2007年09月23日

改題して『真木栗ノ穴』 1

深川栄洋監督の『穴ノ草子』が改題されて『真木栗ノ穴』となった。

この映画はPanasonic HVX200という小型HDデジタルカメラで撮影し(ただし、ミニDVテープに収録するHDV方式でなく、P2カードに記録するVARICAMと同じ収録方式)、Final Cut Pro HDで編集してHDCAM原版を作るという正当なワークフロー。自画自賛じゃないけど、結構綺麗に上がってフィルムになったときの期待が高まった。

デジタル原版からフィルムの上映用プリントに転換する方法は大きく分けて2通りある。
ひとつはフィルムレコーディングという、HDCAMのテープからデータを起こし(これに72時間かかる)、R(赤)G(緑)B(青)に分けてオプティカルに使う高価なインターミディエイトフィルムに焼き付けて、フィルム原版とする方法。これだとHDCAMに含まれる情報が全てフィルムに焼き付けられる。しかし、高価なフィルムを使うので、当然高い!だから、『デスノート the Last name』のようなハイバジェット映画じゃないと使えない。

もうひとつはキネコという、日本独自の方法で、HDCAMテープをビデオテープとして扱い、わかりやすく言うと、テレビ画面をフィルムで撮影するという原理だ。この方式だと普通のネガフィルムが使えるのでリーズナブルな値段になる。だから『受験のシンデレラ』はこの方式。過去のキネコはブラウン管の走査線が見えるような低画質だったが、最近は改良されてかなり良くなった。が、如何せん元がビデオ情報なもんだから、どうしても色が薄くなってしまうのだ。

映画の長さにもよるのだけど、フィルムレコーディングの費用が1000万だとすると、キネコは400万くらいだ。この差はローバジェット作品にとっては痛いところである。

しかーし、ローバジェット映画『神の左手悪魔の右手』では裏技を使った。フィルムレコーディングをハリウッドの現像所でやったのだ。そうすると、同じ品質なのに日本の半額でできる。
『真木栗ノ穴』も、この手を使おうと思っていたのだ。『神の左手…』のときはSD撮影だったが、その綺麗さに関係者は驚いた。今回はHD撮影だから更に綺麗になると期待は高まったのである。ところが、どういうわけだか、プロデューサー判断で、渋谷の小さな現像所でキネコすることになってしまった。でも、テストをしてみたら意外に良かった。ローバジェットだからこのくらいで満足すべきかなとも思った。ちょっと心配だったのは、テストは小さなスクリーンで見たことだ。大きなスクリーンだと耐えられるのか。

そして迎えた0号試写。さして大きなスクリーンではなかったが、色が青い、薄い、白が飛んでいる。窓を背にした俳優の顔はフレアで真っ青だ。おまけにナンと言うことだ!背景の壁に横の縞々模様がチラチラしている。これは、レイザーを横に走らせて焼き付けているのでしょうがないのだと言う。しょうがないと言ったって、これじゃ欠陥商品じゃないの!これが東京国際映画祭にかかるんだぜ!
期待が大きかっただけに、ガックリ肩を落として試写室を出たのであった。
    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |
2007年09月12日

試写会荒らしの日々 5

このところ、本業の撮影が暇になったので、あっちこっちの試写会に顔を出している。引きこもりにならないようにね。

『ミス・ポター』
もう、公開が始まってしまったけれど、とても安心して観られる映画。
ピーター・ラビットの作者の話で、出てくる人はみな善人。人を騙そうなんていう人は出てこない。安定した演技、安定した作風、綺麗な景色。ああ、これが映画なんだなァ…。

『てれすこ』
オフィス・シロウズ初の時代劇。『ナビィの恋』『ホテル・ハイビスカス』で呼んでいただいた。信頼する佐々木史朗社長には失礼だが、シロウズでこんなに立派な本格的時代劇が作れるとは思ってもいなかった。特に美術がしっかりしていて、セットに安っぽさが見られないのは見事!遊郭のセットなど『さくらん』の数倍豪華でリアルだ。柄本明さん、上手いな〜。30年前、お互い若い頃、『ひらけ!ポンキッキ』の仕事をしたけど、こんな未来は予想できなかったなァ…。

『シアトリカル』
唐十郎、虚虚実実のドキュメンタリー。面白い!笑っていたと思ったら、何気ないことが切っ掛けとなって怒り出したり、飲み会が突如、芝居の稽古になったり、油断もスキもあったもんじゃない。でも、監督は慣れていたんじゃない、お父さんで。あの、大島渚監督だもの。
夕焼けとクレーン

最近、夕焼けが綺麗。ただ、裏のマンション建設がうるさい!窓を開けると建設重機のディーゼル排気ガスが入ってくる。

それから、今日は【911】だけど、6年前、リアルタイムでニュースを見ていた。こんなに脆くビルが崩れるものなのかと思った。降下しながらカーブして細いビルに命中するなんて、神業に近い操縦技術だと思った。そんな疑問がこのビデオで…。

http://www.asyura2.com/07/war88/msg/914.html#top

    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |
2007年09月03日

小林政広監督おめでとう! 4

小林政広監督Long小林政広監督Up






小林政広監督の『愛の予感』がスイスのロカルノ映画祭でナント、金豹賞(グランプリ)のみならず、CICA賞(国際芸術映画評論連盟賞)とヤング審査員賞とダニエル・シュミット賞も受賞したのだ!

で、その祝賀会が10日ほど前、渋谷のレストランで祝賀会が開かれた。

冒頭部分以外にセリフが無いのだそうで、どんな映画なのか、早く見せてもらいたいものである。

キネ旬の編集部の方の祝辞で、わずかに内容の片鱗が判るばかりなのだが、なんでも主演俳優がつかまらなかったので、監督自身が自分でやってしまったそうなのである。それもほとんど1時間半、食事のシーンなのだそうだ。その、生卵をご飯にかけて食べる様子が、そういう習慣の無いヨーロッパの人に受けたのではないかと言っていた(もちろん冗談でしょ)。

キネ旬はベストテンが掲載される2月号が一番販売部数が多いのだそうなのだが、例年、表紙は主演男優賞と主演女優賞の美男・美女の写真で飾られる。それが来年、小林監督の写真になったらどうしよう、売り上げが落ちそうだと心配していた(半分本気でしょ)。

2003年の冬、小林監督に声をかけてもらい、真冬の北海道で『女理髪師の恋』という映画を撮った。それが翌年のロカルノ映画祭で(監督曰く)端っこの賞をもらったそうだ。それでカンヌばかりでなく、ロカルノでも注目されるようになったとすれば、僕としても嬉しい限りであります。
    • 3 Comment |
    • 0 Trackback |