大丈夫です


img165
数年前、NHK教育テレビで「趣味悠々日帰りで楽しむ風景スケッチ」と題して、水彩画講座がありました。
講師は野村重存先生。生徒役は俳優の斉藤洋介と宝塚出身の愛華みれ。
スケッチの場所によって生徒が「え~こんな難しいところ」というと先生はにっこり笑って『大丈夫です』と言われてました。暖かい励ましのことばとして印象に残っております。

先日、バスを降りようとしたとき前にいた女学生が定期を取り出すのを手間取っていたので後ろで待っていると気がついた彼女、「大丈夫です」といって先へ行くよう促されました。

きのう、さんぱつにいきました。つーかQBハウスなのでいっぱつですかね。終わったところで店員さんが後ろのすその刈上げ具合を合わせ鏡で見せて、「大丈夫ですか?」と言われました。帰りしな「櫛はお持ち帰りですか?」と訊かれたので「大丈夫です」といいました。

このごろ大体「大丈夫です」と言ってたらコミュニケーション大抵大丈夫です。

中学校の同窓会

6月12~13日 有馬温泉 有馬ビューホテル

中学校を卒業して60年は超えたけど、まだ同窓会が続いています。しかも毎年のように・・・。
3クラスしかない小さな中学校だったので合同で行なってますが、毎回25人から30人は集まります。さすがに先生はもう亡くなられて、生徒ばかりです。ぼくはたまに参加しておりましたが、今回は1泊では最後になるか、ということなので参加しました。有馬なんて何十年ぶりか、と思っておりましたが着いてみると「太閤の湯」お風呂のたたずまいに見覚えが  以前に泊まったことのあるホテルでした。参加者は15人。同窓会の体をなさないので、「もうこれで最後にしては」という意見が出ました。結局、「来年日帰りの会合をもって、その場で諮ってはどうか」ということになり、何たることか、ぼくが幹事に指名されました。せっかく今まで深く静かに潜航してたのに
img164
*前列に人相の悪い人が約1名。メガネをなくして当日の間に合わず、ドライブ用のサングラスをかけている。

當麻スケッチ会

6月11日(日) 第12回葛城・當麻を描こうスケッチ会
午前10時に當麻、文晃堂に集合。入梅が発表になって1日降っただけ、空梅雨かな。まあ、畑はともかくスケッチ会としてはこの方がいい。

今回の参加者は15・6名と少なかったけど、みなさん熱心です。
実のところ當麻もマンネリ気味で、「どこを描こうかな?」という感じ。同じ場所でも手法を変えて描けばいいのでしょうがそこらへん未熟で
変わり映えのしない絵が出来上がりました。
DSC01937DSC01957






3時から講評会。丹原副会長の講評。
『手馴れたタッチで描かれてます。構図はいいです。ただ、遠景の(ピザハウス)の線をもう少し薄くしたほうが遠近の差がよりはっきり出たと思います』とのことでした。
註。講評の先生は大抵褒めから入られるので、その部分は聞き流して、ただし、とか欲を言えば、とか後の部分をしっかり聴くことが重要です

7月1日から6日まで、第18回「葛城描こう・2017初夏展」が文晃堂ギャラリーで開催されます。


奥琵琶湖の里 菅浦へ

6月9日〈金) 梅雨の晴れ間にバイクで奥琵琶湖菅浦を訪ねました。具現展の絵を描くのに適当なポイントを探しに。

DSC01909
朝8時に家を出たのですが途中海津大崎で土砂崩れの工事で通行止め。せっかくここまで来たのにあきらめるのは癪に障る。国道に出て大回り、大浦経由でやっと菅浦に着いたのは12時を過ぎてました。誰もいない湖畔で朝つくったおにぎりで昼食にしました。

