京・府中での演奏です



ポールは1925マルセイユ生まれ、2006年110月急性白血病で没。

たまねぎの播種

img184

プールの帰りに近くにある農協へ寄った。
そろそろたまねぎ?と思って「早生のたまねぎ、今から間に合いますか・」と訊ねたところ『早生というよりたまねぎそのものがちょっと遅いですよ』と言われた。
袋の裏の注意書を見るとなるほどどれも播種は9月中とある。
去年も遅れをとって収穫時に大きくならなかったなあ
何年経っても学習能力がない。
プールのあと風呂にも入って、畑仕事はいややったけど、急いで種まきをしました。1週間ぐらいの遅れはなんとかなるやろ あまいか

フォルクローレ3連荘

一昨日、昨日、今日と3日連続 練習がありました。
好きなこととはいえ、ようやる 練習した曲目をひかえておきます
DSC022319月23日 グループ「ハナフ・パチャ」 メンバー5人中4人で。茨木市の某公民館。
*Guerrero  Inca     *Anavia   *Inca Kuna   *Pankarita   *Pequn~o fanito    *Sacsaywaman

24日 「楽しむ会」これはグループではなくメンバーは固定していない。練習日に気が向いた人、空いてる人が参加して合奏を楽しむ かっこよく言えばオープンセッション 今回出席は9名でした。(月1)
*Para Los  dos ~Carolina    *Lamento  IIndio   *Ollantay  *Cueca  Tradicional    *K`ara Llanta   (以上岡田浩安・アンデス名曲集から)
*Carin~ito   *Flor  de  la  len~a   *Esperanzas    *Danza  Paras   *Tesorito

25日  チャランゴのレッスン セルソ・カセレスさんに。於中津。先生のギター伴奏でサンポとチャラで
*Pacha   *Llegaste  A  Mi     *Tesorito  *Los  Mineros  de  Bolovia

Tesoritoだけがダブってますが、歌詞がちょっと違います。
岡田さんの編曲はマンドリンを多用されているので、翌日肩の凝りが
3日間それぞれ雰囲気が違って十分楽しかった
 
                 

摂津市展搬入

img183

摂津市美術展 搬入してきました。
この展覧会、落選者が少ない、近場である、出展料が安いこと(千円です)などで過去何回か応募しております。
風景画より人物画がよろしい、との助言があり、孫のかがりちゃんを何回か、妻を1回描きましてスポンサー賞を2度戴きました。
去年は かがりの絵を失敗してパスしたのですが、今年も応募案内が送られてきました。
忘れられてもいかんので今回頑張って30号の風景画を描きました。
入選確実・入賞無理といったところです

展覧会 ふたつ

今日は展覧会をはしごして来ました。場所は西天満、裁判所の裏側あたり。
img182img179ひとつは、きりえです。
竹原先生のきりえは以前の白黒主体のものではなく色彩がとてもきれい、構図もよく竜宮城じゃないけど「絵にもかけない美しさしさ」です。
具現美術協会の会員でもあり、今回案内ハガキをいただいたものです。






img180img181続いては水彩画。岸本先生の風景画はデッサンが的確、彩色も上品、お値段もお手頃、三拍子そろってます。
狭い画廊にお客がいっぱい 驚きました。
近畿あちこち、いや震災後の熊本城もありましたっけ。
どの絵も懐かしい心地のする風景でしたね
中ノ島まで来たので大阪市役所の地下階の食堂で昼食(ひさしぶり)、地下鉄で梅田まで



第14回ひまわり水彩画クラブ展


高槻市立展示館「けやき」にて。
9月8日~13日まで。
〈阪急高槻市駅2階改札を出て京都方面へ50m左側〉
ボクが水彩画を習い始めたグループ。
川合季子先生から星谷たえ子先生に引き継がれて続いています。
今日、散髪のついでに寄ってきました。
6~8号の優しい絵ばかりで、心がほっこりします。
久しぶりの友人とも会えて昼食を共にして歓談。
DSC02205DSC02203DSC02204DSC02202DSC02206




















フィエスタ・メヒカナ大阪2017

DSC02142DSC02135





9月8・9・10日 梅田スカイビル・ワンダースクエアで開催されています。入場は無料です。
昨夜午後6時からのオープニングセレモニーがありました。
DSC02144DSC02152DSC02169DSC02194











あと、マリンバの「LA BAMBA]3人組の演奏、民族舞踊団「Sol  Naciente (日出ずる国〉』・マリアチ楽団「AGAVE(龍舌蘭」の演奏を楽しんで帰ってきました。
DSC02198DSC02200





会場は時間が経つほど熱心な観客で満員前のほうの席はメキシコらしい人が歓声をあげて、舞台も会場もメヒコの陽気な国民性もあり、熱気に包まれておりましたね。

他にもタコスやコロナビールなどメキシカンフード・ドリンクや民芸品のブースもありメキシコムードに浸ることができます。

9日、10日は他にもたくさんの人やグループが出演します。さぞや賑やかなことでしょう。興味のある方は覗いて見てはいかが  ちなみにアトラクションは12時から21時、10日は20時まで
img175

赤紫蘇ジュース

今期3度目のジュース造り。
しその葉をはさみで取ります。ちぎれば早いでしょうが、手の指に赤く色がついて1週間ぐらいはとれない。もち、予防のビニールてぶくろも
DSC02108使用材料は、しその葉・水・上白糖(500g)・クエン酸





DSC02111お湯が沸いたらしその葉を放り込む。
30秒ぐらいでひきあげます。
2回に分けてゆでました。



DSC02109葉をとった枝は2~3センチに切って畑に埋め戻します。
環境にやさしい




DSC02112出し殻?の葉っぱも同じくです。





DSC02113砂糖を入れて煮出し?する。
3時間ぐらいかかったかなあ。
約半分の量になるまで



DSC02114クエン酸をひとつまみいれるときれいなピンク色に
レモン液でもいいです。




DSC02126ボトルに入れて出来上がり
以上、アバウトにやりました。
のむときは2倍に薄めるのがいいようです。



余  話:畑で気がつきましたがしその穂がちいさく芽を出しています。
一昨日の夜、チンチンチンとカネタタキの声〈音か?)が聞こえました。自然は季節の変動に敏感です。秋はすぐそこまできているようです。








ギャラリー
  • あばら家を求めて
  • あばら家を求めて
  • 経年劣化
  • ポール・モーリア リメンバー・コンサート
  • ポール・モーリア リメンバー・コンサート
  • たまねぎの播種
  • フォルクローレ3連荘
  • 摂津市展搬入
  • 展覧会 ふたつ