2011年02月19日

《JAZZ爺MEN》秘密試写会 4

《JAZZ爺MEN》が完成した。しかし、現像所を全く使っていないので、試写する場所が無い。有料試写室を借りる予算も無いので困っていたところ、某大手現像所の某担当者が空いている日を調べて試写室を貸してくれることになった。
最近はデジタル撮影が多くなり、こういうケースが増えているため、「試写室だけ貸せ」という要求が出るようになって困っているので秘密にしてくれと言いながら、2回も貸してくれたのだ。「高間さんとは長い付き合いだから」と言い訳しながら……。持つべきものは友達、亀の甲より年の功、である。感謝、感謝!

1回目は20人が立ち見、2回目は40人が立ち見の大混雑になってしまい、早く来たのに立ち見をお願いした若い人たち、ご協力感謝します。こういう映画なので観客の年齢層が高く、席を譲っていただきました。
上映終了後の暖かい拍手、ありがとうございました。皆様の感動のお言葉、満足感あふれた表情、嬉しかったです。上田耕一さんからはお礼のメールをいただきました。長いお付き合いの中でも初めてのことです。
清水章吾さんはご自身のブログにこう書かれています。

〈絹子とJAZZ爺MENの試写を拝見しました、出演者はとかく、話に入り込めないのですが、そして隣が、本庄市長の席で、本庄代表としては、クールにかっこよく観ようとしましたが、最後の方は、もう涙が止まりません、絹子もまた、泣いていました、俳優は腹式呼吸なので、う!う!う!と堪えていると、腹がぶるぶる震えてしまって;;
人間の美しさと悲しさを綺麗な映像で表現されて、とても一週間で撮ったとは思えないし;;よくまあ撮り終えたなーーーと言うのが感想です、本庄は住んでると意外と解りませんが、とても暖かな綺麗な景色です@@
今時ドライな社会ですが;;学生さんなんかにも観て貰いたいな@@
夫婦の絆!人間同士の絆!親子の絆!考えさせられます、コミカルなカットもあり、最高の映画になっていました@@20日が劇場でお披露目会がウニクスでありますので、また関係者の皆様とはお会いします〉

僕はオールラッシュのとき、この腹式呼吸状態になりました。最後にはもう堪らず、ハンカチを出しました。
奥さんを1年前に肺腺癌で亡くした録音技師は、ダビングのとき、我々に背を向けて泣いていました。奥さんを亡くしてからは無気力状態になっていたけど、この仕事をして、生きる意欲が湧いてきたと言っていました。

「もう、思い残すことはありません」という年賀状をくれたふくまつみさんの嬉しそうな顔、抱きつきたくなるような徳井優さんの笑顔、あのときよりもっと美人になった岡まゆみさん、映画の中のほうが美人だった(失礼!)宮下ともみさん……、みんなにハグしたかった!
川村亮介くんはトンガリ頭が無くなって、普通の好青年に。あ、酒井敏也さんは知らない間に帰ってしまった。黛英里佳さんも、他のお客さんに対応している隙に帰ってしまったようだ。残念!

井上順さんは、自分が出演した映画は映画館でお金を払って観るのが主義だそうで、あんなに完成を楽しみに待っていてくれたのに、ナンという皮肉!
河原さぶさんはすでに沖縄に移住してしまったので、DVDを送ったところ、「もう6回見た」と宮武監督にメールがあった。このDVDを自分の棺桶に入れてもらうそうだ。「沖縄上映があったら、ティーチインをしてやるよ」と言ってくださっている。

この《JAZZ爺MEN》、大きな力を持った波になっていくような気がする。なったらいいなぁ。なるんじゃないかなぁ……。
    • 6 Comment |
    • 0 Trackback |
    • Edit

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kenjitakama/65955609 

トラックバックはまだありません。

この記事へのコメント

貴重な機会を頂き有難うございました。
まともな演奏シーンのある音楽映画はなかなかありませんのでそのこだわりがうれしかったです。
来週上映の映画も楽しみです。
1. Posted by 籠 at 2011年02月19日 10:55 | 5
籠さま

楽しんでいただけたのが嬉しいです。
トランペットの演奏などは僕としては良くできていると思ったのですが、MAのあとも、微妙に数フレームずらして直していました。
全く経験の無い俳優さんたちでしたから、充分な練習時間もとれず、最初は絶望的に思って諦めざるを得ないという状況でした。ここまで完璧に近くできたのは、まったくもって俳優さんと音楽監督の努力、そしてシナリオの力、監督のこだわりだと思っています。
2. Posted by 盍峺治 at 2011年02月19日 15:38 | 3
先日は有難う御座いました、本当はこの世界53年いるのに、自分の出てる試写観るの初めてでした、自分に厳しく観てしまい入り込めないのです;;  感激しました、感涙しました、あわただしい中で、総てのパートが素晴らしい@@
今日我が画廊に大分離れている北本から、お客さんが3人見えて、やはりこの映画の話でもちきりでした、良い意味で流感の様に凄い速さで伝染しているようです@  監督賞か脚本賞ですね、今更ながらご一緒できて有難う御座いました、音声さん、桑原Pさんも辛い想いしてるんですね;;本当に頭が下がります〜良い映画を見せて頂きましたmm
3. Posted by 章吾 at 2011年02月19日 18:48
清水章吾様

勝手に引用させていただき、すみませんでした。
ご自分の試写は見ないと言う俳優さんは多いんですね。照れくさいというのもあるんでしょうか。
これから更にピンポイントで試写を繰り返し、良い条件で上映できるよう頑張ります。
4. Posted by 盍峺治 at 2011年02月19日 19:55 | 4
本庄市長の吉田信解です。
昨日はウニクス上里まで有難うございました。
私は試写会2回目でしたが、キャストの皆さんの表情や風景を1回目よりも細部にわたって拝見できました。清水さんは1回目涙・涙だったと仰っていましたが、実は恥ずかしながら隣で私も涙を流してしまいました。2回目は大丈夫でしたので、短時間のロケにもかかわらず内容の濃い、凄い映像が出来上がったという事に感心しながら拝見しておりました。
今朝のNHKの「おはよう日本」首都圏ニュースで昨晩の模様が放映され、本庄市民としても本当に嬉しい限りです。ぜひぜひこの映画が全国的に知られるようになって欲しいですし、自分もPRに努めて参ります。
今後の高間監督のご活躍をお祈りします。有難うございました。
5. Posted by 吉田信解 at 2011年02月21日 21:18 | 5
吉田信解本庄市長殿

コメントをいただきまして恐縮です。
実は2月20日の本庄お披露目試写会のあと、すぐに新幹線に乗って金沢ロケに行きましたので、チェックが遅くなってしまいました。すみません。
「おはよう日本」も見ることができなかったのですが、音楽監督の磯田さんがメールで送ってくれ、帰宅してからチェックしました。事務局長がインタビューで大きく映っていましたね。
今、私は六本木の配給会社の人とか、国際映画祭の窓口になってくれるユニジャパンの人と連絡を取りつつ《JAZZ爺MEN》が多くの人たちに見てもらえるように動いているのですが、事務局長が英語字幕版を作ることに消極的で困っています。
海外の映画祭関係者にアピールするには英語字幕版のDVDが必要です。海外の映画祭に出品が決まれば、字幕版製作費に助成金が出ます。そしてそれが国内上映の宣伝材料になります。
ですので、市長からも事務局長に、もう少し前向きになってもらうよう、お伝えいただけませんでしょうか。ご協力お願い致します。
6. Posted by 盍峺治 at 2011年03月01日 13:50 | 2
絵文字
 
星  顔