DSC01914DSC01923びわ湖畔にひっそりとたたずむ集落。人の姿は見えませんが、何枚か写真を撮りました。
東西の入り口には茅葺きの4足門がよそ者を睨むように立っている。菅浦の村落を上から俯瞰している写真を見たことがあるのですがそのポイントがどこか分からない。ここまで来て諦めるのも癪に障る。カメラだけ持って裏山へ分け入りましたが頂上への道らしきものは見当たらない。
DSC01929昨日降った雨で足元がずるずる滑る。当てにしてつかんだ木の枝はポキンと折れる。滑落して1回転、しりもちをついて手を突いたところに栗のイガ。かなり上ったはずが後ろをむいても木ばかりで見とおしがきかない。途中で息が上がってきた。熱中症になりそう でも水筒は下の道においてきたし、熊の鈴も持ってない。あきらめて降りることにしたが、上るより下りる方がやばい。何回か転んで、這いずり回ってバイクの置いてある下の道までたどり着いた。この間約1時間ぐらいか ふとみると腕時計がない。途中ではずれておちたらしい。それにカメラのレンズカバーも。顔を洗おうとして気がついたら眼鏡もどこかへ落としきてる。
もうふらふらで探しに行く元気もない。諦めて帰ることにしました。
レンズのカバーや腕時計はともかく「メガネ」まで落として気がつかないなんて、格好悪くて人には言えんなあ。 あっ

近江学公開講座


img161

6月3日(土)
近江~四季のかたち 「湖国の風景と私」と題する講座を受けてきました。
成安造形大学附属近江学研究所の主催。ボクはこのセミナーの会員になってますが、今回の講師は日本画家の中路融人氏ということなので期待して。
開講の40分以上前に会場に着き1番前の席に陣取りました。
img162
美術史家の石丸正運氏との対談のかたちでスライドで中路氏の作品を映し出し、氏がその絵の解説、描いたときの状況などをおしゃべりしながら、というかたちで進められました。先生を間近に見て、生の声を聞きながらという贅沢な時間。1時間半はあっという間に過ぎました。

現在、日展の顧問というえら~い先生ですが、やさしい暖かいお人柄でほのぼのとした雰囲気でありましたね。
最後に、「自然は誰にでも同じようにその姿を見せている。それをどのように受け止めるか、素直にその美を感じて表現することが大切」と言われたのが印象に残りました。

1年前、湖東の五個荘に「中路融人記念館」が出来て開館1周年記念ー所蔵作品展ーが開催されているそうな。(8月20日まで) 機会を見て行ってみたいと思った次第

昼過ぎなので、食事をしようといつも行く紀伊国屋のレストラン,栞だったっけ、へ行ったら学生さんの懇親会で貸切 やむなく学食「コトコト食堂」へ行きました。こちらは初めて。わらじのような大きなカツの乗ったカレーが400円


近江八幡写生会

成安造形大学のスケッチ会。場所は近江八幡です。
暑からず寒からず、雨も降らず、絶好のスケッチ日和ではありました。
が、ボクの体調はいまいち。 このところ夜中に目が覚め、悪夢の連続。睡眠不足で昼間ぼーっとしている。眠剤が変わったことの副作用と思われるので、昨日お医者に行って、薬を前のものに戻してもらったけど、ちょっと行くのが遅かった。一晩ぐらいじゃねえ
DSC01907
好きなスケッチにも、いまいち乗れないままお昼になった。涼しい木陰で昼寝でもしようかなあ、と思ったけど、講評は3時半から。あきらめて帰ることにした。相撲も気になるし。
講師のM先生、ボクの近くで制作されてたので1枚パチリ

帰りは、近江八幡から高槻まで各駅停車に乗ってぐっすり寝てました。
阪神好調 白鵬優勝 スケッチ不調
DSC01904

第21回三木山フォルクローレ音楽祭

オンが救済
2017年5月21日 標記音楽祭が賑々しく開催されました。プログラムによりますと参加グループ・個人は60を超え、回を追うごとに増えてきているようです。
ボクは「ハナフ・パチャ」と「楽しむ会」で出演しました。
ハナフパチャエントランス会場でのハナパチャでは前日の土曜日に練習したのですが、「ここはボンボにしよう」とか「DCしたあとのサンポーニャ(サンカ)は、トレンサードが絶対いいと思う」などの変更がありまして、当日の舞台では上がってしまってボクのサンカは一部不参加に終わりました。楽しむ会、これは音楽ホールのほうでしたがマンドリンで途中楽譜を見失ってあわてる場面『練習で
ワイラは本番のごとく、本番では練習のように』 これは名横綱双葉山のことばだそうですが、ボクのような凡人、なかなかこういう心境にはおよびません。
左は、ボリビアに長く滞在。チャランゴ弾き語りのWAIRAさんと「コチャバンバ」のKさん。
会場には久しぶりに車で行きましたが、往きは中国道から山陽道、すいすいとウヌ1時間ちょいで行けましたが、帰りは西宮・名塩あたりの渋滞にひっかかり、2時間をこえました。
左の写真は「グルーポ・ウヌ」楽しむ会のメンバーが3~4名入ってる。


左下:ロス・マルビータス 続いて家族5人で楽しく演奏Kausaikun.  
 左下:京都文教大・民音の会。  
次回第22回は平成30 年5月20日だそうです。 丸日オータス
カウサイクン民音

7828

先日の記事で触れましたが、歯の治療に通ってます。
一昔前、8020運動というのがあったのをご存知ですか?
80歳になっても自分の歯が20本はあるように、という努力目標を掲げたキャンペーンがあったのです。

今日、歯医者さんに「歯は何本あるのですか?」と訊きましたら『28本です』と言われました。
「ボクは何本ありますか?」『28本ありますよ』
歯の神経を抜いて詰め物なんかしても入れ歯でないかぎり自分の歯だそうです。
ボクは現在、78歳です。 ということは、自慢じゃないけど7828です。(自慢じゃないけど、というときは大抵自慢なんです)
どうだ、参ったか ハハハ

午後は右手の抜糸の御殿山の病院まで 
先生曰く『まだちょっと傷口がアカンベーをしてますな』ということで、抜糸はお預け。
明日はハナ・パチャの練習日。あさっては三木山の本番です。トホホ


朝から昼寝

RIMG1619

朝食後に「高血圧」「逆流性胃炎」の薬。 就寝前に「入眠剤」と「眠剤」を毎日常用しております。「毎日飲むから常用や」←ツッコミ
今朝、朝食後に眠剤をのんでしまいました。『あっ』とすぐ気がついたので朝食後の薬も服用しましたが、動いては危ない(以前車を運転して縁石をこすってパンクしたことある)ので、寝ることにしました。妻はちょうど病院へ行ってましたのでゆっくり寝てましたが、こんなときに限って「ピン、ポーン」コーヒー豆の宅配を午前中に、と頼んでいたのです。ふらふら起きていきましたが、宅配便の方はもうおられませんでした。ちょうど再配達が多くて困っておられるのに,S急便にはご迷惑をかけました

昼食後、ガムを噛んでますと異物が入っておりました。コープからの品ですので「けしからん 家内から文句を言ってもらおう」と丁寧にティッシュに包み込みました。

眼鏡屋さんでメンテをお願いしたとき、帰りに奥歯が欠けているのに気がつきました。先程のはガムに入っていたものではなく、自分の歯のつめものが欠けたものだったのですね

歯医者さんに行って治療をしてもらいました。次の予約を19日3時半に入れましたが、はっとその日は4時から右手の抜糸の予約が入ってる。あわてて10時半に変更してもらいました。

夕方、かかりつけのお医者に行って、薬の飲み違いの話をしましたら睡眠剤を変更されました

*記事と写真は関係ありません。

当分「禁酒・禁弦」

2月に左手の根管開放術とかいう手術を受けました(2/4及び 3/2の記事参照)
去る11日に右手も同様の手術を受けました。
今回は21日に「三木山フォルクローレ音楽祭」を控えております。傷口の抜糸は19日の午後4時からお願いしているのですが、日程的にかなり苦しい。
前回の時には翌日から晩酌をしておりましたが、今回は手術以降一滴も飲んでません。傷口が万一化膿でもすると大変だし、マンドリンやチャランゴは手首を動かすことになるので控えております。
今日は「楽しむ会」の練習日でしたが、掌に負担のかからないサンポだけ参加で、ほぼ見学状態。メンバーから冷たい視線を浴びながら・・・。
20日土曜日には「ハナ・パチャ」の最後の練習。無事マンドリンが弾けるか綱渡りです
DSC01866
4針縫ってあります
ギャラリー
  • 大丈夫です
  • 中学校の同窓会
  • 當麻スケッチ会
  • 當麻スケッチ会
  • 奥琵琶湖の里 菅浦へ
  • 奥琵琶湖の里 菅浦へ
  • 奥琵琶湖の里 菅浦へ
  • 奥琵琶湖の里 菅浦へ
  • 近江学公開講座